みん美 さん プロフィール

  •  
みん美さん: みん美の楽しく子育てライフ
ハンドル名みん美 さん
ブログタイトルみん美の楽しく子育てライフ
ブログURLhttp://ladytanuko.seesaa.net/
サイト紹介文2歳の女の子を子育て中。 ぐうたらママの頑張り過ぎない育児を、気ままに綴っています。
自由文たぬ子は2014年11月生まれ。コダヌキ似の女の子です。
サイトでは、出産・誕生を振り返りながら、思ったことや成長の様子など、ゆっくりと綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2016/04/08 11:11

みん美 さんのブログ記事

  • UFOキャッチャーが出来ないパパ
  • 今回はパパのお話し。ちょっとした衝撃だったので。。パパが不器用だということは、もともと知っていたのですが・・・先日、ショッピングモールへ行ったときのこと。ゲームコーナーで、UFOキャッチャーの無料券を2回分、もらいました。欲しい景品は何がいいかな。たぬ子さんが遊べそうな乗り物のおもちゃが良さそう。続きを読む [続きを読む]
  • 丸い方の傷の中に
  • 2歳9ヶ月の我が娘、たぬ子さん。たぬ子さんのおでこの傷。丸い方の傷ですが、鬱血していて紫色でしたが、だいぶ元の色に戻ってきました。で、気がついたのですが、丸の傷の中に、丸い点が。ほくろ?そばかす?なんだろうと思って見ていると、思い出しました。続きを読む [続きを読む]
  • 幼稚園の盆踊り
  • 2歳9ヶ月の我が娘、たぬ子さん。幼稚園の盆踊りに参加してきました。8月中旬の暑い日でした。未就園児の受付を済ませ、各コーナーを楽しみました。おもちゃをもらったり、ヨーヨー釣りをしたり。この後、盆踊りが始まるまでの待ち時間がかなりあって、夕方とはいえ、暑かった・・・盆踊りが始まると、在園児が踊っているのをたぬ子さんと眺めていたのですが、未就園児はただ見ているたけで、踊りに参加出来ず。続きを読む [続きを読む]
  • 笑いのつぼ
  • 2歳9ヶ月の我が娘、たぬ子さん。テレビを見ている時、ケタケタと笑うことがあります。「おさるのジョージ」が好きで、これはよく笑っています。そんなたぬ子さんなのですが、「おじゃる丸」を見て、ものすごく笑っていました。どんな内容だったかと言うと。「本田 きれる」の回。本田先生のトレーニングパンツのゴムが切れてしまい、トレパンがずり下がる。続きを読む [続きを読む]
  • バスタオル1枚問題
  • 我が家は入浴後、一人1枚、バスタオルを使用します。パパ1枚、ママ1枚、たぬ子さん1枚。パパの実家へお泊まりした時に、バスタオルをお借りするのですが、「これ使って」と渡されるバスタオルは、家族3人で1枚。「・・・」次回からはバスタオルを持参しようと思っているので、これは問題ありません。ただ、気になったので、後日、パパに聞いてみました。続きを読む [続きを読む]
  • スカイツリーでヘトヘト
  • 2歳8ヶ月の我が娘、たぬ子さん。スカイツリーに行きました。えーちゃん親子と、おじいちゃんおばあちゃんも一緒です。去年の夏は、このメンバーでサンシャイン水族館へ行きました。今年の夏は、スカイツリー。現地集合のため、たぬ子さんと二人、電車を乗り継いで行ったのですが、とにかく大変でした。まず雨。続きを読む [続きを読む]
  • 抜糸
  • 事故から10日後。抜糸のため、病院を受診しました。ベッドに横になり、バスタオルで包まれます。たぬ子さんのおでこを、先生がハサミでチョキチョキ。糸を切って、抜いて行きます。抜糸の間、たぬ子さんは大泣き。目の前でハサミをチョキチョキされ、恐怖以外の何物でもないですよね。看護師さんが、たぬ子さんを押さえて、色々話しかけてくださいました。続きを読む [続きを読む]
  • 事故から3日経過
  • 事故から3日後、病院を受診しました。傷の状態は良くなっているそうです。良かった。先生が言うには、おでこの傷は目立たなくなりやすいそうです。それでも傷跡が気になるようなら、簡単な手術でかなりキレイにすることも可能とのこと。丸い方の傷は、中が紫色になっているのですが、鬱血しているためで、徐々に良くなってくるそうです。救急対応して頂いた際、先生に「壊死してしまうかも」と言われていたのですが、それは大丈夫 [続きを読む]
  • ガラスの交換をしてもらう
  • 事故から2日後の月曜日。我が家は賃貸なので、管理会社を通して、ガラス屋さんが来てくれました。お昼頃、寸法を測りに2名でやって来ました。メジャーで色々と測って、一旦、引き上げて行きました。そして2時間後。またガラス屋さんがやって来ました。壊れた窓ガラスを外へ運び、外で交換作業をしていたようです。続きを読む [続きを読む]
  • 大怪我で3度目の救急車
