カチハヤ さん プロフィール

  •  
カチハヤさん: カチハヤのシナリオ日記
ハンドル名カチハヤ さん
ブログタイトルカチハヤのシナリオ日記
ブログURLhttp://kachihaya14.seesaa.net/
サイト紹介文BKラジオドラマ脚本懸賞入選。自作のシナリオや、映画・本・展覧会の感想をアップしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/04/10 19:40

カチハヤ さんのブログ記事

  • 【映画の感想】 抗争と流血 -東映実録路線の時代- 『 北陸代理戦争 』
  • 評価:★★★★☆ のぼる〜!いきなり悪態をつく西村晃のどアップである。しかも雪原に首まで埋まっている。その頭スレスレを松方弘樹のジープが猛スピードで突っ走る。「のぼるー、お前、親に向かってなんちゅうことしよる!」松方弘樹演じる川田登にとって、西村晃演じる安浦は親分にあたるのだが、北陸のヤクザにとってそんなことはおかまいなしだ。杯を貰った人間を次の的にする、それが生きるためには手段を選ばぬ北陸ヤクザ [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 アシュラ 』
  • 評価:★★★☆☆ 手札が揃いすぎた『 アシュラ 』は面白い。金を払って観るだけの価値がある映画だ。『 哭声/コクソン 』を観たときと同様、儀式として新宿三丁目にある百済という韓国料理屋で昼食(タン下ジャンボ定食 1100円)を済ませてから鑑賞した。タン下ジャンボ定食は普通だったが、映画の方は韓国マフィア映画のツボを抑えた上で新鮮な見せ方、俳優たちの熱演を堪能できる、満足度の高いものだった。主人公の刑事 [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 哭声/コクソン 』
  • 評価:★★★☆☆ 面白いが……國村隼がふんどし一丁で人を殺しまくる映画ーー本作鑑賞前に僕が得ていた知識はこれだけだ。公式な情報ではないので結果として実際には少々異なるところはあったものの、期待していたことに十分応えてくれたという意味で満足感のある映画だった。韓国のとある山間の村で殺人事件が次々に起こる。犯人は全て被害者たちの身内で、突然の精神錯乱によるものと思われていたが、やがて村外れに住む謎の日 [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 たかが世界の終わり 』
  • 評価:★★★★☆ よーく観るべし本作はあることを念頭に置いて観ることで★がひとつ増える映画だ。それを説明するには上岡龍太郎の話をしなければならない。上岡龍太郎といってももう知らない人も多いかもしれないが、十数年前に引退した芸人で、漫才でデビューした後、テレビの司会者として人気を博した人である。彼が「テレビについて」というテーマでこんな話をしていた。「子供の頃、ある番組を食い入るように観ていた。それ [続きを読む]
  • 【400字シナリオ】『 悪口じゃない 』
  • ◯ 娘の部屋   娘(20)がベッドに寝転んで一枚の写   真を見ている。   幼い頃の娘と若い頃の両親が写っている。   笑顔の母親。娘の声「ねぇ」◯ 居間   娘がドアのところに立って父親に話しか   けた。   父親がビールを飲みながらテレビを見て   いる。娘「お母さんてどういう人だった?」父親「お前みたいだったよ」娘「私みたいって」父親「気難し屋で、頑固で、怒りんぼでーー」娘「じゃあ、な [続きを読む]
  • 【美味しいもの】 のもと家(とんかつ / 浜松町)の 『 カツ丼 』
  • 評価:★★★★☆ 至福のひと口目!以前「かつ丼行脚」と称してことあるごとにかつ丼を食べてランキングを作っていたが、ベスト10が全て埋まらぬうちに熱が冷めてしまってすっかり忘れていた。【 これまでのかつ丼ランキング 】1位 武信(とんかつ / 代々木上原)の 『 醤油かつ丼 』2位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 ヒレかつ丼 』3位 とん竹(とんかつ / 新宿)の 『 かつ丼 』4位 かつ吉(とんかつ / 渋谷)の 『 [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 ドント・ブリーズ 』
  • 評価:★★★☆☆  よくできてる!TOHOシネマズ新宿にて “ モク割 ” で見てきた。モク割とはMasterCardがやっているTOHOシネマズ新宿での期間限定の割引で、毎週木曜日にMasterCardを使うとチケットが1100円になる。来年3月くらいまでやっているのでMasterCardを持っている人は使わにゃソンソン。【新宿限定】“モク割” - TOHOシネマズ腐りきった街から逃げ出すための資金が必要なロッキーとマニーとアレックスは、大金 [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 狂い咲きサンダーロード 』
  • 評価:★★★★★  やってくれたじゃねぇよ!暴走族 “ 魔墓呂死(まぼろし)” の特攻隊長・仁(山田辰夫)は、警察の暴走族取締強化に屈し「市民に愛される暴走族」を目指す同輩や、自分たちを取り込もうとする政治結社に反抗を試みた末、瀕死の重傷を負わされてしまう。しかし、どん底に堕ちてなお抗うことをやめない彼は、バトルスーツに身を包み、幻の街サンダーロードで最後の決戦に挑むのだった……。シネマート新宿の2 [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 君の名は。 』
  • 評価:★★★★☆   良い意味で軽い!邦画収入で歴代第二位まで上がってきた本作。あまりにヒットしているので出遅れた身としては逆に見に行きづらくなっていたが、『 この世界の片隅に 』のクオリティがあまりに高かったのでそのテンションでもって続けて鑑賞した。この順番でよかった。『 この世界の片隅に 』の感想でも書いたが、この二作は『 キャプテン翼 』と『 攻殻機動隊 』くらい情報密度が違うから、もしも順番が逆だ [続きを読む]
  • 【映画の感想】『 この世界の片隅に 』
  • 評価:★★★★☆  傑作!良い評判をあちらこちらで聞いた末に遅ればせながら見てきた。前もって友人から主役の声を担当しているのん(能年玲奈)について「俺はいいと思うんだけど、違和感があると言う人もいる」と聞いていた。ちなみに僕は『 あまちゃん 』を始めとした彼女の出演作品をひとつも見ていないので、そういう意味では先入観なく見られる状態。そんな僕の印象だとこのキャスティングは大正解だ。第一声が発せられた [続きを読む]