オサムちゃん さん プロフィール

  •  
オサムちゃんさん: やせる体 その考え方と仕組み
ハンドル名オサムちゃん さん
ブログタイトルやせる体 その考え方と仕組み
ブログURLhttp://xn--b9j4dwa4362a.seesaa.net/
サイト紹介文糖質制限をメインとして食べても太りにくい体と食習慣を作るブログ
自由文あなたはカロリー制限しても痩せられない、リバウンドしてしまうといったことで悩んでいませんか?

これまでの常識ではコレステロール、脂肪が付くとされていたタンパク質、資質をたくさん摂り、炭水化物を控えることで必ず痩せられます。

その考えと仕組みをこのブログでシェアしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 215日(平均1.6回/週) - 参加 2016/04/13 09:10

オサムちゃん さんのブログ記事

  • 旧日本軍最大の強敵!それは!?
  • 旧日本軍は明治から昭和初期の戦争において見えざる敵と戦い、多くの死者を出してしまいました。その敵の正体とは白米です脚気(かっけ)という病気は知っていますか?小学校のころ足を組んで軽く木づちでヒザを叩き、足がピコッと反応するかを観るアレです。(現在もやっているかどうかは不明ですが)脚気はビタミンB1(チアミン)の欠乏によって心不全と抹消神経障害をきたす病気です。白米に殺されるこの病気は玄米を精米して食 [続きを読む]
  • 便秘の解消法
  • ちゃんと出すもの出さないと体重は落ちませんよね?便秘に悩まされている方は多いのではないでしょうか?実は私、ダイエットをする前から疑問に思っていたことがあるのです。その疑問とは、普段の食事をとっている日に比べて、前日に串カツや焼肉など脂っこい食事をした時の方が翌朝、便の調子が良いという事実です。これは私の体質が特殊なのかな?と思っていましたが、ダイエットを勉強している間に私の中の常識がまたまたひっく [続きを読む]
  • 変わる常識
  • 10日ぶりぐらいのアップになります(汗)正直に言いますと、いろいろネタを探していました。そんな中、気になる記事を見つけました。↓リンク心臓病のリスクは、胴回りのサイズでわかる ー米大学が発表記事の中で特に気になったキーワードは『糖尿病』と『胴回りのサイズが指標』心筋梗塞などの心臓病は動脈硬化が主な原因です。動脈硬化を引き起こす原因は・高血圧・高脂血症・喫煙・糖尿病・肥満これらの原因で喫煙以外はこれ [続きを読む]
  • ケトン体ダイエットの副作用に絶句!口臭と体臭が最悪!
  • 『ケトン体ダイエットの副作用に絶句!口臭と体臭が最悪!』という記事をネット上でみつけました。ネット上だけでなく、書籍や雑誌にも糖質制限は危険だとか、今回のような体臭がきつくなるなど、糖質制限に対する反対記事は結構見かけます。今回みつけた記事も、特に科科学的な証拠なく、・ケトン体が増えると血液が酸性になる。・そうした状態になると、吐き気や腹痛、最悪昏睡状態なると触れたあとで、ケトン体が多く生成される [続きを読む]
  • しつこい! でも
  • コレステロールというのは、体内の主成分であって、とくに脳は、水分を除けば脂肪が40%を占め、さらにその30%がコレステロールでできています。コレステロールの抑制は危険!脳はコレステロールの集積所です。脳に必要なコレステロール値を下げてしまうとどうなるのか?順天堂大学奥村康特任教授は、ご本人のブログでこんな怖いことを書いています。医者に行くと、コレステロール220以上で異常だといってコレステロール降下薬 [続きを読む]
  • レッツ ネガティブシンキング!?
  • 一般的に、ポジティブな人ほど、人生で成功するなんて、言われています。常にポジティブシンキングでどんなトラブルも前向きに考える。そういう考えを持つことがが大事。なんてことが言われます。ダイエットでもそうですよね?実際、私自身もそうは思いますし、以前ブログでも目的を持ってポジティブに考えましょうという内容を書いています。http://xn--b9j4dwa4362a.seesaa.net/article/436498697.html?1463845774しかし、これに [続きを読む]
  • ゴリラと同じ食事でムキムキ?
  • ゴリラって筋肉ムキムキですよねでも、ゴリラって肉を食べたりしませんよね?馬を襲って肉を食べるゴリラ鳥を捕まえて食べるゴリラ見たことないですね。ゴリラはゴリラの体の構造があって、果物や虫なんかを食べてあのムキムキな巨体を作り出すのです。どっちかというと糖質を中心に摂っていますね。つまり何を言いたいのか?私たちが考えているよりも生き物の体って単純ではないんです。肉を食べたら筋肉、贅肉油を食べたら脂肪コ [続きを読む]
