みなか さん プロフィール

  •  
みなかさん: 研修医室に引きこもり
ハンドル名みなか さん
ブログタイトル研修医室に引きこもり
ブログURLhttp://www.minaka66.net
サイト紹介文研修医の日々の業務やおすすめの医学書について紹介していきます。
自由文研修医の日々の業務やおすすめの医学書について紹介していきます。看護師さんにも役立つ情報のせていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/04/09 10:29

みなか さんのブログ記事

  • 貧血と鉄剤のお話
  • 貧血には鉄剤を。というのはもう言うまでもないと思います。貧血の鑑別は別にして、出血による貧血に対して鉄剤を投与する場合を考えます。要は純粋な鉄欠乏状態での投薬についてです。まず知っておくべき知識・鉄分はFe2+として十二指腸で吸収される・胃の胃酸でpHが下がっているとFe3+はFe2+に還元される→食後はpH上がっているので不向きなものがある・お茶・コーヒーのタンニンはキレートを形成し吸収が落ちる・便が黒くなる [続きを読む]
  • アスピリン喘息とピリン系アレルギーは違う!
  • アスピリン喘息アスピリン喘息、NSAIDs不耐症、NSAIDs過敏症、アスピリン不耐症などとも言います。ピリン、非ピリンに関わらず、アスピリン、非アスピリンに関わらず、ほぼすべての解熱鎮痛薬にたいしてアレルギー反応を示す。鼻茸や鼻ポリープのある方におおい。嗅覚が低下していることもある。起きてしまったときの対処法・アドレナリンが有効である・ステロイドの静注は禁忌!!(注下)・抗ヒスタミン薬は有効注NSAIDs過 [続きを読む]
  • 研修医 おすすめの本 整形外科救急
  • ERでみる整形外科疾患に対応するための本の紹介です。3冊あげますがどれもおすすめです。一番上のは最近出た本です。どれもよくある骨折とその対応について、シーネ固定にするのか、緊急手術が必要なのか、注意する点などなど写真とともに書かれています。よく骨折しやすい場所というのは決まっています。整形外科の医師は受傷起点と痛い部位を聞いて、「それならここが折れてるのでは?」とおもって画像をみるのですぐにわかる [続きを読む]
  • 研修医 おすすめの本 レビュー 小児整形外科テキスト
  • 小児整形外科学会が発行している教科書になります。先天性股関節脱臼から内反足、骨代謝異常まで必ず抑えて置かなければいけない疾患はおおまかにカバーされているので参考になります。内容はそれぞれ深いところまでは入り込まず、一般整形外科医が知っておくレベルという感じです。病気について大まかに学び、専門医に紹介するためのテキストという位置づけでしょうか。値段が高いけどまあまぁ買う価値あります小児整形外科テ [続きを読む]
  • 中心静脈カテーテルの下大静脈穿孔
  • こわいこともあるものです。当院の事例ですが、左鼠径から挿入したCVが腎静脈分岐部で穿孔したという症例です急変で60cmのCVしかなかったのでそれを挿入したとのことですが、貫いた感触はなかったとのこと。白ルートからの逆血がなかったが試しに生食を入れてみると抵抗なく入り、緑、青ルートからは逆血あったので正しく挿入されたと勘違いされたようです。肺動脈塞栓症疑いでしたのでCT撮影し、使用前に穿孔が発覚しました。CV [続きを読む]
  • 国試合格おめでとう! 4月までにするべき勉強は??
