鬼門だらけの阪神タイガース さん プロフィール

  •  
鬼門だらけの阪神タイガースさん: 鬼門だらけの阪神タイガース
ハンドル名鬼門だらけの阪神タイガース さん
ブログタイトル鬼門だらけの阪神タイガース
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wakearibukken
サイト紹介文阪神タイガースの東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドームでの悲惨な負け試合をアーカイブする
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供393回 / 365日(平均7.5回/週) - 参加 2016/04/09 16:57

鬼門だらけの阪神タイガース さんのブログ記事

  • 2000本安打に近づいて、鳥谷が乗ってきた!!
  • ビジター球場で再三のチャンスを逃しながらも勝ち切った。しかも、鬼門の名古屋ドームである。星野や落合が監督をしていた全盛期には、考えられなかったことだろう。が、中日の弱体化はさておき2000本安打を目前とした鳥谷の活躍なくして今日の勝利はなかった。残り14本。明らかにギアが上がってきた。今日は若手がさっぱりだったが(笑)ベテランと中堅の活躍で勝った。そんな日もあって良い。*************** [続きを読む]
  • 今日も大山のタイムリーから始まった!!
  • とにかくチャンスに強い。1点ビハインドの2回表、1死1・2塁から大山が同点タイムリー。ここ一番で、打ってくれるイメージが強い。続いて梅野が犠牲フライを放って逆転。今日の青柳の調子からいうと相手が中日ということもあってこれで買ったも同然である。後は、まずベテラン勢が活躍。鳥谷、糸井、福留で4得点。さらに若手の中谷、大山で2得点である。青柳が4勝目!去年と同じ勝ち星らしい。どこまで勝ち星を伸ばせるのか [続きを読む]
  • 怒涛の一発攻勢!!北條、秋山、糸井、大山〜。
  • 中谷が先制打、大山も2点タイムリーで幸先よく初回に3得点。来年、中軸を担って欲しい二人が打ってホッとする。さらに、追加点はホームランラッシュ。北條ソロ伊予ゴジラ2ラン糸井ソロ大山3ラン中日相手とはいえ、ホームランの出にくい球場で立派なものである。糸井には安心した。北條はようやく今頃になってという感はあるが、遅くても、遅すぎることはない。それにしても、大山はチャンスに強い。シーズンが終わった頃には鳥 [続きを読む]
  • 福留様々だが・・・。
  • 福留がサヨナラ犠飛を含む4打数2安打3打点。チャンスに強い打撃は健在である。ただ、福留が目立ってしまうのが問題だ。4タコの中谷。犠牲フライだけのロジャース。特に、中谷はホームランを打つと必ずといっていいほどしばらく凡退が続く。より確実性のあるバッティングを求めたい!が、それを実現させるのは打撃コーチ陣である。できないのなら、別の人間に託すべきである。********************訳あり物 [続きを読む]
  • 藤浪君、お帰りなさい!!
  • なんか能面みたいな顔だった藤浪。5回持たず、7安打5四球、2死球。死球を与えた大瀬良に同情されるくらい・・・。でも、泣くことはない。投げられただけでいいじゃないか。死球といっても頭に当てたわけじゃない。気にする必要はない。東尾なんて乱闘になろうが生涯ギリギリのコースを攻めていた。というか、強打者にはわざと当てていた。でも四球はダメ。四球より死球。もっとも、四球を出すのは、決め球がないからかもしれな [続きを読む]
  • 阪神も終戦記念日・・・。
  • 4回までに11失点では勝てるわけもない。この試合で0勝7敗の小野を首位チームとの戦いの第一戦にあてなきゃいけないところが苦しい限りである。今日で、9.5ゲーム差。まさしく、阪神にとっても終戦記念日である。今年の優勝は、あきらめよう。来年に向かって戦力を整えるべきである。ピッチャーでいえば、小野を下位球団にあてて、勝ち星をつけてあげてほしい。横山、石崎の新日鐵コンビももっとしっかり投げさせてほしい。 [続きを読む]
  • 松田が先発ではさすがに勝てない〜どうせなら・・・。
  • そもそもビジター球場で3連勝はむつかしいところに松田が先発である。期待はしても、計算はできないところである。案の定、2回3失点で降板。まあ中谷の不慣れな守備で失点した不運はあるが、そもそもがアップアップの状態だった。というより、基本的に、ストレートが145キロ前後。これといった決め球もないから防御率が悪いのである。大体2軍で先発の経験があるから先発に抜擢したといっても、元々、1軍での中継ぎ起用を前 [続きを読む]
  • キーワードは、メッセンジャーのために!