  • グライセミック・インデックス
  • タイトルを見て「??」と思いましたか?よく「低GI食品を食べましょう」とかいわれているGIのことです。糖質の摂取量を抑える糖質制限は、血糖値の急上昇に伴うインスリンの過剰分泌を抑えることが目的です。インスリンがたくさん出ると、余ったエネルギーを脂肪として体にためこんでしまったり糖尿病をはじめとする生活習慣病のリスクも上がってしまいます。血糖値を急上昇させないためには、糖質の摂取量を控えるのはもちろ [続きを読む]
  • 小腹が減ったらミックスナッツ!
  • 私は大好物なので、食べる機会の多いミックスナッツ。世界一の美女になるダイエットバイブルでエリカアンギャルさんが提唱したことにより、おやつにくるみやアーモンドを食べるようになった人も多いのではないでしょうか?脂質が多くて腹持ちがよく、クルミやアーモンドにはビタミン、ミネラル、食物繊維、必須脂肪酸の栄養素が含まれます。ただ、ミックスナッツでよく混ぜられるカシューナッツは 100gあたりの糖質が20g(アー [続きを読む]
  • MEC食って聞いたことあります?
  • MEC食。メック食と読みます。M=Meat 肉E=Egg 卵C=Cheese チーズの3点からたんぱく質と脂質をとり、ひと口30回は噛んで食べ、満腹中枢を刺激して空腹を抑えましょうというものです。沖縄の医師 渡辺信行先生の提唱する食べる目安は肉は1日200グラム。卵は最低3個。チーズは6Pチーズ一箱。肉は豚でも鶏でも牛でも良いでしょう。それでもお腹が減るようなら、野菜、炭水化物はおまかせ。まずは、たんぱ [続きを読む]
  • 小倉智昭さんの白内障についても考えてみました。
  • スポニチの記事二は小倉氏は長年、糖尿病を患っており、12年4月には白内障の手術を受けたことを明かしていた。とありました。まず、白内障とはどういった病気なんでしょうか?白内障は水晶体が濁る病気です。水晶体とは眼球にある組織で、外から入ってきた光を屈折させて網膜に像を写す、カメラのレンズのような役割で、物を見るために非常にたいせつな組織です。白内障とは、この「水晶体」が濁る病気です。薬を使用することで [続きを読む]
  • 小倉智昭さんのガン発覚について考えてみました。
  • キャスターの小倉智昭さんが司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」で、膀胱(ぼうこう)がんを患っていることを告白しました。1週間休養し、入院して手術を受けるそうです。小倉氏は長年、糖尿病を患っており、12年4月には白内障の手術を受けたことを明かしていた。とのこと。スポニチ記事よりウームやはり糖尿病と「がん」には因果関係があるのだろうか?日本人の死因の第1位は「がん」です。国立がん研究センターのよそくに [続きを読む]
  • 隠れメタボになってない?
  • 5月10日の毎日新聞ニュースよりメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の予防に着目した特定健診・保健指導について、厚生労働省は10日、腹囲を第一条件に指導対象者を選んできた現行制度を見直し、腹囲が基準未満の場合も血圧などの検査値が基準を超えれば、指導対象とする方針を決めた。肥満ではない人でも高血圧や糖尿病などの生活習慣病になることが科学的なデータで明らかになり、指導を実施することが必要と判断した [続きを読む]
  • 糖質制限で健康を手に入れる勇気
  • 糖質制限を始めると、結構周りから反感をかいます。残念ながら本当です。私自身も急激に体重が落ちたものですから家族から心配され、余計な胃カメラ検査を受けるハメにあいました。ひょっとしたら、あなた自身も糖質制限に対して否定的な意見を持っているかもしれません。人は習慣を変えるとなるとものすごく抵抗します。そして、変えようとすると周りの人がブレーキをかけます。あなたの家族や、友人はこう言うかもしれません。・ [続きを読む]
  • 今から糖質制限するなら、まだ間に合います!
  • あなたは健康診断でγ‐GTPの数値が高いと言われたことはありませんか? γ‐GTPは肝臓や腎臓などでつくられる酵素で、肝臓では通常肝細胞や胆管細胞に存在し、胆汁中にも存在しています。これが、お酒の飲みすぎギヤ肥満になると血液にも漏れ出し、数値が上がるというわけです。健康診断当日までにに アルコールを控えると数値としては落ち着くかもしれません。 しかし、それでは根本的解決にはなっていないのは明確ですよ [続きを読む]
