momo-y-taro さん プロフィール

  •  
momo-y-taroさん: メキシコのコッカー・スパニエル「桃太郎日記」
ハンドル名momo-y-taro さん
ブログタイトルメキシコのコッカー・スパニエル「桃太郎日記」
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/momo-y-taro/
サイト紹介文メキシコのグアナファト州レオンで、コッカー・スパニエルの太郎と日本人夫婦が田舎暮らし
自由文世界第2位の犬好き国家、メキシコで生まれたコッカー・スパニエルの太郎。シラオの工業地帯で野良犬だった雑種の茶々。モンテレイの駐在宅で6年間住み慣れた家から、我が家へ預けられたビーグル犬のチビ。縁あって集まった3匹と、日本人夫婦のメキシコ田舎暮らしです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/04/11 01:58

momo-y-taro さんのブログ記事

  • 革のお手入れと、気になる肉屋と、パンを盗み食いした、チビ。
  • 靴磨きをしたら、靴墨の色を間違えて、色が濃くなってしまった!(奥が、磨いたほう)靴ヒモも革なので、色の差が、、、変。もう片方の靴も、靴ヒモも、全部同じ濃い色にするしかありません。悲しいー!こっちのほうが、透明で良かったかも!(普段は、ソファや革カバン用)もう遅いけど。ほぼ毎日、挨拶する工事現場のお爺さんが、います。お爺さんは、現場を囲う金網に、トルタ(サブウェイみたいなサンドウィッチ)を引っ掛けて、鳥を [続きを読む]
  • 夜11時に、家具屋が、やっと我が家に来た!やっぱり良いなー。
  • 椅子4脚のオーダーをしてから、1ヶ月弱…催促に催促をして、ようやく椅子が出来上がりました。(電話で喋れれば、大変じゃないのだけど、店舗へ催促に行ったので大変だった)毎日使うのは、2脚だけなので、これで良し。完成までは、諦めやイライラ…色々あったけど、出来てしまえば、やっぱり可愛い!お客様用は、隅っこに置いて、普段は使わないことに。このほうが、掃除がラクラクになります!笑それにしても、この家具屋さん、私 [続きを読む]
  • シニア年齢にして、遅咲きの「初恋」をしたチビ。そのお相手は…。
  • チビは、6歳。7月に、7歳になります。でももしかしたら、本当はもう7歳かもしれません。チビは、血統書付きの犬ですが、その血統書もどこかへ失くなり、チビの誕生日は不明だそう。そのため、元飼い主さんの誕生日を、チビの誕生日にしたのです。7歳と言えば、犬の世界では、そろそろシニア世代?そんな熟年のチビですが、たぶん生まれて初めて…遅咲きの恋を、しました。相手は、茶々!優しくお世話されて、遊んでもらってるうち [続きを読む]
  • 我が家へ遊びに来てくれた、ハバニーズのモモちゃん。朝から運動!
  • 白犬ハバニーズのモモちゃんが、遊びに来てくれました。チビは、モモちゃんが大好きです。でも、どうやって遊びに誘ったら良いか?分からないみたい。日陰が、快適だね〜。太郎に、スリスリのモモちゃん。猫探し。コート内に、3匹の放し飼い猫がいるのです。(猫は、木に登って、上から犬たちを見ていることが多い)3匹の猫は、3匹とも違う家の猫で、それぞれ縄張りがあります。猫同士では、喧嘩したりもします。犬と猫は、喧嘩にな [続きを読む]
  • セニョーラ(私)は、その辺を歩いてる…と伝えてくれて、ありがとう。
  • 最近、家の修理屋さん、電気技師、飲料水の宅配、ガス屋さん、家具の配達…色々、我が家に来る予定がありまして。しかし、そこは日本と違い、連絡ナシのドタキャン、大遅刻は、当たり前のメキシコ。律儀に待ってるのも、限界があるので、呼んでおいて、シレッと出かけるようになった私。m(._.)m(こうなるまでには、沢山のスッポカシがあった)もちろん、稀に約束通り、ちゃんと来る作業員もいるのですが。出かけると言っても、セグ [続きを読む]
  • メキシコ風和食レストラン「TAKUMI」に、初めて行って来ました。
  • レオンに新しく出来た、ホテル、ホリデーインに隣接するレストラン「TAKUMI」に行って来ました。フリー雑誌の広告↑店内に、謎の日本語。暗くて見えにくいけど、クラフト、ホスト、尊敬、プライド…と書いてあります。(・ω・)シーフードサラダ、アグアチレ、鶏肉のオレンジソースソテー、コロナビール、マンダリン(オレンジ)アイスの天ぷら。純和食ではないけど、これはこれで美味しいかな!狭いけど、新しいお店なので、雰囲気 [続きを読む]
  • 当たり前ながら、メキシコから犬だけで日本へ送ることは出来ないって。
  • アメリカの日通さんが、ペットの本帰国(ペットが日本へ引っ越し)を取り扱っているそうで、、アメリカ駐在日本人が、実際、「犬だけで本帰国させた話」を聞きまして。夫はメキシコの日通さんでも、それが出来るんじゃ?と考えていました。私は、メキシコから犬の本帰国を4年間調べています。でも犬が1人で帰国したなんて、そんな例は聞いたことがないし、あるわけない!と言ってたのですが。。夫は、自分でメキシコのNITTSUさんへ問 [続きを読む]
