からしまひろこ さん プロフィール

  •  
からしまひろこさん: からしまひろこの小春日和〜笑顔で波乱万丈!?〜
ハンドル名からしまひろこ さん
ブログタイトルからしまひろこの小春日和〜笑顔で波乱万丈!?〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/kohiro-palette/
サイト紹介文子育ての事、介護の事、アロマの事、メンタルケアの事、ほんわりと、でも、ズバッと 発信していきます。
自由文長年、子育てしながら義母や夫の家族介護に明け暮れてるうちに、介護が仕事になっちゃった介護福祉士 兼 アロマインストラクターです。心の不思議 身体の不思議 メンタルの事 似顔絵職人の仕事の事 いっぱい発信して行きます💖
どうぞ宜しくお願いします!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/04/09 20:16

からしまひろこ さんのブログ記事

  • 旅立ちの衣装は…
  • 苦しみ抜いた 末期の肺癌の最期の数日間……痛み止めで 昏睡状態になる事も許されずに 呼吸ができずに苦しみ抜いたまま、最後の最後までおそらく 意識は しっかりとあったであろうと 思われる元夫である 困ったオッちゃんが亡くなりました。前回の続きです。早朝の病院に駆けつけオッちゃんの 顔を見ると、苦しみの激闘の名残りの表情で土気色になり、眉間には深いシワ。それが、看護師さんがこの オッちゃんの死を悼み涙を流し [続きを読む]
  • あの世へ旅立つ事を許された時
  • 呼吸ができなくなり数日間にわたり 苦しみぬいた元夫の 困ったオッちゃんの最期の 記録です。2年を 過ぎて ようやくブログに 書こうという気持ちになったのは、無茶苦茶な 言動で人に 沢山 迷惑をかけ言葉の毒で 人を傷つけてきたオッちゃんでしたが、角度を変えて 見てみると別の一面では、全力で 生きようとしていた人でありこういう人間が 確かに 生きていたのだという事を発信してあげないといけない……という気持ちになって [続きを読む]
  • 許せない という 氷が溶ける時
  • 介護職という 仕事柄、色んな人の 最期に お付き合いをさせて頂きながらたとえ 死の瞬間に立ち会えなくても亡くなる当日まで、その人の身体のケアをさせて貰ったりたとえ 一口でも何かを 口にする介助をさせて貰ったりしてきましたが、これは 私の因果なのか、そういう お役目なのか、たまたま時期的に お見送りの続く星が 自分の上に 回っているのか、亡くなる人の お見送り がやたらと 続く時期があります。そして、生と死の [続きを読む]
  • 自分が灯りになる!人間 ハッタリも大事
  • 人間の一生の中で物事が やたらと 集中して重なる時期というのがあるようです。例えば、小豆を パッと撒いた時に満べんなく 散らばらずに小豆が 沢山集中した部分もあれば空白の部分もある。と……これは 大好きな司馬遼太郎さんのたしか 「竜馬が行く」の 一説に何気なく書かれていた一説ですが……元夫の 困ったオッちゃんの亡くなる直前ほどこの一説を 言い表した時期はないのではないかと言うくらい物事が集中して、私は右往 [続きを読む]
  • 自分の居場所を探す 末期癌の逃亡記
  • 亡くなった、元夫こと困ったオッちゃんの記録にお付き合い頂きありがとうございます。亡くなる1週間前に病院から 勝手に抜け出した元夫 こと 困ったオッちゃんの話しの続きです。海老蔵さんが自分の事を日本一の困ったちゃんだったと 言っておられますがこちらの 困ったオッちゃんは世界一の困ったオヤジだったのではないか?そう思うような最期の最期まで人を 振り回すパワーだけはピカイチのオヤジでした。病院を抜け出したとい [続きを読む]
  • 愛を降り注ぐ 〜小林麻央さんの人を変える力〜
  • 小林麻央さんの訃報が飛び込んで来てちょうど このブログでも元夫であった 困ったオッちゃんの最期の記録を 辿っていたのと重なり つくづく 生きる事と 死ぬ事を振り返らざるを得ない気持ちです。麻央さんという その人柄や 生き方に 多くの人が共感し、 励まされ 、見守った人と自分の ズタズタボロボロふんだりけったりの体験を重ねるのは おこがましいのですが、きっと 多くの 人が自分の色々な事を重ね合わせこの 家族の事を [続きを読む]
  • 何処で死ぬか
  • 抗がん剤治療が、ついに限界を迎え気休めだけの 食事療法??いや、、そんな良い物ではなくとにかく、何かを食べる事以外になす 術はない……そんな 状態になった元夫である 困ったオッちゃんの最期の お話しの続きです。本来ならば、積極的治療がなくなった段階で病院から ホスピスに転院する時期。でも、不思議とオッちゃんを ホスピスに転院させるという話は、出ませんでした。数日前の カンファレンスでオッちゃんは、僕は今 [続きを読む]
  • 残された時間の意味
  • 抗がん剤治療が いよいよ限界となり……ドクターや、看護師さんケアマネージャーや介護スタッフ、古くからの親友達を交えての カンファレンスが開かれ、(医療福祉現場での 会議)亡き夫 こと 困ったオッちゃんの最後の過ごし方の選択が いよいよ迫られました。が……優しすぎて 言葉を選ぶのが下手なドクターの説明が 全く通じずトンチンカンな会話しか 成立しなかったカンファレンスを 打ち切り病室に戻った オッちゃんに私は、 [続きを読む]
  • 生きる事を諦めない!