  • 投手陣が13安打されながらなんとか筒香のソロ1発だけに抑える。そして福留さんが大活躍である。3回裏、2死1塁で右中間に抜けそうなあたりを見事にダイビングキャッチ。と思えば、8回には同点となる投手強襲ヒット。そして、10回表には勝ち越し決勝ホームラン。事実上、一人で3点分の活躍である。二日間休んで絶好調!日替わりで活躍する選手が違う良い循環となっている。キーワードは、「骨折したメッセンジャーのために [続きを読む]
  • メッセ、秋山、岩貞がいないローテーションを考える・・・。
  • 秋山に続き、メッセまで故障。岩貞も不調で2軍落ち中。残ったメンバーでどんなローテーションがつくれるのか。藤浪岩田青柳能見小野基本ラインはこの5人だろう。藤浪復帰は大前提で能見も落とせない。場合によっては、秋山ないし岩貞が戻ってくるまで?岩崎を一時的に先発復帰させる?竹安、福永あたりを1軍に上げるそんな応急措置が必要かもしれない。メッセンジャーは仕方ないとして秋山には早く戻ってきてほしい。岩貞も、気 [続きを読む]
  • 中谷に新庄を、ロジャースにフィルダーを見る!!
  • 昔から阪神は横浜戦では良く打つ。巨人戦で頼みのメッセンジャーまで骨折で離脱してしまい、意気消沈してズルズルいきそうな気がしたが、中谷の3ランとロジャースの2ランでスカッと勝った。その見た目から中谷は新庄に見え、ロジャースはフィルダーに見えた。鳥谷も珍しくあわやホームランの先制打を放ち、大山もタイムリーを放った。おまけに坂本まで。この横綱相撲が続くことを祈る。明日は能見か・・・。********** [続きを読む]
  • ベンチがアホやからメッセで負ける・・・!
  • メッセンジャーと内海。どう考えても、阪神が勝つ日だろう。周囲の巨人ファンも、今日は分が悪いと言っていた(笑)が、終わってみれば2対5。そもそも先発メンバーから気に食わない。なぜ不振の上本を使い続けるのだろうか。怪我をする前までセカンドがレギュラーだった西岡を先発させれば良いではないか。そして、攻撃采配にも問題あり。6回表、チャンスに弱い鳥谷が先頭打者で3塁打を放つ。が、大和がセンターフライ、梅野がス [続きを読む]
  • 先頭打者と陽岱鋼への四球に罰金を!!
  • 1試合目といい、2試合目といい、先頭打者と陽岱鋼への四球が目立つ。そして、それがことごとく失点に結びつくのだ。今日も、3対1で勝っていたにも関わらず、7回裏に、岩崎が先頭打者の亀井を四球で歩かせる・・・。橋本ヒットの後、二人を打ち取って2死1・3塁とするが陽岱鋼を四球で歩かせてしまい満塁のピンチを残して降板する。そんな面倒な場面で登板させられたマテオがいきなり初球をマギーに打たれ一気に逆転される。 [続きを読む]
  • 伊藤隼太を初めて褒めたいと思う。
  • ヤクルト戦での3ランでも褒める気にならなかったが、9回表1死でカミネロから伊藤隼太が放ったセンター前ヒットには価値があった。7回裏、岩崎の四球二つから3対4と逆転されてしまってから8回表、9回表の先頭打者と4人連続でアウトになっていた。逆転のされ方が最悪だっただけにすんなり負けるかと思ったが、隼太のヒット一本で流れが明らかに変わった。福留の3塁打、ロジャースの犠牲フライも、このヒット一本が呼び水に [続きを読む]
  • 予想通り能見で負けかけた(笑)
  • なぜ能見を先発させるのだろう。1割台や2割前半の先頭打者に四球を出す意味不な投球。守っている方も嫌になるだろう。バックの野手やベンチの人間は誰か言わないのだろうか。「何してんねん。死ね」と。たまたま相手がヤクルトだから勝てたものの他のチームなら完敗である。勝てるわけでもないベテラン投手を投げさせる意味がわからない。相手が相手だけになんとか勝ったが負けていれば、只々無駄な1試合になっていたところであ [続きを読む]
  • やっぱり毎日がヤクルト戦なら良いのに!
  • 秋山が太ももに張りを訴えて緊急降板。ヤクルト相手にそんなに力を入れなくともという感じだが、10勝がかかっていたのでつい力が入ってしまったのかもしれない。大事に至らないことを祈る。さて、試合の方は、例によってあっさり4対0の勝利。福留がホームランを放ち、ロジャースが2点タイムリー2塁打を放つ。今のヤクルト相手ならそれで十分だ。問題は、明日の先発が能見であること。メッセンジャー、秋山(&松田らリリーフ [続きを読む]
  • 毎日がヤクルト戦なら良いのに・・・!
