r-m-hiro さん プロフィール

  •  
r-m-hiroさん: 生き方を真剣に考える
ハンドル名r-m-hiro さん
ブログタイトル生き方を真剣に考える
ブログURLhttp://ameblo.jp/r-m-hiro/
サイト紹介文名言・インド・リスクなどをテーマに、生き方を真剣に考えてみます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/04/10 18:48

r-m-hiro さんのブログ記事

  • 受験は「Tシャツ、短パン」
  • 入試におけるカンニングが全国的に問題となっていますが、今般の大学入試の過程で厳しい規制が導入されました。概要は以下のようなものです。 1.試験会場への持参禁止 ◎教科書、ノート等 ◎ペン・ケース、定規、ポーチ、計算機、ペン、消しゴム、スキャナー ◎携帯電話、イヤホン、マイク、腹巻 ◎財布、ゴーグル、ハンドバッグ、ベルト、 [続きを読む]
  • 中国の「一帯一路」構想にインドが反対する理由
  • さる5月14日に中国で開かれた「一帯一路」フォーラムにインドは参加しませんでした。「一帯一路」構想はインドおよび関係諸国に不利益をもたらすという判断からです。反対の理由はおそらく以下のようなものです。 1.中国は金を貸して、参加国の港湾や主要インフラを借金のカタに取るのか?中国は「一帯一路」の布石としてスリランカやパキスタンの道路・鉄道・港湾などに投資し、将来は自由に使えることを目論んでい [続きを読む]
  • あまりに脆弱な建築・耐震基準
  • 5階建てのアパートが日曜日の未明に倒れ掛かってきたのですから、近隣住民は相当なパニックに陥ったことでしょう。首都デリーでの出来事です。しかしこの倒壊はデリーやグルガオンでアパートの建設過程を見ていると、特段驚くこととは思えません。むしろ起こって当然のことです。まずアパートの柱は、日本では考えられないくらい細い鉄棒の束にコンクリートを巻きつけてできています。その強度についてははなはだ疑問です。さらに [続きを読む]
  • 【ドバイ情報から】共通語は英語
  • この度初めてアラブの国を訪れたのですが、どのような言葉でコミュニケーションをしているのか不安半分、期待半分で赴きました。結果としては英語が大変よく通じる国で、ひと安心しました。現地の観光ツアー・ガイドに聞くと、ドバイに住むもともとのアラブ人は全体の2割で、残りの8割は外国から来ています。外国人の中で最も多いのがインド人で全体の約6割。それに続くのはパキスタン人、ネパール人などで、それ以外が欧米、ロシ [続きを読む]
  • 【ドバイ情報から】幸せのヤシの木
  • パーム・ジュメイラ…「パーム」はご存知「ヤシの木」で、「ジュメイラ」は「幸せ」という意味です。この「幸せのヤシの木」はすべて人工的に造られた島です。上空からの写真を見る限りは実体が何かよくわかりませんが、ヤシの枝の部分には高級ホテル、高級住宅 (ビラ)、高級マンションがビッシリと立ち並んでいます。枝の部分が拡大された写真をご覧ください。手前の茶色の屋根の建物がビラで、向こう側の白く高い建物がマンショ [続きを読む]
  • 【ドバイ情報から】和食店:高くても、あるだけ幸せ
  • 5月16日から夫婦でドバイに行ってきました。写真はホテルの無料タウン誌から。美味そうな照り焼きビーフが乗っているものの、そば一杯 約2,000円は高すぎでしょう!…というのが素直な実感です。ちなみに、このそばは食べていません。そうは言っても、ドバイはさすがに和食店が豊富にあります。◎ベスト10 ドバイの和食https://www.tripadvisor.jp/Restaurants-g295424-c27-Dubai_Emirate_of_Dubai.html◎ドバイ和食 人気ベスト8ht [続きを読む]
  • インド清浄化への期待
  • インド全土として清潔か不潔かといえば、不潔な場所が圧倒的に多いというのが現実です。写真はチェンナイ中央駅近辺ですが、このような光景は首都デリー、グルガオン地域でも当たり前に見られます。そんな現状を憂慮しモディ政権は国を挙げて「スワッチ・バーラト (インド清浄化)」運動を展開しています。インド内主要都市を清潔度でランキングし、毎年その清浄化の進展を競わせています。今回チェンナイは全国ランクとしては中位 [続きを読む]
  • 手を握り「好きだ」と言ったら刑務所に
  • 男は女の手を握り「愛している」と言い、それにより懲役1年の実刑判決を受けました。被告カドセ氏 (男性・22歳) は当時16歳の女性の学校帰りに声をかけ、突然手を握って「愛している」と告げました。女性はあまりの驚きに泣きながら家に帰ります。カドセ氏は女性の隣人でしたから、その後双方の家族を交えての話し合いがありましたが、和解することなく今回の判決に至りました。判決によるとカドセ氏の行為は女性の「慎み深さ」を [続きを読む]
