ずらっぺ さん プロフィール

  •  
ずらっぺさん: ずらっぺの読了記録 洋書も和書も
ハンドル名ずらっぺ さん
ブログタイトルずらっぺの読了記録 洋書も和書も
ブログURLhttp://zurappe.blog.fc2.com/
サイト紹介文KindleとAudibleメインの読了記録です。(洋書中心)
自由文南の島在住20年。日本語の本より安いという理由で読み始めた洋書。今ではKindleとAudibleのおかげで読むのはほとんど洋書。時々は日本語も読みたいな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2016/04/14 15:58

ずらっぺ さんのブログ記事

  • 5月のYA本 (Subscription Box)
  • もう6月も後1週間ちょいになってしまいましたが、5月にメジャーなYAのSubscription Boxがどんな本を送ったのかご紹介。 Owlcrate (US): 購読料$29.00/月+送料Eliza and Her Monsters by Francesca Zappia今月からOwlcrateではExclusive Coverをお届けしているようです。(owlcrate限定ってやつですね) だから本当はちょこっとだけ色が違うんですよ。 LitJoy Crate (US): 購読料$29.99/月+送料Flame in the Mist by Renee Ahdie [続きを読む]
  • 【読了】Solo
  • By Jill Mansell軽いチックリットが読みたい気分だったので、これを読み始めましたが、なんか違う。ちなみにこの本、Kindle本は無料でした。Narrationを抱き合わせで買って$3.99だったのでお得な感じです。でもね〜、この本は軽いチックリットそのものなんだけど、読みたかった本と違うんだよねぇ。 Jill Mansellを読むのは初めてだったのですが、彼女の名前は過去にも何度も目にしています。ハートフルでHumorのあるチックリット [続きを読む]
  • 【読了】Mrs. Dalloway
  • By Virginia Woolf先日、いかに私が実際の本を読まずに大学時のレポートで"A"をもらったかという話をしたのですが、覚えていますか?その一人の作者がVirginia Woolfでした。このままじゃいけないという罪悪感がこの年になって芽生えたので(遅すぎる?)、彼女の著作を何冊か読んでみる事にしました。(今3冊手元にあります) 1冊目はこの「Mrs. Dalloway」にしてみました。が、この本1冊目としてはお勧めしません。なぜなら、人 [続きを読む]
  • リストの影響
  • 世間には色んな本のランキングとかリストがあふれていますね。個人的なものから、一般の意見を取り入れたものから、本当に沢山あります。「40 Books Every Woman Should Read Before She’s 40」(40歳までに全ての女性が読むべき40冊の本)とか「30 Classics You Should Read Before You’re 30」(30歳までに読むべき30冊のクラシック本)とか、何故か年齢制限のあるものも多いです。これにはなんでやねん!と突っ込みを入れたく [続きを読む]
  • 今年の後半に読む本の計画
  • 「前回は今年後半の目標」=「Big Bookを読む」について書きましたが、今日は、どんな計画で読むのかについて書いてみます。 現在、積読本が山の様にありまして、どの本も読みたい本なのに、次から次へと読みたい本が出てきてしまって購入してしまうので(私のお小遣いのすべては本に消えています)、読みたい本がたまる一方です。そこで、今年の後半は、これを消化する読書に専念しようかと思っています。例外的に他の読みたい本 [続きを読む]
  • 今年後半の目標
  • もう6月も半ばですね。早いもんです。今年のGoodReadsでの目標は70冊読む事だったのですが、今の調子なら軽く達成できそうなので、ちょっと目標に目標を付け加えたいと思います。本棚を眺めていると未読のBig Bookが何冊かあります。(ページ数はアマゾンJapanを参照しました)これを読もう!と思います。ちなみに500ページ越えの持っている未読本は以下の通りです。本日届いた「Anna Karenina」By Leo Tolstoyオリジナルは英語で [続きを読む]
  • 【読了】The Year of Magical Thinking
  • By Joan Didion Non-Fictionは日ごろは読まないのですが、この本がお勧めにやたらに入り込んでくるので読んでみる事にしました。この本、本当にいろいろなお勧めに上がっています。27 Books Every Woman Should Read By 2725 Books By Female Authors To Put On Your Bucket List20 Books That Will Make You Smarter等々。 そしてどういう訳かこの本、私は寝る前限定でしか読めませんでした。夫の死と娘の入院。つらい著者の淡々 [続きを読む]
  • 【読了】Lift and Separate
  • By Marilyn Simon Rothstein軽いチックリットが読みたくなって安かったこれをダウンロードしました。タイトルもカバーも軽い感じじゃない??でも、これ、夫婦、浮気がテーマで決して軽い話ではありませんでした。重くなりすぎないようには書いてあると思いますけど。この本はとても読みやすいです。実際にありえそうな話でもあります。33年も連れ添って、浮気されて、離れられても困るんだけどね〜。にほんブログ村人気ブログラン [続きを読む]
