西風 さん プロフィール

  •  
西風さん: つくば暮らし(隠居日記)
ハンドル名西風 さん
ブログタイトルつくば暮らし(隠居日記)
ブログURLhttps://ameblo.jp/nehangps/
サイト紹介文つくばでの暮らしを綴っています。趣味の旅行と映画に明け暮れる隠居生活です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/04/09 11:05

西風 さんのブログ記事

  • 墓参り
  • 先週子供が帰ってきて恒例の墓参りに行った。牛久沼の高台にある墓苑まで車で20分のところである。墓を買った頃はまばらにしか墓石が無かったのに、今ではすっかり埋まってしまっている。家族連れが大勢お参りに来ていた。今の時期自宅の庭にわずかに咲いていた花を供えた。墓を建ててから27年になる。墓を建てるときあちこち墓地を探した。大分の実家の墓にしようかとも思ったが大分には戻らないと決めていたので近くに探した。 [続きを読む]
  • ジンバブエの滝
  • 7月のJICA研修の研修生の国で行ったことのあるもうひとつの国がジンバブエです。ジンバブエへはヴィクトリアの滝を見に行った時に訪れました。滝はザンビアとジンバブエの国境沿いにかかっており、両サイドから滝を見ました。 訪れたのは6年前です。アフリカまでは長時間の飛行機になるのでこのとき遊びでは初めてビジネスクラスの飛行機に乗りました。 マレーシア航空の安いビジネス便がありました。ヨハネスブルクで乗り換えて [続きを読む]
  • 小さな収穫
  • 5月に準備した家庭菜園が今夏豊作でした。トマトが沢山採れました。7月は暑い日が続きプランタ―の水やりは十分できなかったのですが地植えの大玉のトマトはすくすくと育ちました。  窓辺のプランタ―に植えたニガウリは立派に西日を防いでくれます。 今年もたくさん採れました。 庭のブドウも実りました。 もぎたてのトマトをふたつ朝の膳 藤島咲子 葉洩日に碧玉透けし葡萄かな 杉田久女 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 7月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。 「ハクソーリッジ」ハクソーリッジってどこかと思ったら沖縄の激戦地に米軍がつけた地名でした。第2次大戦に沖縄に派遣された米軍の1衛生兵の実話に基づく映画です。兵役志願したがある理由で銃を手にすることを拒否する。同僚達からのけ者にされ軍法会議にかけられるが、結局衛生兵として銃なしでの従軍が認められる。皆から臆病者とおもわれていた彼はしかし戦場に取り残された仲間75名 [続きを読む]
  • ヨルダンの景色
  • JICAの研修でヨルダンから2人の研修生が来ていた。講義中、いろいろと質問してくるプライドの高そうな印象の研修生であった。研修生の国で自分が訪れたことがあるのはこのヨルダンとジンバブエだけである。ヨルダンは5年ほど前にツアーで行きました。本当はパルミラをみたかったのですが、シリアの内戦でパルミラのツアーは取りやめになっており、ヨルダンの死海とペトラ遺跡のツアーに変えたのでした。最初にヨルダン南部の世界 [続きを読む]
  • JICA研修
  • 国土地理院でJICAの研修が行われている。 1 か月余りの短期研修です。 先週、前から依頼されていたこの研修の講師として久しぶりに地理院に行きました。昔の職場の後輩たちに先月出版した本「測地学入門」の宣伝をついでにしてきました。今回の研修にはブータン、ヨルダン、ニジェール、フィリピン、ジンバブエ、バングラデシュの6か国から8人が来ていました。それぞれの国の測量局から派遣されてきた課長、部長といった管理職 [続きを読む]
  • グラウンド・ゼロ
  • 4月にニューヨークに行ったときグラウンド・ゼロの跡地に行ってきました。昔40年前アメリカ留学時代、オハイオから車でニューヨークに行き、世界貿易センターのツインタワー屋上展望台に行ったことがあります。9.11でこのツインタワーが崩壊し、その映像をTVで見たときは衝撃でした。ちょうど家内が横浜にいて夜電話がかかってきました。TVを見てといったのでTVをつけるとツインタワーへ飛行機が衝突する画面が繰り返し映っていま [続きを読む]
  • 6月の映画
