郁路 さん プロフィール

  •  
郁路さん: 屋号#大阪丸
ハンドル名郁路 さん
ブログタイトル屋号#大阪丸
ブログURLhttp://fanblogs.jp/osakamaru/
サイト紹介文大阪をぶらり散策。日本1高いあべのハルカス始め、阿倍野界隈〜いずれは難波、梅田、京都編なども予定。
自由文大阪の話題スポットのみならず、府内のあるある。から府外のソフトガイドまで、こなせたら幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/08 22:30

郁路 さんのブログ記事

  • 木津市場①
  • 【木津市場】にほんブログ村お好み焼きツアーの途中ですが(←ゆっくりと回って行く予定です。また続きは後々の号にて。)、今回はその材料の源にもなっている大阪難波の近くにある木津市場に行ってみました。木津市場は正式名所を大阪木津卸売市場といいます。住所:大阪市浪速区敷津東2−2−8交通:●大阪市営地下鉄・・・御堂筋線または四つ橋線の大国町駅より東へ約150m・・・堺筋線の恵美須町駅より西へ約500m●南 [続きを読む]
  • 大阪お好み焼きツアーの箸休め・・・。
  • 大阪お好み焼きツアーの箸休め・・・。にほんブログ村今日7月13日(木)、関西TV系の(よ〜いドン!)にて、このブログ・大阪お好み焼きツアーで以前、取り上げさせて頂いた(とんぺい)が映っていました。なんだか嬉しくなって、筆を執りました。看板娘は、昭和11年生まれと昭和14年生まれの御姉妹。いかにも人柄の良さがにじみ出ているようなオーナー(お姉さんの方)には、やしゃ孫もいらっしゃるとか・・・。実は、お二人 [続きを読む]
  • 難波*駐車場
  • お好み焼き特集から、やや脱線して、難波駐車場話。にほんブログ村お好み焼き特集は続ける予定ですが、時々、ランダムに脱線話も入れて行こうと思います。お好み焼きを食べに行ってから、しばらく自宅のある東海地区の駅から出ることもなかったのですが・・・。家族と買い物がてらに久しぶりに大阪に行くことになったので、歩いた範囲の大阪の近況を伝えようと思います。いつもは電車を乗り継ぎ、大阪に行くのですが、買い物もある [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(54)<br />大阪のお好み焼き③の【きじ】<br /><br />
  • にほんブログ村 大阪のお好み焼き③の【きじ】【きじ】本店本店は昔からある梅田(阪急線)駅すぐ・・・1階正面西側から徒歩約1分大阪市北区角田町9−20 新梅田食堂街1階・2階(06‐6361‐5804)開店前から行列ができる程の地元・大阪では有名店です。(創業40年以上)安くておいしいお好み焼き。ミシュランにも掲載されたことのある名店です。お好み焼き通(名物のモダン焼き・焼きそばはもちろんのこと)なら、ぜひ一度 [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(50)<br />大阪のお好み焼き①の序章<br /><br />
  • 時に無性にお好み焼きを食べたい!ということで、大阪のお好み焼き屋さんに行くことが多々あります。元々、大阪は(くだおれ)の街・・・探せば、そこそこのお値段で美味しいものが見つかる確率も高く、中でもお好み焼き・たこ焼きのmade in 大阪は美味です。当時、ライバルに有名なお好み焼き屋さんのチェーン店ぼ◯◯◯◯というのがありましたが、厚ぼったく粉ぽく、美味しくはないことで有名でした。(一部のお好み焼きファン [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(49)<br />(四天王寺)その③ 金堂と壁画<br /><br />
  • (四天王寺)その③ 金堂と壁画四天王寺さんには、独自の配置があります。よく法隆寺の配置と比較対象になるくらいです。【四天王寺式伽藍配置】中心伽藍は、南から北に一直線に中門・五重塔・金堂・講堂が並び、中門の左右から講堂までを回路で結んでいます。日本で最も古い建築の様式のひとつです。その配置の中に金堂があります。今回はその美しい金堂にスポットライトを当てたいと思います。美しい金堂・・・美というのは不思 [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(48)<br />(四天王寺)その② わつか市<br /><br />
  • (四天王寺)その②四天王寺さんでは、恒例の毎月第一日曜にその門前で【わつか市】が行われています。(注*7月・10月・1月以外に市がたつ。)約90もの露店・・・食べ物あり。無添加にこだわった食品あり。手作り製品あり。骨董などもあり。昔懐かしい(ちんどん屋)も見ることが出来る、楽しい門前市です。見ているだけでも楽しい。四天王寺さんの門前市。・・・歴史も古く、掘り出し物を見つけるチャンス。パリの蚤の市の日 [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(47)<br />(四天王寺)<br />
