hatake-kiroku さん プロフィール

  •  
hatake-kirokuさん: 〜野菜 自給率90%〜 家庭菜園 [栽培記録]
ハンドル名hatake-kiroku さん
ブログタイトル〜野菜 自給率90%〜 家庭菜園 [栽培記録]
ブログURLhttp://hatake-kiroku.blogspot.jp/
サイト紹介文無農薬で色々な野菜を栽培し、自給自足中です。目標は病害虫猫との良好な関係作り!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供302回 / 358日(平均5.9回/週) - 参加 2016/04/06 14:13

hatake-kiroku さんのブログ記事

  • ソラマメにえそ!?
  • 夜中に何度も猫にゃんに起こされて、寝不足です。穏やかな春の陽気も加わり、ぼ〜っとしたまま畑に向かいます。何気に見た、「え”〜〜」な、そら豆に、眠気も吹っ飛びました。葉の付け根が焦げ茶色になり、枯れて行くような?なんだか重大な病気に見えます・・・。雪に潰されて、立ち直った2月初旬には、葉の色にまだ変化はありません。いつからだったのでしょう。2度目の大雪に潰された後でしょうか。もし、この症状がウイルスが [続きを読む]
  • レタス2nd播種です (=^・^=) 3/28
  • 寝不足の原因、病害虫獣の猫にゃんです。夜中に「うにゃん、うにゃん」と鳴いて起こす時は、猫にゃんも寝ぼけています。お散歩カゴに自分から入ってお散歩を要求したり、机の裏側に入ってネズミを探したり。でも、おもちゃには全く無関心です。ネズミを頭に乗せるとなぜかフリーズします。こんな時は大抵、ブラインドを開けるよう要求して、窓の外を暫く眺めて、また寝ます。「にゃーー!」と鳴いて起こす時は、ご飯の要求です。夜 [続きを読む]
  • サトイモ 種芋も全滅?
  • 降りそうで降らない微妙な天気です。船の整備に向かう前に、種芋用の里芋を掘り出し確認してみます。昨年、都度食べる用に、畝に土を盛って残しておいた里芋は、3月の声を聴いたとたん、変色が始まりました。2月の終わり頃には、全く問題なかったのに、ぽきっと親芋から分け折ると、真っ白なハズの折れ口に、茶色の点々が出て来ます。茶色が入るともう、固くて食べられません。掘っても、掘っても、更に掘っても、ダメでした。土を [続きを読む]
  • パセリ、赤しそ、発芽しました 3/27
  • 芽だしをしていたパセリーパラマウントに、白い根が出ていました。古い種を播いても発芽せず、新しく種を買い、芽だしをしたら順調に発根しました。やっぱり、新しい種じゃなきゃと思って見ると、古い種にも根が出ていました。あんららら〜。畑に播いてしまいたかったのですが、爆発キャベツの配達と買い物で遅くなり、根が朝の倍にも伸びていて朝まで待てず、25日に仕方なくお部屋でセルトレイに播きました。パセリの種は、暖房に [続きを読む]
  • ジャガイモ発芽しましたが・・・植付け、開墾 3/26
  • 畑日和は船の作業日和、目先の畑に向かいます。初めて半分に切って植えたジャガイモ「キタアカリ」が発芽しました。透明マルチ、良く見えていいですね。発芽が揃ったら雑草制御の黒マルチに交換予定です。ただ、発芽したのは、すでに芽の出ていた種芋だけです。向こう半分に植えたのは、芽だし途中のつるつるの種芋でした。芽も出ていないのに半分に切ったら、芽が出るまでに腐るのではと気になっていましたが。嫌な予感がします。 [続きを読む]
  • トウモロコシ、インゲン、エダマメ 混植してみます 3/25
  • 北風が強く寒い朝です。充分に暖まったお昼前に、念願のトウモロコシ「ピーター早生1号」を播きます。畝の準備は随分前から出来ていたのですが、他の苗の植付けを優先した為に、なかなか蒔けずにいました。つるなしいんげんも一緒に播きます。 まずは、大好物のトウモロコシから。採れたてトウモロコシの美味しさを覚えてしまい、もう育てるほか無くなってしまいました。夏の朝食は、トウモロコシになるので、これから7月まで、1-2 [続きを読む]
  • ゴボウ播種 波板栽培したかったのに 3/24
  • 3/20に芽だしを始めた白はだ滝野川ごぼうの根が一気に出て来ました。昨日は全く気配も無かったのに、出るようになると突然溢れるようにですものね。 今年は初めての波板栽培にトライします。まだ畝は途中で、慌てて準備します。 通常の波板栽培より傾斜がキツイですが、稲わらと遮光ネットなどで土の流出を防ぐ予定です。波板を2段にして準備完了、潅水をして落ち着くまでは、種まきは休憩です。石垣を利用したので、袋栽培 [続きを読む]
  • キャベツ爆発!
