鈴木大和 さん プロフィール

  •  
鈴木大和さん: アラフォーシェフの年収1億突破ブログ
ハンドル名鈴木大和 さん
ブログタイトルアラフォーシェフの年収1億突破ブログ
ブログURLhttp://yamatosuzuki.com
サイト紹介文恐ろしいほどの破壊力を持つ「最強マップ」を開発した、アラフォーシェフのトレードアイディアの集積です。
自由文「最強マップ」とは? フィボナッチとボックストレードを組み合わせ、反転ポイントとなりうる場所を明確にした宝探しの地図になります。これに、ハーモニックパターンやギャン・ファンを組み合わせ、移動平均線で仕掛けていくという手法で、年収1億円を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/04/07 10:19

鈴木大和 さんのブログ記事

  • 時には昔の話を
  • それでも恋するバルセロナ >>> ついに、バルセロナでもテロが起きてしまいました。場所はおそらくボケリア市場近辺のランブラス通り。世界中からバカンスで訪れている人がわんさかいる場所を狙うなんてサイテーですね。FBでつながっている友達は皆無事なようでひとまずホッとしていますが、被害に遭われた方のことを思うと言葉もありません。 昨日のWBSでは、テロから1日たった現場を中継していて、昨日テロがあったと思え [続きを読む]
  • 【自信】という最強の武器
  • 新境地は訪れた >>> 8月ですね。 バルセロナにいた頃の僕は完全なる”夏男”で、いわゆる「ひと夏の恋」というものがしばしばあったものですが、日本に帰ってきてからは、てんでご縁がありません。 理由の一つは「街と空」。 バルセロナの街並みと空の青さに僕はぞっこんだったのですが、夏はひときわ空が青く、もう普通に生活しているだけでワクワクします。このワクワクというモチベーションが、恋をしたいという気持ちに [続きを読む]
  • どん底からの生還
  • 過去の自分へのレクイエム >>> 手元に2冊のノートがある。 一つは、母が亡くなった4年前からメモを取っている、ビジネスや心理学の情報。 もう一つは、2年前の中国ショックから本腰入れて勉強を始めた投資の情報。 今として見れば、何書いてんだかというような物も含まれているが、その時その時での真剣さというのは伝わってくる。 もがいている自分がいる。 そして、この2冊のノートでリサーチした結果、1年半前からビ [続きを読む]
  • サブマリン
  • 【普通】からの逸脱 >>> 【普通】という言葉が嫌いだ。 僕は、20年近い飲食業のキャリアのうち11年間を鉄板焼のシェフとして過ごしてきた。当然、1日に何度もお肉の焼き加減を聞くことになるのだが、かなりの頻度で、 普通で と答えるゲストに遭遇する。 普通って何? どこの何に基準を合わせた普通なの? と昔はよく思ったものだが、そんな感情は必要なく、美味しく焼くことにシェフは専念すればよい。 ただ、僕自身が [続きを読む]
  • ダイヤモンドは永遠に
  • 人工知能には負けられない >>> 強い思いというのは、時に奇跡のような現象を呼び起こす。 これは別に大げさなことではなく、私たちの先輩方が繰り返し繰り返し挑んできたことだ。そのおかげで、私たちはこの21世紀という素晴らしい100年間の中で、非常に恵まれた生活を営んでいる。 そして、企業というものを通じて、私たちもまた、次なる未来を創造しているわけであるが、 未来を想像する ということは非常に難しい。なぜ [続きを読む]
  • イドミツヅケヨウ
  • 上には上がいる >>> 自分の実力以上のことはできない。 でも、そこであきらめてしまえばそれまでで、今の実力をアップし続けていけば、未来の自分は違うステージにいけるということを信じて、愚直に努力を続けなければならない。 ということを、最近しみじみと思う。 今までエクセルを使ってこなかったおかげで、今取り組んでいるものにてこずってしまっているわけだが、徐々に徐々にスキルはアップしている。が、もっともっ [続きを読む]
  • 執念のカスタムボリンジャー3σ
  • 迷いを取り除くということ >>>トレードをしていて日々遭遇する「迷い」というもの。・上に行くかな?・下に行くかな?・このラインで止まるかな?・戻ってくるかな?一番たちの悪い感情というのが、「もうそろそろ下がってくるでしょ」と言って持ってかれるパターン。損失が膨らむにつれて損切りできなくなるという最悪のシナリオ。実は今月それをやってしまって、マイナスを食らっている。しかし、徐々にアービトラージの理 [続きを読む]
  • 見えないものを見るために