  • 2017年3月17日医師国家試験の合格発表がありました。今年も合格率90%前後といつも通りでしたね。晴れて研修医となるみなさんに4月までにするべきことを紹介します!・・・まぁ今くらい遊びたいでしょうけど、周りに差をつけるなら今です。・まずは救急の勉強を研修医は基本的には外来をもちません。病院によっては上級医の外来の予診をやらされるなどありますが、救急外来がメインとなるはずです。日中の平常外来で [続きを読む]
  • 抗MRSA薬 使い分けのポイント
  • まずはMRSAに効く薬を5つ覚えます。バンコマイシン VCMテイコプラニン TEICキュビシン DAPザイボックス LZDアルベカシン ABKその他にもST合剤リファンピシン RFPクリンダマイシン CLDMミノマイシン MINOもMRSAに効果があるとされていますがセカンドラインです。大前提なのは 日本感染症学会のMRSA診療ガイドラインです。日本化学療法学会もこれを推しています。http://www.kansensho.or.jp/guidelines/pdf/guideline [続きを読む]
  • インフルエンザと麻黄湯について
  • タミフルイナビルリレンザラピアクタと抗インフルエンザ薬はいろいろありますが麻黄湯などの漢方についても知っておかなければいけません。重要な論文が2つ。Marsh M; Cell. 2006 Feb 24;124(4):729-40こちらの論文ではインフルエンザのみならず種々のウイルスについて麻黄湯に含まれる桂皮(ケイヒ)には、ウイルス感染に対して濃度依存性に抑制効果を示すことが報告されている。麻黄湯の成分のうち、桂皮(ケイヒ)と麻黄( [続きを読む]
  • 点滴の速度計算 1滴は0.05ml
  • 成人用の点滴ルートは1滴が0.05ml=0.05ccつまり20滴で1mlです。1秒1滴だと1分で3ml→60分で180mlになります。この滴下数を基準に調整します。1秒1滴だと100mlは33分で落ちます。1秒1滴だと500mlは166分=3時間弱で落ちます。大体の目安を考えると・・・・100mlの抗生剤を1時間で投与するには1秒1滴では30分弱くらいで落ちきってしまうので、2秒に1滴よりもすこし速いくらいで落とします。・500mlの点滴を6時間かけて落とす [続きを読む]
  • メモ:肝性脳症、肝不全時の治療
  • 肝不全の対応 覚書です。あとで書き足します。アンモニア高くて肝性脳症になっているときの対応と考えてください。手を前にだすと震える(flapping)という現象基本的には低たんぱくで低血糖にならないように注意しながら排便を促す方向になります。タンパク制限40gテルフィス500+50TZ 3-4Aを1日2回排便を1日3行くらいモニラック30ー90リーバクト アミノレバン ヘパンプロマック硫酸ポリミキシン3T-6Tにほんブログ村医師 ブログ [続きを読む]
  • 2016年買ってよかったもの Amazon編
  • DBPOWER ドライブレコーダー バックミラー型 2.7インチ液晶モニター 1080PフルHD 500万画素 G-sensor 動体検知 暗視機能 常時録画 120度広角 緊急録画 リチウム電池内蔵 【24月保証期間】 日本語説明書付属出版社/メーカー: DBPOWERメディア:この商品を含むブログを見るドライブレコーダー ミラー型ですっきりしていいです。JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB DAC内蔵 ブラック JBLPEBBLESBLKJN【国内正規品】出版 [続きを読む]
  • ノロウイルスにアルコールは効くのか?ノロパンチについて
  • ノロパンチ 400ml出版社/メーカー: 健栄製薬メディア: ヘルスケア&ケア用品この商品を含むブログを見るノロウイルスっていうと基本的には塩素消毒しか効かないというふうに教わったかと思います。ハイターやピューラックスというのが病院でもつかわれるくらい鉄板の感染対策となります。感染してしまった場合は特効薬的な治療はなく水をたくさん飲んで脱水予防するなど対症療法となります。こちらの商品「ノロパンチ」はアル [続きを読む]
  • 抗ヒスタミン薬はとりあえずデザレックス使えばよくなるのか?
  • 新しい抗ヒスタミン薬が発表されました。その名もデザレックス(一般名デスロラタジン)。もう一つビラノアというのもありますがいまいちパッとしないやつなのでスルーします。突然ですが皆さんは薬になにを期待しますか?効き目?やすさ?服用回数の少なさ?副作用の少なさ?などなどいろいろありますがデザレックスはこの全てを克服している薬剤です。(評判通りなら)抗ヒスタミン薬っていろいろありますよね。アレグラとか [続きを読む]
  • 研修医オススメの本レビュー 抗菌薬おさらい帳
  • ごくごく基本的な抗菌薬のことについて書かれています。スペクトラムやTDM、腎機能についてなどなど。ですので研修医1年目にはいいかもしれませんが2年目にはもはや不要。抗菌薬と書いておきながら抗インフルエンザ薬剤 も扱ったりしている。抗真菌薬もあったりして薬がどのようにして効いていくのか原理もうっすら書いている。いずれにせよ初心者〜中級者向けの本です。知っている人が読んで目新しいことが書いている本ではあ [続きを読む]