  • 大変です! 結球中だと思っていた、まだこれからのハズのキャベツが爆発です。パシーーン!!まだまだとても軽くて小さなキャベツなのです。 少し大きいこちらも、パシッパシッ!プチパニックです! 大事な春キャベツなのに。なんとかしなくちゃ!と言って、固さチェックしてみようと押さえた一つが、まさかの パシッ!え"〜!どうなってるの〜!!カラスにつつかれた2株もあり、爆発した3株と全5株収穫せざるを得なくなりました [続きを読む]
  • サンチュ、チンゲン菜、春菊 植付けました 3/24
  • 今日は冷たい北風が吹き、とても寒い一日です。昨日の続きでセルトレイから根が出ていた苗を植えます。セルトレイの端を切っていると、ご近所さんが、「何してるの?」ミニチンゲン菜を植えようと思って。「え?それは?」植穴を開けるのに使うんです。ん〜と・・・、じゃあ、植えて見ますね。切ったセルトレイに指を入れて、セルをぎゅっと押し込みます。セルを取ると、植え穴が出来ますよね。「あー、そういう事!」で、苗を取り [続きを読む]
  • 玉レタスとハクサイ 植付けです 3/23
  • 穏やかな日が続きます。船の作業も気になりますが、生長中の苗は待ったがききません。暖かくなったお昼前、トンネル内の地温が20℃を超えました。玉レタスの植付け開始です。育苗トンネルからセルトレーの苗を出してみると、あらあら、根っこだらけです。はみ出た根っこは千切って植えます。セルトレイを一つ切り取り、植穴開けに使います。セルトレイを指につけてポンポンと穴を開けたところに、充分に潅水した苗を落として終了で [続きを読む]
  • 早く植付けなくては レタス苗など 3/22
  • 昨日の雨の一日の後、また穏やかな日が戻り、日差しが力強く感じます。風は鼻水が出そうなほど冷たいのですが、畑の育苗トンネルは、蒸れ蒸れのサウナ状態でした。窮屈そうな玉レタスが、一日も早い植え付けを催促しています。中葉春菊と、手前4列の白菜は、今週中に移植ですね。中のミニチンゲンサイは、もう少し余裕がありそうです。奥のサラダミズナは、ようやく芽が出ました。種まきから2週間、なんだか育つ気がしません。チマ [続きを読む]
  • 九条太って葉ネギなの?! 3/19
  • 今日も穏やかに晴れました。船底磨きを早めに切り上げて、3日前に衝動買いしていた「九条太」の苗を植えます。しっかりとした立派な苗です。「九条太」、名前だけは知っていましたが、栽培は初めてです。昨秋播いた石倉一本ねぎは、殆どの種をケラに食べられて、残った苗も僅かで雑草のようなので諦めました。準備しておいた畝に、一本ずつは面倒なので、3本づつ植え終えて、にっこり。本当にしっかりとしたキレイな苗です。 頬が [続きを読む]
  • キャベツ、ブロッコリー定植 3/18
