もさお さん プロフィール

  •  
もさおさん: 結婚するんだなぁ もさお。
ハンドル名もさお さん
ブログタイトル結婚するんだなぁ もさお。
ブログURLhttp://morimori-mosao.hatenablog.com/
サイト紹介文オタクで喪だったアラサーが既婚になるまで…約1年の話。
自由文オタクで二次創作楽しいマンだった喪女が、遠距離で付き合い始め、2回目のデートにはプロポーズされて、あれよあれよと結婚した結婚に至るもさおへ至る結婚。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2016/04/13 11:34

もさお さんのブログ記事

  • 就活の幕開け
  • 応募書類を郵送して数日後、電話がかかってきました。相手は2社のうちの1社で、ハローワークで「そろそろ面接が始めるからすぐに送って欲しい」と言ったA社でした。「●時に面接に来れますか?」という言葉に、絶賛専業主婦だったので、「大丈夫です、宜しくお願いします」とすぐに答えます。これで1社の書類審査が通り、面接となりました。こちらの会社は急いでいる様子だったのが人手不足に思えてしまい、どちらかといえば、 [続きを読む]
  • 事前に用意していても骨の折れるものでした
  • 求人票を持って家へ帰り、さっそく応募書類作成が始まりました。作るのは…・履歴書・職務経歴書・送付状・作品集です。まず履歴書ですが…これはもう95%できています。後は写真を貼り、印鑑を押印し、通勤時間の概算と志望動機を書くだけです。応募する企業に合わせて、志望動機は変えていくのですが、他の部分が書き終わっているのでゆっくりと考えをまとめて書くことができます。あと履歴書はA4サイズのものを使いました [続きを読む]
  • 求人票の見方④
  • ④会社の情報従業員数…企業全体、就業場所、うち女性の人数、パートさんの人数も載っています。就業場所の人数が少ない方がいい、多い方がいい、男性が多い方がやりやすい、女性が多い方が合っている、と自分に合った企業かここで想像してみてください。創業年、資本金、労働組合、事業内容、定年制といったものは企業の基本情報ですね。気になるところがあればじっくりと見て、面接時に質問するのがいいでしょう。入居可能住 [続きを読む]
  • 求人票の見方③
  • 就業時間、これについては好きな時間というものがあるでしょう。あまり早すぎるとキツい、家には何時までには帰りたい、そこを計算して選んでください。また電車通勤にすると、時間帯によってはラッシュに巻き込まれるから嫌だとかもあると思います。私はどちらかと言うと、就業時間が早くてもいいから、家には早く帰りたい派でした。そしてここに時間外労働の時間と休憩時間が書いてあります。時間外労働は月45時間を超えてはい [続きを読む]
  • 求人票の見方②
  • ③労働条件等ここから重要度が上がってきますね。まずは賃金です。一番上に大きく記載されている金額。これは総支給額(通勤手当は会社によってはそれも含んだ想定してたりします。)です。書いてあるのは、aの基本給とbの手当(職務手当・住宅手当等)を合わせた額で、ここから保険を引かれた額が俗に言う手取りです。賃金形態は、日給か月給かです。賃金締切日は締め日で、この日までの勤務日数を計算して給与が出されます。 [続きを読む]
  • 求人票の見方①
  • ここで脱線しますが、個人的な求人票の見方を解説します。求人票の見方 | 東京ハローワーク↑のリンク先にある画像の中で、何を気にして見て行ったかを書いていきます。自己満足なのでしばしお付き合いを…。①求人事業所名ここで会社の名前を見ます…と言っても、初めて見る社名も多いでしょう。ここで見ていたのは株式会社か有限会社かということでした。デザイン系の仕事は小さな会社で少数精鋭、家族経営というとこ [続きを読む]
  • 求人はハローワークにあり
  • 履歴書を書き終わり、殿が帰ってきてから「明日、ハローワークに行ってくるね」と伝えました。履歴書を見せたら「写真すごくいいね」と言ってくれました。少し話は逸れますが、殿は私に対して「働いてくれている」と思ってくれています。私は「好きで働いている」と思っています。殿としては私が働くことで一人で家計を支えなければいけないプレッシャーから解放されて余裕ができたそうです。私は私で働かせてもらうと、必然 [続きを読む]
  • 履歴書と証明写真
  • さて、履歴書制作ですが、これは迷うことなくサクサクと書き進められました。伊達に○回も転職していません。私は以前の転職活動で書いた履歴書を手元に残していました。そこに引越し前の職歴を追加するだけであっという間に履歴書が完成します。(あ〜あれ何年だっけ?)と悩んで調べて書いて…と、しなくても迷いなく書いていけるので履歴書3枚を書き上げるのも簡単になります。それでも手書きの履歴書は辛いですね。職種によ [続きを読む]
