regret さん プロフィール

  •  
regretさん: いつかまた会えるのかな。
ハンドル名regret さん
ブログタイトルいつかまた会えるのかな。
ブログURLhttps://ameblo.jp/regret-plum/
サイト紹介文2016年2月臍帯血移植のGVHDで夫が旅立ちました。苦しむ夫に何もできなかった自分を責める毎日。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/04/14 00:06

regret さんのブログ記事

  • 2017年残り100日の運勢
  • 残り100日の運勢は・・・残り100日運勢みくじをひく2017年ラストスパート!あと100日でしたいことは? 義弟ともう少し仲良くなりたい。上手く立ち回れるようになりたい。夫に安心してもらうために…占いの結果は全く信憑性がありませんけど [続きを読む]
  • もやもや
  • いつの間にかもう8月、2度目のお盆を迎える。今年はお坊さんに来てもらうことはしないけど、納骨後初めてのお盆なので墓前で迎え火をしたいと思っている。きっと帰ってきてくれると信じて、3日間どうやっておもてなししようかとあれこれ考えている。 お盆を迎えるにあたって職場に欠勤届を出した。元々の出勤日が月水金の3日間なので、14、16日の2日間欠勤すると10日から8連休になってしまう。多分、職場で最長の夏休みとなり気が [続きを読む]
  • 生きる目的が見つからない
  • 6月に入って、夫のことを話す機会が何度かあってその度に眠れない夜を過ごした。ひとりで悶々とするのと違い、口に出して伝えると後でどうしても苦しんでいる夫の姿がフラッシュバックしてしまうから。 夫のことは与えてもらったことや感謝することしか浮かばないのに、自分のことはやらなかったことやしてしまったことの後悔しか浮かばないのはどうしてだろう。 新たな趣味を持つこともできず、代わりに勉強することを選んで頑張 [続きを読む]
  • 今頃になって分かったこと。
  • 最近ある芸能人のアメブロを読むようになって、抗がん剤の副作用がどんなものかやっとわかった。 移植の前処置の抗がん剤投与で、夫はよく手足のしびれを訴えていた。筋力の低下を防ぐためにリハビリをしたくても、足の裏が痛くて歩けないと言っていた。吐気や下痢や発熱、発疹、喉の痛みなど、次から次へと症状が出て、どんな時でも我慢強かった夫が体中が不快だと苦しんでいた。 どうしたらいいのか分からなくて、担当医や看護師 [続きを読む]
  • 連休、振り返り
  • 長〜〜い休みも明日まで。欲張って計画を立てていたけど、案の定疲れてしまったので昨日からは引きこもり。それでも義父のお墓詣りと義母との面会は無事に果たせたのでほっとしている。 お義父さんのお墓、やっぱり遠かった。すっかり枯れた花を替えながら、近くにお墓を建てたいという願いを聞き入れてくれた義弟と義母に、改めて心から感謝した。納骨は寂しかったけれど、車で10分とかからない霊園には行こうと思えばいつでも行 [続きを読む]
  • 連休の予定を考える。
  • 月水金がパート勤務の私、明日から6日間も休み。。。 もしも夫が元気だったら、近場に旅行の計画でも立てたかな。 ひとりになってしまった今は、きれいな花が咲いても心が動かないし、どこかに旅行したいとも思わない。それでも一日の24時間は誰にも平等にあるのだから、何とかやり過ごすことを考えて日々生きている。ちなみに4月最後の土曜日は今勉強している資格の講座があって半日強制的にお勉強、翌日の日曜日は同志さん達と [続きを読む]
  • やすらぎの郷
  • 今日はパートが休み。外は風が強くて出かける気力もなく、気になっていた「大人の帯ドラマ」を視聴した。 倉本聰さんの脚本で、石坂浩二さんはじめベテランの俳優たちが名を連ねている。20分ドラマで、始まったばかりだから展開はまだ読めないけれど、主題歌に涙腺崩壊してしまった。 中島みゆきさんの「慕情」著作権の問題があるから歌詞は載せらないが、今の気持ちを代弁してくれた思いがして。 「もう一度はじめからやり直せる [続きを読む]
  • ちょっとネガティブ
  • 淡い期待をしていたけれど、まだ夢で逢えていない。 目覚めるずっと前に逢っていて、それを記憶していないだけかもしれないけれど。 眠る前、どうか逢えますようにと、楽しかった記憶を呼び起こして夫に来てもらおうとするのだけど、なぜか笑顔の夫よりも告知を受けた後のどこか悲しげな顔をした夫ばかり浮かんできてしまう。 そして、やっぱり思ってしまう。 痛みや辛さを分かってあげられなくてごめんなさい。 何もできずに、病 [続きを読む]
