七田チャイルドアカデミー川西教室 さん プロフィール

  •  
七田チャイルドアカデミー川西教室さん: 七田チャイルドアカデミー川西教室ブログ
ハンドル名七田チャイルドアカデミー川西教室 さん
ブログタイトル七田チャイルドアカデミー川西教室ブログ
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/shichida-kawanishi/
サイト紹介文胎教〜小6・特別支援の各コースでの成果、日々の気付き、自らのお受験ママ体験談などをご紹介しています。
自由文面白くてためになる「お受験生へ」シリーズは、自らの体験談を交えて毎日更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2016/04/07 13:50

七田チャイルドアカデミー川西教室 さんのブログ記事

  • おばあちゃんの慈愛にお任せ
  • スーパーのフードコートで、おばあちゃんに預けていた子どもを、待ち合わせて引き取りにやって来たママがいました。(夏休みの帰省中かな?)自分の親みたいで、遠慮のない文句をぶつけていました。「ごめんね、堪忍ね。」とおばあちゃんが言います。「悪かったよぉ。」「そしたら、もう、みられへんわ…。」とだんだんいじけていくおばあちゃん。話に割って入りたい気持ちをぐっと堪えて、代わりにここに書きます。おばあちゃんに子 [続きを読む]
  • 小学生にトランプ手品をやってみせました
  • 小学生クラスで、トランプを使って赤黒を当てる取り組みをしました。前座で、私がちょっとしたトランプ手品を披露しました。「ちゃ ちゃら ちゃら ちゃーん。」とオリーブの首飾りを口ずさみながら、華麗な?手さばきでトランプをきります。「先生、その曲なに?」と言われても、めげずに、「昔は手品と言えば、この曲なのさ。」と、裏返したままのカードを一枚引かせました。そのカードを見事に当ててみせると…やんや、やんや [続きを読む]
  • ちゃうちゃうちゃーうんちゃう期の幼児達
  • 大阪では、ちゃうちゃうちゃうんちゃう?!東京では、この犬は、チャウチャウとは違うのではないのでしょうか?と、よくある言葉の遊びです。関西では、幼児の反抗期を「いやいや期」とは言わずに、「ちゃうちゃう期」と言います。なんちゃって。金曜日に来たもうすぐ2歳ちゃんは、成長の過程として「ちゃーぅ、ちゃーぅ!」と繰り返し、めでたく反抗期に突入されました。写真向かって右の彼も、只今、めでたく「あかんあかん期」 [続きを読む]
  • お人形派?おままごと派?コスプレ派
  • 昨日は、男子くんのコレクションについて書きました。今日は、女子ちゃんのゴッコについてです。ままごと遊びは、男子みたいに食器や道具をやたら集めるのではなく、誰かになりきる事を楽しみます。人形遊びも、男子みたいにやたら人形ばかりずらり並べて眺めるのではなく、お母さんになりきってお世話します。せいぜい1体か2体の人形やぬいぐるみを、けなげに世話しています。子沢山のお母さんを演じている女子をあまり見たことが [続きを読む]
  • 車派?電車派?それとも虫派?
  • 男子のママ達は、大抵こんな会話をした事があるのでは?「うちは、車派なの。」「うちは、電車派よ。」「うちは、虫派なのぅ。」トミカ博やプラレール博では、男子くん達が喜ぶ姿を見て、連れてきた甲斐があったなぁとママ達も嬉しそうです。我が子が、コレクションに夢中になっている時には、脳内でドーパミンが活性化しています。徹底して極めさせてやりましょう。女子とは異なるタイプの執着心も、丸ごと受け止めてあげると男子 [続きを読む]
  • ホストファミリーの格差
  • 昨日、生徒さんのお姉ちゃんが無事帰国された事をブログで読みました。ほっ。まずは、無事帰国で本当によかった。お帰りなさい。そして、不思議なホストファミリーの話や、スタッフの対応を読んで胸が締め付けられました。息子も高1で学校からカナダに留学した時、同じような体験をして、とにかく、生きて帰りたかったー。と痩せ細り帰国。その夜、お風呂に入る姿をみて 絶句!。お腹がえぐれたように凹み、お腹と背中がくっつき [続きを読む]
  • なるほどね!自由研究のコツ
  • NHKで自由研究のアイディアを放送していました。①とにかく、はかってみる滑り台の角度を、計りまくっていました。1リットルの牛乳パックの体積を測っていました。②とにかく、あつめてみるフルーツについているシールを集めまくって、世界地図に貼っていました。③とにかく、ひらいてみる音がなるキャンディ箱をひらきまくって、展開図を作成していました。観ていて楽しい具体例をやってみせていて、宿題のやる気が、ぐんぐん上が [続きを読む]
  • インターナショナルな体験記
