やまちん さん プロフィール

  •  
やまちんさん: 副業FXで自由をめざす|初心者応援ブログ
ハンドル名やまちん さん
ブログタイトル副業FXで自由をめざす|初心者応援ブログ
ブログURLhttp://yamachin3.com/
サイト紹介文FX初心者の方が損しない為に知っておきたい基礎知識やFX会社の選び方等をやまちんが解り易く解説します
自由文FX初心者が損しないために知っておきたい基礎知識やFX会社の選び方など解りやすく解説。FXで経済的自由をめざす人を、真面目に応援する元会社員のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/04/13 13:16

やまちん さんのブログ記事

  • ドル円はリスクオフ継続で4月安値を更新
  • そろそろ秋を感じられる空が見られるようになってきました。先週は北の問題が大きく相場に影響し、週を通してリスクオフとなってしまいました。地政学リスクの当事者国で、またまたドル安円高の流れ。月曜はNY市場が休場だったため、NYダウは火曜に234ドル安と大きく値を崩しました。 先週の記事は3日(日)に更新したにも関わらず、北の核実験を知らずに書いてしまいました。重要なニュースを見逃し誠に申し訳ございません。ドル円 [続きを読む]
  • 108円台が固かったドル円は上昇に期待か
  • 9月に入り朝晩ようやく涼しさを感じられるようになってきました。先週は北のミサイル発射や弱い結果の米国雇用統計が、相場の大きなポイントとなったようです。季節の変わり目で、ドル円相場の流れも変わり目となるのでしょうか。 週明けのドル円はもみ合いで始まりましたが、またまたミサイル報道で一気にリスクオフと思いきや、108円台前半の異常な固さが見られ逆に一気に巻き戻される動きとなりました。事実買いといったところ [続きを読む]
  • 注目されたジャクソンホールでドル売りユーロ買い強まる
  • 暑かった8月もあと残り4営業日となりました。先週もドル円は例によって108円台で下げ止まり、24日には下値を切り上げて上を目指す流れとなりました。しかしわずかに高値更新はしましたが110円には届かず頭打ち。ジャクソンホールでの要人発言により、ドルが売られる展開となりまた下落する形で週を引けました。この流れで一週間を終え土曜の朝には、ご存知の通りまたミサイルが発射されています。今週はまた週始めの市場の反応がど [続きを読む]
  • レンジか下抜けか、週初のドル円の動きに注目
  • まだ8月中旬というのに、先週は曇り空や雨の日がやたらと多い一週間でした。週初のドル円相場は、米朝の緊張が少し緩む形で、戻しを試す値動きとなりました。これまで抑えられてきた4時間足の75SMAを超えて上昇。111円に迫る動きを見せるも結局は届かず、上値が重い印象を残してFOMC後に反落となり、上に下に良く動いた週になりました。下落中109円半ばが押し目となるかとも見えましたが、出てくるニュースは良くないものがクロー [続きを読む]
  • 閑散相場の中、リスクオフが更に継続した一週間
  • 暑い日が続きますが、そろそろ赤とんぼを目にする時期となってきました。さて、先々週の米雇用統計の結果を受けて、一時111円を回復し反転が期待されたドル円でしたが高値を維持することはできず。米朝の挑発的な牽制発言によって更に地政学リスクが高まりリスクオフ感が強まる展開となり、円高が更に進行してしまう一週間となりました。 上窓から快調に始まったドル円でしたが上値重く推移。結局は雇用統計の上昇分を全て吐き出 [続きを読む]
  • ドル円は米雇用統計でようやく反転の兆しか
  • 7/11から始まったドル円の下落。先週はついに110円を割る動きとなりましたが、4時間足を見るとローソク足は全てヒゲとなって110円台に戻していました。上値の重い中でも、流石に110円割れのラインでは支えられているかなというイメージ。日替わりで各通貨の強弱が比較的分かりやすかった一週間でした。 米雇用指標の週、週中のADP雇用統計の結果は予想を下回りました。得てして逆の結果が出やすい?8/4の米雇用統計は案の定強い結 [続きを読む]
  • 週の安値をわずかに更新して引けたドル円
  • 先週のドル円は週前半は戻りが強く上値を探る流れでしたが、戻り売りに押されて結局は週の安値を更新。週足は2週続けての陰線となりました。ちなみに今年に入ってからは年初を除けば、週足の3週連続で陰線はまだ出ていません。 週末、またまた北朝鮮のミサイル発射のニュースで、固かった110.90付近が突破されてしまいました。ミサイル発射に関してはそれ自体で円高に動いたというより、毎度ですがドル円を売り崩すきっかけにされ [続きを読む]
  • 更にドル安・円高が進んだ一週間