  • 考え方ひとつで世界は変わる >>>「乖離ライナー」というものを聞いたことがあるだろうか?某有名マネー誌の企画で登場していた、若い女性投資家が口にしていたのを覚えているが、まだ勉強を始めた頃だったので完全にスルーしていた。そもそも、こういうインジケーターを作ることなんて僕には無理だろうしな、というあきらめが先行していたので、【乖離】という概念すらもスルーしてしまっていたわけである。が、先日のセミナ [続きを読む]
  • データは物語る
  • 最良の選択とは? >>>3月からトレードを再開して、4月も残すところあと一週間。なんとか無事に4月も利益を残せていますが、取引するものによってくっきりと明暗が分かれていることに気づきました。つまり、現段階で何が上手で 何が下手かということです。米国株CFDの日足トレードと、FXと商品CFDのデイトレードをやっているわけですが、約2か月間の損益が以下のようになります。・米国株CFD  −12525円 3勝7敗 [続きを読む]
  • ザラ場と向き合う週トレード
  • 日足だと暇すぎて >>>米国株を主に、日々のルーティーン化したのはいいのですが、直近のもみ合いでゴールドマンサックスにやられ、その仇を同じ金融株のバンクオブアメリカで取り戻しトントンといった4月です。ちょっと難しい局面ですね、米国株は。為替も日本株もじわじわドル売りに流れる中踏んばっていましたが、昨日のトランプ氏の発言でさすがに振り落とされたといった感じです。地政学リスクが高まり、下げているものは [続きを読む]
  • 3年目の本気
  • 魔術師への道 >>>相場の世界に足を踏み入れて丸2年。日経225を取引する5万円のシステムを購入し、証券口座開設やら発注の仕方やら何一つ分からない状態からのスタートでした。一瞬で損益が変わっていくザラ場に、カモにもなっていないひよこはビビりまくり。ですが、問題があれば立ち止まり、知識の注入は怠らず、暇さえあればチャートのリーディングをしてきた効果を、最近ようやく感じることができるようになりました。 [続きを読む]
  • 所詮は人の考えること
  • プレーヤー達の思考を把握する >>>まず、このチャートを見てもらいたい。これは天然ガスの月足チャートだが、実に9か月に及ぶレンジを抜けたのち、前の安値を割っておいてから上昇に転じるという、なんともやりづらい相場である。もし、天然ガスしか取引できない環境にあった場合、短期のプレーヤー、中期のプレーヤー、長期のプレーヤーはそれぞれどのような考え方で取引するだろうか?このブログを読んで下さっている皆さん [続きを読む]
  • ルーティントレード
  • 現時点での完成型で挑む >>>さて、3月に入りリアルトレードを再開しました。資金量は15万円でやっています。海外投資案件が好調なので、こっちはフォワードテストといった感じです。今のところはトントンといった状況で、月利20%が目標ではありますが、ひとまずはひと月ひと月をプラスで終えられればいいかなと。というのは、海外投資案件のほうを、元本だけ抜いたのち複利で運用し、ある程度の利益確定もしながら、余剰分 [続きを読む]
  • 知りたいという欲望
  • 君には飛び込む勇気があるのかい? >>>またしても先行投資を執行した。今回の投資先は、4月開催の25万円のセミナー。最近、特に増殖しているAIを使ったトレードや、フラッシュボーイズたちのHFT等とは垣根を分かつ、マニュアルでありながら理論的で、薄利でありながら確率の高いアービトラージのプロ向けセミナーである。僕がどこから情報を得ているのかは、わかる人にはわかるだろう。身近な人にはしゃべっているので、興味 [続きを読む]
  • 移動平均線最強論
  • すでに答えは出ていた >>>今日は、最近特に思うことを書いてみたいと思います。まあ何かというと、株塾のことなんですけど、決してみんなで株塾に入りましょうという勧誘でも何でもないので、警戒しなくて大丈夫ですよ。ただ、僕が今思っていることが、近い将来現実に起こることは間違いないので、そのことに少し触れてみようということです。 相場師たちは何をしてきたのか >>>移動平均線がいつできたの [続きを読む]
  • 危険地帯
  • 移動平均線の極み >>>一つ面白い局面があったので、ご紹介したいと思います。日経ですが、この週足チャート。前の安値でどうなるかというのはあるものの、売りたい局面ですよね。もしくは一本前のローソクで売りを入れているかもしれません。ちなみに3本の移動平均線はSMAで、パラメータは5、20、60です。移動平均線については、このブログの立ち上げ当初に、長期のEMAを直線的に使う方法を書きましたが、あれに関しては [続きを読む]
  • トレードで結果を出すたった一つの方法
