ずらっぺ さん プロフィール

  •  
ずらっぺさん: ずらっぺの読了記録 洋書も和書も
ハンドル名ずらっぺ さん
ブログタイトルずらっぺの読了記録 洋書も和書も
ブログURLhttp://zurappe.blog.fc2.com/
サイト紹介文KindleとAudibleメインの読了記録です。(洋書中心)
自由文南の島在住20年。日本語の本より安いという理由で読み始めた洋書。今ではKindleとAudibleのおかげで読むのはほとんど洋書。時々は日本語も読みたいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供179回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/04/14 15:58

ずらっぺ さんのブログ記事

  • 【読了】Jane Eyre
  • By Charlotte Bronte 月に1〜2冊はクラシック本もしくはモダンクラシック本を読もうと思っております。今月の1冊目はブロンテ姉妹の一人、シャーロットブロンテの「Jane Eyre」を選びました。エミリーの「嵐が丘」は若いころに読んで、暗い気分になった事を記憶しておりますが、こちらは読んだと思うのだけれども、内容を覚えておりませんでした。 ロマンスの部分はさておき(ってロマンスがメインじゃないの!?と思われるでしょ [続きを読む]
  • 最近好きな本の傾向
  • どうも最近この本が読みたい!と思う本に共通点があるのを発見しました。最初はDystopiaに惹かれるなぁ〜と単純に思っていたのだけれども、それだけじゃない気がしたので考えてみました。 私があらすじを読んで惹かれる本は、『日常の中の異変』が書かれたものじゃないかな?と思うのです。この間、思わずポチったのは「The Power」by Naomi Alderman(Baileys Women’s Fiction PrizeでShortlistedされた本)でしたが、現代が舞台で [続きを読む]
  • 4月のYA本(Subscription Box)
  • ちょっと遅くなりましたが、4月にメジャーなYAのSubscription Boxがどんな本を送ったのかご紹介。 Owlcrate (US): 購読料$29.00/月+送料The Upside of Unrequited by Becky Albertalli2017年4月11日発売同作者のSimon vs. the Homo Sapiens Agendaは読んだことがあります。かなりCuteな本だったと記憶しております。多分、この本も面白いんじゃないかな?と思いますよ〜。 LitJoy Crate (US): 購読料$29.99/月+送料Strange th [続きを読む]
  • 【読了】A Court of Mist and Fury
  • By Sarah J. Maasこの本、大変人気があるのでネガティブな事を書くと怒られちゃうかも知れないけれども、私はそこまで好きじゃない。Twilightシリーズを読んだ時と同じバイブを感じております。主人公が嫌い。主人公の思考とか行動に納得がいかない。(きっと、作者のSarahとは気が合わないと思う)ま、それでもTwilightシリーズはシリーズ4冊全部読んだけどね。シリーズの1冊目では、命をかけてまで『愛した』はずの相手が、シリ [続きを読む]
  • 【読了】Every Wild Heart
  • By Meg DonohueカテゴリーをChicklitかWomen's Fictionか迷いましたが、Chicklitにしました。この本は、3月のMy Book Boxに入っていた本です。この本と並行して「Jane Eyer」を読んでいるからか、この本の英語が平易に感じました。とっても読みやすかったです。母と娘の関係を書いた本には、自分の母と自分を重ねて読む事も多いのですが、この本の母娘は自分たちとは随分違う気がしまして、全く重ねる事はなかったかなぁ。娘が馬好 [続きを読む]
  • 女性作家の文学賞
  • 「The Baileys Women’s Prize」というイギリスベースの文学賞があります。1996年に設立されたこの賞は世界中の優れた独創性のある女性作家に送られる賞です。(スタート時は”Orange Prize for Fiction”) イギリスの文学賞と言えば、ブッカー賞とコスタ賞が有名ですが、大きな違いは、前記の2賞はイギリス・アイルランド国籍や在住にこだわっていることに対して、このベイリーズ賞は世界中の女性作家が対象になっていることでし [続きを読む]
  • オーダーした本
  • 昨日は20% OFFにつられてThriftBooksから6冊古本を購入しました。5つの発送しましたメールを受け取りました。それぞれ、Baltimore(メリーランド州)、Detroit(ミシガン州)、Auburn(アラバマ州)、Portland(オレゴン州)から1冊ずつ、Chicago(イリノイ州)から2冊発送されました。そうなのです、ThriftBooksは一か所の倉庫から送られてくるのではなくて、アメリカのあちこちの倉庫から送られてくるのです。という事で1回の注文ですが、 [続きを読む]
  • 5月はまだ4日ですが…