  • 日米の株価も勢いを感じられず多少頭打ちのような状況の中、先週のドル円は週を通して下落傾向が強まり、6/14からの上昇のフィボナッチ61.8%近辺の111.00まで下押し、反発の兆しもないままの弱い形で一週間を引けました。 日足を見ても月曜日以外のローソク足は全て陰線となり、週末金曜日には大き目の陰線が現れています。フィボナッチ38.2%・50%といった節目ではいったん戻しが入りましたが、戻り売りに軍配が上がった結果と [続きを読む]
  • ドル円は下げダウ継続。今週の注目ライン
  • 先週のドル円は米国雇用統計の結果を受けて上方向の流れから始まった。一時は5月10日の高値を上抜けていきましたが4時間足の実体では抜けられずヒゲとなり、その後は利益確定の動きが入ったとの事で下落。4/14からの上昇トレンドラインを抜けると更に下げ圧力が強まった形となりました。 その後4時間足では75MAがサポートとなり戻しの動きも見られましたが、上値は重くジリ下げのなかで米国の小売売上・CPIなどの指標が弱い結果と [続きを読む]
  • ドル円・クロス円、円安傾向が強いまま週引け
  • 今週は北朝鮮のミサイルや特別重大発表といった突発的なニュースなどで、一時的に下に振られる展開が有りました。7月の第1週目ということで、米雇用統計など重要指標や日銀オペへの期待感と実施などが有りましたが、週を通して上昇の圧力が強かったという一週間となりました。 相変わらずユーロ円・ポンド円などのクロス円が強く、ドル円の上昇をけん引している印象です。米国雇用統計の結果を受けて、すでにユーロ円は一時130円台 [続きを読む]
  • 上放れしてきたドル円は重要ラインでの攻防
  • 夏、真っ只中。という事で暑い7月に突入です。時期的にも下抜けが心配された6月でしたが下値は固く、結局は上昇しての引けとなりました。このまま上昇していく夏となるのか、はたまた三角持ち合いとなるのか今週の値動きも目が離せません。 ドル円は「かなり煮詰まった値動きとなってきている」と前回記事で書きましたが、週が変わり上方向の動きとなり持ち合いを上放れとなりました。ドル円の主導というわけではなく、ユーロ・ポ [続きを読む]
  • ドル円をはじめ、ずいぶん煮詰まってきた相場
  • 6月も残すところあと1週間となりました。雨の降らない6月となってますね。相場の動かなくなる夏?を前にして、先週はドル円をはじめとして動きが少なく、トレードで監視している取引通貨ペアによっては、チャートを眺めているだけの時間が長かった方も多かったのではないでしょうか。 先週のドル円は、週初こそ、勢いよく先々週の高値を元気にブレイク。日経平均やNYダウも上昇しリスクオンの相場が強まるかという雰囲気でしたが、 [続きを読む]
  • 強いラインが集まりドル円は重要な分岐点か
  • 先週の為替相場は少し下値不安が払拭される流れとなりました。週初めは恒例の下値探りから始まりドル円は6月安値を更新してきましたが、更に下落が加速する流れにはならず110円台後半で週を終えて、若干下値安心感を感じています。 ドル円はようやく5/11からの下降トレンドラインを越えてきました。おまけにWボトムぽい形状でネックラインの110.80付近も超えました。ただ週末NYタイムが迫ると米経済指標の不調から、これまた恒例と [続きを読む]
  • 一週間で見るとドル円はV字に近い形
  • 先週はリスクイベント盛り沢山の一週間でしたが、ドル円は大崩れする事なく?無事通過した感じです。レートのレベルは違いますが、また週前半に下落し後半持ち直すという流れで、引けにかけて押し返されましたが110円台で週を終えました。 週初は先々週の米雇用統計の下落が尾を引き、チャート上の黄色の上昇トレンドラインをブレイク後は一気に110円のラウンドナンバーも割れてしまい、109.10円近辺まで値を崩しました。しかし週 [続きを読む]
  • 強含みの米株価、弱かった雇用統計。
  • 6月の相場が始まりました。先週のドル円は月末5/31までは円高の流れ、その後月が変わり週中よりじりじりと円安傾向が強くなり111.7近辺まで上昇。ADP雇用統計も強い結果でしたので、週末の米雇用統計にも期待がかかりました。しかし雇用者数が見事に裏切るという結果となり大ブレーキで急落。乱高下する事もなく戻りの力も弱く、31日安値を下回って週を引けました。 年初からのドル円日足下降トレンドライン。今度こそ上抜けかと思 [続きを読む]
  • ドル円は日足下降トレンドラインに再び抑えられる
  • 先々週の大幅下落から下値が心配されたドル円でしたが、週明け若干始値を下回ってきましたが持ち直しが見えて、一時は112円台を回復しました。しかし上値は重く週をとおしてボラティリティもなくヨコヨコの時間が目立った週となりました。 週初に下値を探る動きもありましたが、固さが見られ巻き戻しの展開。112円台に乗せる動きもあり上値を追うかという場面もありましたが、年初からの下降トレンドラインが再びレジスタンスとな [続きを読む]
  • ドル円大失速。落ちる時はこんなものか..