  • 【読了】Bird Box
  • By Josh Malerman この本Kindleでセールをやっていた時にダウンロードしました。そして、あらすじを忘れた状態で読み始めました。(KindleとAudibleを行ったり来たりしました)すっかりミステリーだと思って聞いていたのですが、何やら様子がおかしい!?Post-Apocalypticものでどちらかと言うとホラーでした。Post-Apocalyptic、この言葉はどうやって訳すのかな?終末後の物語? Weblio辞書の説明だとこうです。終末もの(しゅう [続きを読む]
  • 【読了】九十歳。何がめでたい
  • By 佐藤愛子今月の「ののBOX」の1冊。文字が大きいのと、佐藤愛子さんが懐かしかったので届いてすぐに読み始めたら止まらずそのまま最後まで。九十歳だけど、相変わらずお元気な佐藤愛子さん。流石九十歳!発言に重みがあります。そして、共感できる事がいっぱいで、付箋をつけながら読んだらこんな状態になりました。時々日本に帰ると何で?と思う事があるのだけれども、愛子さんがそこを指摘されているのを読んでにんまりしまし [続きを読む]
  • 【読了】A Court of Wings and Ruin
  • By Sarah J. Maas やっと、やっと読み終えました。いや〜しんどかった。 このSarah J. Maasという作家、かなり人気があります。このシリーズもかなり人気なようです。ちなみに今日現在で、GoodReadsの星の数は4.59です。 人気もあるし、評価も高いので、好きになりたい!という思いはあったのです。あったのですよ。だめでした。1冊目、2冊目で主人公の事が好きになれなかったのがそのまま尾を引いてしまいました。 もう色んな事が [続きを読む]
  • 6月に読む予定の本
  • 今月も目標は8冊ですが、その内訳は以下の通りで行きます。(目安です) Fiction or Women’s Fiction 3冊YA本 3冊クラシック(モダンクラシック)1冊〜2冊 Fiction or Women’s Fictionは以下の3冊Jane SteeleMr. RochesterThe Finishing School YA本は、A Court of Wings and Ruinsを読み終えるWindfall by Jennifer E. Smith6月のUpperCase Boxの本5月のMy Book Boxの本 クラシック本は、今読んでいるMr. Dallowayを読み終 [続きを読む]
  • 5月に読んだ本のまとめ
  • 5月に読んだ本は以下のとおり。A Court of Thorns and RosesBy Sarah J. MaasHardcover ($6.09) + Kindle (Free) + Audible ($5.98)ページ数:432ワードカウント:133,920 Every Wild HeartBy Meg DonohuePaperback ($15.00) 3月のMy Book Boxの本ページ数:304ワードカウント:94,240 A Court of Mist and FuryBy Sarah J. MaasHardcover ($11.16) + Kindle ($7.55) + Audible ($4.49)ページ数: 656ワードカウント: 203,360 J [続きを読む]
  • 【読了】We Should All Be Feminists
  • By Chimamanda Ngozi Adichie今日モールに寄る用事があったのでふらっと本屋にも寄りました。で、この本を見つけました。上のLINKの写真(アマゾンにつながります)の表紙とは違い私が購入したのはこの表紙です。なんとこの本50ページしかありません。本というよりは小冊子です。TEDxEustonのスピーチをそのまま書き起こした物なのです。(スピーチに興味のあるかたはこちらから→We Should All Be Feminists)この本は、みんながフ [続きを読む]
  • 【読了】Matilda
  • By Ronald Dahl以前に超能力がある登場人物の話を読みたい!と言ってお勧めを聞いたところ、ツイッターのフォロワーさんがお勧めしてくれていた1冊。買ってあったのですが、そのまま本棚を飾っておりました。Unearthly Thingsを思ったよりも早く読み終わってしまって、注文したJane Eyre関連の本がまだ届いていないので、届くまでの間をつなぐ本はないかな?と本棚を眺めていたら、この本が私を呼んでいました。しかし、面白くて、 [続きを読む]
  • 【読了】Unearthly Things
  • By Michelle Gagnonこの本は丁度私がJane Eyreを読んでいた時に、My Book Boxから送られて来た本です。4月のYA本のチョイスがこれでした。Charlotte Brontë's Jane Eyre retold against the backdrop of San Francisco's most fabulous―and dangerous―elites.という説明が付いていたので、なんで今私がJane Eyre読んでる事が分かったんだろう?と思いました。(笑)主人公のJanieはフィリピン人とアメリカ人のハーフでハワイ出 [続きを読む]