  • 先月末に以下のような本の買い物計画を立てました。 BookDeposit 2~3冊まで(今ウィッシュリストに40冊入っているので、ここから早く読みたいのを毎月2~3冊ずつ頼む)BookOutlet 送料込みで$30までその他の本屋では$20までとか? 本日4日ですが、すでにオーバーしました!!なんてこったい! まず、BookDepositからは3冊オーダーしました。(これは予定通りです) BookOutletですが、ペンギンクラシックが昨日、おとといと、沢山UP [続きを読む]
  • 【読了】A Court of Thorns and Roses
  • By Sarah J. Maas A Court of Thorns and Rosesシリーズの1冊目です。Sarah J. Maasと言えば、「Throne of Glass」というYAのシリーズで有名な人です。「A Court of Thorns and Roses」シリーズはYAのファンタジー本ですが、Beauty & the Beast(美女と野獣)がベースになっています。 まず、一番強く思ったのは、主人公のFeyreの行動がアホちゃうか?という事でした。「やっちゃいけない」と言われた事は全てやります、この主人公 [続きを読む]
  • 【読了】The Hate U Give
  • By Angie Thomas3月のMy Book Boxに入っていた本です。これが著者のデビュー本だそうです。扱っているテーマが大きくくくると「Racism(人種差別)」ですが、それだけではありません。本当にたくさんの問題に触れられています。それが時には苦しくて、めっちゃを背けたくなったりして本を置いていたら、思いの外読むのに時間がかかりました。このお話は映画化が決まっているそうです。「Hanger Game」でRue役をやったAmanda Stenbe [続きを読む]
  • 5月に読む予定の本
  • 読みたい本が沢山ありすぎて何から読めばいいのか…???というのがここ数か月の悩み。 今月も目標は8冊でいきましょう! 今月は、クラシック(モダンクラシック)1冊〜2冊YA本 2〜3冊Fiction or Women’s Fiction 2冊シリーズ(Trilogy)の一気読み という予定で行こうと思います。 シリーズ一気読みはもう決まっています。Sarah J. MaasのA Court of Thorns and Rosesシリーズです。4月の最終週から1巻目の「A Court of Thorn [続きを読む]
  • 4月に読んだ本のまとめ
  • 4月は後1日ありますが、今月のまとめを発表します。 図書館のキリギリスBy 竹内 真文庫本(ののBOX)ページ数: 376ページ 1984By George OwellPaperback ($7.41) + Kindle (Free) + Audible ($3.99)ページ数:304ワードカウント:94,240 Dear Ijegwele, Or a Feminist Manifesto in Fifteen SuggestionsBy Chimamanda Ngozi AdichieHard Cover ($12.00)ページ数:80ワードカウント:24,800 AttachmentsBy Rainbow RowellPaperb [続きを読む]
  • ペンギンクラシック
  • 先日の日本への帰省中にPenguin ClassicsとPenguin Modern Classicsのラインを何冊かゲットしてきました。(←日本に帰って洋書を買う変な私。)本当はPenguin English Classicsのラインからも何冊か欲しかったのですが、残念ながら読みたい本がありませんでした。グアムの本屋さんにもクラシック本はちょこっと売っているのですが、マスマーケット版が主流で、字が小さくてつらいので、買えません。クラシック本はKindleで安く買 [続きを読む]
  • Breakfast at Tiffany’s
  • By Truman Capote やられました。惚れた。この本、好きすぎます。カポーティの言葉のセンスというか、ホリーの口を介して発せられる哲学的なセリフとか、とにかくおしゃれです。この本は何度でも読み返したい。素敵な言葉たちをそのまま覚えてしましたいです。 この本には短編小説が表題作を含めて4つ入っています。私は基本的には短編小説が苦手なのですが、この本は別格扱いだわ。 映画はかなり昔にみましたが、映画と本とは随 [続きを読む]
  • ヴァージニアウルフの本を買った訳
  • この間、日本に帰省していた時にヴァージニアウルフの本を買ってきました。実は彼女には思い出があるのです。 あれは大学生の頃。(大学では英米語を専攻していました。) 「比較文学研究」というクラスがありました。何の勉強をしていたかは今となっては全く覚えておりません。先生はアメリカ人だったと記憶しております。 唯一覚えているのが、最後のレポートです。かなりアバウトなテーマが与えられて、それについてレポートを [続きを読む]
  • 【読了】All Grown Up
  • By Jami Attenberg割と評価の良いこの本ですが、私はダメでした。主人公に共感できなさすぎる。特に最初から3文の2ぐらいまでは全くダメでした。この本は200ページないのですが、ちょっと読んでは興味がないのでアテンションが飛んで思考がどこかに行ってしまい、を繰り返しまして思いの外時間がかかりました。何せ、主人公が、39歳で独身なのはいいんだけど、飲む、ドラッグに走る、すぐに別の男と寝る。白状すると、実は最後の10 [続きを読む]