  • あと3日。逢いたい…
  • お墓を建てて初めてのお彼岸ということで、妹と両親が19日にお参りに来てくれた。 息子も18日から1泊してくれて、お陰で寂しくはなかったけれど忙しくてちょっと疲れてしまった。 お彼岸の明けまであと3日。 パートがあるけど、家では静かに過ごしたい。 お盆と同じように、亡くなった人が逢いに来てくれたりするのかしら? 近頃、夢で逢えているのかよく覚えていなくて、寂しいなと思っている。 逢いに来てくれないかな。と [続きを読む]
  • 絵本を買いました。
  • このあと どうしちゃおう Amazon 昨日ふらっと立ち寄った本屋さんで出会った本。立ち読みをして号泣…もしかしたら夫もこんな事、考えていたかもしれないな…なんて。ぐちゃぐちゃの顔で鼻水をすすりながら、レジで会計しました。後半部分を実行するにはもう少し時間が必要だけど。大切に、繰り返し読みたいと思います。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ごめんね。
  • 2月下旬、晴れた暖かい日差しの中で一周忌法要を執り行いました。 分骨のことも頭が痛くなるくらい考えましたが、お墓の開眼供養と同時に納骨することに決めました。車で行けば10分ほどの距離にある霊園なので、行きたくなったらいつでも行けるから、と自分を説得して。ペンダントも何も作りませんでした。 ただ・・・私の運転で、息子が助手席でお骨を抱いていくことになっていたのですが、いざ出発となった時にエンジンがかからなかっ [続きを読む]
  • 1周忌を目前にして・・・
  • 2月に入ってしまった。今月中旬には1周忌法要で納骨をしなくてはならない。夫との2度目の別れになるようで、今から心が波立っている。分骨して手元供養する?ほんの少しだけ遺灰をいただいて、カロートペンダントにする?夫の写真でいっぱいの部屋で過ごしているのだし、こんなこと考えなくてもいい気もする。それでも、考えられる時間はあとわずかしかないと思うと、どうしたものか決めかねてしまう。夢で会えたら、夫はどうし [続きを読む]
  • 11回目の月命日
  • 昨日は11回目の月命日だった。夫が好きだった沢煮椀を作ってお供えして、一緒に食べた。昨年は夫の容体が良くならないことに気をもんでいて気づかなかったが、1月28日という日は特別な日だった。2年前の1月。何度か通ってK病院で移植する決意をして、抗がん剤投与を受けるために29日から1か月の入院をすることになった。きっと夜も眠れずに考えて決意した夫の気持ちを思うと、ただ信じて励ますことしかできなかった。そしてしばら [続きを読む]
  • ひとつ乗り越えた。
  • 今日、資格試験を受けてきました。 夫に会える日が早く来るように、時間をやり過ごすために始めたことでしたが、自己採点の結果、合格していそうでほっとしています 前回のブログから今日までの間、嫌なことがあってお仏壇の前で号泣する日もありました。 それでも夫に褒めて欲しくて、頑張って乗り越えて勉強していました。 今回の結果で少し自分に自信がついたように思います。 感情的なこ [続きを読む]
  • 悪気がないのは分かってる
  • 少し遅くなりましたが、皆様、今年もよろしくお願いいたします。 新年早々、愚痴です。気分を害したくない方は、今日はこの先を読まないでください。 今日は仕事始め。と言っても今は月〜水の3連勤・4連休体制だから、明日から9日まではまた休みだけど。 まずは週初め恒例の朝礼で、一人ずつ挨拶と何か一言。それぞれが年始のあいさつの後に休み中のことなど話されていたけど、私は「個人的なこ [続きを読む]
  • 2016年最後の日に
  • あと少しで2016年が終わろうとしている。先日10回目の月命日を迎え、ここまであっという間だったなと思う。 時間は少しずつ流れていくけれど、夫がいなくなってしまったことを頭ではきちんと理解しているものの、気持ちがなかなか受け付けようとしない。 何とか1日をやり過ごしているが、いまだに、夜になったら「ただいま」と帰って来るような気がする。もう2度と会えないのだという現実から逃れようと、日々ふわふわと [続きを読む]
  • 夫を想うクリスマス