  • 2年前の ちょうど今日 6月14日。元夫こと 困った オッちゃんは、息を引き取りました。この命日に全然関係ない事 書いたら、おいおいおい!!と あの世から突っ込まれそうなので(笑)オッちゃんの 最後の頑張りを故人を偲んで書かせて頂きます。 亡くなる日の少し前からオッちゃんは人生の最期の総集編のように初めて、素直に色々な見舞客を 拒む事なく受け入れていました。そして、見舞いに来 [続きを読む]
  • 劇団 おやじ座!最期のシナリオ
  • 昨日、亡き元夫 こと困った オッちゃんの 3回忌代わりに古くからの 友人や 先輩、後輩さんが集まってくれまして ささやかな 故人を偲ぶ飲み会を しました。ハチャメチャな言動が多くトラブル、事件も多かったオッちゃんは敵も多かったのですが、反面 深い付き合いのできる良き仲間……まわりの人に恵まれた人間でもあったのです。そして、オッちゃんの元気だった頃から病気になって 死ぬまでの数々の エピソードは事 [続きを読む]
  • 生きる意志と 寿命と
  • 肺癌の末期症状の中鬼気迫る状態で 最後の仕事…正確には 仕事の立会いに行った亡き元夫の 困ったオッちゃんの最後の 入院の記録……前回の続きです。オッちゃんの 病状はその 仕事の後あたりから、もう 限界に来ていました。発見された時にはすでに ステージⅣと言われた大きな癌は大変 危険な場所にありました。それは、肺の中心部にある下大静脈に 複雑に巻きつきその大きな癌腫瘍を、少しでも 宥めるように抗がん剤を ずっと [続きを読む]
  • 死ぬ間際の 最後の仕事
  • 癌患者は 働かなければいい。どこぞの 政治家が言ってましたが、なんのこっちゃ???他人事だからこそ言える上から目線の お言葉。このセリフを もし今亡き夫 困ったオッちゃんが聞いたら なんと言うだろう。何を言われようとどう思われようと自分が 癌だろうがどんな病気だろうが仕事したい!と思う人は沢山いるのです。きっと、そんな 言葉を聞いたとしても屁のように 無視するであろう困ったオッちゃんの人生で最 [続きを読む]
  • 死ぬ間際まで社会人でありたい。
  • 2年前 ちょうど この新緑の薔薇の美しいこの 爽やかな季節にちょっと 胸の痛む光景があり私は、その光景が今だに忘れられない映像になっております。亡き夫 こと困ったオッちゃんの病状はもう いつ死んでも おかしくないという肺癌末期の 深刻な状態でした。体だけでなく、社会的にもこの世でのルールから激しく 脱線してしまい全ての事に ギブアップ状態となりてんやわんやの 破産宣告の手続きも遅々として 進まない [続きを読む]
  • 生きるって カッコ悪くてもいいのだ!
  • もうすぐ52歳で亡くなった、元夫 こと困ったオッちゃんが 亡くなって2年になります。ちょうど 2年前の、この時期 もう オッちゃんの身体は 限界がきているのに本人は ある意味 人生に前向き。ある意味やる気マンマン。ある意味 攻撃的。挑戦的。その ギャップが 逆に哀れでもあり、悲しくもある……はずなのですが、、どうしても そういう 悲しい気持ちにもなれず……この人の最期を いたわろうという優しい気持 [続きを読む]
  • 子育てはパピーウォーカーのように
  • 盲導犬や 介助犬を育成する時に生後1年間程 、子犬を預かり家庭や社会での経験やルールを教え人の愛情を たっぷり受けさせ人への信頼を 教え社会にでて 働く基礎を教えていくパピーウォーカーというボランティアが ありますが、人間の子育てももしかしたら、こうあるべきかも??って 思う事があります。人と 犬を一緒にするでない!と ひんしゅくを 買うかもしれませんが 先日の事……私が2歳になったばかりで亡くなっ [続きを読む]
  • ふれあい喫茶で自由の香り コーヒールンバ!
  • 今日は 私には珍しく ちょっとした宣伝兼ねてかるーい お話し です。病気になったり 障害を持ったりそして これは 誰しも生きている以上は 平等に訪れる年を取る……という事。色んな事情で、人は一つ 一つ いろいろな事を諦めていってしまいます。例えば、今の自分が当たり前に出来ている事。当たり前の 日常すぎて見過ごしてしまうような事。例えば、旅に出る事やそこまで行かなくても、天気のいい日に 外を自由に歩けて風 [続きを読む]
  • ルールの窓口と戦う
  • 今日の お話は、ずっと 書くべきかどうか長らく迷っていたのですが…ちょっと きっかけがありまして勇気を出して 書いてみようと思います。行政に物申すようなヘビーな話しなので 不快に 思われたら どうぞスルーして下さいませ! 先日 仕事で親しくしている整骨院の受付で、そこの先生の奥さんの 愚痴を聞きました。ごめんね!こんな事 話して!でも ちょっと 言わずにおれなくて……聞くと [続きを読む]
  • 肚くくって 嫌われ続けよう!