  • 3対0の快勝。最近、以前よりチーム状態がマシになったヤクルトだが、広島と比べたら、楽な相手に感じるのは否めない。連打に長打が組み合わさる広島打線とは比べるべくもないだろう。なにしろ山田が不調である。後は、バレンティンに気をつけるのと、阪神に入れなかった関西人(坂口、大引)がコンプレックスかなにかしらないが、阪神戦に限って妙に打つので、実力差通りに抑えればよいだけである。点も勝手にくれる。5回裏、無 [続きを読む]
  • 勝てた試合・・・不可解起用の連続!!
  • 何度もいうが、なぜキャッチャーは梅野ではないのだろう。特に広島戦ではランナーが出たら盗塁が気になって、本来のピッチングが出来ない投手が少なくない。広島戦では、強肩の梅野を先発させるべきだろう。また、リリーフを含め外国人ピッチャーは梅野の方が投げやすそうである。坂本相手に、結果として、マテオも苦しみ、ドリスは3失点・・・。坂本が阿部なみに打つわけでもないのだから、梅野で良いのだ。岩田を引っ張り過ぎた [続きを読む]
  • 代打ミスを帳消しにしてくれたロジャース様!
  • 負けパターンだった。4回裏、無死1・2塁のピンチを小野が抑えて迎えた5回表、大瀬良が3四球で1死満塁のチャンス。ここで中谷という場面で33打点の選手に代えて打率は314ながらわずか2打点の隼太を出してあえなく空振り三振。何度もいうが(笑)私は、この選手がここ一番のチャンスで打つ場面をほとんど見たことない。続いて、ヒットはコンスタントに打つものの、ここ一番のチャンスで必ず凡退する鳥谷がやはりレフトフラ [続きを読む]
  • 岩貞、坂本・・・あえて広島戦で出さなくとも。
  • 広島に勝てない岩貞をなぜ投げさせるのか?来季以降に向けてという意図もわかるが、本人が勝ち星に恵まれていない中で、投げさせても勝てそうにない。マツダスタジアムでどうせ負ける確率が高いなら腐っても広島キラーの能見を投げさせた方がマシだろう。そして、キャッチャー。今年の前半、9点差を逆転した試合を含めて広島に勝っていた試合には常に梅野がいた。なぜか広島戦では打つし、ランナーも刺せる。なのに、なぜ、坂本な [続きを読む]
  • 清宮君、今夏の甲子園に行けずとも、来季から本拠地にすれば良い!!
  • 親子共々阪神ファンで知られる清宮が、西東京大会の決勝戦で破れ、甲子園への道を閉ざされる。その負け方に繋がるプレーが早くも阪神の選手っぽい。1対1で迎えた5回の2死1塁。相手選手がサードゴロを放つが捕った態勢が悪かったので、サードが無難にワンバウンド送球を試みる。が、清宮がそれを捕れないどころか後ろに逸らし、1塁ランナーが生還。打者走者もサードに進み、その後、更に2失点。2点差となった9回表も、1死 [続きを読む]
  • 能見が4回6失点・・・只々無駄な1敗!
  • 全くもって無駄な一敗である。むろん、阪神が永遠に連勝し続けることはないし、逆に、中日は7連敗中で、本拠地・名古屋ドームでの試合である。阪神が負けるというよりは、そろそろ中日が自律反発的に勝つ頃だったともいえる。そういう意味では、負けたことは仕方ない。が、負け方が悪過ぎる!38歳の能見が4回6失点で序盤に勝負が決まってしまったこの試合。7月末で首位広島と9ゲーム差にも拘わらず、なぜ若手に投げさせない [続きを読む]
  • 新・代打の神様、誕生?!
  • 阪神タイガースでは、長年、一線で活躍してきたベテラン選手が晩年、代打の神様として君臨する風習がある。真弓、八木、桧山。関本と狩野もプチ神様としてあがめられたが、”プチ”なのは、そもそもが長距離砲ではなかったからである。ファンは、神様が打席に立った時、かつての雄姿を思い浮かべて決勝打を放ってくれることを祈るのである。本日、福留が2対2の10回表に1死1塁から登場し勝ち越し決勝2ランを放った。まさに値 [続きを読む]
  • 大和にも驚いたが、秋山の7回無失点も立派なもの!!
  • 5対0。中日が相手とはいえ、鬼門の名古屋ドームでの快勝である。初回、2安打2四球で無得点といういつもの不味い攻撃・・・。今日もダメかと思ったが、大和のホームランやビジエドの悪送球、俊介のダメ押しタイムリーで主導権はこちらに。なにより、秋山が7回までゼロに抑えたのが大きい。安定の9勝目。立派なものだ。秋山が投げる日は本人の勝ちに繋がるかどうかは別にして、勝ち試合になる印象が出来ている。今年だけではな [続きを読む]