  • 研修医向け:胃薬の基礎知識 PPIの使い分け
  • 胃薬は大まかに3つ種類があります。・胃粘液分泌促進剤(ムコスタ:成分名レバミピド)など・H2ブロッカー(ファモチジン成分名ガスター)ほかセルベックスなど多数・プロトンポンプインヒビター:PPIは5つあります。これは全部覚えましょう。強さはPPI>H2ブロッカー>胃粘液分泌促進薬になりますここでは主にPPIについてですタケプロン(成分名:ランソプラゾール)オメプラール(成分名:オメプラゾール)ネキシウム(成分名:エ [続きを読む]
  • 点滴から入れる栄養の知識:末梢点滴だけで何日生きれるか
  • 入院中はなにかと絶食の患者さんが多いです。そうすると点滴から栄養をいれないといけないわけですが、どこまでしっかり理解してオーダーできているでしょうか?まずは5大栄養素についてです。・糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル(微量元素)の5つです。このうち最初の3つはカロリーがありますのでこれを組み合わせて必要カロリーにしなければいけません。例えば糖質250g=1000kcal脂質50g=450kcalタンパク質60g [続きを読む]
  • 血液検査:スピッツの基礎知識 研修医看護師向け
  • 朝取った採血で追加で測定してほしいものがあるから検査室に聞いてみたらスピッツが違うので取り直してください と言われた経験、研修医1年目にあるんじゃないでしょうか。10ml血液が必要なのに6mlしかとれなかった!という際も以下の知識があれば取り直すことなく測定できるかもしれません。スピッツについても基本的な知識は知っておきましょう。以下の4つ覚えます。・CBC(complete blood count)全血、血算・生化学・血糖・ [続きを読む]
  • 救急外来でよく見る症例:動悸
  • 【症例】 50歳女性【主訴】 動機【現病歴】 1時間前から誘引なく心拍数の上昇をみとめた。20分ほどで収まったが心配であったため来院。1ヶ月前にも同じようなことがあった。胸痛はなかった。月経は数カ月に1回。【既往歴】 内服薬 特になし 家族歴 なし【バイタルサイン】脈拍 76 BP130/88 SpO2 99 room 体温36.6【身体所見】甲状腺 腫大なし心雑音なし下腿浮腫なし【検査所見】心電図 洞調律 ST変化など [続きを読む]
  • ステロイド外用薬について。
  • なんかよくわからないから皮膚科にコンサルト・・・というのはもう恥ずかしいのである程度自分でできるようになりましょう。ステロイドを使うのは・・・・接触皮膚炎、抗がん剤の注射漏れ、虫刺され、熱傷くらいでしょう。自分で診断できて処方できるのはこれくらいです。まずは軟膏クリームローションの使い分けです。軟膏が一番ベースになります。不純物が少なくて刺激も少ない。傷口に塗るならこれですがベタつくという欠 [続きを読む]
  • 抗ヒスタミン薬 まとめのまとめ 違いと使い分け
  • 第1世代 古いので安いが1日3回内服が必要だったり眠くなったりでいいことがあまりない。しかし古いゆえに安全性は確立ポララミン アタラックスP (不穏時の指示に入ってたりするくらい眠くなる)レスタミン(睡眠導入剤ドリエルの中身)などなど あえて覚える必要もない。第2世代 薬価はほとんど1日で100円〜150円。眠くなりにくい。アレジオン(エピナスチン) 抗セロトニン作用が強いのでかゆみによく効くかも [続きを読む]
  • 地域研修レポート:いつもお世話になっている近医にて
  • 私はいま初期研修医の必須ローテートで地域研修に来ています。病院によっては関連の離島に飛ばされたりもするようです。(1ヶ月ですのである程度リフレッシュになり、また離島の受け入れ先も若い労働力を確保できてwin-winの関係だそうです。1ヶ月毎に12人来てくれると常に研修医がいることになりますし、給料は所属の病院からでますので)そういう病院もありますが私は病院の近くの開業医に来ています。いつも紹介されてく [続きを読む]
  • 扁桃炎に要注意:伝染性単核球症との鑑別
  • 【症例】17歳 男性【主訴】発熱 咽頭痛【現病歴】昨日より発熱、咽頭痛あり来院。下痢嘔吐なし、咳痰鼻水もなし。【既往歴】なし【内服薬】なし【バイタルサイン】体温38.7度 血圧122/77 心拍86 SpO2 98 room air【身体所見】扁桃肥大2度 白苔あり両頸部リンパ節腫脹1cm 圧痛あり肺音:清腹部平坦軟圧痛なし 腸蠕動音normal【検査所見】溶連菌迅速検査 陽性さぁここであなたは何を処方するでしょうか。普通であれ [続きを読む]
  • 医学部生の生活は忙しいのか?→そこそこには忙しいです。
  • 関西の総合大学の医学部に通っていましたのでその経験を書いていきます。結論から言うと「医学部生は他の大学生と比べると忙しいがそれでも忙しくはない。他の学部の大学生は暇すぎ」ということになります。・そもそも6年ある他の学部の大学生は4年制ですが、医学部、歯学部、一部の薬学部は6年間あります。6年間あるのでその分楽なのでは?というわけではなく授業のコマ数も圧倒的に多いので他の学部の4年間以上の忙しさ [続きを読む]