ロスコー さん プロフィール

  •  
ロスコーさん: レメの官能小説
ハンドル名ロスコー さん
ブログタイトルレメの官能小説
ブログURLhttp://remenovel.com
サイト紹介文ロリータ・処女、レイプ・陵辱系、売春、SM調教、機械姦、露出・羞恥系、多数のジャンルを取り揃えてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2016/04/15 11:55

ロスコー さんのブログ記事

  • 店内でエッチなアソコを触り合う二人
  • 第9話 店内でエッチなアソコを触り合う二人 ○クロスされる腕と腕、感じる処を慰め合って 「ふうぅんんっ……そんなにされたら、やぁ、やだぁ……」 吾朗の指先が、割れ目の肉をなぞっている。 薄くて破れそうなパンティの生地越し […]店内でエッチなアソコを触り合う二人はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 巨根を受け入れるために回春薬で調教中の女教師に口内発射
  • 第十四話 巨根を受け入れるために回春薬で調教中の女教師に口内発射 ◆調教師貫太と優美ちゃんの手管で堕ちていく愛華先生 「ちょっと待て! 冷静になれよ、信一……」 ーーこんなときに、冷静になれるかよ……  だが柔道で鍛えた […]巨根を受け入れるために回春薬で調教中の女教師に口内発射はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 性器とアナルにウナギ挿入(侵入)のSM拷問
  • 第三話 性器とアナルにウナギ挿入(侵入)のSM拷問  ○鰻の習性 「水風呂は寒かろう。少し温めてやればいかがじゃ?」  黒山が韻を含んだような笑みを浮かべた。    まもなく、下男が釜の下に積まれた薪に火を点けた。  も […]性器とアナルにウナギ挿入(侵入)のSM拷問はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 五右衛門風呂ならぬ鰻風呂へ
  • 第二話 五右衛門風呂ならぬ鰻風呂へ  ○恐怖の入浴  まもなく土間の中央に木製の浴槽が備え付けられ、水が浴槽の中程まで注ぎこまれた。さらに浴槽の下には釜がありさらにその下には薪までが用意されていた。  意図を知らない源五 […]五右衛門風呂ならぬ鰻風呂へはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 居酒屋でこっそりエッチしちゃうカップル
  • 第8話 居酒屋でこっそりエッチしちゃうカップル ○ディナーを共にして、エッチを共にして 夕食を『ディナー』と呼ばれたら、即アウトである。 カウンター越しに威勢の良い板前さんが愛想笑いをすれば、限りなくレッドカードである。 […]居酒屋でこっそりエッチしちゃうカップルはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • ウナギ責め地獄への入口
  • 第一話 ウナギ責め地獄への入口  ○密通の嫌疑  ある夜、日本橋の番所に投げ文による通報があった。内容は呉服問屋を営む伊勢屋の長女ありさ(二十歳)が、番頭の俊吉と密かに情を重ねているというものである。  当時「密通」は婚 […]ウナギ責め地獄への入口はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • ありさ 鰻責め地獄
  • ざっくりあらすじ 濡れ衣を着せられた商家の娘・ありさ。 自供を強いるための拷問に使われたのは、なんと「うなぎちゃん!」 処女の娘に身の厚いウナギちゃんが何匹も……! 投稿者様情報 Shyrockさん 第一話 ウナギ責め地 […]ありさ 鰻責め地獄はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 二人の絶頂を糧に高見を目指す官能小説家
  • 第7話 二人の絶頂を糧に高見を目指す官能小説家 ○オナニーは愛する人の息遣いと共に 「ふはぁっ! はあぁっ! 吾朗ちゃんっ、イク……いくよぉっ、せえのぉっ!」 吾朗と交わした一方的な約束どおりに、涼花は声を張り上げていた […]二人の絶頂を糧に高見を目指す官能小説家はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 再びの土下座で露出プレイに幕切れを
  • 最終話 再びの土下座で露出プレイに幕切れを 「妊娠報告だと思ってたのにっっ!」  俺は恨み節を吠えながら芽衣の中に精液を撒き散らした。 「くそっ、なにが生理不順だっっ!」  ……あんまり女性の生理について余計なことを言う […]再びの土下座で露出プレイに幕切れをはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 寝取られたなら寝取り返せ
  • 第十一話 寝取られたなら寝取り返せ ◆愛華先生を拘束して陵辱開始 ーー愛華さん、遅いな……  翌日俺は、指定した喫茶店で2杯目のおかわりをしたコーヒーを少しずつ飲み、ジリジリしながら今か今かと愛華先生が現れるのを待った。 […]寝取られたなら寝取り返せはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • オナニーを見せ合う男女
