鬼門だらけの阪神タイガース さん プロフィール

  •  
鬼門だらけの阪神タイガースさん: 鬼門だらけの阪神タイガース
ハンドル名鬼門だらけの阪神タイガース さん
ブログタイトル鬼門だらけの阪神タイガース
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/wakearibukken
サイト紹介文阪神タイガースの東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドームでの悲惨な負け試合をアーカイブする
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供429回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2016/04/09 16:57

鬼門だらけの阪神タイガース さんのブログ記事

  • 連夜のキャンベル祭り!そして中谷のホームラン!!
  • 連夜のキャンベル祭りだ。4回裏、無死1・2塁で福留がランナーを進めることが出来ず、1死1・2塁。すがるような思いで見る阪神ファンの想いに応えるかのようにキャンベルが右方向への綺麗なタイムリーツーベース。その姿は、まるでかつてのシーツの様!これで半分勝ったような気がしたし、次の北條の犠牲フライで7割方勝った気がした。5回裏に中谷がソロホームランを放ち、3対0になった時点では勝利を確信した人がほとんど [続きを読む]
  • なんとなくキャンベル祭り!
  • 先制の2点タイムリーは糸井である。また2回裏、無死1・3塁のチャンスが潰れかけたのを2アウトからヒットで1点奪ったのは上本のバットである。しかし、今日はなんとなくキャンベルの日ではないだろうか。初回の打席は無死1・3塁でダブルプレーだったが、併殺の間に1点が入った。4点先制したものの、藤浪が相変わらずの5四球108球で5回にて交代。2点差まで追い上げられて嫌な感じだったが、7回裏、2死3塁からダメ [続きを読む]
  • 前から思ってたけど、なんで代打新井やねん!(笑)
  • 別に嫌いな訳じゃない。兄共々、わりと好きな方ではある。が、新井良太に確実性がないのは、ファンなら誰もが知っていることだろう。ただ、長打力はあるので、一発出れば同点ないし逆転のシーンなら代打で出てくるのもわかる。だが、今日の試合を含めて最近登場するのは1本ヒットが出れば同点、逆転のチャンスばかりである。狩野が1軍の代打じゃダメなの?どうせ同タイプなら江越じゃダメなの?今日など左の好投手・濱口が先発と [続きを読む]
  • 中谷を使うことで、皆が活き活きする?!
  • 中谷の調子が昇り調子である。そこで・・・左投手にやや難がある高山に替えて、一線級の左投手が先発時に中谷。人工芝での試合が続いて糸井の膝に疲れが溜まった頃に中谷。試合が続いて福留に疲れが見え隠れした際に中谷。原口の肩や腰に休養を与える為に中谷。個々の事情に合わせて中谷がフル活動すれば、代わってもらう選手の成績が上がり、中谷の成長にも繋がる?!これが、現状でベターなシナリオではなかろうか。訳あり物件の [続きを読む]
  • 横山で勝てたのが大きい!
  • 先発の谷間というかイチかバチかというか横山で巨人に勝ったのは本人にとっても球団にとっても嬉しいし、ラッキー感が半端ない。元々、実力はあるはずなのに怪我ばかりしている横山。今年こそ、10勝とは言わないが8勝くらいしてほしいなあ。鬼門ナゴヤで負け越して東京ドームで2勝1敗は上出来!中谷が打ち、福留が打って効率的に点をとり横山、桑原がランナーを出しつつ効果的に抑えてマテオ、ドリスが完璧に抑えるという素敵 [続きを読む]
  • 阪神にしか勝てない田口に、6連敗の恥辱・・・。
  • 今日もまた田口に負けた。去年から六連敗!能見の投球云々ではない。田口を打てなかったのが敗因だ。去年も0勝5敗。田口は10勝10敗だから阪神戦がなければ5勝10敗である。よくこんなピッチャーに負けるものだ。金本の激怒も当然である。古い話になるが、かつてのヤクルトの梶間を思い出す。阪神以外のチームはパカスカ打つのに阪神だけはなぜか打てなかった。こういうパターンが一番腹立たしいものだ。スコアラーが悪いの [続きを読む]
  • メッセンジャーが、関西魂の3勝目!!
