ラインマン さん プロフィール

  •  
ラインマンさん: FX投資マガジン
ハンドル名ラインマン さん
ブログタイトルFX投資マガジン
ブログURLhttp://fxsyuhou.info/
サイト紹介文勝利を手にする投資情報サイト
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/04/13 14:25

ラインマン さんのブログ記事

  • ダウントレンドの戻し高値から狙うライントレード手法
  • 5月31日のドル円は前日の日足高値に向けて上昇してきましたが、1時間足以上の時間軸ではダウントレンド中。前日高値ブレイクを狙うトレーダーもいるかもしれませんが、ライントレーダーの私からすれば絶好の売り場でした。5月31日は2回ほどトレード。1日の合計は++15万4800円。このブログにトレード状況の動画や成績(2017年5月15日〜31日)を約15日間連続で公開してきましたが、ライントレードでの半月の合計利益は+266万2965 [続きを読む]
  • 中段持ち合いブレイクを狙うライントレード手法
  • 5月30日は狙い通り中断持ち合いを下へブレイク。これだけ稼ぎやすい環境がいつも整っていればいいのですが・・・この日は1回のトレードで終了。1回で大きく利益を獲得したときは、2回目で定番のクソトレードをしてしまいがち。さすがに一発で20万獲得できれば、あとは様子見でも気持ち的にらく。5月30日の実践ライントレード+22万1310円26日のサポートをブレイクしてきていますが、深い戻しが入ってきている状況。18日の4hプライ [続きを読む]
  • 動きのない相場で実践するライントレード
  • 5月29日はダウントレンドの中断持ち合いでスクイーズするやりにくい相場。実際にトレードを下のは1回のみで、トレード後はアラートをセットしてチャートすら見ていませんでした。ボラが収縮してくれば次の方向へ相場が動き出すチャンス。29日の実践ライントレード+5万4450円日足のチャート分析は下降フラッグを形成中。1時間足チャート分析25日の安値に向かって29日は上昇、結果的にはロールリバーサルで高値を付けて後はもみ合い [続きを読む]
  • ダウントレンドで実践するライントレード手法
  • 26日のドル円は東京タイムからロンドンタイムまで売り一色の相場でした。2回目のトレードまではトレンド方向へ売りで仕掛けていき、3回と4回目は戻しを狙う逆張りトレードです。5月26日のライントレード結果1回目+13万8600円2回目+6万300円3回目−4万5450円4回目+5万8050円1日のトータル+21万1500円tsブレイクからsz-2まで約75pipsの下落で、すでに20万近くの利益が出ていたという事もあり反転を確認せずに3回目は逆張りエント [続きを読む]
  • 短期足アップトレンドの調整を狙うデイトレ手法
  • 前日ニューヨークタイムで4時間足安値をブレイクして下落。25日は買いが先行して調整的な上昇をしてきました。日足の環境認識ではダウントレンドでフラッグを形成していますが、4時間足ではアップトレンドの押し目にも見える相場。5月25日のライントレード結果取引1回のみ 結果+3万6450円前日の強い下落があり短期足ではアップトレンドになっていますが、強気で買いを狙うような相場でもありません。トレードチャンスがなければ [続きを読む]
  • フィボナッチを実践レベルで使いこなす!