  • 京都のホテルは、海外からの観光客でいっぱいでした。ホテルのエレベーター内では、楽しそうに中国語で会話する家族と乗り合わせました。大概いつもそういう時は、エレベーター内でもずっとお話ししている場合が多いので、私は、頭の中で同時通訳します。(と言ってもちんぷんかんぷんだから、妄想?)(妄想中…「お父さん、今日はどこにいくの?」「また、オモチャいっぱい買ってぇ!」「お姉ちゃんずるい!昨日買ってもらったでし [続きを読む]
  • 京都とのご縁
  • 息子の模試の会場が京都だったので、私の夏休みがてらホテルに泊まることになりました。しかし、毎回どうも京都に来ると私だけが体調を崩してしまうのです。今回は、前日から風邪の症状。前回は、嵐山のトロッコ電車に家族3人で乗ったものの、胃痛と発熱。前々回も、発熱。京都での不運の始まりは、中学のオープンキャンパスです。校内のトイレを借りたら、鞄が非常ボタンにバコッと当たり、リーンジリリーン「異常事態発生!異常 [続きを読む]
  • 何でもありなのでございます
  • お坊様が読経に来て下さいました。数年前、義父の葬儀の時のこと…。檀家になっているお寺さんの御住職の名刺を戴きました。なんと、肩書きに医学博士と書いてあります。家業に反発心でもお持ちだったのか?たまたま、頭が良いので合格しちゃったのか?人の命を科学的に考えてみたかったのか?医学部に行くと聞いた親御さんはなんと言ったのか?私は生業上、気になって仕方がありません。すると、主人も同じ職業病なのか、「なんで [続きを読む]
  • プレミアム消しゴムの思い出
  • いく先々で、文房具屋さんを見つけると必ず入店。オシャレな文房具との出逢いにワクワク。文房具が好きな小学生と、消しゴムの話で盛り上がったことも。当時5年男子くんが、消しゴムを集めているというのでまとまるくんプレミアム(とっても大人デザイン)の話をしたら、あまりにも欲しがるので、コレクションをひとつあげました。当時は、「これ大人過ぎるー!」と言っていた彼は、元気かな?(大阪でNo.1の中学に合格しました。もう [続きを読む]
  • 流しそうめんの思い出
  • 絵日記で、流しそうめんの絵を描いてくれた男児がいました。保育園のイベントで、流しそうめんとスイカ割り大会があったそうです。「そうめんのほかにも、ウインナーがながれてきました。」(上手くキャッチできたのかな?)と、夏ならではの食事を楽しんだ様子が伝わる作品でした。いいな、楽しそうだな、お盆休み突入イベント!はこれだ。どこか行こう。「流しそうめんのお店」とネットで調べてみました。あるある。でも少し遠いの [続きを読む]
  • ちょちょちょっと待ってよぅ
  • 一年生達が口々に叫びます。ちょちょちょっちょー!っと待ってぇ。集中力プリントを始める時、直観像記憶のフラッシュが始まる時、「用意!」と言うと、大抵誰かから「ちょちょちょっと…」の声。学校の授業とは、全く異なるリズムとテンポ。(頼む、ぼちぼち慣れておくれと春先の私)緊張と緩和の繰り返しを組み入れて、みんなの能力が益々加速するように計算していますからね。 のんびりし過ぎていては、ちょちょちょっと状態にな [続きを読む]
  • お受験生へ「10倍の当選率でゲットしたもの」
  • 過日のオープンキャンパスから帰宅した息子が言いました。「俺やったで倍率が10倍の中に入ったわん。」と上機嫌です。会場でのアナウンス↓↓↓「本日、50名様限定でプレゼントがございます。マダムシンコ様によります特別協賛品アイスブリュレです。机上の資料一式が入っている鞄の中に、引換券が入っていましたら、当選です!。」マダムシンコ様、有り難うございます。大変縁起の良いお品を頂戴いたしました。かくなる上は、私も [続きを読む]
  • 何気ない日常の中での幸せを語る小学生
  • 小学生クラスでのこと。当たり前だと思っていたけど、実はとても幸せだと思う事はなあに?。小3クラスでのテキストの問いです。感覚を感じること命  ご飯勉強出来ること家族みんな、いろいろ感謝しているんだね。8月8日火曜〜15日火曜まで、教室は夏休みです。ブログは毎日更新しまーす!にほんブログ村ランキングに参加しています。幼児教育に関する人気ブログは、こちらからポチッとどうぞm(_ _)m!にほんブログ村七田チャイル [続きを読む]
  • 実験教室第2弾で発見した美しい技術
  • 紫外線で見る、見えない世界!ブラックライトを当てたお札↓↓↓光ってるー。外国紙幣もやってみました。ドル、ポンド、リラ、円を調べてみました。1ドル札は変化無し。5ドル札は、1本線が入っていました。しかし、シンプル過ぎます。そして、パスポートにいたっては、もうママ達もビックリ。日本の技術って凄ーい!。とみんなで盛り上がりました。8月8日火曜〜15日火曜まで、教室は夏休みです。にほんブログ村ランキングに参加し [続きを読む]
  • 量の単位ラップソングでレッツダンス!
