ロン さん プロフィール

  •  
ロンさん: 直腸癌転移肝癌化学療法の日々
ハンドル名ロン さん
ブログタイトル直腸癌転移肝癌化学療法の日々
ブログURLhttp://office-lon.at.webry.info/
サイト紹介文2012年に59歳でステージ4の直腸癌と転移肝癌、切除後、肝癌と肺癌を再発、今も化学療法の日々
自由文癌の化学療法5年目に入ったフリーランスです。2012年、59歳で、直腸癌と転移した肝臓癌の切除手術とその後の化学療法のために休業し、翌年60歳で退職後は、個人事業主として今日にいたっています。化学療法で一時は癌も消滅しましたが、数ヶ月で再発し、肝臓と肺に転移しています。2016年3月現在のCEAは492、CA19−9は1714の高原状態。先行き不明なの日々の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供27回 / 188日(平均1.0回/週) - 参加 2016/04/05 16:16

ロン さんのブログ記事

  • 腹部膨満と両足の浮腫
  • 次第に体調が悪化してきました。症状そのものは、肝癌の末期症状と同様です。前回の「勘違い」の続きを、もう少し正確に記載しておきます。ちなみには、医者の手当ては、利尿剤の処方のみしかなかく、現在の服用量が限界だそうです。 [続きを読む]
  • 2016年6月
  • 2016年6月3日に半年ぶりのCT検査を行った。2016年6月9日には、抗癌剤の副作用も考慮して、2週間空きを3週間にして抗癌剤服用を再開した。6月9日は月初めだったので、血液検査で腫瘍マーカー値も確認した。腫瘍マーカーは5月に対して大幅にアップした。CEAは、5月の684から1057へ、1.5倍に、CA19-9は、5月の1661から2076へ1.25倍にアップした。これを図示すると最近の動向は、下図のようになって [続きを読む]
  • 退院直後
  • 直腸も肝臓も全滅の状態を聞いて、突然の死の宣告を聞いたように、涙が止まらなかった。私の父も肝臓癌だった。切除手術には間に合わず、当時の苦しい抗癌剤治療を経て死去した。父の享年よりも若い自分の年と、父と話した最後の悲しそうな目が思い出された。当時は本人への告知はなかった。 [続きを読む]
  • 肛門様
  • この話は、2012年の手術前から手術直後までの時期の排便の話です。臭い長い話を落語調にしましたが、長いので、気力体力のある方だけ、ご覧下さい。 [続きを読む]
  • 排便
  • 直腸癌を切除したということもあって、化学療法で便秘になったり頻便になったりすると、排便に苦労する。特に、外出時の最大の課題は、排便・排尿である。いずれも時間がかかるので、混んでいる公共トイレでは、睨まれてしまう。電車も同様である。東京都心の高層ビルのトイレなどでは、15分以上入っていると警備員が来るところもある。省エネ型のトイレでは、体を動かしていないと、照明が切れてしまう。身障者用のトイレを利用し [続きを読む]
  • 血圧
  • 化学療法の際には、体調を記入する手帳をもらうことが多いので、私の場合は、最初からパソコンでエクセルに入力していた。4年も経つと、何かあったときに、いろいろ検討できる。2014年の2月に、ハノイの病院にお世話なったときも、血液検査の結果表の電子ファイルを渡して、ベトナムの女医さんに状況を正確に伝えることに役立った(というか、そんなデータを持ち歩いており、40度の熱でも、パソコン処理して資料を渡し、医学英語 [続きを読む]
  • 化学療法の副作用
  • 癌の切除後、継続した化学療法は、結果的には極めて効果的に作用し、再発した肝癌や肺癌の増殖を抑制してくれた。おかげで4年間を生きてこれた。ただし、60歳代の元気な(?)体なので、癌も元気である。腫瘍マーカーの推移に見られるように、癌を消滅させることはできないが、明らかに縮小させてくれたし、増殖のスピードを抑えてくれている。他方、4年間も化学療法を継続していると、骨髄抑制を中心に、副作用も慢性化してくる [続きを読む]
  • 腹壁ヘルニア
  • 私の場合、日常生活で困ることは、腹壁ヘルニアで歩行時などに腹が張ってきついことと、直腸切除のせいか排便が大変なことである。腹壁ヘルニアは、事前に知ってたら対応もできたものだった。先に肝臓の大半を切除した後へ、新たに肝臓が形成されるまでの間にできた隙間に大腸がせり出しており、肝臓が大きくなって大腸を押した形になっていた。そこへ、便が硬くて出そうで出ないので、力(リキ)んだりするので、右上腹部に2箇所 [続きを読む]
  • 癌治療の経緯
  • 「はじめまして」にも書きましたが、私の癌治療の経緯を少し詳しく紹介しておきます。私の場合、直腸癌でしたが、少し排便の調子がおかしいと感じる程度で、日常生活上支障を感じるほどではありませんでした。ところが、2012年の2月初めの週末に、出先で1日4回にわたり、大量に下血しました。その翌週月曜に診断、火曜には大腸にカメラで直腸の大きな腫瘍が確認され、出血多量による貧血のおそれがあるとのことで、即日入院にな [続きを読む]
  • 腫瘍マーカーの推移2
  • 先に投稿した腫瘍マーカーの推移は、片対数グラフだと解りにくい方もいらっしゃるようなので、絶対値でのグラフも掲載しておきます。腫瘍マーカーの数値が低いうちは一喜一憂して、CT検査の映像での確認も含めて勝手に余命を考えていました。2015年の夏頃から数値が桁違いに上昇したときには、もう終わりかと思いました。しかし、肝臓も肺も臓器が大きく、はっきりした自覚症状がなく、その後、状況が変わったように見えなくなると [続きを読む]
  • 体重の推移
  • 直腸癌や肝臓癌を切除し、化学療法も4年にわたり76回も投与していると、当初の手術や化学療法の副作用も含めて、改めて罹病したばかりの不安いっぱいの方々に少しでも参考になる情報を提供しておきたいと思いますが、詳細は逐次記載します。ただし、私の場合は、頻便や腹部ヘルニアでの悩みが中心で、比較的副作用が少なくて救われました。あまり参考にならないかもしれません。化学療法の影響は個人差が大きく、なんともいえませ [続きを読む]
  • 広島県西宗
  • 吉本家は、広島県北広島町(安芸国西宗村)出身。  吉川氏の所領。姓に「吉」の字を冠す数家あるとの事。 吉本家の先祖は、文化文政時代に、吉原家から分家した。 昭和に入って、吉本家の長男は、早死したため、次男が家督相続し、本家次男と私の父が西宗の水田にあった 先祖の墓を千代田町蔵迫の勝龍寺の墓地に移設した。先祖の菩提寺は、北広島町大朝の円立寺である。 [続きを読む]
  • 中山三屋女
  • 国会図書館の近代デジタルライブラリーで、中山三屋の歌集『浮木廼亀』は閲覧可能。   柴圭子著の『江戸時代の女たち、その生と愛』に三屋のことが詳しく紹介されている。  母方の先祖の墓所は、周南市の善宗寺にある。墓地は、三段構成になっており、その中段に戸倉家、中山三屋の墓がある。中山三屋の歌碑も墓地にあり、記念式典なども実施されたようであるが、母の納骨の際に立ち寄った2000年は、深い夏草に埋もれていた。 [続きを読む]