soleil さん プロフィール

  •  
soleilさん: SOLEILのインテリアな呟き
ハンドル名soleil さん
ブログタイトルSOLEILのインテリアな呟き
ブログURLhttp://www.direct-buy-online.com/blog/
サイト紹介文インテリアに必須のベッドやソファー、ダイニングセット、ラグ、コルクマットのお役立ち情報を呟きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 329日(平均1.5回/週) - 参加 2016/04/10 16:59

soleil さんのブログ記事

  • すのこベッドの良さ
  • 人々の生活の中で大切なのが、睡眠です。 良い睡眠をとることが出来ればしっかりと身体の疲れを取ることが出来るのです。 そのためにはまず、自分自身にあったベッド選びが重要になります。 ベッドと言っても様々 ... Copyright © 2017 SOLEILのインテリアな呟き All Rights Reserved. [続きを読む]
  • いろんな場合のダイニングセット
  • お客さんが来ることを考えたダイビングセットは、普段の生活に不便を感じないようにしたほうが良いですね。たくさんのお客さんが座るスペースを確保する場合、伸長式のテーブルはあまり良いとは思いません。伸長式のテーブルは、重すぎるし指を挟んでしまうこともあります。また、継ぎ目があったり壊れやすいし価格も高いそうです。椅子を引くときの必要なスペースは、一般的に50cmぐらいが目安となるようです。ダイニングテーブル [続きを読む]
  • ダイニングセットはデザインや座り心地で選ばない
  • ダインイングチェアは、背もたれが高いほうが高級感がありオシャレにみえますね。でも一般家庭では、圧迫感を感じて部屋自体が狭くなってみえます。また座り心地はいいのですが座り面も大きくなり、その椅子自体やテーブル自体も大きくなってしまいます。これでは今までより広いスペースが必要になるので、ダイニングセットには食事をするのに必要最小限の椅子でいいと思います。家族が食事をするときに、立ったり座ったりその椅子 [続きを読む]
  • ローベッドの通気性が良いのはすのこタイプ!
  • ローベッドの通気性が良いのはすのこタイプです。寒い日の結露や梅雨時の湿気、そして暑い日の寝汗などに対応できるのが、通気性の良いローベッドのすのこタイプです。人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかきますが、風通しが確保されたすのこタイプなら、じめじめを軽減して快適な生活をサポートしてくれます。通気性が良いすのこタイプであれば、湿気に強いいので安心です。ローベッドで湿気に強いタイプと言えば、湿気に強いモ [続きを読む]
  • ラグを通販で買う時のデメリット
  • 近年は便利な時代になりました。外に買い物に出ることもなく何でもネット通販で購入することが出来るようになっているからです。ラグに関してもやはり通販で購入することが可能となっています。多くの商品を見ることが出来て家で選ぶことが出来るわけです。ただし、通販にはデメリットもあります。それは現物を見ることが出来ないと言うことです。見ないでもわかるようなものを購入するのなら問題はないでしょうが、ラグを購入する [続きを読む]
  • ローベッドの通気性について
  • ローベッドの通気性は、はっきり言って悪いです。ハイベッドと比較するとベッドの下に空間が無い分、通気性はどうしても低くなります。ロータイプは、睡眠環境の観点からいうと、あまりよくなく、中でも重要なのが湿気対策になります。ローベッドは、ベッドと床に空間がほとんど無いことなら、通気性が著しく悪くなります。通気性が悪いということは、マットレスが痛みやすい原因になります。ローベッドの通気性が悪いということは [続きを読む]
  • ローソファー選びのポイント
  • ローソファー選びのポイントは、背もたれの高さにあります。使い心地に大きく関係してくるからです。ローソファーの場合、背もたれに頭を預けることができるかどうかが大きなポイントになります。背もたれが高いローソファーの場合、ハイバックタイプになります。このタイプのソファーは、首が楽というメリットがあります。長い時間テレビを見る人や映画鑑賞が好きな人は、ハイバックのローソファーを選ぶと良いでしょう。見た目的 [続きを読む]
  • ローソファーは掃除がしにくいのでダニに注意しましょう!
