HIRO さん プロフィール

  •  
HIROさん: 資格道
ハンドル名HIRO さん
ブログタイトル資格道
ブログURLhttp://heroooeees.seesaa.net/
サイト紹介文仕事をしながら、資格試験に合格するための効率的な学習法を伝授します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/04/11 18:03

HIRO さんのブログ記事

  • 試験対策
  • 試験対策。これまで何度も繰返し述べてきたことですが、言うまでもなく、『とにかく過去問に取組む!』『何をやろうか迷ったら過去問!』『設問・選択肢のパターンを覚える!』です。正解できなかった問題は、特に念入りに覚える。不正解した場合、それは『幸運』だと思ってください。その分野を改めて理解することにより『記憶』が促進されます。厄介なのは・・・。『得意分野なのに何故か不正解となる問題』です。これは、論点が [続きを読む]
  • 暗記法
  • 世の中には様々な暗記法、記憶法が存在します。語呂合わせだったり、マーカーを使ったり。私の場合、暗記・記憶には必ず景色や状況等の『環境』がリンクします。電車から見る風景や、自分の動作等。その内容を学習した場所や行動とは必ずしも一致しないようですが。いずれにしても、机上での学習では得られない暗記・記憶です。私も中学、高校では、机に座って一生懸命マーカーを使っていました。生真面目な私は、いつのまにかマー [続きを読む]
  • アメトーク
  • 日曜の特番を観ました。凄まじく参考になりました!『学習はどこでもできる』これはまさに核心です。机にかじりつくことこそが学習だという、古典的な考え方。これを忠実に守ったために失敗してきた人がどれだけ多いことか。但し、事前準備だけは絶対に必要です。電車では、『計算問題』は解けません。歯磨きしながらでは、『参考書』を開くことができません。その環境に合致した学習法を『準備』する必要があります。更には『スマ [続きを読む]
  • アイコス
  • 遂に購入しました・・・。アイコス。喫煙者としての生活をなんとかしたいと、常日頃から考えていた結論が、アイコスでした。4種類全て試しました、私の選択は『ミント』です。まず、『歯』がこころなしか白くなりました。家族が『臭くない』と言いました。以前に、いくつかの『電子タバコ』を試したことがありますが、『アイコス』は『煙草』です!以上です。ちなみにこの章は、『資格取得法』とはつながっていません。今のところ [続きを読む]
  • 融資
  • <保証・連帯保証>保証と連帯保証は、全くといっていいほど違います。その差異はしっかりとおさえるがあります。保証人には、債務の履行について、まずは債務者に請求を要求できる『催告の抗弁権』(民法452条)、強制執行について、債務者の財産に実行することを主張できる『検索の抗弁権』(民法453条)、保証人が複数いる場合に、分割した割合のみ負担する『分別の利益』(民法456・427条)が認められていますが、連帯保証人に [続きを読む]
  • 手形・小切手
  • <遡求権>支払呈示期間(満期日とそれに次ぐ2営業日)を経過してしまった場合、裏書人に対して遡求権を行使することはできません。(手形法77条)但し、『振出人の支払義務』は消滅時効(3年)までは有効です。支払呈示期間を経過したら、手形上の全ての権利を失ってしまうと思いがちですが、この問題はよく出ます。<裏書の連続>裏書きの連続については、外観的、形式的に判断されます。証明する必要はありません。(手形法 [続きを読む]
  • 預金
  • < 誤振込・誤入金>銀行の誤処理と、顧客の誤処理があります。銀行の誤処理の場合・・・誤って第3者の口座に振込処理してしまった等。この場合、預金契約は成立しません。預金契約が成立するのは、『真正なる手続き』が前提となるからです。(普通預金規定)そして、誤処理による誤記帳については、顧客(この場合第三者)による承諾は必要としません。顧客の誤処理・・・振込依頼書に誤った記入をしてしまった等。裏づけとなる取 [続きを読む]
  • 隙間学習法
  • 資格試験に『暗記』は欠かすことができません。語呂合わせとか、睡眠学習法とか、様々な方法があります。計算問題や論文形式の学習は、どうしても机上でする必要があるかもしれません。しかし、『暗記』はどこででもできます。通勤電車で、コーヒーショップで、あるいはトイレの中で・・・。また、まとまった時間が確保できなくても、10分、20分といったコマギレタイムでも。仕事をしていると、計画的に時間を確保できないことがあ [続きを読む]
  • コミュニケーション
  • 最近、『コミュニケーション能力が重要』と言われることが多い気がします。ビジネス本等には必ず記載されています。もっともだと思います。少なくともサラリーマンにとっては。取引先に対して、顧客に対して、更に社内において。営業成績にとどまらず、円滑に仕事を進めるうえで、コミュニケーション能力は欠かすことのできない重要な能力だと思います。この能力を高めるために、多くのビジネス本等の記載を要約すると、『相手の話 [続きを読む]
  • 記述式
  • 択一式問題は、傾向を掴み、『消去法』を駆使することで対処します。問題は『記述式』です。出題傾向は把握できますが、正解パターンが掴みずらいです。実績のある予備校に頼るのが確実ではあります。予備校に頼るにしても、『基本』はあります。考え方としては、『キーワード』の数で採点するのか、『ロジック』で採点するのか、ということ。文章の完成度が問われることはまずありません。傾向は上記2点です。しかし、どちらかに [続きを読む]