  • 医療従事者の半数が犠牲に:院内暴力
  • 患者を治そうとしてがんばっている医療従事者が暴力を振るわれたりするのですから、気の毒というほかはありません。どんなことが起きているかというと… ■2人に1人の医療従事者が言葉による、または肉体的な暴力を受けている。 ■暴力の内容は、暴行、脅迫、暴言等。 ■加害者は、患者、患者の親族、病院スタッフ等。などなどです。とは言えもめごとは喧嘩両成敗、医療従事者の方にも問題があると考えるのが自 [続きを読む]
  • 国際ノー ダイエット デー
  • さる5月6日にはアメリカ、カナダやインドにおいても国際ノー ダイエット デーが祝われました。これは各国での行き過ぎたダイエット志向に反対し、またダイエットによる健康被害に警鐘を鳴らす運動でもあります。「国際ノー ダイエット デー」 出典: ウィキペディアhttps://en.wikipedia.org/wiki/International_No_Diet_Day世の中には実に様々なダイエット方法があるものですね。記事で紹介されているのは以下のようなものです。& [続きを読む]
  • インドの阿部定
  • 被害者はタクシー・ドライバーの男でした。シャワーから出たところを妻に石のすりこぎ棒で殴られ、意識を失ったところで大事なところをキッチン・ナイフで切り取られてしまいました。夫婦は結婚歴13年ですが子供はなく、それが日頃のいさかいの根底にあったようです。それ以上の背景は新聞記事には示されていませんが、おそらく旦那の浮気が一番の原因だったのではないでしょうか。少し調べますと、男性の局部切断事件は時折各国で [続きを読む]
  • ダウリー殺人
  • インドは女性への差別が非常に多い国です。ダウリーとは結婚時に女性が持参する結納金ですが、これが少ないことで旦那や嫁ぎ先の家族に暴行を受ける例が散見されます。被害者のリトゥ (23歳) は 2014 年にプラディープのもとに嫁ぎました。結納の品は高額な自動車 2台(スコーピオとサントロ) の他に現金 230万ルピー (約340万円) と金2.5kg (約1,200万円)。決して安いものではありません。それでもリトゥはプラディープの両親と姉 [続きを読む]
  • ダウリー殺人
  • インドは女性への差別が非常に多い国です。ダウリーとは結婚時に女性が持参する結納金ですが、これが少ないことで旦那や嫁ぎ先の家族に暴行を受ける例が散見されます。被害者のリトゥ (23歳) は 2014 年にプラディープのもとに嫁ぎました。結納の品は高額な自動車 2台(スコーピオとサントロ) の他に現金 230万ルピー (約340万円) と金2.5kg (約1,200万円)。決して安いものではありません。それでもリトゥはプラディープの両親と姉 [続きを読む]
  • ダウリー殺人
  • インドは女性への差別が非常に多い国です。ダウリーとは結婚時に女性が持参する結納金ですが、これが少ないことで旦那や嫁ぎ先の家族に暴行を受ける例が散見されます。被害者のリトゥ (23歳) は 2014 年にプラディープのもとに嫁ぎました。結納の品は高額な自動車 2台(スコーピオとサントロ) の他に現金 230万ルピー (約340万円) と金2.5kg (約1,200万円)。決して安いものではありません。それでもリトゥはプラディープの両親と姉 [続きを読む]
  • マイナンバー制度の功罪
  • インド版マイナンバー制度であるアドハー (Aadhaar)。各個人が指紋か瞳の虹彩を登録することにより固有ナンバーが付与されるという制度です。なりすまし等による金融被害の防止や行政手続の簡素化を目的とする制度ですが、様々な議論を引き起こしています。2009年から立ち上げられた同制度、すでに約10億人分のデータが蓄積されています。これは世界最大ともいわれる統一化されたビッグデータで、インド政府がこれを商業利用するの [続きを読む]
  • 日本最大護衛艦の派遣
  • 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」がアメリカの原子力空母 カール・ビンソンなどを護衛するために出動しました。このことにつきインドの新聞がどのように報じているかは、興味がわくところです。「第二次世界大戦以降、もっとも大胆な行動」2015年に集団的自衛権行使が可能とされてから、日本はその範囲を拡張しているとの認識です。「いずも」の任務はもちろん護衛ですが、ヘリコプターを9機搭載できるなどその能力はアメリカの強 [続きを読む]
  • インド版・美人局 (つつもたせ)