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。 「家族はつらいよ2」山田監督のある意味限界を示すようなコメディー映画でした。 「ゴールド 金塊の行方」父親から鉱山事業を引き継いだが、事業は芳しくない。一発逆転を狙ってインドネシアの金鉱山事業に残り財産を賭けた山師の物語です。 ニューヨークの投資家やインドネシアで出会った謎の地質屋、スハルト大統領の息子等を巻き込んで投資は成功し、会社は上場するのだが、金鉱 [続きを読む]
  • 測地学入門
  • 隠居生活を始めて2冊目の本が出た。通算で8冊目の本になる。今回も原稿を朝倉や丸善といった大手の出版社に持ち込んだが、採算が取れないということで丁重に断られた。確かに出版不況の今日、マイナーな専門書では出版社も二の足を踏むであろう。幸い付き合いのある出版社が引き受けてくれ出版の運びとなった。 出版社から送られてきた贈呈本を手にした時が本を出した喜びを一番感じるときである。新しいインクの香りと紙の手触 [続きを読む]
  • どうしてGPSで位置が求まるのか
  • 今日、GPSはスマホにも用いられ、地球上どこであろうと現在地が分かるようになっています。GPSが出来たのは今から40年ほど前でアメリカの軍事用に作られました。それが民間でも使えるようになり、今やカーナビやスマホになくてはならないものになっています。どうしてGPSで位置が求まるのかということを知らなくてもスマホもカーナビも使えますが、GPSで位置が求まるしくみについて簡単に説明してみたいと思います。平面上のある [続きを読む]
  • 東京遊び(6月)
  • 3ヶ月毎の検診で東京へ出かけた。 東京駅近くのクリニックで受診した後、東京都美術館でのブリューゲル展を見るため上野に出ました。ボイマンス美術館所蔵のブリューゲルとヒロニムス・ボスの作品を中心にした展示でした。圧巻はブリューゲルの「バベルの塔」です。現代絵画といってもおかしくないような超精密画で、聖書に書かれた塔が描かれています。24年ぶりの来日だそうです。ブリューゲルの「バベルの塔」は違う図柄がもう [続きを読む]
  • 5月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。今月の収穫は「人生フルーツ」です。理想の隠居生活が描かれていて参考になりました。 「カフェ・ソサエティ」ウッディ・アレンの新作です。 80歳を越えても相変わらず人を楽しませる映画を作るのが上手いです。 いつものユダヤネタを織り込みながら、1930年代のニューヨークとハリウッドを舞台にコメディーな恋愛映画を作っています。旬な女優を使うのが上手いで [続きを読む]
  • 残ったバラ
  • 20数年前家を買ったとき、うれしくて庭にパーゴラを作ったり、バラをたくさん育てた。千葉の専門店まで行きパーゴラ用につるバラ2本と鉢植え用に10数本のバラを買った。鉢植えのバラは毎年土を入れ替えたり、水やりや選定、消毒の手間で手入れが大変でした。5年ぐらいしたら手入れがいき届かなくなり、それ以降年々鉢数が減っていった。ついにはバラの鉢植えは止めてしまった。初めの頃はバラの季節には鉢植えの綺麗に咲いたバ [続きを読む]
  • GPS測量の始まり
  • GPSはアメリカ国防総省が世界各地に展開する艦船や航空機の位置決定のために開発した衛星システムである。これが民間にも開放されカーナビや携帯電話に広く使われるようになった。当初は位置精度は数十メートルであったが、現在は1メートルのオーダーで現在位置が求まるようになっている。このGPSをカーナビや携帯電話で使われてる受信機とは違うしくみの受信機を使って観測すると位置がミリメーターオーダーで求まるという新しい [続きを読む]
  • ヤンキースタジアム
  • ニューヨークで泊まったホテルが、グランドセントラル駅の近くだった。グランドセントラル駅はアムトラックの中央駅で多くの映画にも使われていて、絵になる大きな駅です。地下鉄もたくさん乗り入れていて便利でした。 旅行の後半いきたいところもほぼ見終えた時、地下鉄路線図を見ていてマンハッタンを出た北のブロンクス地区にヤンキースタディアム駅があるのが目についた。グランドセントラル駅から一本の地下鉄で行ける。  [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け
  • 今年も夏野菜の植え付けの季節になりました。 ホームセンターに肥料と苗を買いに行きました。今までは荒川沖の離れたホームセンターまで行っていましたが、研究学園の近くにあるホームセンターでも品ぞろえが劣らないことが分かり今年からこちらにしました。連休とあってたくさんの人が苗や肥料等を買いに来てました。例年のように小玉と大玉のトマト、ゴーヤ、カラーピーマン、唐辛子、ナス、キュウリ、シソ、バジル等を買って [続きを読む]
