koji.tazawa さん プロフィール

  •  
koji.tazawaさん: 知識に頼らず!BEXA田澤のRed Blue lab.
ハンドル名koji.tazawa さん
ブログタイトル知識に頼らず!BEXA田澤のRed Blue lab.
ブログURLhttp://ameblo.jp/koji-tazawa/
サイト紹介文もう,知識に頼らない。BEXA田澤の研究室
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供738回 / 361日(平均14.3回/週) - 参加 2016/04/04 18:56

koji.tazawa さんのブログ記事

  • この科目も出します
  • 今年も,この科目もまた,無料で出します。昨年の者と変更を加えるかはまた,おって。 http://ameblo.jp/koji-tazawa/entry-12193763923.html 【因果関係のポイント】・ 判例は,「危険の現実化」という表現を用いて因果関係の有無を説明している(最決平22・10・26刑集64巻7号1019頁〔日航機ニアミス事件〕,最決平24・2・8刑集66巻4号200頁〔三菱自動車車輪脱輪事件〕)など・ 実行行為と結果との関係⇒ 偶然的結果 [続きを読む]
  • 今年の無料講義
  • あの科目です。http://ameblo.jp/koji-tazawa/entry-12252818272.html この科目です。・「前の供述と相反するかまたは実質的に異なった供述」⇒全体として、それ自体または他の証拠と相まって要証事実について異なる認定を導くような供述をいうとの意味である。判例によれば、前の供述の方が詳細だとか、一部が食い違ったに過ぎない場合、公判供述は変転して定まらず趣旨があいまいだという場合も含まれる。やや安易にすぎる [続きを読む]
  • 採点実感講義を収録いたしました
  • 本年度の採点実感講義を収録してまいりました。本年度も,倒産法・商法を担当しております。講義はいいですね。楽しい。 366,368Ⅱ,369,364Ⅱ,339,354,854,361と,わかる人にはわかるはず。各取締役は,362Ⅱの構成員ですよね。役会設置会社において各取締役は,どんな立場でしたでしょうか?明文はあったのか? 実はセール中であることも,BEXAの方から聞きました。https://bexa.jp/columns/view/112& [続きを読む]
  • Endless Challenge
  • (弁済)供託:494条〜 弁済者が弁済の目的物を債権者のために供託所に寄託することにより、一方的に債務を消滅させる行為、または、その制度をいう。供託は、弁済者と供託所との間でなされる第三者のためにする契約である(もっとも、債権者の受益の意思表示は不要である)。 弁済の提供により債務不履行責任は免れるが(492条)、債務が消滅するわけではない。①債権者が自己の受領遅滞(413条)を解消させて履行を請求すれば [続きを読む]
  • 同時履行の抗弁権
  • ・債務の牽連性①成立上の牽連性 ― 原始的不能 双務契約の一方の債務が成立しないとき、他方の債務も成立しない。②履行上の牽連性 ― 同時履行の抗弁権③存続上の牽連性 ― 危険負担 同時履行の抗弁権は、債務に付着する抗弁であるから、自己の債権が移転しても主張できる。 留置権との違いは、第三者に対して主張できないことである。※ 準消費貸借と更改の場合準消費貸借契約が締結された場合でも、債務の同一性 [続きを読む]
  • 祖父のこと
  • 祖父の田澤 直作が亡くなりました。母方ですから、田澤です。仕事で那覇にいますが、戻ります。少しの間、滞るようでしたらすみません。 バブルを生きた、豪快な人間でした。母親三姉妹と弟、みな、父の人格に文句を言いながら、大好きでした。わたしもです。田澤 康二 [続きを読む]
  • うちの祖父のこと
  • 祖父の田澤 直作が亡くなりました。母方なので、田澤です。仕事で那覇にいるので、帰ります。バブルを生きて、破産をして、それでも再生した前向きな人間でした。2、3日、滞るかもわかりません。田澤 康二 [続きを読む]
  • 事情変更の原則
  • (類型)①経済的不能:戦争・大災害により、契約の履行が困難になった場合②等価性障害:対価関係が著しく破壊された場合③目的の達成不能:契約の目的が達成できなくなり、反対給付を得ても意味がない場合※目的達成不能の要件効果は他と異なる 契約はその時々の社会情勢を勘案しながら締結されるものである。事情変更が起きた場合であっても、原則その危険は各当事者が負担すべきである。↓もっとも契約関係を継続させるこ [続きを読む]