  • リットル デシリットル ミリリットル、どれだけ 入っている このボトル。年中児クラスでは、楽しいラップソングに乗せて、量の単位 L dL mL を学んでいます。ノリノリの曲なので、「パパはいつもこの歌で踊ってるよぉ。」と女児がお話ししてくれました。お父様、ご協力ありがとうございます。小学校では、2年生で習うけどそれまで何にも教えないなんてもったいない!。改めて教えなくても、生活の中でチャンスは沢山ありま [続きを読む]
  • 親はTPOをいつ教えるのか?!
  • 先日、息子がオープンキャンパスに行きました。面白い話を聴いてきたよ。その教授が言うには、丸一日、医師に同行して見学させてもらう日が4回生くらいの時にあるんだって。それで、その日になんと、破れたジーパンとサンダルでやって来た医学生がいたんだってさ!ビックリでしょう。それで、叱られた担当教授がその医学生に注意したら、なんて言ったと思う?もっとビックリしたのは、その医学生は、だってそんな事(教授から)教え [続きを読む]
  • 学年で一番!最多読書賞を受賞した一年生女子
  • 私立小1年生の女子が、学校からもらった表彰状を見せてくれました。一学期間で71冊の本を図書館で貸出してもらい、学年1番の成績でした。学校以外でも、市の図書館や購入した本など、実際はもっとたくさんの本を読んでいます。教室でも、毎週本を借りて帰っていました。パパやママが、その都度貸出ノートに記載されていました。文字書きができるようになったら、自分で書いていました。どんなにお忙しい時でも、たとえ毎回同じ本で [続きを読む]
  • 約束を守った2歳なりたて君
  • 彼は、前回のレッスン中におふざけが過ぎて注意を受けました。はっとした真顔になり、わーんとショックで泣いてしまいました。帰る時に、走り回らない事を約束しました。こくりと頷き、バイバイと帰っていく後ろ姿が「悪気はなかったんだよぅ…」と言っていました。次の週の事です。朝家を出るときにパパからも「走らないように。」と言われて来ました。教室についた途端思い出したのか、ママに「はしったらあかんの?」と確認を入 [続きを読む]
  • ハッピーベビーコースから移行入室したお友達です
  • ジャジャーン七田っ子誕生です↓↓↓8月には6ヶ月児となる男児くん。大きいでしょ。肝っ玉も大きな子で、気持ちの切り替えが早いです。ハッピーベビーコースで、感覚統合の取り組みをしっかりやりました。今月からは、幼児コースで毎週レッスンです。ハッピーベビーコースを受講し、生後6ヶ月になる月の初めに幼児コースにご入室の場合は、入室金無料!という特典があります。さて、写真の男児くんですが、小さな積み木を握って、 [続きを読む]
  • 世の母は みな観世音 
  • 昨日の出来事です。前回のTOEC受験場で「引きこもり注意報」が発令されたのを受け、早朝、1日気晴らし探検旅に出た息子、自宅窓から見送る母。尾道辺りまで行くらしい…。しかたがないね、止められません。自己管理する年齢になりました(淋しい)。なので私も、用事がてらお出かけしました。独りランチ…でもウキウキ↓↓↓いただきまーす。すると、入り口から高1くらいの男子とママが入店してきました。親子デートだね。禁煙席を [続きを読む]
  • 「夏休み実験教室」ちびっこ博士誕生!
  • 昨日、夏休み実験教室第1弾!を開催しました。ブラックライトを使って、目に見えない世界を観てみよう。他にも、身の回りの物を観察!。パスポートは、ブラックライトを当てるとビックリ。私も知らなかった事を発見しました。実験結果をまとめるのは手間が掛かりましたが、根気よく頑張ってくれました。夏休みの宿題にも役立つでしょう。川西教室 小学生コースの皆さんへ次回は同じ内容で、8月6日日曜日 に開催 急遽決定!。残 [続きを読む]
  • 皆から神ってる認定された話
  • 昨日の小学生クラスです。直感力のカード全問正解!皆から、「神ってるー」と声援を受けポーズ。もうひとつの話は…スーパーエリートコースの人間学での出来事。テキストで、「一瞬の楽しさと、充実感のある楽しさの違いはなんですか?」と問われました。読書大好き女子が、「一瞬の楽しさは、他の人が育てた花を見た時。充実感のある楽しさは、自分が育てた花を見た時。」と回答しました。哲学の女神みたいな感じです。にほんブロ [続きを読む]
  • ごめんなさいと大泣きした幼児と潔ぎよいママ
  • 帰りの玄関で、大粒の涙を流して「ごめんなさーい!」と大泣きした幼児くん。「お母さん、ごめんなさーい、先生、ごめんなさーい」「ママにごめんなさいって言えたんだね。偉いよ!カッコいいな。」「うん。」頑張りたいのだけど、出来ない自分が悔しくて レッスン中に、「お母さんのばーか」を何回も繰り返していました。ママは、毅然とした態度でたしなめて、励まして下さいました。この「ママのばーか!」に、ムカついたり、ガ [続きを読む]