  • クラシック本のSubscription Box
  • 最近、クラシック本が気になっておりますが、今の私に持ってこいのSubscription Boxをみつけました。「Coffee and a Classic」というサービスです。(サービス名を するとサイトにつながります)子供向けのクラシック本のコース大人向けのクラシック本のコース自己啓発本系のコースの3つから選べます。私は大人向けのクラシック本のコースがもちろん気になるのですが、そこでも、選択肢があります。ロマンス本アドベンチャ [続きを読む]
  • Yureka Box 2つ目
  • すっかり忘れていたYureka boxの2つ目が届きました。多分、2ヶ月遅れぐらいかな?事前にどの本の興味あるかを聞かれていた時に「読みたい」とチェックを入れていた本が入っていました。この2冊でした。欲しいと言っていたのはもちろん(?)『Girl Runner』です。もう一冊の方はYAみたいです。また手書きで私の名前が封筒に書かれていて、中には印刷で今月の本の説明がありました。このサービス。本当に素敵だと思うのですが、ちょ [続きを読む]
  • UpperCase box 04/2017
  • 今月のUpperCase Box(Subscription Box)が昨日届きました。思ったよりも早くて驚きました。今月からは本だけを送ってもらうパッケージをリクエストしてありましたので本だけが届いた訳ですが、おまけに本のマグネットも入っていました。今月の本はこれです。Defy The Stars by Claudia Gray今月も作者のサイン入り。ジャンルはSci-Fiです。YAなのに500ページ越えですが、文字が大きいので読みやすそうです。今読んでいる本を読み [続きを読む]
  • 【読了】Blindness
  • By Jose Saramago1998年のノーベル文学賞を受賞したポルトガルの作家、ジョゼサラマーゴの代表的な作品。何か世界の文学を読みたいなぁと漠然と思っていた時にこの本が引っかかって、そのあらすじに惹かれて古本を購入しました。ある男が運転中に突然失明。それを助けた男も失明。眼科医も、そこを訪れていた患者達も次々に失明。伝染病のように失明が広がる。政府は失明患者達を施設に隔離収容。そこから生まれる無秩序。人間の本 [続きを読む]
  • 【読了】The Virgin Suicides
  • By Jeffrey Euginidesこの作品はBookTuber達の間でも大変評価が高く、何度もお勧めに登場する本です。1人、私と似たような意見を語っている1人もいましたが、コメント欄でディスられていらっしゃいました。それぐらい、この本には根強いファンがいるということです。映画化もされていて、こちらも評価は悪くないです。確かに文章は素晴らしいと思うし、この物語を語っているのが、"We"だというのも面白い試みです。この"we"は、5人 [続きを読む]
  • Under the radar books
  • 4泊5日で大阪に帰っておりました。今日無事に帰って来ましたが、郵便受けにEtsyショップの「under the radar books」さんからの郵便届いておりました。Under the Radar BooksというのはBookTuberのBrittanyさんがやっているお店です。今はスペシャルをやっていて、2冊で10ドルだったので、頼んでみました。ジャンルを選ぶとBrittanyさんが2冊を見繕って送ってくれるというもので、(彼女の蔵書からです)私はクラシックを選んでお [続きを読む]
  • 【読了】Attachements
  • By Rainbow Rowellめっちゃスイートな終わり方でした。途中はじれったくもあり…どちらにしても軽く楽しく読めるという点では良かったと思います。ITで、ネットなどの使い方を間違った人に注意をする立場なのに、ある従業員間のメールのやりとりを盗み読み。そして、そのやり取りをしている1人の女性に惚れちゃって。そしてその女性も、カッコいい男の人がオフィスにいる!とそのITに好意を持って。お互いに口を聞いたこともないと [続きを読む]
  • 好きなBookTuberさん その2
  • 今回は私の笑いのつぼに入るBookTuberさんをご紹介いたします。 まずは、YAジャンルから一人。Insane ReaderのCalib君。この子、片時もじっとしていません。常に動いてて、その動きが面白い。最初に見た時は何この動き??と動きに意識が行ってしまって、全く語る内容が入って来ませんでした。が、話している内容の方も好き嫌いがはっきりしていて実に面白いです。見てみたい方はこちらから → InsaneReader 次は、おじさんに見え [続きを読む]
  • 【読了】Dear Ijeawele, or A Feminist Manifesto in Fifteen Suggestions
  • By Chimamanda Ngozi Adichie本屋さんでみつけました。Chimamanda Ngozi Adichieさんの本。小さなハードカバーで、63ページしかありません。しかし、「Americana」を以前に読んで、あの作者が書いたフェミニストについてのエッセイ(手紙)なら読んでみたいと思って購入しました。 ナイジェリア出身のChimamanda Ngozi Adichieさん。この名前、声に出して読んでみたくなりませんか?チママンダ・ンゴジ・アディチで合っているのか [続きを読む]