万琵(ばんび) さん プロフィール

  •  
万琵(ばんび)さん: 絶景舞踏
ハンドル名万琵(ばんび) さん
ブログタイトル絶景舞踏
ブログURLhttp://zekkeibutoh.mods.jp
サイト紹介文舞踏家万琵(ばんび)と元体操選手ムラケンの夫婦が、世界一周旅行しながらパフォーマンスします。
自由文舞踏家・女優の万琵と、元体操選手・元アクロバットパフォーマーのムラケンが色々なものを観て聴いて、絶景で踊って倒立していきます。
2013年に結婚。
2016年2月から世界一周の旅に出ました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2016/04/07 17:51

万琵(ばんび) さんのブログ記事

  • 旅記事270 基本的に白い。サラーラを散策。
  • サラーラには3泊4日しましたが、その目的は主に「ゆっくりすること」でした。宿から大きめのスーパーまでは歩いて20分くらいだったので、食料品を買いだめして部屋のキッチンで料理をする生活を営んでいました。サラーラでの食事例" data-medium-file="https://i2.wp.com/zekkeibutoh.mods.jp/wp-content/uploads/2017/08/8a264c6ec300f5533466d3a8aaf340bd.jpg?fit=1000%2C563" data-large-file="https://i2.wp.com/zekkeibutoh [続きを読む]
  • 舞踏34 オマーンのマスカット ハジャル山地前での舞踏
  • 絶景舞踏動画34本目は、中東のイスラム教国家オマーンの首都マスカットにて、北の険しい山地ハジャルを背にして路上での踊りです。 言わずと知れたアラビアンナイトの世界。中東に入ってにわかに空気が乾燥し、ピンと張りつめた雰囲気になりました。絶景舞踏の他の動画はここから観られます。にほんブログ村いつもご愛読ありがとうございます。ポチっとランキングへのご協力もお願いいたします!現在地情報はツイッターからイン [続きを読む]
  • 旅記事269 ネパールを終えて
  • 日程:2016年11月15日〜2016年11月28日(滞在日数14日)スリランカからの移動時間:クアラルンプールで6時間の待ち時間含め約15時間訪問した都市(宿泊施設):カトマンズ(シュリーチベットファミリーゲストハウス)、エベレストトレッキングゴーキョピークルート(See You Lodge & Restaurant、Himalayan Cyber Cafe、Dole Resort、)、ナガルコット(ホテルビューポイントリゾート)、バクタプル、ダクシンカリ、パタン、パシ [続きを読む]
  • 旅記事268 マスカットのケンタとサラーラに夜行バスで移動
  • アジア諸国の多くは仏教やヒンドゥー教が国教だったり多数派だったりしました。そして日本に住んでいると殆どの人は宗教を意識せずに過ごしていると思います。我々もそうでした。アジアを旅してみても仏教は馴染みがあるし、ヒンドゥー教も多神教で神道に通じるところあるし、ヒン仏どちらも偶像崇拝オッケーの宗教だし(仏教はダメな宗派もあるか)で今までそんなに違和感というものを覚えてこなかったワケですが、イスラム教国家 [続きを読む]
  • 旅記事267 初めての中東、オマーン!
  • 夜中オマーンに着いた私たちは、カフェで夜が明けるまで待った。到着の迎えを待つ人々に交じって、東南アジアだとタクシーの運ちゃんたちがしきりに声を掛けてきたりするが、ここオマーンでは一声もそんな声はかけられなかった。ちなみにオマーンのVISAはアライバルで取得可能で10日間有効で15US$だ。明るくなってから外に出ると、直射日光の熱いこと!カトマンズで来ていたダウンなんてもう必要ない。というかもう半袖でも良い。 [続きを読む]
  • 旅記事264 生贄の寺院ダクシンカリと世界遺産の古都パタン
  • この日の予定は、前日・前々日と運転してくれたドライバーに再びお世話になり、カトマンズから南に車を走らせます。まずは、生贄の寺院「ダクシンカリ」そして、世界遺産の古都「パタン」この2つを巡ります。最初のダクシンカリは、ヒンドゥー教の女神カーリーを祀る寺院です。ヒンドゥー教には沢山の神様がいますが、カーリーは血と殺戮を好む暗黒の神だそうで、毎週火曜日と土曜日にはこの寺院でカーリーに生贄を捧げる儀式が行 [続きを読む]
  • 旅記事261 【エベレストトレッキング6】ヘリコプターで緊急搬送