  • 4月の映画(2017)
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。 今月はニューヨークに行く機内で見た映画に秀逸なものがありました。 「ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命」ジャックリーヌ・ケネディが夫の葬儀をまわりの反対にも拘わらず、リンカーン大統領の葬儀にならい棺の後を長時間歩いたというエピソードを中心に悲劇の女性の心理を描いた作品です。後のジャッキーの生き方の萌芽が見て取れます。 「ムーンライト」1980 [続きを読む]
  • ニューヨークのフェルメール
  • ニューヨークにはフェルメール作品が8点あります。現在現存するフェルメール作品は30数点ですから作品のほぼ 1/4がここに集まっていることになります。アメリカが豊かになった19世紀末から20世紀初めにかけてアメリカに買われたものです。そのうち5点がメトロポリタン美術館に、3点がフリック・コレクションに展示されています。両方の美術館はセントラルパーク東側の割と近いところにあります。ホテルはグランドステーション駅 [続きを読む]
  • ワシントンの桜
  • ニューヨークから帰ってきました。ニューヨーク滞在中、日帰りでワシントンに行ってきました。ナショナルギャラリーに行くのが目的だったのですが、ポトマック河岸の桜を見ることが出来ました。ワシントンへはアムトラックのACELAに乗って行きました。 一度乗りたかったアメリカの高速鉄道です。ニューヨークの宿泊ホテルはアムトラックの中央駅近くだったのですが、ワシントン行きの出発駅はここではなくペンシルベニア駅という [続きを読む]
  • ニューヨーク
  • 今ニューヨークに来ています。ニューヨークは20年ぶりです。 現役の頃、JICAの仕事でブラジルに行く途中立ち寄り一泊し、自由の女神像を見ました。 さらに昔は、40年前オハイオ州立大学に留学中にコロンバスから車を運転し、800キロ程離れたニューヨークに行き観光しました。今はなきツインタワーの屋上に登ったことを思い出します。 今回はゆっくり美術館巡りをしようと思っています。 ワシントンの美術館にも列車で足を [続きを読む]
  • 3月の映画
  • 今月観た映画で印象に残ったものです。 今月一番の映画は「浮雲」でした。 「素晴らしきかな、人生」広告事業で成功した男が娘の死によって人生を見失う。 その再生の物語です。 ストーリー展開に不満はありますが、ウィル・スミスやケイト・ウィンスレット、ヘレン・ミレン等豪華な出演者で楽しめます。 「マンダウン」イラク、アフガニスタンの戦争に従事したアメリカ兵の多くがアメリカに帰還した後P [続きを読む]
  • 高さを測る
  • 国土地理院の最初の配属先が「日本の高さ」を管理するところだったという話を前にしました。 高さを求めるには水準測量というものを行う必要があります。これには正確な目盛の刻まれた標尺と呼ばれる大きな物差しを数十メートル離して2本立ててその中間に水準儀と呼ばれる水平方向に向いた望遠鏡を設置します。水準儀で両方の標尺の目盛を読みその目盛の差を記録します。目盛の差は両方の標尺の立っている地面の標高差を表します [続きを読む]
  • 故郷の海
  • 国東半島の付け根にある杵築の狩宿という所で生まれた。 山一つ挟んで別府湾の海が広がっている。海まで2〜3キロほどの距離であったろうか。家から東の方に行くと奈多の海である。海辺に通った豊洋小学校があった。白砂青松の言葉どおりの綺麗な砂浜と松林が広がっていた。学校の正面には奈多八幡宮があり、浜近くの岩礁には鳥居が立っていた。夏になると体育の時間は海水浴になった。奈多八幡宮から少し離れた砂浜はしっとうの [続きを読む]
  • FIGと世界遺産ハロン湾
  • 役所を退官して、一時期日本測量者連盟の事務局をしていたことがある。 役所の先輩でこの事務局の仕事をしていた人が病気でできなくなり、後を引き継いだのである。日本測量者連盟は、世界測量者連盟(FIG)という組織の日本支部みたいなものです。 日本では測量士は国家資格ではありますが、社会的地位は高くありません。それにくらべ欧米の測量士は日本でいう不動産鑑定士や土地家屋調査士の役割を兼ねていて土地の取引に欠か [続きを読む]