  • 130球も投げ、8回を1失点。その1失点も、3回1死1・2塁で坂本をサードゴロに打ち取ったのを鳥谷がエラーしたのが原因。次打者・阿部の犠牲フライで一点入っただけでそれがなければ無失点だったかもしれない。ナゴヤで勝てる試合を落として下り坂だった阪神。一方で、4連勝と勢いに乗っていた巨人。敵地・東京ドームでそんな直近のムードをひっくり返したのは福留とこのメッセンジャーである。早くも3勝。しかも、広島に [続きを読む]
  • 福留が、思うところを発散する3ランと4打点!
  • 昨日の中日戦は完全にブレーキ役だった福留。一回、一死1・2塁の先制機で遊ゴロ併殺。三回、二死1・2塁で一ゴロ。五回、一死1・3塁の好機も空振り三振。挙句の敗戦に、無言でバスに乗った福留。きっと思うところ大だろうと思っていたら、今日は大爆発!一回、一死1・2塁で3ランホームラン!三回、二死走者なしでライト前ヒット。五回、二死走者なしでセンターオーバーの2塁打。七回、一死走者なしでライト前ヒット。九回 [続きを読む]
  • 鬼門ナゴヤで、昨日起こしてしまった竜に、終わってみれば完敗!
  • 昨日、1点勝っていた8回2死2塁でまともに大島に勝負にいって同点にされ、(普通、際どいところついてカウントが悪くなったら敬遠するのがセオリー。ノムさんならボロカスだろう)挙句は、最終回にサヨナラエラー。これを引きずらないわけがない。そもそも勝率3割5分と1勝2敗ペースでしか勝ったのことのない鬼門ナゴヤなのだ。青柳が好投したものの、7回に力尽き、結果的に敗戦投手になってしまった。あー無駄遣い。ビジエ [続きを読む]
  • 記念日にサヨナラエラーの鳥谷以上の戦犯は・・・。
  • 勝てた試合を落としてしまった。直接は、歴代単独2位の連続試合出場記録を作った鳥谷のサヨナラエラーが原因だが、それ以上に今日の戦犯となったのは梅野である。8回表に、3対2と勝ち越したにも拘わらず、その裏、2死2塁から中日打線で唯一好調な大島と勝負して同点に追いつかれる。打撃の方も、2回表、2死1・2塁で三振。6回表、2死1・2塁でセンターフライ。8回表、2死3塁でライトフライ。あと一本出ていれば楽々 [続きを読む]
  • 福留の教えを守った中谷のファインプレー!
  • 開幕から登板した2試合で打たれ、今日が正念場だった岩貞。そんな岩貞の初回のピンチを救ったのが中谷のファインプレーだ。2死3塁で、ビジエドの詰まった打球が、右中間手前にフラッと上がったのをダイビングキャッチ。これで、岩貞はノッていけたのは間違いない。今日は福留が休養日だったが福留イズムを継承したプレ−だった。去年の6月26日、マツダスタジアムで中谷が俊介と交錯し、サヨナラエラーとなったが、「誰でもミ [続きを読む]
  • 鬼門名古屋も関係なし〜岩瀬が出てきて勝ったと思った!
  • 1回表、無死1塁2回表、2死満塁3回表、2死1塁5回表、1点とって2死満塁8回表、2点とって2死3塁9回表、2死満塁12残塁である。敵地で、しかもこれまで鬼門とされてきた名古屋ドームでこれだけチャンスを逃したら例年なら大抵サヨナラ負けのパターンだったろう。が、今の中日にはそんな元気はなさそうである。打線も打たない。そして、なにより同点の7回に岩瀬が出てくる救助陣である。栄枯盛衰。あれだけのセーブを [続きを読む]
  • 岩貞が借りの3分の1くらいを返した感じ?!