  • 7月29日、土曜日の夕方。自宅でパパとママと3人でのんびり過ごしていました。たぬ子さんはぐるぐると回って遊んでいました。けっこうな回転力で回ります。目が回って、少しふらついていました。しばらくして、大きな音が。ガチャン!窓ガラスが大きく割れて、たぬ子さんが下に倒れていました。続きを読む [続きを読む]
  • 無限に出てくる「ぐるぐる」
  • 2歳8ヶ月の我が娘、たぬ子さん。お気に入りのバスタオルがあります。寝る時の必需品で、昼間も部屋の中で持ち歩いています。「バスタオルが必需品」参照最近では、ほどけかけた糸を引きちぎるようになりました。引きちぎった糸を、親指と人差し指でぐるぐる。指でぐるぐると丸め、それを繰り返します。部屋中、ぐるぐると丸めた糸がそこかしこに落ちています。掃除機をかけた5分後には、またぐるぐるが。続きを読む [続きを読む]
  • それ、オモチャだよ
  • 2歳8ヶ月の我が娘、たぬ子さん。パパとママと3人で、おままごとで遊んでいました。パパのお皿に食べ物を入れ、「はい、食べて」ママのお皿に食べ物を入れ、「はい、どうぞ」自分のお皿に食べ物を入れ、「いただきます、しよっか?」3人で手を合わせ、続きを読む [続きを読む]
  • ママとパパを描いてくれた
  • 2歳8ヶ月の我が娘、たぬ子さん。ママの絵を描いてくれました。最近はあまりお絵かきをしなくなって、ママに「描いて描いて」と言うばかりだったたぬ子さん。描いても、グチャグチャの線をバーっと描くだけ。そんなたぬ子さんですが、ママを描いてくれました。「ママを描く」続きを読む [続きを読む]
  • たぬちゃんも食べたい
  • 2歳8ヶ月の我が娘、たぬ子さん。一緒に教育番組を見ていた時のこと。テレビは、カタツムリが葉っぱを食べている映像。たぬ子さんと、テレビを見て、「カタツムリ、葉っぱ、食べているね」と話していました。そんな時に、たぬ子さん、続きを読む [続きを読む]
  • ハウスメーカー、ほぼ決まり
  • 夢のマイホームへの道シリーズ住宅メーカーを決めるべく、住宅展示場に通い始めて1年半。途中、かなり休憩を挟みながらのーんびり、住宅展示場のイベントに合わせて巡ってきた1年半。ようやく、一条工務店に絞り込むことが出来ました。とはいえ、まだ本契約前なので、この先どうなるか分かりませんが。せっかくなので、メーカーの感想を一言(巡った順)。一条工務店 ★★★営業さんが好印象。続きを読む [続きを読む]
  • 土屋ホーム宿泊体験
  • 夢のマイホームへの道シリーズ土屋ホームから、連絡が来ました。マイホームだいぶ前に土屋ホームのモデルハウスを見学した歳、宿泊体験棟を建設中という話を聞き、出来上がったら連絡をもらうことになっていたんです。楽しみにしていたので、ウキウキして行ってきました。宿泊体験は、一条工務店でも体験したので、2回目になります。かなりキレイで、新築の匂いがしていました。続きを読む [続きを読む]
  • 一時保育で注意される
  • 2歳7ヶ月の我が娘、たぬ子さん。週1回、午前中のみ通っている一時保育。ちょうど10回目のお迎えに行った時。保育士さんから、注意を受けました。内容は、お友達をドン、と突き飛ばしてしまったらしいのです。遊んでいる時に、お気に入りのオモチャをめぐっての事らしいのですが。続きを読む [続きを読む]
  • 長野旅行 その4(長門牧場)
  • 最終日の4日目。3食付きのプランだったので、ランチまで、ホテルでのんびりと過ごしました。ランチはテラス席で、眺めがいいです。ちょっと暑かったですが・・・ヘルシー鶏のランチは、スープとパンも付いていて、なかなか良かったです。朝のバイキングで食べ過ぎたので、そこまでお腹が空いていなかったのですが、しっかり完食。宿を出てから、穂高神社でお参り。たぬ子さんもお賽銭を入れ、ぱんぱん、と手を合わせていました。 [続きを読む]
  • 長野旅行 その1(軽井沢)
  • 2歳7ヶ月の我が娘、たぬ子さん。7月初旬。夏の旅行で、長野旅行へ行って来ました。スケジュールはこんな感じ。 イベント宿1日目軽井沢・サイクリング・エンボカでランチ・鬼押出し園・プールで遊ぶホテル軽井沢11302日目小布施・散策野沢温泉・温泉街を散策・ビリケンで夕食野沢グランドホテル3日目安曇野・大王わさび農場・クリアボートに乗るホテルアンビエント安曇野4日目安曇野・テラスでランチ長門牧場・トラクタ [続きを読む]
  • トイレトレーニング開始
  • 2歳7ヶ月の我が娘、たぬ子さん。トイレトレーニングを開始しました。6月下旬のことです。もともと2歳の夏に始めようと思っていたので、これまでは特に何もしていませんでした。たぬ子さんにしてみたら、「こどもちゃれんじ」で何度もトイレが登場していたので、トイレが何たるかは分かっていたようです。ある日、「トイレに行く」と言われました。気まぐれかと思いきや、この後も何回か言われました。続きを読む [続きを読む]