  • 第6話 オナニーを見せ合う男女 ○原稿用紙に刻まれる自慰の調べ カーキ色したチノパンが、ヒザ下まで脱ぎ落されていた。 男物の下着も引きずり下されていた。 男らしい毛深さで、男らしい筋肉質な太腿と下腹を露わにさせて、吾朗が […]オナニーを見せ合う男女はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 全裸美少女がベッドの上で羞恥オナニー
  • 第5話 全裸美少女がベッドの上で羞恥オナニー  ○男女の仲をつなぐM字オナニー 自分で全裸になるのは、お風呂に入る時だけ。 肌と肌を重ね合わせて、お互いの身体をひとつにさせるセックスの時は、吾朗が優しく脱がせてくれた。 […]全裸美少女がベッドの上で羞恥オナニーはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 三度目の土下座の思わぬ行方
  • 第十八話 三度目の土下座の思わぬ行方  深夜のアダルトショップで店内露出セックスを終えた。  今、話を元に戻そう。  俺の本来の目的はなんだったのか――!   芽衣に深夜の公園で露出プレイをして欲しかったのだ!  露出プ […]三度目の土下座の思わぬ行方はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 憧れの美人教師が……寝取られていた
  • 第九話 憧れの美人教師が……寝取られていた ◆愛華先生捕獲調教計画と優美ちゃんとの予行演習  貫太と優美ちゃんのおかげで2度目のセックスも大満足な結果を収めることの出来た俺は、名残惜しかったが一旦家に戻り、連絡を待つこと […]憧れの美人教師が……寝取られていたはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • ここがJKの処女膜です……もう無いですが
  • 最終話 ここがJKの処女膜です……もう無いですが  肛門についての説明が終わると、指し棒は再び膣へと戻った。  小陰唇を親指と人差し指で拡張させ指し棒を宛がう。  未来は指し棒が挿し込まれるのではないかと気が気ではない。 […]ここがJKの処女膜です……もう無いですがはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 恋人に命じられるままストリップする少女
  • 第4話 恋人に命じられるままストリップする少女  ○涼花? りょうか? 絡み合う心 「吾朗ちゃん、脱がないといけないの?」 「当たり前だろ。夜の営みは素っ裸でないと、絵にならないだろ」 吾朗はそう言ってのけると、画家が絵 […]恋人に命じられるままストリップする少女はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 中出しの後は絆創膏を貼って蓋をしましょう
  • 第十七話 中出しの後は絆創膏を貼って蓋をしましょう  制服少女の太股、その内側を伝って俺の精液が滴っていく。  ……最近、連日連夜の情事だったから、ちょっと精液の粘度が低いみたい、それなりの速度で滴っていく……!  俺は […]中出しの後は絆創膏を貼って蓋をしましょうはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • セーラー服少女と3P中出し乱交
  • 第八話 セーラー服少女と3P中出し乱交 ◆理事長の悪事を暴き復讐する計画 「へへへ、理事長にはさせなかったくせに、俺には抱かれたいんだな」 「あん、イジワルう……」 「お前、ケツでしっかり楽しんでるじゃねえか」 「オシリ […]セーラー服少女と3P中出し乱交はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • ここがJKの敏感箇所・クリトリスです
  • 第8話 ここがJKの敏感箇所・クリトリスです  石崎の指し棒が少し上に移動した。 「性器の上部にポツンとついている突起がある。皮をかぶっている場合が多いがこの部分を陰核という。クリトリスと言った方がみんなもよく知っている […]ここがJKの敏感箇所・クリトリスですはレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • 恋人SEXをモデルに官能小説を描きたい彼
  • 第3話 恋人SEXをモデルに官能小説を描きたい彼  ○ブレックファーストは恋人の告白タイム もしもである。 結婚を前提とし、将来を約束し合った男性パートナーが、突然に『官能小説を描きたい!』と声を上げれば、女性側はどう対 […]恋人SEXをモデルに官能小説を描きたい彼はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]
  • アダルトビデオショップで制服少女に羞恥プレイへと!
  • 第十六話 アダルトビデオショップで制服少女に羞恥プレイへと!  深夜のアダルトビデオショップで制服少女を押し倒し、種付けプレスで濃厚な中出しプレイを完了した。  芽衣とセックスすること自体は何百回目のことだし、中出しした […]アダルトビデオショップで制服少女に羞恥プレイへと!はレメの官能小説で公開された投稿です。 [続きを読む]