高山康宏建築デザイン さん プロフィール

  •  
高山康宏建築デザインさん: 高山康宏建築デザインBlog
ハンドル名高山康宏建築デザイン さん
ブログタイトル高山康宏建築デザインBlog
ブログURLhttp://tkym.boo.jp/category/blog/
サイト紹介文『楽しい暮らし』があってこそ『大好きな家』になる!『自分達らしい』楽しい暮らしの想像から始めましょ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2016/04/06 22:10

高山康宏建築デザイン さんのブログ記事

  • 畳コーナー的ロフト
  • 「最近の家は和室がない」というよりも例えば、4人家族で、LDK、主寝室、子ども部屋2室といった3LDKの規模の大きさの家に和室を設けることが出来ないという理由が大きいように思います 畳って直に座ることも出来ますし やっぱり好きな人も多いと思います そこで、LDKに設けたロフトに畳を敷いて、畳コーナーのような場所をつくればいいのではないか。。。と考えた案です。※ただ、ロフトの取り扱いは建築場所によって違うので出来 [続きを読む]
  • 家の動線
  • 設計事務所に家の設計を依頼するとデザインばかりが優先され住みにくい家になるのではないか、、、そんな不安な気持ちもあるかなぁ〜と思います。 確かに少しでもカッコよくしたい気持ちでいますので、あーでもないこーでもないと色々考えます。ただそれと同時に、暮らしやすさについても同じくらい色々考えています。 決して見た目だけのデザインにならないように。。。 下に動線について考えていたことをまとめてみました。見た [続きを読む]
  • 軒先、庇のデザイン
  • 京都の建物は景観法もあり軒や庇を設けなければいけない場合が多かったりします。そして その軒先や庇のデザインによって建物の印象がゴロっと違ってきます。 京都で設計してる以上、こだわらないといけない部分だなと久々に建物見学して思った次第です ??龍谷ミュージアム ??京都国立博物館 平成知新館 [続きを読む]
  • 色柄の違いによる比較
  • 同じ形状でも色柄が違うと全く雰囲気が違ってくるんですよね。 どの雰囲気がお好みですか??? 今回はトイレで検討してますが、LDKなども同様に仕上げの色柄によって雰囲気が違ってきます。 家づくりはLDK??畳ほしい…何部屋ほしいとか間取りに重きをおきがちですが、快適に暮らしていくには部屋の雰囲気というのはとても大事! どの様な雰囲気が好みなのかイメージしておくことが、家づくりを始めるにあたり結構 大事だと思い [続きを読む]
  • 2017新年会
  • 毎年、仕事初めは初詣と新年会のみ! 今年は建築の勉強も兼ねてリッツ・カールトン京都に連れて行って貰いました(^^) ただ、昼間から 美味しい食事とお酒が入るとなかなか勉強とはいかず 結局 食べて終わっただけ。。。のような気もしますが、いやぁ〜美味しかったです! 普段、なかなか行けない場所に連れて行って頂き、感謝しております。 あとはガンガン働くしかないですね(^^) というわけで本年も宜しくお願い致しますm(_ _)m [続きを読む]
  • 大工さんにメロメロ!
  • 現在、施工中の玄関に設置している竹の写真です。下のパースのようにイメージを描くことは出来ても実際造って下さるのは大工さん。竹の「上」と「下」を節の部分で判断して、生えていた時と同じ向きで取付けて下さったり 節の位置が不自然に揃わないようにズラして下さったり、細かな部分にまで気を使って下さる大工さんに もうメロメロです(^^) [続きを読む]
  • スキップフロア!
  • あえて床に段差を設けるスキップフロア!壁で仕切らず床の段差による視線のズレを利用して空間としての繋がりを持たせつつも意識面では何となく仕切られている、そんな特徴があるスキップフロアなんですが、この床に段差(1m程)を設けるという何て事ないと思われる事が実は構造面や法的面でとても悩まされることになり ただいま絶賛お悩み中でございます(; ̄ェ ̄) [続きを読む]
  • CG?写真?ソフトの進化は凄いっ!!
  • CG?写真? ・ この前Upしたお店のイメージパースのカウンター上部に吊り下げていたグラス! ・ パソコンソフトの進化は凄いっ‼? ・ #cg #写真 #photo #グラス #店 #リノベーション#リノベ #改修 #改装 #木造 #店舗 #店内 #デザイン #インテリア #インテリアデザイン #店舗デザイン #イメージ #内観 #建築 #建築パース #パース #プレゼン #設計 #設計事務所 #和 #和風 #飲食店 #3d高山康宏さん(@takayama_yasuhiro)が投稿した写 [続きを読む]
  • 間取り図だけでは伝わらない部屋の雰囲気
  • 上のイメージは以前お店の設計をする際に作成したものです。一方、下のは住宅のLDKへとアレンジしたもの置いてる家具や、ちょっとした仕上げや形状によって印象が全く違ってきます。 家づくりは間取り中心での検討が多いのではないでしょうか。当然面積や部屋の関係性に於いて間取り図は重要です。今回はお店と家の比較でしたけど上のイメージからも、ちょっとしたことで受ける印象って違ってきます。間取りとあわせてどんな [続きを読む]
  • 思い出の1枚、上見て努力、下見て自信
  • これは十数年前に初めて本格的に気合入れて作成したインテリアのパース(記憶によると)(※インスタグラムでフィルター掛けたりはしましたけど。。。)当時、手描きのパースが上手く描けなかったというのもあるのですが、上手い人のスケッチやパースと見比べて自信が持てず恥ずかしさから手描きのものは人に見せてなかったように思います。なので、このCGでのインテリアパースは自分の頭の中のイメージを伝える為の手段を身に付けたく [続きを読む]
  • 京都では宿泊施設の話ばかり
  • 京都で設計業務に従事していると専ら話題にのぼるのが宿泊施設の話。町家を改修してできないか?や住宅規模でできないか?や将来的に集合住宅に転用できるような宿泊施設ができないか?などなど。 宿泊施設にもホテルから自宅の部屋を宿泊する部屋に提供する民泊から様々ありますが、これだけ宿泊施設の話があると情報収集せざるをえないので、とりあえず書籍に目を通すことから始めています。 ちなみに、うちの事務所で [続きを読む]
  • 「和」な玄関
  • イメージスケッチから始まりCGでのパース作成、只今、図面にて検討中です竹の間隔によって印象が全く違ってくるのでどのくらいの間隔にするのがいいか悩みどころ。細かい寸法決めは現場で見ながらの調整になりそうです。 [続きを読む]
  • イメージは『マリン』な家
  • デザインのイメージは『マリン』です。journal standard furnitureの家具を置きたいということと『マリン』って感じの家という要望からのご提案。 間口3.6m×奥行8.55mという決して大きくはない家ですが拘るところと、そうでないところのメリハリをつけれれば一味違った自分達だけのオリジナルな家に仕上がるのではないかと思います。 MARINE from yasuhiro takayama on Vimeo. [続きを読む]
  • イメージは『マリン』
  • デザインのイメージは『マリン』です。journal standard furnitureの家具を置きたいということと『マリン』って感じの家という要望からのご提案。 間口3.6m×奥行8.55mという決して大きくはない家ですが拘るところと、そうでないところのメリハリをつけれれば一味違った自分達だけのオリジナルな家に仕上がるのではないかと思います。 MARINE from yasuhiro takayama on Vimeo. [続きを読む]