  • 【映画鑑賞】Blindness
  • Jose Saramago原作の『Blindness』の映画を観ました。この映画、映画しか見ていない人には「だから何が言いたいんだ?」と思われるんじゃないかと思いました。1人の男が突然失明して、それが伝染病のごとく次から次へと感染者を増やしていきます。感染した人たちは施設に隔離されます。その中に1人だけ感染していない女が紛れ込んでいます。失明した人達で溢れる施設でどんどん欠いていく秩序。こんなストーリー展開からか、パニッ [続きを読む]
  • Defy the Stars
  • By Claudia Gray4月のUppercase Boxで届いたYAのSF本です。私はあまりSFには自分からは手を出さないので、ちょっとおっかなびっくり読み始めましたが、場所の設定が宇宙なのと、ロボット(アンドロイドか?!)が出てくるのがSF設定だってぐらいなので、意外と読みやすかったです。 何が良かったって、本は500ページあるけれど、文字が大きめなのと行間に余裕があること。目に優しいのです。(←やっぱりそこが一番?老眼始まって [続きを読む]
  • 【読了】Jane Eyre
  • By Charlotte Bronte 月に1〜2冊はクラシック本もしくはモダンクラシック本を読もうと思っております。今月の1冊目はブロンテ姉妹の一人、シャーロットブロンテの「Jane Eyre」を選びました。エミリーの「嵐が丘」は若いころに読んで、暗い気分になった事を記憶しておりますが、こちらは読んだと思うのだけれども、内容を覚えておりませんでした。 ロマンスの部分はさておき(ってロマンスがメインじゃないの!?と思われるでしょ [続きを読む]
  • 最近好きな本の傾向
  • どうも最近この本が読みたい!と思う本に共通点があるのを発見しました。最初はDystopiaに惹かれるなぁ〜と単純に思っていたのだけれども、それだけじゃない気がしたので考えてみました。 私があらすじを読んで惹かれる本は、『日常の中の異変』が書かれたものじゃないかな?と思うのです。この間、思わずポチったのは「The Power」by Naomi Alderman(Baileys Women’s Fiction PrizeでShortlistedされた本)でしたが、現代が舞台で [続きを読む]
  • 4月のYA本(Subscription Box)
  • ちょっと遅くなりましたが、4月にメジャーなYAのSubscription Boxがどんな本を送ったのかご紹介。 Owlcrate (US): 購読料$29.00/月+送料The Upside of Unrequited by Becky Albertalli2017年4月11日発売同作者のSimon vs. the Homo Sapiens Agendaは読んだことがあります。かなりCuteな本だったと記憶しております。多分、この本も面白いんじゃないかな?と思いますよ〜。 LitJoy Crate (US): 購読料$29.99/月+送料Strange th [続きを読む]
  • 【読了】A Court of Mist and Fury
  • By Sarah J. Maasこの本、大変人気があるのでネガティブな事を書くと怒られちゃうかも知れないけれども、私はそこまで好きじゃない。Twilightシリーズを読んだ時と同じバイブを感じております。主人公が嫌い。主人公の思考とか行動に納得がいかない。(きっと、作者のSarahとは気が合わないと思う)ま、それでもTwilightシリーズはシリーズ4冊全部読んだけどね。シリーズの1冊目では、命をかけてまで『愛した』はずの相手が、シリ [続きを読む]
  • 【読了】Every Wild Heart
  • By Meg DonohueカテゴリーをChicklitかWomen's Fictionか迷いましたが、Chicklitにしました。この本は、3月のMy Book Boxに入っていた本です。この本と並行して「Jane Eyer」を読んでいるからか、この本の英語が平易に感じました。とっても読みやすかったです。母と娘の関係を書いた本には、自分の母と自分を重ねて読む事も多いのですが、この本の母娘は自分たちとは随分違う気がしまして、全く重ねる事はなかったかなぁ。娘が馬好 [続きを読む]
  • 女性作家の文学賞
  • 「The Baileys Women’s Prize」というイギリスベースの文学賞があります。1996年に設立されたこの賞は世界中の優れた独創性のある女性作家に送られる賞です。(スタート時は”Orange Prize for Fiction”) イギリスの文学賞と言えば、ブッカー賞とコスタ賞が有名ですが、大きな違いは、前記の2賞はイギリス・アイルランド国籍や在住にこだわっていることに対して、このベイリーズ賞は世界中の女性作家が対象になっていることでし [続きを読む]
  • オーダーした本
  • 昨日は20% OFFにつられてThriftBooksから6冊古本を購入しました。5つの発送しましたメールを受け取りました。それぞれ、Baltimore(メリーランド州)、Detroit(ミシガン州)、Auburn(アラバマ州)、Portland(オレゴン州)から1冊ずつ、Chicago(イリノイ州)から2冊発送されました。そうなのです、ThriftBooksは一か所の倉庫から送られてくるのではなくて、アメリカのあちこちの倉庫から送られてくるのです。という事で1回の注文ですが、 [続きを読む]