  • フィボナッチは先行指標でトレンドの押し目や戻し目の水準を探る場合(調整波)、調整後のトレンドがどこをターゲットにしているかを探る場合(推進波)に役立ちます。裁量トレードで稼ぐ技術を学びたいときには、サポレジライン・プライスアクション・トレンドライン・フィボナッチ・マルチタイムフレーム分析を集中的に勉強するべきでしょう。5月24日のデイトレード結果1回目+54,450円2回目−18,000円3回目+67,500円1日の合計 [続きを読む]
  • レンジブレイクを狙ったデイトレード手法
  • 5月19日〜23日のロンドンタイムまで続いたレンジもニューヨークタイムでブレイク。ロンドンタイムから仕込んで徹夜で監視。日をまたいでの取引だったのでデイトレードではないですが、さすがに徹夜監視は疲れる・・・今年に入ってニューヨークタイム後半(日本時間深夜)で大きく動く相場が多い。できればニューヨークタイム前半までで勝負したいが、トレーダーは相場に合わせるしかないのでつらいところ。5月23日のデイトレード結 [続きを読む]
  • レンジ相場を攻略。実践デイトレード
  • 5月22日〜23日の東京タイムまでは方向感のない状態でレンジを形成。前日のデイトレードは1時間足レンジ内の動きを狙ってのデイトレードでした。レンジ相場を攻略していくには、トレンドからレンジに移行するポイントを見分ける必要があります。まずは昨日のデイトレード結果から。5月22日のデイトレード結果1回目+5万6700円2回目−6,750円3回目+7万7400円1日の合計+12万7350円それでは直近のチャートでトレンドとレンジを見 [続きを読む]
  • レンジ相場でデイトレード
  • 金曜のドル円相場は動きが鈍く週末で調整的な動きが続きました。前日のダウントレンド戻しで作った高値をブレイクすることができず、値幅的には上下68pipsを行ったりきたりする方向感のない相場。デイトレードでは狙う利益幅を狭くして回数で稼いだという感じです。デイトレード結果(2017/05/19)1回目 +6万5250円2回目 +4万500円3回目 −1万3500円4回目 +6万4350円5回目 +7万1550円1時間足のチャート分析では前日にrz-1 [続きを読む]
  • ダウントレンド底値圏からのデイトレ
  • 18日のデイトレードは5回ほど取引をしています。前日に大きく下落して戻しなく東京タイムへ引き継いでいたので、朝っぱらから買い目線でトレード。下落するリスクもありましたが、日足ターゲットを達成していたという事もあり戻しを入れるのは時間の問題でした。デイトレード結果(2017/05/18)1回目 −1万3950円2回目 +7万200円3回目 +2万5200円4回目 +3万1950円5回目 +4万5450円東京タイムの戻しでチャート(rz-1)の高 [続きを読む]
  • ダウントレンドでのデイトレード手法
  • ドル円は下落が加速して日足レベルのフィボナッチ・リトレースメント61.8%がターゲットに。4月後半からのアップトレンドで日足レベルの押しを入れずに走ってきた反動もありますが、まさか5月17日にここまで下落するとは…16日のデイトレはロンドンタイムまでに利益が出ていたので終了。デイトレード結果(2017/05/17)1回目 +5万850円2回目 +6万9750円3回目 +8万4600円1時間足でチャートを確認すると下落の勢いがよくわかりま [続きを読む]
  • デイトレ
  • 15日に調整相場になり、16日はダウントレンド継続を試す展開。16日のデイトレード1発目は4H水平線(rz-1)付近からの売り狙い。2発目は調子に乗って感覚でトレードをして失敗(笑)3発目は朝まで持ち越してのトレードです。一発目から調子よく稼いだ時には、気が緩むのかミスが多く反省すべき。デイトレード結果(2017/05/16)1回目 +11万9250円2回目 ‐9450円3回目 +19万2960円東京タイムから1時間足で5波の下落。前日bのサポ [続きを読む]
  • ダウントレンドの戻りを狙うデイトレード手法
  • 朝から執行足で素直に戻し売りを狙ってカモにされてしまう。2回目のデイトレは細心の注意を払いパターン形成からブレイクの王道でトレードをしています。夕方から所用でトレードはできていませんでしたが、ロンドンからニューヨークタイムで参考になるチャートだったので後で解説しておきます。デイトレード結果(2017/05/15)1回目 −18,000円2回目 +53,550円abcの3波動(N波動)15日のドル円はN波動を形成してダウントレンド [続きを読む]
  • 短期筋のポジションを刈り取るダマシからトレンド回帰【トレード動画あり】