  • ローソファーは掃除がしにくいのが難点です。ソファーの底面に脚がないローソファーは、直接床面に置くので掃除がしづらく、底面が不衛生になると言うデメリットがあります。脚が長く床とソファーに隙間があるものなら、掃除がしやすく、清潔に保つことができますが、ローソファーの場合、直接床に置くので埃や小さなゴミなどが溜まりやすく、そのまま放置するとどんどん不衛生になっていきます。ローソファーは掃除がしにくく、定 [続きを読む]
  • ローベッドのデメリット
  • ローベッドのデメリットは、カビやすいところです。カビるかカビないかは、ローベッドの機能性とマットレスのタイプにもよりますが、基本的にカビやすいです。マットレスは特にカビやすく、湿気に敏感です。カビないようにするには、マットレスの下に、すのこ板を敷く必要があります。ローベッドでカビが心配なら、すのこがタイプにして、マットレスに通気性がいいものを選ぶ必要があります。ローベッドのデメリットは、起き上がり [続きを読む]
  • ローベッドの通気性を良くするには?
  • ローベッドの通気性を良くするには、通気性のいいすのこが理想的です。寝心地の良いベッドは誰もが求めるところですが、ローベッドに関しては、カビの発生を極力抑えたいところです。特に湿気の多い地方で湿気のこもりやすい建物の場合、心配になります。マンションなど鉄筋コンクリート造の建物は気密性が高いので湿気が逃げにくい状況にあります。そうなると、カビが生えてくるリスクがより高まります。ローベッドで通気性がよく [続きを読む]
  • ローベッド選びのポイントは「すのこ」
  • ローベッド選びのポイントで大事なのは、すのこを使用していることです。ローベッドを選ぶ場合、マットレスの位置がひとつのポイントになります。低床ベッドになるので、ローベッドの場合、マットレスは床に近い位置に置きます。そうなると、ローベッドのデメリットとして、湿気と言う問題が露呈します。脚付きローベッドは、ベッドの下に10cm前後の空間があるのですが、格安ベッドの場合、ベッドフレーム内に床板一枚の上に、マッ [続きを読む]
  • ローベッドは掃除がしにくい?
  • ローベッドは掃除がしにくいです。今流行りのローベッドですが、ロータイプの物は、カビたり、掃除しづらいイメージがあります。実際その通りで、ハイタイプのように手軽に掃除することができません。ローベッドを使用すると部屋が広く見えて良いのですが、掃除しづらいのは否めません。湿気も気になります。おすすめは、キングローベッドで、すのこ仕様のものです。ハイベッドの場合、下に学習デスクが入るほどの高さがあるので、 [続きを読む]
  • ローベッドのカビにはすのこタイプがおすすめ!
  • ローベッドのカビにはすのこタイプがおすすめです。すのこタイプのローベッドにすれば、快適に過ごすことができます。すのこは、通気性が良く、カビ対策になり、カビを防止することができます。すのこタイプのローベッドは、絶対にカビが生えないというわけではありませんが、通気性がよく、湿気がこもりにくいです。カビが生えにくい環境を作りだしてくれるので、すのこタイプのローベッドはおすすめできます。湿気もカビも1年を [続きを読む]
  • ローベッドをルンバで掃除するなら高さをチェック!
  • ローベッドをルンバで掃除するなら高さをチェックする必要があります。ルンバなどの掃除ロボットを買う場合、相性があるので気をつけないといけません。ローベッドをルンバで掃除する場合、相性ははっきりいって悪いです。ルンバで掃除をさせる場合、足の高さが重要になってきます。ルンバは、ローベッドの場合、下に入にくいです。足の高さが足りないと、ルンバでうまく掃除をすることができません。ローベッドをルンバで掃除する [続きを読む]
  • 赤ちゃんにおすすめ出来るローベッドとは
  • 赤ちゃんにおすすめ出来るのが、ローベッドです。赤ちゃんをベビーベッドではなく親のベッドで添い寝したいと考える場合、転落することが懸念されます。0〜1歳児の場合、受け身をとることはできません。そうなると、40cmぐらいの高さのベッドでもけがをする可能性か出てきます。赤ちゃんの添い寝に焦点を当てて考えた場合、ローベッドがおすすめです。赤ちゃんは必ずしもベビーベッドで寝させないといけないわけではなく、初めから [続きを読む]
  • ローベッドは寒い?