  • 政権与党 BJP の要職にある KC パテル氏が窮地に陥っています。知り合った女性弁護士の家に行ったところ、薬を使われて、あられもない写真を撮られてしまいます。挙句に 5000万ルピー (約8000万円) の金を脅し取られそうになったとのこと…というのはパテル氏の言い分で、真実はまだ明らかではありません。美人局 (つつもたせ)、最近はあまり聞かない言葉ですが、世界的には依然健在な模様です。パテル氏は色々と言い訳をしていま [続きを読む]
  • 自分の財産は自分で守る
  • 金、いわゆるゴールドが大好きだと言われるインド人。そのいわれを同僚に聞きました。インドではほんの十数年前までは一般人は銀行口座をあまり持っていなかったということ。それで伝統的に投資といえば金と不動産と結婚。結婚と投資は日本人の頭ではすんなりとつながりませんが…実はインドの結婚式は想像を超えるほど盛大なもので、一週間くらい祝宴 (function と言われます) が昼夜にわたり続き、費用は数千万円を超えることも [続きを読む]
  • バナナ共和国
  • インドが世界最大のバナナ生産国であることは意外と知られていません。中国やフィリピンとは生産高で約3倍の差があります。ただ日本でインド・バナナを見かけることはあまりなく、大半はインド国内で消費されているものと思われます。古い人間なものでバナナといえば童謡『さっちゃん』を思い出してしまいます。私の子供の頃はバナナはまだ運動会などの特別な時に腹いっぱい食べられるような、特別感がありました。通勤途上で見か [続きを読む]
  • デング熱、マラリア、チクングニア熱に要注意
  • デング熱、マラリア、チクングニア熱ともに対処を誤ると死に至る感染症です。実際、インドではデング熱やチクングニア熱に罹ったという日本人が多数いるのです。インドをはじめ東南アジア、アフリカなどの感染多発地域においでの方には厳重な注意をお願いします。 ■デング熱https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B0%E7%86%B1■マラリアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%82% [続きを読む]
  • そんなに笑わなくても大丈夫
  • スーパーのレジで笑顔はまず期待できず、POS を通した商品をカウンターにポンと投げられてムッとする。それがインドで最初に遭遇するサービス業体験です。ホスピタリティを感じられるのは一流ホテルか高級レストランのみですね。ひどい国だと思いましたが、慣れてくると「そんなものか」と思えます。先般仕事で一時帰国しましたが、レジやフロアーの皆さんの笑顔や丁寧な対応に、かえって申し訳ない気がしました。考えてみれば人間 [続きを読む]
  • 投票に行こう:仲間や子孫のためにも
  • 欧米の昨今の動きを見ていると、やはり民主主義の国では選挙で世の中が変わっていくのだということを実感します。選挙権を持っている人はやはり必ず選挙に行き、自分が支持する候補者に投票すべきだと思います。写真のアニサさんはこの日も投票に行きました。数年前の事故と高齢化で、歩くこともままならなくなっています。それでも投票に行く意思は揺るぎません。「良い仕事をする候補者を選んで、世の中を変えることが大事なのよ [続きを読む]
  • 持ち家より賃貸が断然お得
  • 家は賃貸が良いのか持ち家が良いのか。古今東西なかなか結論が出ないテーマですが、今のインドでは賃貸がかなり有利なようです。たまたま昨年ムンバイからグルガオンに異動してきた同僚と、この話をしてみました。彼は圧倒的な賃貸派。ムンバイは特にマンションも戸建も値段が高すぎて、とても普通のサラリーマンでは買えないレベルだとのことです。この記事のグラフを見れば一目瞭然で、ムンバイの持ち家平均コストは月額約16万ル [続きを読む]
  • 持ち家より賃貸が断然お得
  • は賃貸が良いのか持ち家が良いのか。古今東西なかなか結論が出ないテーマですが、今のインドでは賃貸がかなり有利なようです。たまたま昨年ムンバイからグルガオンに異動してきた同僚と、この話をしてみました。彼は圧倒的な賃貸派。ムンバイは特にマンションも戸建も値段が高すぎて、とても普通のサラリーマンでは買えないレベルだとのことです。この記事のグラフを見れば一目瞭然で、ムンバイの持ち家平均コストは月額約16万ルピ [続きを読む]
  • 道路は無法地帯
  • 読者投稿から、インドの適当ぶりを示す写真を2枚ご紹介します。上段の写真はオートリキシャ。定員3人のところ、10〜12人乗っているところもよく見かけます。無理をすれば屋根にも数人は乗れます。下段は警察官のヘルメットなし運転。同様の投稿はたびたびあります。ついでにナンバープレートが白塗り、というのが振るっています。写真の吹き出し「身をもって示す」というのが笑えます。どうしてこんなことが普通に起こっているかと [続きを読む]