  • めっちゃ運動するなら食べてもいいよ★
  • 基本、人間に限らず動物って動く以上にエネルギーとると太るし、エネルギー以上に運動すればやせます。単純です。面白い記事をYAHOO!ニュースでみつけたのでご紹介します。シンクロナイズド・スイミング日本代表選手のお話。シンクロナイズド・スイミング日本代表の井村雅代ヘッドコーチが14年に復帰し、昨夏の世界選手権でチームのテクニカル・ルーティンなど4つの銅メダル獲得を果たした。その陰には、食生活の意識づけが欠かせ [続きを読む]
  • オサレなカフェに行きました
  • 先日、ゴールデンウィークということもあって、近県ではありますが日帰り旅行へ行きました。だいたい旅行計画となると私が立てることが多いのですが、今回は妻が計画を立てました。お昼はなにやら『フランス人が作る自然派カフェ』といういかにも女子が好きそうなオサレ・ローフード店。日替わりランチしかないという完全おまかせメニューで、子供の分を合わせて4人分注文しました。出てきたプレートには・玄米ごはん・煮豆のソー [続きを読む]
  • 友人が糖尿病になりました
  • 先日、呑み友達と居酒屋でいつも飲んでいると「ちょっと気持ち悪いから見んといてや〜」と言いながら腹のあたりにペンのようなものを押し当てています。インスリン注射ですね。 ( ̄ー ̄)彼は糖尿病にかかっていたんです。糖尿病とはどんな病気なのか?私は糖尿病というものに関して「よく聞くなぁ」と思っていたぐらいで具体的にどういった病気かは気にしていませんでした。糖尿病は一言でいうと、インスリンの働きが悪くなり、血 [続きを読む]
  • そして、本当の悪はだれか?
  • 先の記事にもあった通り、コレステロールは肝臓で作られます。コレステロールには2種類あります。「LDLコレステロール」と「HDLコレステロール」です。肝臓から全身の細胞に送られるのが「LDLコレステロール」全身から肝臓へ回収されるのが「HDLコレステロール」現在、健康診断などを受けると記録用紙にはLDL=悪玉コレステロールHDL=善玉コレステロールと表記されています。これは前述のコレステロール値が高 [続きを読む]
  • コレステロールには善も悪もない!
  • 1913年、ロシアの病理学者ニコライ・アニチコワがウサギに鶏卵を食べさせ、コレステロールを与えた実験を行った。コレステロール値が急上昇して動脈硬化が起こったことから、コレステロールが動脈硬化の原因であるとして発表した。この実験結果によって永らくコレステロール=体に悪い という誤解が信じられてきました。しかし、ウサギは草食動物である。ウサギは普段コレステロールなどまったく摂取しないので、ウサギにコレステ [続きを読む]
  • 日本人だからコメ喰いたい。
  • 短期間のダイエット糖尿病予防、治療アルツハイマーの予防心筋梗塞などの心臓病、脳卒中、血管トラブルの改善ガン予防の可能性などなどいいことづくめの糖質制限食ですがデメリットも、もちろんあります・・・それは・・・おいしい白ご飯やパン、麺類が食べられない事です!!私自身も元々炭水化物や甘いものは大好きです。(今は糖質=美味しい毒に見えているので少々避けています。)ですので、私は朝だけパンかごはん。プラス、 [続きを読む]
  • コンビニは敵か味方か
  • 糖質制限中、コンビニって目の毒が多いですよね。甘い菓子パン、スイーツ、おにぎり、カップ麺、スナック菓子、ビール、ジュース等々誘惑だらけです (*´Д`)でも、視点を変えてよく店内をみて下さい。糖質制限にも適しているコンビニグルメはたくさんあります!やってしまいがちな『ヘルシーだから太らない。』と思い込んでいる食べ物もありますので、注意してお買い物しましょう。1、春雨ヌードルってダイエットには向いてい [続きを読む]
  • ハラへりません。
  • 最近、ハラがへりません、小食です。べつに無理してません。あまりに小食なので家族に心配され大きめの病院に行き消化器内科で検査し胃カメラを人生初めて飲み込みました!!結果は・・・全く問題なし。で、なんで小食になったかと、自分なりに調べた結果糖質制限をして、エネルギー源が変わったことにあると思います。これまでブドウ糖中心の食生活ではブドウ糖がエネルギー源。糖質制限食の食生活ではケトン体がエネルギー源。ブ [続きを読む]