  • 良く投げたと思う。7回3分の2を113球で1失点。8回裏は、無死から連打でノーアウト1・2塁にされたものの、荒木をしっかりダブルプレーに打ち取ってピンチを摘んでからマテオにタッチ。しっかり、先発投手の役割を果たした。が、相手打線が弱かったのは否めない。広島やヤクルトに比べると全く打つ気がしないのだ。思えば、広島を勢いづけた開幕第2戦と、巨人とのカード初戦は、いずれも、岩貞が打たれて負けたようなもの [続きを読む]
  • シビれるような1点差勝ち!
  • 4対21対7そして、2対1負けるときは大敗。勝つときは、接戦をモノにする良い3連戦だった!今日は、初回に1死満塁から犠牲フライで1点を先制され、その後も3回迄毎回ピンチを迎えたが、結局、その1点だけに抑えきったのがなんといっても第一の勝因だろう能見、桑原、マテオ、ドリスが頼もしかった。打線も、九里から少ないチャンスを活かして2点をとって逆転出来た。既に2勝し、マツダスタジアムの第三戦で阪神も負けて [続きを読む]
  • 昨日は青柳と梅野の勉強試合として、今日しっかり勝つべし!
  • 昨日は、若い二人にとっていい勉強になったのではないだろうか。観に行った人には気の毒だが、そんな日もある。青柳は、力があるのだから四球を出すな、投球以外のことをしっかりやってくれと言いたい。梅野も、目先の状況だけはなく先発投手のタイプやその試合の位置づけを考えてやってほしい。キャッチャーが焦るとピッチャーに伝染するので、ドシッと構えて欲しい。なんて言うのは易し行うのは難しなので、失敗を引きずることな [続きを読む]
  • 青柳と梅野の二人が1回表で終わらせた試合・・・。
  • 久しぶりに見るひどい試合だった。4連勝で期待値も高かっただけに怒りも増幅するというものである。しかも力負けしたのならともかく、勝手に転んで負けたのだから。1回表、田中にヒットを打たれたのは仕方ないとして、菊池のバントを梅野が2塁に投げてオールセーフ。なぜ、いきなり1点もやれない感じでプレイするのだろう。嫌いだが、江川が良く言っている。「バントで1アウトとれると落ち着けるので有り難い」と。青柳は力の [続きを読む]
  • 糸井がおとなしくなると、高山が当たりだす!
  • 全員野球というのはある意味、こういうことを言うのかもしれない。絶好調だった糸井が小休止していると思いきや、入れ替わるかのように高山が打ち出す。先日来の先発メンバーが満遍なく打ちまくるのも全員野球かもしれないが、調子の波の関係で打たなくなった選手の代わりに、それまで不調だった選手が打ち出すのもお互いをカバーしあう全員野球といえまいか。調子の波が重なってしまうと買ったり負けたり両極端にブレかねないが、 [続きを読む]
  • 10も連勝したら3つくらい負けるはず!
  • やり返すとか一々言わなくても良い。今年は対等だから。いや、厳密にいうと、打線は対等か、9掛けくらいかもしれないが、投手力では断然優っている。打線は水物、何度も失点を帳消しにはしてくれない。ましてや長期の連勝後は、今日のように、走塁死やバント併殺で勝手に流れを悪くしてくれるものである。長期連勝の後には連敗がつきもの。ホームで迎えるこの三連戦は、3タテする絶好のチャンスに違いない!訳あり物件の見抜き方 [続きを読む]
  • 藤浪が抑え、後はリリーフの差!!