  • 買い物が息苦しいので自分のお金が欲しかったのです
  • 結婚式後のやらなければならないことも終わりました。となるとゆっくり…というわけにもいきませんでした。結婚式でバタバタして見られなかったアニメや動画も消化し、朝、目覚めて朝食とお弁当を作り、掃除、洗濯をして、買い物をしたりしてお昼になって、お昼が終わったらすぐに時間が過ぎて行き、いつの間にか夕方で洗濯物を取り込んで畳んで、夕飯の準備をして…という生活のリズムも確立されていきました。しかし、そこで [続きを読む]
  • ようやく形になってきた我が家
  • 何とか内祝いを贈り終えたもさお達。このご祝儀、結婚祝い(物)をいただいた方たちは・お名前・いただいた金額or物・住所・電話番号をリスト化しました。こうすると、お中元やお歳暮、年賀状を出す時にも便利なのです。そうそう。結婚祝いをしてくれた友人たちにはそれぞれ、結婚式の写真と一言メッセージを添えてお菓子を贈りました。お祝いをいただいたけど、結婚式に呼べなかったので…という気持ちです。時々、結婚報告ハガ [続きを読む]
  • 内々の結婚式だったから内祝いという言葉も合う気がする
  • さて、結婚式、お礼状と無事にすみましたが、もさお達はしていないことがあります。新婚旅行と引出物です。新婚旅行はおいおい、ということにしました。引出物はせず、プチギフトだけを食事会の後に渡しましたね。しかし、ご祝儀はいただいています。(招待状にはご祝儀はいらないとは書きましたが、みんな示し合わせたように持って来てくれました。ありがたいことです)そのご祝儀のお返しが引出物なのですが、それをしなかっ [続きを読む]
  • NYのポストは青い
  • 帰宅したのはお昼頃でしたが、雨の中、大荷物を持っていたからか、ぐったりしてしまい、そのまま泥のように眠りました。次の日からは引き続き引越しの片付け作業、と共にお礼状書きが始まりました。挨拶、司会、受付等を頼んだ方や、式には招待しませんでしたが、親戚筋、会社関係のご祝儀をくださった方に、お礼状を出すことにしました。morimori-mosao.hatenablog.comこちらの記事で花嫁の手紙はどちらかというとスピーチ [続きを読む]
  • 初めての隣に並んで新幹線
  • ロビーで別れ、それぞれ新幹線に乗ったり、飛行機に乗ったり、友人と会ったり…とありましたので、バラバラに別れて、殿と二人になりました。新幹線に乗り、指定した席に横に並んで座って初めて気付きました。殿と一緒に新幹線に乗るのは初めてだったのです。今までは一人で新幹線に乗って殿に会いに行ったり、殿が一人で会いに来てくれたりしました。しかしこれからは違うのです。同じ新幹線で隣の席を取って一緒に九州へ里 [続きを読む]
  • ハイボール万歳でゴールしました。
  • ジャズバーを出たところで、他の人たちは食事会も入れて3軒も回っていることになるので解散となりました。何となくもさお達はもう1軒行こうということになりました。ホテルのある場所が九州でも飲み屋やらが集まる有名な地域だったので、お店はたくさんあります。しかし、あまり行くことがない地域だったので、どこが良いお店かもわからず、ホテル近くのお店にふらりと入ってみることにしました。ここがハイボールのお店でして [続きを読む]
  • 大人たちの二次会
  • 手紙が終わると、殿が最後の挨拶をしてくれました。そしてもさお達はいそいそと入り口の方へ。準備ができたら、みんなが出て来てくれてプチギフトを渡すという…。何とも普通の結婚式と食事会でした。特に感動とかサプライズとか、派手なことはなかったけど、「楽しかったね。またやりたいね」と殿も言ってくれて、本当に結婚式の食事会もして良かったな、と思います。ここまで自分の思い通りの結婚式ができたのもプランナーさ [続きを読む]
  • お涙なんぞくれてやるわい、な手紙朗読。
  • デザートが終わってしばらくすると、プランナーさん達が高砂の前にマイクを出してきました。大体、披露宴会場とかになると、会場入り口の方に新郎新婦とご両親が並んで挨拶となりますよね。(その後のプチギフトを渡したりするのがスムーズになるため)ここではただの食事会なので、こういった風になりました。マイクの設置が終わると、もさおは立ち上がり、預けていた手紙を渡されました。封筒に入れていた手紙を取り出したもさ [続きを読む]
  • デザートまではほぼ何もなく…
