azanaeru さん プロフィール

  •  
azanaeruさん: あざなえるなわのごとし
ハンドル名azanaeru さん
ブログタイトルあざなえるなわのごとし
ブログURLhttp://azanaerunawano5to4.hatenablog.com/
サイト紹介文ネットの片隅から映画、音楽、読書などあらゆる人生のムダを取り扱う雑記系ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供301回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2016/04/14 16:59

azanaeru さんのブログ記事

  • 春夏向けアンコンジャケットのスゝメ
  • 急に暑くなってきた。いつも外で昼食をとるんだけれど、真夏でもジャケットを羽織るのが定番。あまり服装にうるさい環境ではなく、スーツじゃなくてジャケパンなんですが、シャツ一枚は抵抗感がある。そこで今年は、仕事用、休み用にアンコンジャケットを買い足してみた。それなりにカジュアルで、でもゆるめの職場でもおかしくない感じのやつ。そこそこいい歳のおっさんはオンでもオフでも一着あると大活躍するのがアンコンジャケ [続きを読む]
  • 「貴族探偵」とコメディの相性が良すぎる問題
  • togetter.comこのTogetterまとめ通り、確かに原作を読んでいても映像化はキチンとされてる。綾辻氏の悲劇と比べればなんぼのものかと。ただ個人的には貴族探偵とコメディドラマの相性の良さが気になった。相性が良すぎるのもそれはそれで問題。【スポンサーリンク】 コメディの問題 元々、「貴族探偵」はアンチミステリとして書かれた作品。アンチミステリとは、普通のミステリのお決まりごと(コード)に対して懐疑的な [続きを読む]
  • メタメタしたアニメ「Re:CREATORS」を考える
  • TVアニメ「Re:CREATORS(レクリエイターズ)」第1弾PVいわゆるメタメタした「フィクションから登場人物が現実に飛び出してくる」話かと思ったらそれだけでもないらしいさすが「アルドノア・ゼロ」あおきえい作品というか。一筋縄では行きそうにない。【スポンサーリンク】 メタフィクション ざっくりあらすじを書くと「ファンタジーアニメ世界の主人公が現実世界に飛び出してくる話」もちろんメタフィクションな作品とい [続きを読む]
  • ゴミ記事に関しての雑感のゴミ記事
  • 真剣でないならブログを書くなとか初心者はゴミ記事でもいいから更新しろとか、とりあえずそういう歪んだ指摘はさておき、最近なかなかブログが書けないのは、こういう漠然とした雑感記事や、何の根拠もないブログ論が書けないということではなくて、書きたいことをそれなりにまとめたり、調べたりする時間がないということであって、誰にとってどんな記事が「ゴミ記事」になるのかの基準があるのかどうなのかさておき(言い出して [続きを読む]
  • 仮面ライダーアマゾンズ シーズン2 3つの注目ポイント
  • AMAZONオリジナルドラマ、仮面ライダーアマゾンズのシーズン2配信開始。舞台は、シーズン1の事件から5年後。まだ一話目ですが、観る上で幾つかのポイントを。【スポンサーリンク】 イユ 【アマゾンズ第1話配信スタート!!】第1話配信を祝して、千翼役・前嶋曜さん、イユ役・白本彩奈さんがご登場。アマゾンズを超えるのはアマゾンズだけ!<衝撃>の開幕!絶対観るんだぞん。#アマゾンズ pic.twitter.com/AIl4xFREtb& [続きを読む]
  • ゾンビ映画という災害パニックムービー
  • anond.hatelabo.jp とくに海外映画でゾンビものが流行ってる理由って、単純に迷いなく殺せる(死んでるけど)相手っていうだけなんだよね。昔なら勧善懲悪、敵は迷わず皆殺しが当たり前だったのに、いちいち雑魚一人にも人権がー人生がー家族がーとか始まってしまったことで、昔見たく気軽にザコを殺せなくなってしまった。最近の作品はゲームでも映画でも本当にこの辺に気を遣っていて、アヴェンジャーズとかもビルと [続きを読む]
  • 無線ルーターをTP-LINKのArcher C9にした話