  • SENDAI Ⅱ
  • ジャズ・フェスティバルの日と,七夕祭りの日には,交通がマヒしていた慢性的な交通渋滞だった。設計ミスらしい。 LSのときも,仙台でも,模擬裁判はなぜか,毎回Pだった一度だけ,民事で証人をやったが。 修習委員長に,サッカーに連れて行ってもらった楽天も何度かみた。コンパクトな町だから,歩いてどこにでも行けた。 寒すぎた文町のスタバは,週末24時まで開いていた いつの間にか,毎度ありがとうござ [続きを読む]
  • SENDAI
  • 新幹線が東北本線原町を徐行で通過するころ,今日も疲れたな,PCを閉じて,帰り仕度をはじめることにしていた。 明日のことが少し頭によぎる。明日はあの期日か・・春でも,夏でも,23時57分に降り立つ仙台駅のホームはひんやり寒いのはどうしてか。 21時44分発,東京発最終仙台行には,何度乗っただろうか。顔ぶれはいつもと変わらないらしい。たまにいる,単身赴任のオジサンは,私を猫背のにいちゃんと呼んでいた。&n [続きを読む]
  • 択一の時期ですね
  • 時効中断⇒147条各号時効は、次に掲げる事由によって中断する。①請求、②差押え、仮差押え又は仮処分、③承認 ・①請求⇒中断事由を抽象的・包括的に示すものにすぎず、これに該当する具体的事由は149条から153条まで。→裁判上の請求(149条)、支払督促(150条)、和解及び調停申し立て(151条)、破産手続等への参加(152条)、催告(153条)→催告以外は公的手続によるもの→裁判外での請求はおよそ「催告」と考えていい [続きを読む]
  • 錯誤の考え方
  • 眠すぎる。時間錯誤です。そんなときは錯誤やります。 ・「要素に錯誤」があるとは、①法律行為において表意者が意思表示の主要部分とし(重要性)②その点について錯誤がなければ表意者はその意思表示をせず、③通常人も表意者の立場にあったとしたら意思表示をしなかったであろう場合(因果性)を指す。 (重要性判断例)佐久間・民法の基礎Ⅰ178頁以下売買:目的物、金額、価格の等価性、買主がだれか(売主にとって [続きを読む]
  • 破産債権の意義をまとめるⅡ
  • 続きます。破産債権    = 破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権であって,財団債権に該当しないもの(2Ⅴ)     → 破産手続に参加することができる(103Ⅰ)・ 定義としての2条5項。→ ただ,要件と大幅に重なる・ 破産債権とは,破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた 財産上の請求権 【財団債権・97条については後述。】※ 破産手続開始前の貸金返還請求権,破産手続開始 [続きを読む]
  • 破産債権の地位を理解してからまとめる
  • 口で言うのは簡単ですが,やってみるとこんな感じですかね。 手続から。個別行使不可 42条1項・2項一項 破産手続開始の決定があった場合には,破産財団に属する財産に対する強制執行,仮差押え,仮処分,一般の先取特権の実行又は企業担保権の実行で,破産債権若しくは財団債権に基づくもの又は破産債権若しくは財団債権を被担保債権とするものは,することができない。二項 前項に規定する場合には,同項に規定する強制執 [続きを読む]
  • 後順位譲渡担保(H18.7.20)
  • 後順位譲渡担保(H18.7.20)①後順位譲渡担保の設定が許されるか(設定者留保権か純粋な担保的構成でしか説明ができない)②後順位譲渡担保権者の実行が可能か→譲渡担保が重ねて設定された場合、後順位譲渡担保権者の取得する権利には、譲渡担保の実行権原は含まれないとされる。∵劣後する譲渡担保に独自の私的実行の権限を認めた場合、配当の手続が整備されている民事執行法上の執行手続が行われる場合と異なり、先行する譲渡担 [続きを読む]
  • 株式の担保化?温故知新
  • ここまでみてくれば,担保も,株式も,仕組みをお話しできました。なら,カスタマイズして,応用させてしまいましょう。1、株式の質入れ 株主は、その有する株式に質権を設定することができる(146条1項)。・株券発行会社株券発行会社の株式については、株券の交付が質権設定の効力要件であり(146条2項)、質権者による株券の継続的占有が、会社及び第三者に対する対抗要件である(147条2項)。さらに質権設定者は、株主名簿に質 [続きを読む]
  • 債務不履行に基づく損害賠償請求(415条)
  • 【履行遅滞】①履行期の(到来)経過②遅滞が違法であること(同時履行の抗弁権との関係)③債務者の帰責事由 1、履行期の(到来)経過・確定期限のあるとき ⇒ 期限到来の時から遅滞となる(412条1項)。・履行期の定めがないとき ⇒ 履行の請求を受けた時から遅滞になる(412条3項)。 ・不確定期限があるとき不確定期限:将来必ず発生するが、それがいつかは不確定なものをいう。⇒債務者が期限の到来を知った時 [続きを読む]