  • ローベッドは寒いので注意しないといけません。ローベッドは高さがない分開放感を感じることができ、狭い部屋でも広く見えます。すっきり見えるので多くの人が愛用しています。ローベッドなら、窓際に置いても窓の邪魔になりません。また、通常のベッドと違って掛け布団がずり落ちる心配がないので、朝まで布団をかぶって眠ることができます。寝相の悪い子供でも、ローベッドなら、落ちしまう心配がありません。しかし、ローベッド [続きを読む]
  • フロアベッドを赤ちゃんに使う時の注意点
  • フロアベッドを赤ちゃんに使う時の注意点は、できるだけ、添い寝をしてあげることです。最初はベビーベッドを使っていても、2〜3か月で撤去してフロアベッドに変えるケースがよくあります。そうした場合は、ちゃんと添い寝してあげることが大事です。添い寝は、赤ちゃんの安全のために必要で、床が硬いようだと転げ落ちた時にケガをするので、じゅうたんやマットを敷いておくとよいでしょう。布団の場合はほこりに気をつけることも [続きを読む]
  • 喘息におすすめのラグの特長
  • 喘息におすすめのラグの特長と言えば、素材がナイロンのマイクロファイバー製であるところです。そしてしっかりと防ダニ加工されたものが、喘息におすすめのラグの特長になります。喘息の人は気道が敏感になっていて、ハウスダストなどに反応しやすいので、フローリングのほこりが舞い上がるのを抑える目的でラグを敷くのはいいことです。但し、ラグの材質はウールやアクリルなどの繊維が短いものは、遊び毛が出るので避けることで [続きを読む]
  • ラグがずれないようにする方法
  • ラグがずれないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?一つは滑り止めシートを使う方法があります。ウレタン素材の滑り止めシートをラグと床の間に挟むことによって、ずれを防止することが出来ます。ただ、滑り止めシートを挟んでもずれてしまう事があります。このような時にはラグ専用の滑り止めテープを使ってみるという方法もおすすめになります。滑り止めシートに比べると滑り止めテープの方が滑りにくくなります。もし、 [続きを読む]
  • リビングにおすすめのラグ一覧
  • リビングのラグを選ぶポイントは、もちろん好みが第一条件ですが、リビングのカーテンやソファや家具などの色や材質に合わせるようにしなければチグハグして、くつろげるはずが落ち着きのない空間になります。ラグはただの飾りだけではなくきちんとした役割があります。リビングで利用する人数、年齢、床中心の生活か応接セットがあるかと言う点でラグ選びは変わってきます。お部屋の広さでももちろん変わります。お子さまがいるな [続きを読む]
  • ラグの色の種類と特徴について
  • ラグの色の種類は多岐にわたります。かなりの種類があるので、部屋のインテリアをよく考えて選ぶことです。類似色は、似た色同士なので、近くにあっても違和感なく馴染むことから、無難に選ぶなら、類似色がいいかもしれません。たとえば、グリーンのソファに黄緑のラグはおすすめで、ラグの色がやや薄いので、開放感を感じるリビングにすることができます。オレンジと赤も類似色になるので、存在感のある真っ赤なソファに対しては [続きを読む]
  • ラグの形の種類
  • ラグの形の種類は、非常に多くあります。最近は特にオシャレな形の物が登場しているので、用途に合わせて使用するとよいでしょう。ラグマットの選び方では、形の選び方は、景観上、大事になってきます。ラグのタイプは、主にプレーンタイプ、シャギータイプ、ファータイプで考えるといいのですが、形に関しては、メインが長方形ですが、正方形、サークル形、不規則形、円形、星型、雲型、ハート型などがあります。楽しい形のラグも [続きを読む]
  • 水洗い可能な「やさしいコルクマット」
  • やさしいコルクマットは、食べこぼした汚れや飲み物を運んだ時に不注意によって落としてしまったら、すぐにふき取ることによって中にまで浸透することなく、少量の水程度でしたら短時間で乾くことができます。しかしコーヒーやスープなど色が濃いものや油ものの場合は、ふき取るだけでは落ちなく時間が経過すると共に色ムラができることもあるのです。やさしいコルクマットは汚れてしまった部分を取り外し、手や柔らかいスポンジで [続きを読む]
  • テーブルに合わせたラグの選び方
  • ラグ選びの基本は、その空間で人が何をするか考えることです。例えばリビングとダイニングで揃える家具が異なる棟に、ラグにも最適なサイズや素材は異なってきます。また場所を利用する人数や生活習慣、家具の配置と空間も考慮せねばいけません。そのため空間やテーブルなどの家具のサイズを正確に測っておく必要があります。それから素材など順番に考えていきましょう。リビングでソファを中心に生活を送っているなら、リビングダ [続きを読む]