ぐうたら里山記 さん プロフィール

  •  
ぐうたら里山記さん: ぐうたら里山記
ハンドル名ぐうたら里山記 さん
ブログタイトルぐうたら里山記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mgtm
サイト紹介文兵庫の西の端でただのほんと田舎暮らしをしています。ぐうたらです。のん兵衛です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供514回 / 365日(平均9.9回/週) - 参加 2016/04/15 17:40

ぐうたら里山記 さんのブログ記事

  • 卯の花
  • 卯の花(ウツギ)が咲くともう夏。ホトトギスが鳴きだし、蛍がちらほらやって来て、田んぼに水が入り、カエルが嬉しそうに鳴きだす。そう、そんな夏がやってきた。というわけで卯の花の写真です。こちらはハコネウツギ。同じ木から白と赤の花が咲く・・・なんか不思議な花です。 [続きを読む]
  • 穫らねば刈らねば伐らねば・・・
  • 梅の実も山椒の実もそろそろ収穫の時期。でもその前に椿の木をばさっと伐ってしまわねば。柿の枝もばさっと伐ってしまわねば。水仙の球根や種を育てようと、そのままほったらかしにしていた果樹園や畑ののり面、もうすっかり草に覆われ手も付けられない状態。このままではまた去年みたいにスズメバチが巣を作るかもしれない。何とかせねば、刈らねば!梅の実は梅干しに使う。そろそろ色づいてきた。田舎暮らしをはじめてすぐに植え [続きを読む]
  • 市民大学講座〜町の歴史
  • この町の公民館の市民大学講座に行って来た。今回はこの町の歴史の話。縄文時代から弥生、古墳時代、中世のこと、戦国時代、国鉄・姫新線や町の文化財など話題豊富。駆け足での話だった。もっとゆっくり聞きたいもの。せめて10回くらいに分けて市民大学講座の会員だけでなくみんな参加できるオープンな会でじっくりやってほしい。ここは一見何〜にもないところ。でも歴史は古い、ここの集落・栗栖も播磨風土記に出てくる。町の中 [続きを読む]
  • 久しぶりの雨
  • 久しぶりに雨。午前中はぱらぱらと雨・・・間もなくやんだ。昼からはまじめに雨・・・でももう止んだ。どうも今日の雨はまじめさに欠けるようだ。ちょっとだけよ、あんたも好きね〜という感じの雨。畑は乾ききっている。もっとバサッと、バサバサッと降れないの?! [続きを読む]
  • モミジ
  • 紅葉・・・ではなくてモミジ真夏日なると、もう花の写真も暑苦しい!秋の涼しさを思いつつモミジの写真です。どう?ちょっぴり涼しくなりました? [続きを読む]
  • これ何の花?
  • ようやく我が家でも咲き出した。でも・・・これって何の花?そこでまずは拡大写真です。ん?わかった?まあ、わかるわけないか。↓↓↓↓↓↓そこで次はこの写真。シベの写真。↓えっ、これでもわからない?そうか、やっぱりそうか。う〜〜〜ん。↓↓↓↓↓↓↓それでは次は葉の写真。↓↓ここでわかったら、きっとその道のプロ。尊敬します!もう一枚葉の写真。でも、えっ、まだわからない?↓↓↓↓↓↓それでは次は蕾の写真。ど [続きを読む]
  • 葉陰
  • 暑くなると、花の写真も暑苦しく感じ、葉や木陰の写真を撮りたくなる。というわけでイチジクの葉の写真。実もそこそこ大きくなってきた。 [続きを読む]
  • 溝掃除
  • 今日は集落の溝掃除。年に2度ある。そして毎年毎年参加する人が減っている。1世帯に一人、これは義務。それでも来れない人が増えてきた。人もずいぶん減ってきた。以前はすぐに終わったのに作業時間も長くなってきた。それでシルバーさんに金を払って溝掃除やってもらったら?なんて意見も去年でた。でもこれちょっと違うんじゃない?暮らしの基本は自助・共助・公助自分でできることは自分でやる、できないことはみんなでやる。 [続きを読む]