  • 値札シールの出し方が分からず、オバさん2人、撃沈する。@HEB
  • アメリカ系お高めスーパーHEBが、20周年だそうで。普段、割高な犬のオヤツは、買わないのですが、チャレンジしてみました。どれも100g34ペソ(204円)なので、ちょっとずつ混ぜて、秤の上に置いて、、あれれ?値札シールの印刷が、出来ない!近くにいたオバさんに、手伝ってもらうも、撃沈。オバさん曰く、1種類ずつ袋に入れて、値札シールを出さなきゃいけないと言うんですが、この秤が、画像認識して「色んな種類混ざってるからダ [続きを読む]
  • ご近所で、牛の群れと遭遇。牛と馬には、まだ吠えてしまう太郎。
  • ノーリード散歩コースで、牛の群れと、鉢合わせました。この牛たちは、ご近所の広大な土地を持つ地主さんの牛たちです。左2匹の牧羊犬を見れば、どこ牛だか、すぐわかります。※牛だけだと、どこの牛だか分からない。犬たちは、日陰で待機。田舎の野良犬だった茶々は、牛、馬に無反応。太郎は、大きな哺乳類に吠えてしまいますm(._.)mチビは、ムッツリ固まってました。いいぞ、チビ。ちなみに、石垣の向こうの畑が、その地主さんの [続きを読む]
  • しばらくのお別れを、告げてきました。赤鼻Sさん、涙。。。
  • 実は、1週間前、空き地で「変態事件」がありました。そのことが、まだ解決しないというか、もう解決しないと決定Σ(-?_-??)私は、不快感を示すためと、自分の身の安全のため、「空き地へもう行かない」と伝えに行きました。※グレー解決は、過去にもあった。最後に、ドックフード20kgを差し入れ。赤鼻のセグリダ(警備員)Sさん、メキシコ人らしく、涙。私も、悲しい!嬉しそうなコケータさん。怪我した足は、良くなったっぽいで [続きを読む]
  • 動物検疫準備の【時短】は、危険??今回、賭けに出てみました。
  • 犬が国境を越えるためには、普通、(検疫に)ものすごいお金と時間がかかります。でも、それなら急に帰国が決まった人は、どうしているか?実は、オススメではないけど、少しはしょれる行程があります。※それでも時間かかるけど。それがここ。レシートだと、何が何だか?ですが、2回目の狂犬病予防接種と、狂犬病の抗体が出来たかどうか?の検査を、「同時に」する方法です。ちなみに、恐ろしや!この値段。茶々とチビ2匹分ですが、 [続きを読む]
  • 約束の期日を2回スルーされた挙句、指定の材料は、元から無かったとな?
  • とほほな話。家具のカスタムオーダーをして、2週間強。当初の仕上がり期日は、4日後と言われ、まさかそんな早くに出来るわけないと思っていたら、案の定。「1週間のばしてくれ」と言われ、うん、そんなもんだね、と了承。すると一周間後、「蝶々の布が無かったから、これはどうかな?」と写真が送られてきた!いやー、これはあんまり。。いやいや、異彩を放ちすぎ!!見すぎて、よく分からなくなってきた頃、これに決定。いっそシ [続きを読む]
  • 水道のメーターが、まだ付いてないのは、うちだけ?真夜中散歩で、青ざめる。
  • 水道が、まだ開通しません。しかも、おそらくCTO内で、うちだけ!(・_・;※空き家は、除く。大家さんは、「今、サパル(水道会社)と契約のことをやってる最中だ」と言うのですが、お金を払うだけなんじゃないのかなあ?(払いたくない?)普段、何事にもノンビリなメキシコですが、公共料金の未払いには、異様に厳しいです。笑今まで無料だった水道車も、個人で呼ぶと、メチャメチャ高額らしいので、、何としても、今週末までに工事を呼 [続きを読む]
  • 寄生虫&フィラリア薬の日♪事件現場を、避けつつ、お散歩。
  • 牛の放牧に、追いつかないよう、間隔を空けて散歩。※前方に、牛の大群がいました。この辺は、のどか〜。月に1度、太郎と茶々が、楽しみにしていたフィラリア薬(肉味)。薬クサイ肉の味を、チビが嫌がるので、普通の錠剤に変更しました。これ↓左から、チビ、太郎、茶々用です。※体重10キロごとに1錠。サルチーチャ(やわらかソーセージ)に詰めて、あげます。本当は、動物病院が使ってる、ピルカッターがあれば、キレイに切れるんで [続きを読む]
  • メキシコあるある?雑な初期工事で、玄関のドアが定期的に壊れる理由。
  • 大工のJさんが、来てくれて、玄関ドア修理が、終わりました。私の見立てでは、こんな感じで、上階の重さがドア枠にかかっているため、ドアを閉めた状態では、ドア枠とドアの接点(鍵、蝶番、ラッチ?)3点だけに、負荷がかかっているため、壊れるのでは?と、思っていました。しかしJさんいわく、まず玄関ドアの外と中では、材質が違います。見た目は、ぱっと見、同じですが、外は人口樹脂素材か何かのフェイクな木で、中は本物の木 [続きを読む]