  • アミューズ、前菜、魚料理、肉料理と料理は適度なタイミングで運ばれてきます。ドレスなので簡単に自分が動くことができないものの、席はそう遠くはないので、みんなの表情や話している内容はよく聞こえました。本当に親族だけの食事会で良かったです。これが友人や会社の上司たちを招待したなら、親族の席は高砂から一番遠くになります。会社の人を呼ぶと呼びたくない人も呼ばなくてはならなくなります。上司は呼びたくないけど [続きを読む]
  • 質問タイムはディナー中で
  • 食事が美味しいところを選んだだけあって、全員の評判は良かったです。子ども達もきちんと食べられたし、何より私自身が満足いくまで食べられました。結婚式はブライダルインナーで締めているのもあるのと、お色直しとかで中座、招待客がひっきりなしに来て写真撮影をすることも多く、新婦さんは食事をほとんど食べられないというのが通説です。スピーチや挨拶、余興中には手を止めないといけないので、食べるタイミングもなく課 [続きを読む]
  • 食事会のターン(二重の意味で)
  • ダブルミーニングってやつですね。本題に入ります。準備が出来ると入場になります。…と言っても小さなレストランのみんなの元へ行くだけなので扉が開いたりそんなことはありません。ただ司会を頼んだ兄の声がして、メインテーブルに座るだけです。入場ですが、エンパイアドレスで本当に良かったと思います。みんなが座っている席と席の間を通り抜けて、メインテーブルにまで辿り着くのは意外と大変でした。ドレスは意外と広が [続きを読む]
  • 白無垢と違ってサッと着れるドレス
  • ドレスを装着すると、次はヘアメイクです。一応、ヘアメイクリハーサルをしたので、その通りにサクサクと進んでいきます。これ、ヘアメイクリハーサルをしなかったらここで自分の要望を言って、その通りにしてもらわなきゃいけないという…何とも博打すぎる状況なんですね。当時は安心してメイクさんにお任せしましたが、今思うとちょっと恐ろしいです。ヘアメイクリハーサル様々ですね。和装で巻いていた跡がついていたとはい [続きを読む]
  • BGMは『オリーブの首飾り』で
  • ほっとしたのも束の間、もう次の時間が迫っていました。会場はホテルからゆっくり歩いて5分かかるかどうかという距離だったので、時間ピッタリに出ても良かったのですが、少し早めに出て、高齢の方たちの食事会場へ行き、お店の方に挨拶をしてその場をあとにしました。それからゆっくり食事会場へ。食事会場では既にメイクさんがいらっしゃって、ドレスやら何やらを準備していました。そこへ到着したもさお達。食事会場と言っ [続きを読む]
  • 小休止
  • 宿泊するホテルに着き、それぞれがチェックインすることになりました。morimori-mosao.hatenablog.comここでも書いた通り、ホテルは全員同じとはいかず、高齢の方たちと若い人たちという分かれ方をして別々だったのですが、タクシーは高齢の方たちが宿泊するホテルに着けてもらいました…が、もさお達が最後のタクシーだったので、着いた時は高齢の方たちのチェックインが既に終わっていました。そこから向かい…というか道 [続きを読む]
  • 写真撮影と誤算の配車
  • 挙式が終わり、本殿を出ると、ひとまず写真撮影ということになりました。先程は殿ともさおだけの写真撮影だったので、今度は全員揃っての撮影です。ここは本殿前は石畳があり、数段の階段があって、玉砂利が鳥居の前まで敷いてあるという造りになっています。参進で悩まされた玉砂利を抜けた桃源郷が石畳というわけです。撮影場所を設けずとも石段があるので、簡単にここで親族揃っての写真撮影ができます。ということで全員で写 [続きを読む]
  • ようやく終わった神前式
  • 次は何をするかと言うと、玉串奉奠(たまくしほうてん)です。玉串とは榊の葉に紙垂(しで)をつけたものです。その玉串に自分の心を乗せて神に捧げるのが玉串奉奠です。誓詞奏上が終わり、立っていたもさお達は巫女さんからそれぞれ玉串を渡されます。右手(枝の方)は上から、左手(葉の方)は下から受け取り、葉の方が高くなるように持つと綺麗だそうです。もさお達は前へ出て、玉串案という台の前に立ちました。そこで一礼 [続きを読む]
  • 日本人なら簡単かと思いきや待ち受けていた『七』の罠
  • 指輪に関してはお互いが前を向いたところでそれぞれコッソリ指輪を指の付け根まで押込みました。自分の体なんで痛いとか痛くないとか熟知しておりますから、思う存分、力一杯入れこむことができます。そのおかげで何とか今も指の付け根にまで指輪は入り込んでおります。指輪なぞ関節さえ通れば何とかなるものでした。袖に隠れて指輪を入れながら、もさお達は何事もなかったかのように前を向きました。そして殿が懐から誓詞奏上の [続きを読む]