  • 透明人間
  • 透明人間になりたい!なんて、きっと誰でも一度は思ったことがあるだろう。透明人間になったらいたずらのし放題、悪いことのし放題。女の子に悪いことできるな、・・・なんてあらぬ、よからぬ、想像をした人も多いだろう。でも現実にはそれはなかなか難しい、科学的には難しい。皮膚・筋肉・骨・血・内臓・・・その成分・密度はみな違う。ということは仮にそれぞれ透明になれたとしても、光の屈折率がそれぞれ違うので、薄ぼんやり [続きを読む]
  • 陶芸
  • 今日も椿退治。何本か伐ったけど・・・暑い!もう夏だね。(こんな暑い日にしこしこしこしこ、伐ってられるか!)まだまだ伐りたい木はいっぱいあるけど、まあいいや。きょうはこれくらいにしといてやろう。そして次は陶芸。皿を2つ作った。もうちょっと作りたかったけど、まあいいや。今月はこれくらいにしとこう。来週の火曜は素焼き。昼間気温40度のハウスで乾かすとはいえ、もう時間的にはこれが限度。全部で11個。まあま [続きを読む]
  • ヒゲ
  • ヒゲを生やしてもう1年以上になるかな〜剃るのが面倒になって、それならいっそ生やしとこう!といって始めたヒゲ。所がはやしてみるとこれがとっても面倒だった。ほっといたら伸びすぎて、食べるときにヒゲが口の中に入ってくる。そこでときどきハサミで切られなばならない。剃刀よりもハサミの方がずっと面倒だ。ヒゲを生やして良かったことは何もなかった。ひげを生やすと目立つ。こっそりひっそり隠遁生活を目指している人間に [続きを読む]
  • 椿
  • 思いっきり藪椿を伐った。15年前ここに来たとき畑はススキで周りは椿で覆われていた。まず始めたのはススキを切ること。そして畑を耕し、そして日当たりをよくするため椿を伐りまくった。でも数年するとまたまた生い茂ってくる。それでときどき伐っている。まったく厄介な奴だ。でも昔はきっと役に立っていたのだろう。きっと油を搾っていたのだろう。でももう誰もそんな面倒なことをしなくなった。そこでときどき、ばさばさばさ [続きを読む]
  • 春の野の花〜アヤメ
  • もう春も終わり。春の野の花シリーズも終わり。やれやれ。次々に去っては散っていく花たちを撮るのにもうとっても疲れた。お〜〜〜い、待ってくれ〜〜〜!でも全然花たちは待ってはくれない。それで、すっかり面倒になって、もうお手上げ、もう完敗!それに植物図鑑みたいな写真を撮っても少しも面白くない。間もなく春が終わる。この春の野の花シリーズも終わる。やれやれ。そこで気を取り直してアヤメの写真です。ここでもちらほ [続きを読む]
  • 気象報告士
  • 昼からちらほら降ってきた。久しぶりの雨。気象予報士は雨とは言ってなかったのになぁ・・・(だまされた!)しかし気象予報って、明日の天気は当たることはあるけど、週間予報は怪しい。1日くらいずれることはまあ大目に見るとして、まったく違った天気になることもある。それが中・長期予報となるともうめためた。なんとかならないのか?!そこできわめて有意義な提案をしたい。気象予報をやめて気象報告にしたらどうだろう?今 [続きを読む]
  • ビール
  • 最近毎日ビールを呑んでいる。毎晩1本呑んでいるもどき・・・じゃないよ。本当の本当のビールを飲んでいる。実は一箱もらったので、毎晩呑んでいる。いつもは家ではもちろん第3のもどきのビール。たまに飲むととっても苦く感じられる。でも本物の味。第3ビールもいろんな味があって嫌いじゃない。種類も多いので選ぶ楽しみもある。でもやっぱりビールはビール。ちょっぴり優越感に浸りながらビールを飲んでいる。 [続きを読む]
  • 普通の日本酒を・・・