  • 東京タイムからロンドンタイムまで、ジリ下げから戻しの繰り返し。NY勢早出組の新規プレイヤーが入る時間帯で、短期プレイヤーのストップを狩ってから前日安値を急激な下落でブレイクする展開。経験の浅いプレイヤーは対応できずに指をくわえてしまいそうな相場でした。前日に4時間足の押し安値をブレイクするが、1時間足レベルで買い戻しが入り長い下ヒゲ(ピンバー)で60%戻し。こういった相場で注意しておきたいのは、4時 [続きを読む]
  • 実践エリオット波動
  • エリオット波動は、上昇5波(推進波)と下降3波(修正波)を1つのサイクルとして考えるのが基本となります。波動はフラクタル構造なっています。細分化した図形が集まることで全体として同じ構造を形成すること。推進波の種類・衝撃派【衝撃波の成立条件】条件1、2波は1波を始点を更新しない。条件2、3波が最も短くなることはない。条件3、4波は1波の高値を下回らない。条件4、延長波は1波・3波・5波のどれか1つだけ。【エクステ [続きを読む]
  • 1日3万円稼ぐデイトレード手法
  • 1日3万円を稼ぐ目的で始めたFXですが、今では軽く1日平均3万円以上を稼ぐまでに成長。FXはレバレッジを効かせられる分、やり方さえ間違わなければ誰にでも稼ぐチャンスがあります。取引ルールも大切ですが、チャート背景を読む技術から学んでいくべきです。僕のデイトレードはこんな感じです。デイトレード+7万2千円マルチタイムフレーム分析で全体の流れを把握して、15分足や5分足で最終的な取引判断をしています。基本的には上 [続きを読む]
  • 相場の流れが変わるポイントの見極め
  • 相場を大きく分類するとトレンドとレンジの2つしかありません。細かく分類した場合は6つに分類できます。1、秩序ある上昇トレンド2、秩序ある下落トレンド3、秩序あるレンジ4、秩序のない上昇トレンド5、秩序のない下落トレンド6、秩序のないレンジ市場参加者の動向に偏りができる変わり目を「色が変わる」と僕はよく言いますが、トレンドからレンジに変わるポイントやレンジからトレンドに変わるポイントを早く確実に見極め [続きを読む]
  • FXで波形の転換シグナルをいち早く発見する基礎知識
  • FXで波の転換点を見極めていく作業は重要です。トレンドからレンジに切り替わるとき、レンジからトレンドに切り替わるとき、トレンドの押し目や戻し目など、相場は波を描きながら動き続けています。波を捉える技術は基本であり、トレーダーが手法を構築する以前に必要とする技術になります。波の転換点の見極め方は、プライスアクションやチャートパターンを転換シグナルとするのが基本です。トレンド転換を示唆する基本パターンと [続きを読む]
  • PLATINUM TURBO FX(プラチナターボFX)を検証
  • 1分足スキャルピングや5分足デイトレードのFXシグナルツールとして爆発的に人気のFX商材プラチナターボFXを検証していきます。FXのシグナルツールとしては完成度が高いロジックで、当サイトの基準で検証を進めていった結果、FX商材総合ランキングでは堂々の5位を獲得。PLATINUM TURBO FXはMT4に専用インジケーターをインストールして、売買シグナルを参考に取引をしていく半裁量FX商材です。購入者にはEAも販売されていますが、無 [続きを読む]
  • 4DFX (錬金スキャルロジック)を検証
  • クロスリテイリング株式会社が販売するシステム商材の中で唯一購入からプラス収支を維持しているのが4DFXです。この会社が販売するシステム系ではワンミニFX、FXスキャルパーフェクトシグナル、キャンドルマイスターFX、イージートレードFXの4つを購入していますが、どれも結果的には満足できまず継続的にプラス収支になっているのは4DFXのみです。システム商材の場合は裁量商材と違いルール化されているものが多いので、購入者の [続きを読む]
  • ベア男のトレードマスタースクールを検証
  • FX裁量商材の中では、ズバ抜けた実践ノウハウを提供しているベア男のトレードマスタースクール。講師は専業トレーダー熊木駿男さんで、販売会社はSRMコンサルティングになっています。まずランキングでの評価規準としては、ロジックの優位性・再現性・費用対効果を中心に教材の完成度やサポートを含めたうえでランク付けしています。ベア男のトレードマスタースクールでは、追加型のコンテンツになっていて王道的な裁量ノウハウ [続きを読む]
  • FXビクトリーメソッドアドバンスを検証
  • FX商材総合部門ランキングでは1位を獲得する佐野裕さんのFXビクトリーメソッドアドバンス。約10年近く販売されているロングセラーFX商材で、裁量系ノウハウのなかで購入者からの評価が桁違いに高い商品です。コンテンツボリュームも圧倒されるものがあり、PDFマニュアル300ページに加え400本を超えるトレーディング動画が用意されています。ただFXをまだ知らない人にとっては少し難易度が高い内容も含まれています。FXビクトリーメ [続きを読む]