池田ラスカル さん プロフィール

  •  
池田ラスカルさん: ADHDのラスカルのブログ
ハンドル名池田ラスカル さん
ブログタイトルADHDのラスカルのブログ
ブログURLhttp://www.rasukaruadhd.com/
サイト紹介文20代でADHD(注意欠陥多動性障害)と診断。一人暮らしのワーキングプア/非正規雇用
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/04/15 13:59

池田ラスカル さんのブログ記事

  • 私のコンサータ・ストラテラでの失敗。大切な薬の管理方法の話。
  •  ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)・不安障害の池田ラスカルです。今日は、私が内服しているADHD治療薬のコンサータ、ストラテラカプセルでの失敗と、薬の管理について書きます。強い反省の念を込めながら…。 薬を“飲んだか飲んでないか”を忘れてしまった 副作用が怖くて、薬を飲まずに出勤 早々に離脱症状の予感。結局、薬を飲んでいなかった。 “飲み忘れた時のため”の予備の薬 もう失敗は繰り [続きを読む]
  • NHKが伝えてくれた“発達障害”が生きる世界
  •  ADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)の池田ラスカルです。NHKが2017年5月より始動させている「発達障害プロジェクト」をご存知でしょうか。 その第一弾として5/21(日)夜9時のNHKスペシャルで「NHKスペシャル | 発達障害〜解明される未知の世界〜」が放送されました。 日本の社会では、あまり認知されていないのが発達障害。メディアの影響力は良くも悪くも大きいため、期待半分・不安半分の心境で生放送を見守りまし [続きを読む]
  • 私のADHD、そして不安障害との逃げられない戦い
  •  ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の池田ラスカルです。私は幼少期から、ADHDだけではなく“社会不安障害(対人恐怖症)”に悩まされてきました。フリーターとしてアルバイトをしながら、一人暮らしをしている私。社会と接している間、頭の中に常に不安と恐怖があります。 「怒られるんじゃないか」「自分が人から変に思われている」「バカにされている」―そんな不安に襲われ、逃げ出したくなるような恐怖と [続きを読む]
  • 「メモパースと情報カード」はADHDの救世主!
  • ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の池田ラスカルです。ADHD特有の忘れっぽさゆえ、メモ帳と悪戦苦闘してきました。メモは大事なのは分かってるけどうまく活用できない…そんな悩みを助けてくれたのが、ADHD同志がプレゼントしてくれた“メモパース”でした。 メモ帳との闘い メモパース+情報カードとの出会い あまりの使いやすさにびっくり ADHDにとって「とにかく書く」ことの大切さメモ帳との闘いふと何 [続きを読む]
  • 【ADHD雑記】鞄を置き忘れて泣いた話
  • ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の池田ラスカルです。コンサータとストラテラで症状を抑えながら、アルバイトに通う生活をしています。そんなある日、出勤途中に駅に鞄を置き忘れるという出来事を起こし、完全にパニックになり、泣いてしまいました。その日のこと、自分の頭の中を振り返っていきます。 「置き忘れ」との戦い 記憶の玉突き事故 私が鞄を置き忘れるまでの行動 常に目の前の物しか見え [続きを読む]
  • ADHDが2017年の目標を6つ発表します。
  • ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の池田ラスカルADHD(@rasukarurun)です。 もう2017年も12分の1が終わりましたね。毎年、月日の流れる速さについていけません。遅くなりましたが、2017年の目標を発表します。まだ「2016年を振り返る記事シリーズ」の10月〜12月を書いてませんが…細かいことは気にしないぞ!愛読書「先送りせずにすぐやる人に変わる方法 」でも「優先順位は気にしない」という心理ライフハックが紹介 [続きを読む]
  • 成人ADHDの新薬治験に参加したかった話−新薬、治験の内容について
  • ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠陥多動症)の池田ラスカルです。この間、知人から成人ADHDの治験を紹介していただきました。知人の主治医が、製薬会社と協力して患者に治験を行っているそうです。知人のかかりつけ病院の精神科で配布されていた、成人ADHD治験のパンフレットを受け取りました。私は、JCVN治験ボランティア や、【治験情報V-NET】 などの、複数の治験サイトに登録しています。今までは治験サイトでしか見 [続きを読む]
  • 【ADHD記録②】レポートが書けなくなり大学を休学するまでの話
  • 前回の記事(【ADHD記録①】発達障害に気付かなかった二十数年間。)の続きのお話です。大学に入学してから休学するまでのお話です。 逃げ出したかった大学生活 レポート地獄だった看護学実習 ストレスのかかる実習現場 レポートが書けなくなった そして休学へ逃げ出したかった大学生活夢に見ていたキャンパスライフ、そしてあこがれだった一人暮らしは、これまで誤魔化していた分の本性を明らかにしました [続きを読む]
  • 【ADHD記録①】 発達障害に気付かなかった二十数年間。
  • ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠陥多動症)の池田ラスカルです。大人になってから「発達障害」と診断されている人が増えています。私もそのうちの一人です。私が10代の頃は、まだ発達障害という言葉が広まっていませんでした。自分が発達障害だと思わずに過ごしてきた二十数年間を振り返りたいと思います。 宿題や持ち物を忘れて怒られた小学生の頃 不登校になった中学生時代 「子どもの発達障害」の特徴とは? [続きを読む]
  • ADHD薬物治療に必須!精神科自立支援医療制度の話
  • ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)のラスカルです。3か月前に自立支援医療の更新を行い、今月に新しい受給証が届きました。受給者証はハガキくらいの大きさで、カバーのデザインは自治体により異なります。次の診察までに申請が間に合ってほっとしています!支払う金額が大きく変わるからです。自立支援医療制度は、精神科の通院医療費を軽減できる制度です。この制度を受けることで、支払う自己負担額が3割から1割になり [続きを読む]