  • 朝、車のフロントガラスが凍りついていましたが、穏やかないいお天気です。船の上架整備には絶好の日和になりました。上架を終えて、苗屋さんの前を素通りできずに購入してしまったブロッコリーとキャベツを植付けます。葉ネギを植えていた小さな畝を2つ耕して元肥を入れ、使い古しのマルチを再利用します。ブロッコリーは、ハイツSPと、緑嶺を2本ずつ植えます。キャベツは「春波」4株です。また霜注意報が出たので、不織布トンネ [続きを読む]
  • 悲惨な玉ネギ その後 追肥 2/8
  • 「ネギ葉枯細菌病」に感染し、廃棄も考えた苗を植付けて3ヶ月が過ぎました。1月下旬に予定していた追肥は、大雪と雨とで畑がぬかるんで立ち入れず、2週間遅れになります。9/3播種、タマネギ 無残な極早生苗を植付 [10/26]の「絹てまり」です。植付け時の無残な苗です。傷んだ葉を取ったら裸になってしまい、竹串サイズ以下の苗も植えました。 この無残な苗には、前回の 追肥 [11/29] の後、試しに雨よけをかけてみたのです。ほぼビ [続きを読む]
  • 畑で「わさび」を育ててみます 3/1
  • 畑わさびと清流の沢わさびは同じものだそうですね。ばあばが木の下に植えていて、年に一度、葉わさびのツーーーーン!!を楽しんでいました。手入れをされなかったこの数年で、消えたり生長不良に陥っていたので、畑で育ててみる事にしました。畑では生長しないらしい根わさびに、かすかな期待をして抜いて見ると、脇芽だらけの小さな団子です。長い長い根が張っています。食べようと残した、これでも大き目の2本、親指より小さい [続きを読む]
  • 残り種イロイロ 種まきです 03/12
  • 「蒔かぬ種は生えぬ」「下手な種まきも数撃ちゃ当たる」そんな感じで、去年の残り種を色々と播いています。芽だしをしていた、パセリ、ディル、葉ネギの根が、ようやく出はじめたので、みつば、しそ大葉も一緒にセルトレイに播きました。ツンツンと根の出始めた葉ネギです。アブラナ科は、芽だしせずに播きます。3/8播種の、白菜「無双」、ミニチンゲンサイは、徒長中です。サラダみずなは、種が割れてからも発芽を悩んでいるよう [続きを読む]
  • 「時なし五寸人参」チャンテネーを播きました 3/11
  • 今日も氷が張った寒い朝でした。種まき予定の畝が、太陽に温められたお昼前、「時なし五寸人参」チャンテネーの種まき開始です。3列それぞれ90cmに9分割し、9列分にマルチを切り取ってから、地温を下げないようにお湯で播き床を湿らせます。Lアングルを使って10mmの溝を作り、種を10mm間隔で置いて行きます。3/8から芽だしをしていて、発芽の気配など全くない種が多々あり、これは避けます。根の伸び過ぎた種もかなりありますが、 [続きを読む]
  • 気が付けば春!繁忙期突入です!