  • (四天王寺)天王寺周辺から大阪城まで足を延ばしたのですが、再び、天王寺周辺に舞い戻ることにしました。ハルカスから歩いて10分の【四天王寺】さんに行きたかったので。天王寺界隈も結構、歩いて来たのですが(この屋号#大阪丸*あべのハルカス周辺のバックナンバー参照)大阪城の後、再び、阿倍野界隈でもある四天王寺さんを訪ねることにしました。(なかなか難波や梅田や他にたどり着かないまま、現在は、見るところが多い阿 [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(46)<br />(大阪城*Ⅷ 現在の大阪城の天守閣)<br />
  • (大阪城*Ⅷ 現在の大阪城の天守閣)にほんブログ村 【大阪城天守閣】1階・・・・・・入口。ショップやシアターがあります。2階・・・・・・お城の情報コーナー。(兜・陣羽織の試着体験ができます。)3階・・・・・・黄金の茶室(原寸大模型)、大坂城復元模型。3階〜4階 ・・・歴史資料展示(大坂夏の陣図屏風)5階・・・・・・大坂夏の陣・図屏風をフィギュアで立体表現されています。パノラマビジョンもあります。7階・・・ [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(45)<br />(大阪城*Ⅶ 豊臣大坂城*追記)<br />
  • (大阪城*Ⅶ 豊臣大坂城*追記)にほんブログ村以前、この【屋号#大阪丸】で城郭模型作家・島さんの再現された【豊臣大阪城】の作品を掲載させて頂きました。********今回、アーマモデリング12月号に城郭模型作家・島さんの作品が掲載されましたので、追記としてご報告させて頂きたいと思います。アーマ―モデリング12月号*戦国ダイオラマ絵巻に載せられた島さんの作品は・・・・・なんと!!【大坂城炎上】なのです。 [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(43)<br />(大阪城*Ⅴ 現在の大阪城へ)<br /><br />
  • (大阪城*Ⅴ 現在の大阪城へ)にほんブログ村大阪城は、(太閤はんのお城)といわれた豊臣秀吉築城時代(安土桃山時代)から、徳川家と江戸幕府による徳川大坂城(江戸時代)を経て来ました。江戸時代にも度々火災による損傷と修復を繰り返して来たようです。特に1660年(万治3年)には、城内の青屋門の土蔵造り・(火薬庫)焔硝蔵が、落雷により大爆発を起こしました。貯蔵していた82tの火薬、鉛弾約43万発、火縄3万6千 [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(42)<br />(大阪城*Ⅳ 徳川大坂城)<br />
  • (大阪城*Ⅳ 徳川大坂城)にほんブログ村我々が現在、見ている大阪城は幾度かの再建を経た城です。とはいえ、日本全国・数ある城の中でも独特の存在感=歴史的な背景を持つ城でもあります。歴史的にも・・・・・戦国武将はもちろんのこと、この大坂城自身は、戦国時代を経た3(スリー)トップの歴史と共に歩みます。〜〜〜〜〜3トップ=つまり、【鳴かぬなら・・・・・ホトトギス】の有名な句で表現される三大将のことです。● [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(40)<br />(大阪城*Ⅲ 徳川大坂城)<br />
  • (大阪城*Ⅲ  徳川大阪城)にほんブログ村現在、私達が見ている大阪城は、通名・徳川大坂城。江戸時代に修築された大坂城の遺構からのものです。(実際の天守閣は、現在、SRC造(鉄骨鉄筋コンクリート造)になっています。徳川大坂城は江戸時代からの火災や落雷で消失した後、昭和初期に市民の寄付で再構築、その後、第二次世界大戦の空襲の標的にもなり、度重なる災難の後、いくつかの手を経て現在の姿になっているようです [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(40)<br />(大阪城*Ⅱ  豊臣大阪城)<br />
  • (大阪城*Ⅱ  豊臣大阪城)にほんブログ村私自身は、大阪城と聞いてまず思い浮かぶのは、昔、学校の歴史で習った豊臣秀吉が安土・桃山時代に築城した大阪城でした。しかし、(大阪城Ⅰで前述もしましたが)現在の私たちが目にしている大阪城は、豊臣秀吉が建てたものではなく、実は徳川家康・江戸時代の遺構の上にあるものなのです。(厳密には、現代の天守閣は鉄骨鉄筋コンクリート造=いわゆるSRC造です。近年に再構築され [続きを読む]
  • 屋号#大阪丸その(39)<br />(大阪城*①)<br />
  • 屋号#大阪丸その(39)(大阪城*プロローグ)にほんブログ村今回は、大阪城を特集してみたいと思います。大阪城の様々な側面を上手くとらえることが出来たら、良いのですが・・・。〜〜〜〜〜〜〜〜〜【大阪城/大坂城】(別名:金城、錦城)●以下、プロローグ編大阪にある歴史的にも有名なあの大阪城です。今から数カ月前の暖かなある日のこと、大阪城に行ってみることにしました。子供の頃以来のことです。環状線・大阪城公園駅で [続きを読む]