  • 毎日日本酒を呑んでいる。それも純米酒ではなく普通の日本酒を。それも金箔入りの日本酒を。しかしこれってどうなんだろうねぇ〜金箔を入れたからって味が変わるわけでもない。こんなことよりもっと美味い酒を造ろうと思わないのだろうか?それとも美味い酒が造れないのでこんなことでごまかしているのだろうか?それって、杜氏として恥ずかしくない?自分たちの無能さをさらけ出しているだけじゃない?もっと杜氏としてのプライド [続きを読む]
  • 竹の支柱作り
  • 竹の支柱を400本作った。カボチャなどウリ科の野菜は苗を定植すると必ずと言っていいほどカメムシにやられる。そこで苗の四方に竹の支柱を立てて、周りを土の袋などで覆う、でも天井は開けておく。周りをビニールで覆って入るものの、上はすっぽんぽん。頭隠して尻隠さず・・・これじゃ虫は上から入ってくるだろう?ところが不思議のことにこれが効果がある。なんで?今でも不思議。でも効果があるので毎年竹の支柱を作っている [続きを読む]
  • やりたいことは・・・
  • やりたいことはいっぱいあったんだけど、作陶も少なくとも2つはしたかったんだけど、薪用の木を切っただけで、薪置き場を整備しただけで、鶏の餌用に、きっと今年最後タケノコ掘りもしたのだけど、きっとこの春最後のシイタケもとったのだけど、予定はなぁ〜んにもできないで終わった。えっ、これだけしたら充分?いえいえ、いつも予定を何にもできないで、ほかのことばかりやってる人間です。 [続きを読む]
  • ルピナス
  • ここは三日月・味わいの里今ルピナスが見ごろ。すぐ隣の町だけどルピナスあまり好きじゃない。というかルピナスだけでなく、野の花になれると普通の園芸種がとってもどぎつく感じられる。それでわざわざ見い行く気になれない。でもたまたま用があったのでついでに寄った。まだ満開ではなかったけど今がちょうど見ごろ。カメラ持参の人たちがちらほら集まっていた。国道からちょっと入ったらのんびりのどかなこんな雰囲気。この先に [続きを読む]
  • 棚田
  • 桃の最後の剪定が終わり近くにある棚田に寄り道。ここには日本棚田100選にも選ばれている乙大木谷の棚田がある。もう水が入っているだろうか?ちょっと写真を撮ってみよう。水が入った棚田と稲刈り前の棚田がやっぱり見どころ。ここには全国に誇れる3つの棚田がある。甲大木谷・乙大木谷・田和地区の棚田。それに陰陽師、安倍晴明と蘆屋道満のりっぱな塚もある。陰陽師〜何か今ではいかがわしいけど昔は科学だった。吉兆を占い [続きを読む]
  • 桃の剪定
  • 隣の町にオーナーになっている桃の最後の剪定と実摘みに行った。前回でほぼ完ぺき!と思ってたけどやっぱり摘み残しや切り残しがある。一つの枝に実は2つ・・・が基本だそうだけど、なんか積むのが惜しくなってこっそり3個ほどにしたり・・・上に伸びた枝は切るそうだけど、切ってしまったら葉がほとんどなくなる枝もある。まあそこはいいから加減に、適当に・・・そして、やっぱり邪魔だと思ったら次の袋掛の時にとったらいい。 [続きを読む]
  • モリエール全集
  • モリエール全集を読んでいる。モリエールは高校時代夢中になって読んだ。文庫本はみんな読んで、文学全集のモリエール集も読んで・・・それで終わり。フランス語を勉強して原文でもいいから全部読もう!何て気にはさすがになれなくてそれで終わった。学生時代ろくに勉強もしないで本を読み漁った。そのなかで戯曲もよく読んだ。チェーホフもシェークスピア全集も。そして戯曲を書こうと思った。一つも書けなかったけど・・・根がど [続きを読む]
  • 陶芸
  • 2つ作陶。ぐい?みと湯呑み(本当はこれもぐい?みになる予定)。いつもはたたら作りしているけど、時間はかかるけど手びにリが楽しい。いかにも手作りという気がする。そしてそんなぐい?みで呑むととっても酒が美味く感じられる。といってもまだ作陶は完成ではない。あす高台を作ったり削ったりする。そのあと素焼きをして釉薬をかけてそして本焼き。それでやっと完成する。これでぐいぐい?むのはまだまだ道遠し。 [続きを読む]