  • 193、194条による特則
  • なんどもこれ,やってますね・・おそらく。これ,好きなんですよね。 ・193条「盗品・遺失物」⇒詐取・横領は権利者の意思に基づくものであるため、適用されない。 ・回復請求権者⇒「被害者または遺失者」⇒占有者も含まれる。 ・所有権の所在⇒原権利者(判例)∵193条は即時取得が本来の権利の制限であることに鑑み、その要件を厳格化したものであると解されるから。2年が経過した場合には、192条の要件が満たさ [続きを読む]
  • 所有権留保 考え方
  • 所有権を留保している。なら,所有権はある。これは形式。実質は?どうして留保しました? なら,形式だけで判断していいのですかね。 ・対抗要件物権変動がない以上、対抗要件は不要である。当然所有権留保しています。 ・実行前の効力買主による転売が行われた場合、動産であれば192条の問題となる。売主または買主による目的物侵害 ⇒ 譲渡担保と同様に解する第三者による侵害 ⇒ 譲渡担保と同様に解する&nb [続きを読む]
  • 法定担保物権について考えるⅡ
  • ・最判S62.11.10について 特定の場所に搬入された一定範囲の動産につきいわゆる集合物譲渡担保が設定され、あらかじめ占有改定の方法により譲渡担保権者が占有を取得する合意のなされていた場合に、その範囲に属する動産を売却してそこに搬入した売主の動産売買先取特権と譲渡担保権の優劣が問題となった。 事例:?Aはスーパーを経営していたところ、BはAに対して1000万円貸し付けた。?Aが倉庫内にある保存食を目的物とし [続きを読む]
  • 利益供与の禁止(120条)
  • 趣旨 会社運営の健全性ないし公正を確保して、会社財産の浪費を防止することここからすべて考える。そうすると,制度の派生がみてくるし,何がしたいかがわかってくる。 要件株式会社は、何人に対しても、①株主の権利の行使に関し、②財産上の利益の供与(当該株式会社又はその子会社の計算においてするものに限る。以下この条において同じ。)をしてはならない。会社の金でなく自己の金である場合は含まれない。(1)「株 [続きを読む]
  • 債権者代位の要件事実?
  • 考えたことはない,とはしない。民訴ですから。まずはなにから考えますかね? いーーーーーーーつもお話しているあのピラミッドです。stg,訴訟物です。これが基礎。 ・訴訟物 被代位権者の被告に対する所有権に基づく妨害排除請求権としての所有権移転登記抹消請求権等※訴訟物に係る権利関係の主体と原告・被告とが異なっているため、訴訟物を特定するにあたっ [続きを読む]
  • 契約以外の義務違反
  • 契約ってなんでしたか?法律行為。意思表示を主要な要素とする法律要件。不法行為等の事実行為とは,異なりました。 締結以前には,契約責任を追及できませんね。でも,なにがしかの契約,意思の合致があれば?なにがしかの権利侵害があれば? 契約締結前の義務−交渉の不当破棄契約締結前は契約上の債務は発生しておらず、契約上の責任を追及できないようにも思える。      ↓しかし各当事者は契約締結に向けての [続きを読む]
  • 【無料講義】もうすぐまた現る
  • 無料講義について,何度かご案内させてもらっています。http://ameblo.jp/koji-tazawa/entry-12226332074.html
    じつは無料講義,もうすぐまた現る。レジュメはもう,できています。今度は,あの科目です。ht
    tp://ameblo.jp/koji-tazawa/entry-12226116616.htmlhttp://ameblo.jp/koji-tazawa/entry-12251500252.htmlhttp://ameblo.jp/koji-tazawa/e
    ntry-12226379262.htmlhttp://ameblo.jp/koji-tazawa/entry-12232749852.htmlこの科 [続きを読む]
  • 本当に基礎ってなんだ 終
  • ※ 本店の山口さん,いつもお世話になってます。こんな当ブログにお越しいただいて・・・・ 本当に基礎ってなんですかね、くどいのでやめます。伝聞か非伝聞かは要衝事実との関係で相対的に,供述の真実性をみる。 ですが,これだけで足りましたか?仮に伝聞ならすぐ,証拠能力ありだったでしょうか? 【証人決定と強制送還】を例に。 PSで巻かれていれば,321条1項2号。前段ですか,後段ですか。さらに [続きを読む]