  • 当たり前のことを掘り下げる >>>前回の投稿(相場で勝つための必勝法)で、僕に意地悪された皆さん、ごめんなさい!!今日は、その答えを発表します。聞けば当然だと思われる方が大半でしょう。ですが、これを気づいているのと気づいていないのでは、トレードの結果が大きく変わってしまうはずだと僕は思っています。そもそも、チャートを分析するツールは何を目的に作られているのでしょう?・水平線やトレンドライン・ [続きを読む]
  • 相場で勝つための必勝法
  • 誰でも分かるたった一つのこと >>>あることをきっかけに、人生が変わるというのはよくある話だ。僕は、昨年末の追突事故を機に、いろんな意味で力が抜けた。特に、声楽の上達が著しいが、投資のほうもバックテストの成績は良好だ。年単位では必ず利益を残せている。なので、今すぐトレードを再開することも可能なのだが、それをしないのは、アービトラージの理解をもう少し深めてからのほうが良いだろうと思っているから [続きを読む]
  • バックテスト
  • 苦手なものを潰す >>>食べず嫌いってありますよね。あれって思うんですけど、ただ機会に恵まれなかったことがほとんどではないかなと。僕は、仕事柄、食べず嫌いってものはないんですけど、普段の生活の中には、経験しておくべきなんだろうけど手が付けられていないものがたくさんあります。その中で、トレードをしていくにあたって、ついでに覚えてしまおうと思っているものが一つ。エクセルです。はぁ?何をいまさら? [続きを読む]
  • FUNKY & CRAZY 2017
  • 一片の迷いなく突き進む年の幕開け >>>新年明けましておめでとうございます。2016年は追突事故で幕が引けるという大当たり(!)の年でしたが、徐々に体のほうも回復し、そろそろアクセルを踏み込んでいこうかなと機を伺っているところです。というか、正月3が日を動画での復習からのバックテストというトレード漬けで過ごしている時点ですでにアクセル全開なのですがw、美味しいものもたくさん食べ、大好きなバラエティ [続きを読む]
  • 2016年まとめ
  • 本厄に攻めまくった度胸には乾杯 >>>実は、こんなブログを書いているにもかかわらず、2016年の前半は全くトレードをする予定ではありませんでした。というのも、年初から2つのウェブマーケティングの塾を掛け持ちしていたことと、テクニカルアナリスト試験へ向けた通信講座の受講を開始していたからです。ですが、塾で成果を出していくには、当然何かしらのメディアが必要で、その一つとして急ぎ立ち上げたのがこの [続きを読む]
  • 大馬鹿野郎の大一番
  • お金で情報を買う時代 >>>世でいうインターネットビジネスというものに僕が最初に出会ったのは、スペインから帰ってきて、某上場飲食チェーンの社員をしていたころ(2013年)だと思う。なんかわけのわからん金髪の若いに〜ちゃんが、「僕がたった数か月で月収〇〇〇万円になった秘密を暴露します」とかいうYOU TUBEの動画から誘導されると、アフィリエイトとかいう聞いたことがないものの説明が毎日メールで送られて [続きを読む]
  • そして私は何を選択したのか
  • 何に一番信頼を置くか >>>東証個別株におけるロングショート戦略のデモを始めて2週目です。常々言うように、「やってみなきゃわからない」わけで、やれば何かしらの問題点が浮かびあがり、それを修正しながら進めていくというのが、物事の正しいやり方。ただし、問題が自分に起因しているならともかく、自分に関わるものについての問題というのは少々厄介です。投機において自分が直にかかわるもの。それは、「ブローカ [続きを読む]
  • 公開デモpart2 <提案>
  • 先週の結果 >>>監視銘柄はこういう結果になりました。ロング銘柄 6勝2敗ショート銘柄 4勝5敗週後半にかけてのブル圧力で、ショート銘柄で陽転するものもあり、全体の勝率としては約55%。実際にセレクトした銘柄のデモの結果は、ロング銘柄1963 日揮  +9,114円9602 東宝  −3,600円9509 北海道電力  +29,402円ショート銘柄3092 スタートトゥデイ  −15,246円4578 大塚HD   [続きを読む]
  • 公開デモをします!!
  • 銘柄選定こそがすべて >>>「これから上がりそうな銘柄を知りたい」株をやっている人はきっといつもこんなことを考えていることでしょう。このブログも参加しているブログ村なんかを見ると、「急騰銘柄」「暴騰銘柄」「推奨銘柄」なんてのを載せてるブログが上位を占めていることから見ても、関心の高さが伺えます。ただ、こういったものはジャスダックやマザーズに上場している出来高が少ない銘柄であることがほとんどで [続きを読む]