  • 先々週からトレンド転換の兆しが見え始めていたドル円ですが、上値が重くなりつつなる中では、こういった突発的なニュースが出がちになり反応も大きくなるものですね。市場はトランプ大統領絡みの不透明感が一気に高まり、クロス円を含めて想像以上に下落が加速する事となりました。 時期的にもセルインメイの不安感も重なった動きだったようにも思えますが、ドル円4時間足を見てみると9本も陰線が連続して、下げ止まりが見えない [続きを読む]
  • トレーダーは体力維持にも常に心掛けよう
  • 兼業で他に仕事を持ちながらトレードをしていればまた別ですが、専業でトレードをしていると時間も自由にとれるので、ついついチャートに熱中して目が離せずにPCに張り付きがちになってしまったりします。その結果ほとんど外にも出ずに部屋に閉じこもってしまったりという事にも…気付かないうちに体力が随分低下してしまっていませんか。 かく言う私も一日中トレードをしてパソコンに張り付いている訳では有りませんが、5年程家か [続きを読む]
  • 上昇トレンドの転換なのか押し目を形成しているのか
  • 気が付くと5月も約半分が過ぎています。ずいぶん順調に上昇してきたドル円ですが、先週は前後半で大きく違う流れとなりました。週前半では年初から抜けきれなかった下降トレンドラインをブレイク。上抜け後は押し目もほとんど見せずに、114.30近辺まで強く安定した上昇をしました。 色々なところから115円という声が聞こえるようにもなってきました。しかし先週は流石に115円には届かずにネックライン割れの後、戻す動き(リターン [続きを読む]
  • 4月米国雇用統計は総じて強い内容
  • GWの連休もあっという間に終わってしまいましたね。しっかり休めた方、忙しく過ごされた方もお疲れさまでした。先週も米国雇用統計を始め、重要指標や要人発言等イベント盛り沢山の内容でした。米株も底堅く推移し、ドル円を始めクロス円は閑散に売りなし的にじりじりと値を伸ばす動きとなりました。 先週のドル円は各種イベントも控え、それ程推進力は感じなかった気もしますがジリ上げの展開。目先のレジスタンスだった112.20 [続きを読む]
  • 底堅く上昇してきたドル円。ユロ円、ポン円も大きく上昇
  • 先週は週初からドル円をはじめ、大きな上窓でスタートしました。また日経平均・NYダウ共に株価は、地政学リスクが後退したためか大幅上昇の動きとなりドル円の後押しとなりました。Xデーといわれていた25日も無事何も起こらず一安心といったところのようです。 ドル円はレジサポ転換として意識されるかと思われた110円のラウンドナンバーを、窓を空けて軽々と突破となりました。一旦窓を埋める動きとはなりましたが、その後は112円 [続きを読む]
  • ドル円小反発も上値は依然重い状況
  • 4月の相場ももう最終週となります。暖かくて過ごしやすい季節となってきましたが、花粉症の方にはキツイ時期かと思います。今週も引き続き地政学リスクに注意を払いながら、要人発言、株価や原油にも注目していく必要がありそうです。 先週のドル円はオープニングこそ上窓で始まりましたが、間もなく売り込まれて安値更新の動きから始まりました。しかしほぼ日足下降チャネルラインが効いた形となり小反発の展開となりました。上値 [続きを読む]
  • 不穏な雰囲気でリスク回避の円買い進行中
  • リスク回避の円高が進みロンガーにとっては嫌な流れが続いています。強くサポートとして意識されていた、ドル円110円のラウンドナンバーはついに割られてしまい、戻りも重く下値の見えにくい状況となっています。考えたくはないですが、有事の場合の過度の円買い不安も有りますので安易なLは要注意な状況ですね。 地政学リスクの注目が朝鮮半島に集まってきていて、リスクオフに備えた円買いが一層強くなってきています。毎日 [続きを読む]
  • 反転上昇か続落か、新年度の第一週はしっかり見極めたい
  • 例年より少々遅い気がしますが、桜が少しづつ開花してきています。来週の日本の相場はいよいよ新年度となりますね。新年度を迎えドル円がどういった展開となるのか、各市場を見ながら週初からしっかりと見極めたいところです。 先々週末のドル円はボトムを付けて反発気味に引けて上昇の期待もありましたが、先週始めは見事に裏切られて下窓からのスタート。先週安値もすんなり割り込んでしまい110.10近辺まで売り込まれました [続きを読む]
  • 日足8連続陰線と売り圧力が強かったドル円
  • 3月もいよいよ最終週となります。FOMC前日の3/14から続いていた、ドル円日足の連続陰線がようやく止まる事となりました。下落中はさほど大きな戻りもない状況で、残念ながらサポートラインだった111.60近辺を踏ん張り切る事は出来ませんでした。 結果ついに明確に下抜ける状況となってきましたが、先週末は110.60辺りをボトムに何とか反発となって、忘れかけてた陽線で引ける結果となりました。ただ株はどうかと言いますと、 [続きを読む]