  • 合格の花道
  • 資格試験合格のために。私は『過去問重視』、『アウトプット主体』の学習法を主張してきました。合格の鉄則勿論、その考え方に揺らぎなど全くありません。しかし、『インプット』も必要です。今日は『インプット』について。『計画的』に学習を進めることは大切です。今日は第一章、明日は第二章等と予定したり。ここにまた、『罠』があります。生真面目な人が陥りやすい『罠』です。「昨日、第一章を読み込んだ、今日は第二章を! [続きを読む]
  • 俯瞰すること
  • 宅建試験が終わり、メジャーな資格試験の季節が終了しました。今は来期にむけたウォーミングアップの時期です。資格試験の学習に取り組むと、いつしか個別の論点を追求してしまいます。勿論、それは重要なことです。でも、難関資格を目指す場合、それは時として迷走する原因となります。迷路を想像してください。目の前のことだけを考えていると、どうしても深みに嵌ります。迷路を走破する最も確実な方法は、片手を壁につけてその [続きを読む]
  • 知識の整理
  • 宅建士試験。まさに直前です。受験生の皆様に、経験者として、助言をしたいと思います。この時期、『これまでに触れたことのない論点』に取り組むことはやめましょう。今はこれまでに学習してきた『知識の整理』をするだけです。これまでに、多くの『過去問』に取り組んできたことと思います。何度も間違えた問題、理解しているのに不正解だった問題。その分野を得点源に変えましょう。例えば『民法の意思表示』。『強迫』、『詐欺 [続きを読む]
  • 国会議員
  • 国会議員とは、『自分のことは棚に上げて他人を批判する』人を表す言葉なのでしょうか。つい最近まで、『二重国籍問題』ということが話題となっていました。しかしあれは、本当に二重国籍が問題だったのでしょうか。違うと思います。法的な問題はともかく、自分が『日本人』だと思い、日本のために、日本人の幸福のために仕事えをしようと考えているのであれば、手続上の問題などどうでもいいと思います。本質はそこではない。問題 [続きを読む]
  • コーヒーショップ
  • 私にとって最高の学習場所は、ネットカフェです。とにかくリラックスできます。集中できます。でも、もっと頻繁に訪れる場所、サラリーマンが行きやすい場所、それは『コーヒーショップ』だと思います。私も毎日のように利用しています。朝の出勤前、息抜き等。最近、『これはいい!』と思えるサービス、というか設定に遭遇しました。あるコーヒーショップのカウンター席に、『線』がひかれていることです。ちょうど一人分と思われ [続きを読む]
  • 直前期
  • 宅建士試験まで、1か月をきってます。私も昨日のことのように思えます。ここで注意事項!『情報に踊らされるな』です。宅建士試験は受験者数が多く、その分、様々な情報が飛び交います。『今年の試験は難易度が高い』とか、『この分野が出題される』等・・・。この時期、どうしても疑心暗鬼になり、そうした情報に惑わされ易くなっています。どうか冷静に。この直前期に『新たな分野』に手を出すのは、愚の骨頂です。今はこれまで [続きを読む]
  • 宅建士試験
  • 平成28年度の宅建士試験を受験する皆さん。今、まさに追い込みの時期ですね。私は25年度に合格しました。まだ『宅地建物取扱者』の時代です。この直前期は、まさに『問題演習』に明け暮れる状態でした。『頑張ってください』という月並みな言葉は、もはや怒りをかうようなもの。私なりのアドバイスを贈りたいと思います。独学で挑戦する方も多いと思います。そんな貴方が見逃しがちなこと。それは『時間配分』です。宅建士試験は、 [続きを読む]
  • 京浜東北線
  • 京浜東北線が、また遅延!昨日は『投石』、今日は『動物』???。一体何が起こっているのでしょうか。私は『遅延』そのものよりもその影響による『混雑』がとてつもなく嫌いです。混雑した車内には、様々な『リスク』が存在します。中でも『痴漢』、そして痴漢の『冤罪』。弁護士に聞いた話では、男性が痴漢と間違われた場合、その冤罪が認められる確率は限りなくゼロに近いそうです。例えば、批判を恐れずに言ってしまいますと、 [続きを読む]
  • 美人投票
  • 私は勉強の意味もあり、ささやかながら『株式投資』を行なっています。株式投資の格言のひとつに、『美人投票』というものがあります。簡単に言いますと、銘柄を選択するさい、自分が評価する企業ではなく、多くの人が評価する企業を探す。つまり『美人投票』です。好きな人ではなく、皆が好む、美しいと思う人は誰かと考える。好例が『選挙』です。信用できない国会議員がいたとします。議員については、様々なメディアで報道され [続きを読む]
  • 電車遅延
  • 台風接近!当然電車の遅延を恐れますが、天候ではなく、『人身事故』による遅延とは!!でも、早めに退社したので10分程度の遅れでクリアできました。しかし、『人身事故』が発生したのは『京浜東北線』のはずが、実際には『上野東京ライン』のほうが遅れていることが判明しました。以前よりも各線が連携して便利にはなったのですが、ある路線の事故が連鎖する。この実態を考えると、本当に便利になったのかと、考えてしまいます。 [続きを読む]
  • 言訳
  • 最近、断定する発言が少なくなった気がします。物事には『例外』が存在します。そのため、断定的な発言ができなくなってきたのでしょう。また、『リスクヘッジ』が重視されています。想定外の事象が起こったとき、責任を回避するためにはっきりとした表現は控える・・・。まさに『法律の条文そのもの』です。まずは原則!見失っては駄目ですよ。今も話題になっていますね。『二重国籍』等。相手は親密国家であり、法的に問題がない [続きを読む]