  • 1回は相変わらず24球を要するなどイマイチだったが、尻上がりに調子を上げ、8回を97球で1失点と藤浪とは思えない省エネピッチングであった。井納も頑張っていたので投げている間は差がつかなかったが、9回表、糸原のヒットをきっかけに、上位陣で3得点。4対1の横綱相撲で藤浪が待望の初勝利をあげた。相変わらず打撃陣が良かったが、今日は藤浪デーで良いでは?!ナイスピッチングでした。あと、ドリスも連日ご苦労さん [続きを読む]
  • 秋山を無駄に引っ張って、危うく大逆転負けするところだった・・・。
  • 8対3と5点差だったから油断したのだろうか。7回表、1死2・3塁で秋山に代打を出すことなく三振。高山が四球を選んで満塁となったものの、上本がセカンドゴロで無得点。その裏、秋山は無死からタイムリーを含めて3本ヒットを重ねられノックアウト。二人目の桑原は良く抑えたが、2アウト目が犠牲フライとなった為、結局、秋山は5失点で降板ということになった。その後の、3点差で、なおも、筒香を迎えて2死1・2塁という [続きを読む]
  • 広島に開幕早々火を点けてしまったなあ〜。
  • 昨日、DeNA戦が雨で中止だったので巨人対広島戦を見ていたが、菅野で3点リードで巨人が勝つと思いきや、例によって広島打線がつるべ打ち。一挙6得点で逆転し、追い付かれた後も、再度突き放しそのまま勝ってしまった。これで引き分けを挟んで8連勝らしい。思えば、その連勝の起点となった開幕二戦目で今年もやれると思わせてしまったのが我がタイガースである。どこかでガツンといかないと他のセリーグチームに申し訳ない限りであ [続きを読む]
  • 千尋の谷から自ら這い上がった北條に、助けられた金本!
  • 獅子は我が子を千尋の谷に突き落とし、這い上がった子だけを育てるという。ことわざの真偽はともかく開幕から不振だった北條を先発で使い続けた金本に一旦外してあげた方が北條本人も楽だろうに厳しいなあとこのことわざを思い浮かべていた。が、今日、北條がホームラン2本を放ち自ら這い上がってきた!今日負ければ、また甲子園での巨人アレルギーがしばらく続きそうな気配だっただけに、まさに子に助けられたといったところだろ [続きを読む]
  • 初回を7球で片づけた青柳。降雨ノーゲームで1勝損した・・・。
  • どちらが先輩か関係なく、岩貞、藤浪に見習ってほしい!たった7球で巨人の1回表の攻撃を終わらせた青柳。そもそも今の巨人打線は広島やヤクルト、DeNAより怖くない。まだ阪神の方がマシなくらいである。抑えて当然なのだ。昨日は、岩貞が広島戦に続いて酷かったに過ぎない。さっさと抑えて見方打線が点をとるのを待つ。青柳の投球を見て、阪神の先発陣には原点に戻ってほしい。でないと、降雨ノーゲームに青柳を使ったかいが [続きを読む]
  • ストレートに言う。岩貞、何やってんの?!
  • ジョンソンを打ち崩して迎えた広島との2戦目。初回に4点リードをもらったにも拘わらず、岩貞がその裏に3点とられ、更に、2回に2点を追加してもらったのに、5回にまた2点とられて5失点という失態。結局、開幕カードに負け越す原因となった。今日の巨人戦は借りを返す一戦だったはずである・・・。にも拘わらず、初回から、盛りのとっくに過ぎたマギーや伸び悩みのドラ1岡本に打たれて、いきなり3失点。マギーの当たりは、 [続きを読む]
  • 思うに、北條を大和と入れ替えればベストな布陣では?!
  • 一人だけ蚊帳の外である。4打数ノーヒット。初回、高山、上本、糸井と3連続ヒットで先制。福留が四球で繋いで原口、鳥谷が連続タイムリー。3点とって無死満塁でショートフライである。以降の3打席も凡退。この試合を終えた時点で打率は091である。おまけに1回表、1死1塁から山田の打球をエラーし、バレンティンの前にランナーを二人ためる失策というか失態。打てないだけなら我慢できるが守れないから性質が悪い。そもそ [続きを読む]