  • 仕事で、色んなお宅を訪問介護してますと色んな事がありまして帰ってくれ!介護なんて誰が頼んだんや!余計なお世話やー!と、元気良く罵倒される事も 日常茶飯事です。 それはそれで、元気でいらっしゃるという生存確認もできるし良いのであります。拒否されるその理由は、人それぞれです。完全な 認知症で どう見ても訪問介護の介入が必要な状態でも自分は、しっかりと自分の事をできていると、思ってらっしゃる場合 [続きを読む]
  • きっぱりと線引きをする決意
  • 怨念の話を 前回 書きましたが今日も めちゃくちゃ変なお話しになります。色んな土地や建物や、物に宿る負の波動、負の思念…私は、最近 ありがたい事にそういう物に 影響される事なく生きております。結局は、そういう物の影響を受けるも、受けないも自分次第だと思うようになりました。ただ、こういう話が 全くの、夢物語でスピリチュアルな話かと言えば、日本人は きちんと 新しい建物を新築する際はその土地の神様を 鎮 [続きを読む]
  • 怨念なんかに取り憑かれない!
  • 先日、 商店街を歩いてましてとある 呉服屋さんの前でふと 足を止め 店頭に出ている着物のハギレを なんとなく見ておりました。デイサービスで 利用者さんと一緒に作る 手芸材料に と 思った……それだけなのですが、店の奥から、お店のおかみさんらしき人が出て来られいきなり、うちはね、本物の呉服屋です!古着なんかと 違いますよ!……んこれは、物凄い売り込み?私が、着物を買う風貌には見えないだろうに……?古着の着物 [続きを読む]
  • あらゆるものとコンタクトをとる!
  • 長年、高齢者の方と関わっていますとこの人達って ある意味スピリチュアルな能力満載のヒーラーさんではないか??と 思う事 しばしば!小さい子供さんなどもまだ 半分 あの世にいるような潜在意識 や右脳優位で生きているので普通に、胎内記憶を喋ったりどうかすると前世の記憶を 喋ったり……普通に 霊が見えるので本人が知るはずのない亡くなった身内の人とペラペラ しゃべってたり、後で聞くと、ああ!あの おじさんが あの世 [続きを読む]
  • 隣の芝生は青く見える! 教えは 空から舞い降りる
  • 先日、とんでもないブツが空から……正確には マンション高層階から 飛んできたお話を書きました。→ コチラ空から何かが飛んで来る事件がまだ ありまして……まあ、それだけ日本という狭い国で都会のマンションは 高層化が進んでるという事でしょう。北朝鮮からは、これまたとんでもないブツが飛んできそうで 恐ろしいですが……もっと近くからも何かが飛んでくる!それは……私が、まだ 今は亡き元夫……こと困ったオ [続きを読む]
  • 今日の自分に お支払いを惜しまない!心の断捨離
  • 先日の大雨の日の事件簿!空から謎の飛行物体?の事を書きましたが、→悪意に負けない!ちょうど その大雨の日に私は よりによってめったに連れていかないワンコのトリミングカットの予約をしておりました!我が家のワンコちゃん トイプードルの風。9歳この子は、娘の知り合いのお家で産まれたのを衝動的に 貰った子です。犬を飼っておられたり飼った経験ある方は お解りと思いますが、犬を飼うという事は子供一人増えたくら [続きを読む]
  • 悪意に負けない!怒りの沸騰点を試される事件簿
  • ちょっと最近、全国的に不思議な天気が続いていますね。先日の久々の大雨でしたが、誰だって悪天候の中の通勤通学や仕事での外回り営業、配達、子供さんの送り迎えなど色々大変だと思いますが私も、自転車かっとばして用事で走り回らなければいけなかったり雨でも車椅子押して絶対外せない通院介助をする身分としては煩わしい事 この上ない大雨。ただ、こんな迷惑扱いされる大雨が、正義の味方になってくれるそんな事もあるのです [続きを読む]
  • 身に覚えがないけれど??? 愛され妄想パワー
  • 冤罪、濡れ衣という物がありますが、仕事上、認知症の方等の訪問介護の仕事では介護士が お金をとったとか物を盗んだとか 壊したとか思わぬ濡れ衣をかぶる事も多々あるようです。私は、ラッキ〜な事にこういう濡れ衣はほとんど被った事がないのですが……むしろ、その逆に身に覚えがない事で 感謝される! という事が 結構あります。それ!!ええや〜〜ん!!と言われそうですがその内容が、あまり [続きを読む]