  • 次の日はついにゴーキョまでのトレッキングになる。ムラケンの体調も思わしくなくこの日も早々に部屋に戻りベッドに入った。部屋は寒く、ありったけの服を着て寝袋の上に布団二枚を掛けてもなかなか温かくならなかった。夜中2時頃だろうか。隣のベットから激しい咳き込む音がして目を覚ました。ムラケンの様子がおかしい。 エベレストトレッキング・ゴーキョピークルートの情報まとめ記事はコチラのリンクへ 大丈夫?と聞くと、や [続きを読む]
  • 舞踏33 エベレストトレッキング ドーレでの舞踏 feat.ヤク
  • 絶景舞踏動画33本目は、ネパールはエベレストトレッキングの、ナムチェから7時間ほど先にある集落、ドーレにて放牧されたヤクとの踊りです。 標高4,084メートル。吸気は気管支を委縮させ、呼気は周囲を白く曇らせます。かじかむ万琵を後目に毛長のヤクは悠々です。絶景舞踏の他の動画はこちらで観られます。にほんブログ村いつもご愛読ありがとうございます。ポチっとランキングへのご協力もお願いいたします!現在地情報はツイ [続きを読む]
  • 旅記事259 【エベレストトレッキング4】ナムチェからドーレ
  • ナムチェの村では忘れ物があった時や、防寒具が足りない時でもここで購入できる。お土産などのショップも沢山あるので散策すると楽しい。ナムチェにはもっと高度が高い所に住んでいる村人も山を下って買い出しをしたり、売りに来たりする。ナムチェでは沢山の日本人と知り合うことが出来た。 他の人々は写真の許可を取っていないのでのっけていないけれど、山小屋は賑わっていて楽しかったし、日本の人々と沢山話せて心が和んだ。 [続きを読む]
  • 舞踏32 エベレストトレッキング ナムチェ シャンボチェの丘での舞踏
  • 絶景舞踏動画32本目は、ネパールはエベレストトレッキングの途中の村、ナムチェにあるシャンボチェの丘での踊りです。 標高3,440メートル。凍るように冷えて澄んだ空気の中で太陽の光だけが草木と万琵を温めます。絶景舞踏の他の動画はこちらで観られます。にほんブログ村いつもご愛読ありがとうございます。ポチっとランキングへのご協力もお願いいたします!現在地情報はツイッターからインスタグラム" data-medium-file="http [続きを読む]
  • 旅記事257 【エベレストトレッキング2】パクディンからナムチェまで
  • 山小屋での夜は長い。夕方の5時くらいには山に太陽が隠れて薄暗くなりグッと気温が下がるのでトレッカーは暖炉のあるリビングルームに集まって暖炉を囲み談笑しながら、思い思いの時間を過ごすことになる。この時間は暖炉の火の暖かさをしみじみ感じてとても良い感じ。夕食は18時半ごろで、夕食を食べ終わってしまったらもうやることはなにもない。Wi-Fiは時間でお金を払って使えるが、こんなところまで来てインターネットをしよ [続きを読む]
  • 旅記事256 【エベレストトレッキング1】出発、ルクラからパクディンまで
  • シュリーを出発する時間は朝6時でした。オーナーのスレンダさんが手配してくれた空港までのタクシーはちょっと遅れて到着しましたが、飛行機の時間には十分間に合います。カトマンズに着いて早々トレッキング開始することにしたため準備に遅くまでかかり、睡眠時間は4時間。頭痛持ちの僕は睡眠不足による若干の頭痛を感じたので薬を飲んでおきました。イブクイック効きます。※高山に行く場合は、高山病の発見が遅れるため頭痛薬 [続きを読む]
  • 旅記事255 ネパールに到着!エベレストトレッキング準備
  • スリランカからネパールまではマレーシアのクアラルンプールで乗り継ぎする便だった。またもやマレーシア!今回はトランジットだけだが、これで4回目になる(笑)エアアジアのハブ空港、クアラルンプール!最強だ!北にビューンと行けば早いのだろうが、一度東に位置しているマレーシアまで行き、マレーシアからまた北西に戻る。時差がそれぞれある。ちなみにスリランカとマレーシアの時差は2時間30分でマレーシアの方が時間が進ん [続きを読む]
  • エベレストトレッキング(ゴーキョピーク5360mルート)情報まとめ
  • 私たちが挑戦したエベレストトレッキング・ゴーキョピークルートの準備、費用などの情報・考察をまとめてみました。実際のトレッキングの模様を旅記事に書いておきます。目次:ネパールビザに関してトレッキングの手配方法エベレストトレッキングに必要な手続き実際に行ったモデルケース個人手配の場合トレッキング中に必要な費用トレッキングに必要な装備山小屋について旅行会社での手配、個人手配でのメリットとデメリットペース [続きを読む]