  • 昨夜はクリスマスイブ。食料品の買い物に出かけたら家族連れで溢れていて、いつもの陳列棚もイブ用のチキンやらケーキやらがキラキラとまぶしかった。夕飯のおかずを物色しに来たのだけれど、楽しそうな家族連れが羨ましくなり、ミニオードブルをかごに入れた。なんだか負けたくない気分になり、「よし、今夜は二人でイブを楽しもう」と思って、闘病中に食べたがっていた苺ショートと、飲みたがっていたビールも買った。 帰っ [続きを読む]
  • 傍で見守ってほしいけど。
  • 先月末に確定申告書を提出し、税金を納付した。そして今日は役員変更登記を行ってきた。これが終わるまではと9回目の月命日のことも書けなかったけど、何とか出来たよ 宿題はあと一つ。1月の受検だけだね。なんとか過去問に取り組み始めたけど、制限時間ぎりぎりで全問解答できるかさえ怪しい。昨日はパート後、ちょっと休憩してから始めようと思って30分ほど横になった。20:00からやろうと思ってうとうとしていたら、20:00 [続きを読む]
  • LINE 11月の記憶
  • 夫の病院に行くときは、ipadに入れたkindleで読書しながら電車に揺られていた。 夏に肺炎で入院した時に、「これ、片手で読んでると結構大きいよね」と話したら「じゃ、この際スマホ買っちゃえば?」と言ってくれて帰り道に秋葉原で購入した。電子ブックを読むのが目的だったので、夫はベッドで調べてくれて画面大き目の台湾製?に決めた。 そして移植のために入院した9月、せっかくだからLINEを入れよう [続きを読む]
  • 感謝の一日。
  • 昨日は同志さん達にお会いして、素敵な時間を過ごさせていただいた。参加することを迷っていたし、お会いするまで緊張でドキドキしていたけれど、勇気を出して行って良かった。普段付き合う知人や身内にさえ話せない闘病のことも不思議と話すことができた。同じ悲しみを秘めた方たちだったから、共感して聞いてくださって、それが本当に嬉しかった。この日を企画してくださったちーちゃん様、幹事様、ありがとうございました。近い [続きを読む]
  • やるべきことが一つ終わった
  • ここ何日か、最愛の人の一年前の記憶がよみがえって辛いというブログを目にしている。お彼岸が過ぎてから、私もまったく同じ思いで書いている。 とはいうものの、悲しんでばかりもいられない。来年の1月いっぱいまではやらなきゃいけないことが山のようにあるからだ。 脱サラして夫が始めた会社の決算の申告期限が11月。息子と話し合った末、もう少し残しておこうということになったので、ちゃんと決算して確定申告をし [続きを読む]
  • 自己嫌悪と嫉妬心
  • 昨年11月5日、午前10:30から臍帯血移植が行われた。1週間前に息子に連絡したものの仕事の都合がつかず、私の妹が仕事を休んで一緒に立ち合ってくれた。近畿の臍帯血バンクに登録されていたO型の女の子の臍帯血。夫とのマッチ度は3/6座と低く不安ではあったが、臍帯血移植が多いこの病院では特に問題視はされていなかった。この後重症のGVHDを発症して、3か月間苦しむことになるのだけれど。 今回書きたいのは、今 [続きを読む]
  • 昨年の10月の記憶
  • 28日は8回目の月命日だった。 一人になってまだ8か月、夫が見えなくなってもう8か月。悲嘆のプロセスを行ったり来たりして、私はまだ夫が亡くなったことを受け入れられないでいる。外に出られるようになって気持ちが少し落ち着いたかと思ったけれど、最近なぜか怒りの感情が湧いてきてしまい自分を持て余している。 昨年の10月は移植準備入院ということで、特別な治療はしていなかった。9日から4泊、その後予想 [続きを読む]
  • いつかまた笑顔を作りたい
  • 一年前の記憶を辿りながら7か月近く過ごしてきた。 昨年の9月17日の外来でblastが50%近くになり、帰宅後から38度近くの熱が続いていた。 心配で診察を勧める私にずっと抵抗していた夫が、折れて救急外来を受診したのが20日の夕方。 その日「連休に入ってしまうと感染症が心配だ」という医師の判断で、移植に向けた準備入院ということになった。 今考えれば、この時がこれから半年近くも続く辛い日 [続きを読む]
  • 不眠状態、再度・・・
  • スマホにYahooニュースのアプリを入れて、「白血病」の記事をフォローしている。ここに最近上がった本の宣伝文句。  40歳、脳腫瘍。42歳、白血病。5年生存率10%…。徹底的に調べつくして2度のがんを生き延びた、IT社長のすごい方法『治るという前提でがんになった 情報戦でがんに克つ』 が、2016年9月8日(木)に発売された。 ここに担当した医師がコメントしている。  自分の病とその治療方針を徹底的に調べ上 [続きを読む]