  • すっかり忘れてたんですが、先月半ば部屋のWi-FiルーターをTP-LINKのArcher C9にしたのでご報告。以前、バッファロールーターにしてみたら、全然不安定で、ダメ過ぎで、速攻お蔵入り。ネットの「オススメルーター」記事は、ホントあてにならん……。安かろう悪かろう。元のAirMacExpress環境に戻してやり過ごし、他に何かいいのはないかと辿り着いたのがこれ。【スポンサーリンク】 Archer C9 開封の儀は省略。まず結構で [続きを読む]
  • 巨人IBMとコンパックの戦い ドキュメンタリー「SILLICON COWBOYS」
  • Netflixで観られるドキュメンタリー。1980年代、巨人IBMにたち向かったスタートアップ コンパックの栄枯盛衰を描いたドキュメンタリー。【スポンサーリンク】 IBM シェアの大半をIBMが占めていた個人向けコンピューター黎明期。1982年、テキサス・インスツルメンツの上級社員だった三人がコンパックを立ち上げる。IBM互換デスクトップ機の市場に、IBMの完全互換を謳い5kgのポータブルハードウェアは(当時からすれば)画 [続きを読む]
  • 日本映画がダメな以前の幾つかの問題
  • works-movie.hatenablog.com 少し気になったので、自分の意見を織り交ぜつつ、その主な4つの理由の是非を考察してみようと思う。また、海外との比較を中心にして話そう。他の人の意見もぜひ聞いてみたいな。 ということですので、映画は門外漢ですが少々。ズブの素人の、ただの私見ですが、ご参考にしていただければ。【スポンサーリンク】 【目次】 社会風刺 俳優の演技力 製作費 日本映画がダメだ [続きを読む]
  • 2017年 洋楽ギターロックの逆襲
  • www.hayablog.com 邦楽で物足りなくなってしまった方は、ぜひ上のバンドを参考に色々聴いてみてください。 また、私も洋楽については詳しくないので、コメント欄でおススメの洋楽を教えてもらえると嬉しいです。 こちらの記事に何かオススメでも書こうかと調べてみたら、2017年はここ数年元気のなかったギターロック界隈が突然活気づいてることに気づいた。そこでここ数ヶ月以内にアルバムを発売する英米ミュージシ [続きを読む]
  • マンネリの素晴らしさ
  • ※個人的音楽に関する雑感今や絶滅危惧種であるシューゲイザーファンの皆さまは、すでに毎日ヘヴィロテされておられますでしょうジーザス・アンド・メリー・チェイン(ジザメリ)19年ぶりの新アルバム「DAMAGE AND JOY」 『ダメージ・アンド・ジョイ』とは、いわゆるシャーデンフロイデ(=schadenfreude; ドイツ語で他者の不幸、悲しみ、苦しみ、失敗を見聞きした時に生じる、喜び、嬉しさといった快い感情。 「他人 [続きを読む]
  • 官能と耽美と倒錯のミステリ 韓国映画「お嬢さん」
  • 暗くなれば多国籍な人種で溢れる歌舞伎町も、平日の朝は閑散としている。元新宿コマの跡地に立つTOHOシネマ新宿は、屋上からゴジラが新宿を見下ろしてる。エスカレーターで上がり自動券売機でチケットを購入。ジャズミュージシャンであり小説家 菊地秀行の弟君でもある菊地成孔曰く 地球人は子供騙しの『ラ・ラ・ランド』(菊地成孔の『ラ・ラ・ランド』評:世界中を敵に回す覚悟で平然と言うが、こんなもん全然大した [続きを読む]
  • キャラ化とコンテクストの断絶
  • togetter.com文豪を美少年化したDMMのゲームが赤旗で取り上げられ、それに対してTwitterや2chの本スレなどで怒っているファン達の主張を参照したところ、彼女ら曰く「私たちはゲーム内の小林多喜二というキャラクターを愛しているのに、左翼が政治色をつけて汚した」との事だ。しかし、僕にはその意見がどうにも理解できない。(続く)— Rikuoh Tsujitani (@riq0h) 2017年3月17日 ファンがキャラを思想的に扱うなと怒ったと [続きを読む]
  • 諸星大二郎「暗黒神話」完全版を旧版と比較してみた
  • 諸星大二郎「暗黒神話 完全版」買いました。公式によると さらなる加筆と新訳、印刷技術の粋を集めた豪華装丁によって、不朽の名作がここに蘇る なのだそうで。以下、写真を幾つか。【スポンサーリンク】 まずうちにある初版が1977年度の*1SUPER JUMP COMICS版と比較。左が77年度 旧版、右が今回の17年度 愛蔵版。一回り大きい大判サイズ。厚さもそれなり。箱入り。取り出すとこういう感じ。上製本、丸背、クロス [続きを読む]