  • 3ヶ月も更新をサボってしまいました。1月、2月と2度も記録的な大雪に襲われ、土作りなど冬の作業が全く出来ませんでした。今になって遅れを取り戻そうと頑張っていますが、畑は潰れたトンネルなど散らかったまま繁忙期突入です。すでに芽だし中の種や、トレーに播いた種など、暖房の効いた部屋に並んでいます。一部、発芽したトレーを畑のトンネルに移したら、また雪で氷点下で厚い氷が張りました。小雪の舞う中、少しづつ耕起や畝 [続きを読む]
  • かわいいカボチャ「栗美人」播種 3/9
  • 4ポットに1粒づつ播きました。昨年の残り種です。覆土     1cm  ※ 食酢希釈液処理発芽適温   25℃3月中 畝立て畝幅     3m(片屋根棚栽培にしてみる?)堆肥     2kg/m苦土石灰  100-200g/m化成肥料   50g/mマルチ4月中旬 定植株間     50cm不織布トンネル(4月中)棚設置本葉5〜6枚展開時 親蔓摘心、子蔓3本仕立て5月中旬 誘引・人口交配開始※うどんこ病注意(重曹噴霧500〜1000倍液)高温時不可6 [続きを読む]
  • うどんこ病には重曹を、食酢は種の消毒に♪
  • 「食酢、重曹の効果が確認されている病害」奈良県HPより抜粋要約 - http://www.pref.nara.jp/20460.htm - 重曹 500〜1000倍液病気の発生初期に発生部位を中心に株全体にまんべんなく噴霧・灰色カビ病: イチゴ、トマト、バラ・うどんこ病: カボチャ、キュウリ、スイカ、メロン、ナス、ピーマン、トマト、イチゴ、バラ 食酢 食酢希釈液に水稲種子を浸漬・イネ:もみ枯細菌病,バカ苗病,ゴマ葉枯病 「ウリ科野菜果実汚斑細菌病 [続きを読む]
  • ジャガイモを植えました 3/3
  • 春の日差しです。ジャガイモの種芋は、程よい大きさの芋がなくて、切って使うのは初めてです。2/28に切って、乾かしておきました。一個だけ中心部が変色して、生理障害らしき芋があり、 堆肥になってもらいました。「キタアカリ」1kg×2袋で、ピッタリひと畝分でした。収穫楽々の超浅植えの予定でしたが、厚いマルチが僅かに足りず、深植に変更です。土を盛らなければ!汗だくで鍬を振るいました。猫にゃんも暑くてウロウロしてい [続きを読む]
  • エンドウにネット、ホウレン草失敗 2/28
  • 春らしい穏やかな陽気です。大雪が溶けて水浸しだった田んぼの畑がようやく乾きました。色々と大雪で遅れていた作業をこなします。まずは、ジャガイモの畝立てです。昨年耕うんしておいた畝を均し、マルチをかけて地温を上げておきます。次は、エンドウにネットを張ります。もっと早くに笹竹を立てる予定でしたが、2度の大雪にはばまれ、笹竹の殆どは2度目の湿った重い雪に潰されて折れてしまいました。エンドウネットは、1.5m*6m [続きを読む]
  • 畑の様子
  • ニンジンネズミにかじられ、ネコブセンチュウに侵されています・・・。ミニ白菜病気が出て来ました。春まで持つでしょうか。白はだ滝野川ごぼう葉が端から枯れて来ました。冬眠の準備ではないようです。こちら半分はまだ元気ですから。ターサイ間引き収穫です。寒くなって、虫も激減です。二株を間引いて一株にします。大きく美味しく育つまでに無くなりそうです。芽キャベツ手入れ不足で大きく育ちませんでした。来年こそ!いいね [続きを読む]
  • パプリカ ピーマン いつまで続くのでしょう?
  • 玉ねぎに振り回されて、気が付けばもう師走。早いですね。4/8に植え付けたパプリカは、7/1の初収穫からすでに5か月、まだ枯れそうもないのです。コンスタントに収穫の続く赤パプリカと違い、黄色は本当に気まぐれです。今度こそ終わったかと思っていたら、また色付いていました。急に冷え込み、寒い日に、不織布をべた掛けしています。「ジャンボピーマン」も、まだ数個残っていますし、ダイソーの種から育てた「甘長とうがらし」 [続きを読む]
  • 悲惨なタマネギ苗 その後 追肥 [11/29]
  • 風が冷たく、寒気の影響で時折小雨がパラつきます。お陽さまの笑顔に惑わされ、追肥をしようと出かけました。ここは、恐怖のpH3.8ショックの畝です。超発芽不良のジャンボニンニクです。今頃になって芽が出て来たものもあります。手前左半分のほうれん草は、芽だしをしても発芽不良で残した種を播いてみた所です。今でもpH4.2と低いのに、わずかとはいえ、芽が出て育っています。根元のマルチの下に一つまみづつ追肥を入れて行き [続きを読む]