村野大衡 さん プロフィール

  •  
村野大衡さん: ほのぼの占い師“村野大衡”
ハンドル名村野大衡 さん
ブログタイトルほのぼの占い師“村野大衡”
ブログURLhttp://muranodaikou.blog114.fc2.com/
サイト紹介文台湾上機派紫微斗数「村野大衡」によるお気楽なブログ。
自由文命理師の村野大衡です。
日記なのか占いの話になるのかわかりませんが、お気楽な私に付き合ってください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 345日(平均7.0回/週) - 参加 2016/04/15 20:45

村野大衡 さんのブログ記事

  • 食事中だって色々と
  • 蔡上機老師との食事の続きです。しかし24時間営業とはいいながらも、この時間の飲茶の店でこの熱気はすごい。席に着きメニューを開く。確かチャーハンがおいしかったと思う。ゴマ団子と焼きそばも私には必需品だ。それ以外は老師に任せよう。私の注文だと日本っぽくなってしまうので。- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- ☆- さてここでさっきの雑誌の風水の記事だけど、こんな感じです。大勢の命が失われた台湾のこの大事 [続きを読む]
  • 再びあのお店に。
  • 忠孝東路四段の交差点で置き去りになる。10分ぐらい待ちました。蔡老師が掛け足で戻ってきた。どうやらコンビニを巡って雑誌を探してたようです。蔡老師:「ここを見て」村野:「おぉ〜!」台湾で起こった大きな事件の風水的な見地。蔡老師が解説しています。今日が発売日なのを思い出したみたいだったのです。(いつも色んな雑誌やテレビに出てます)まぁ、こんな所で立ち止まってても何なので店を探そう。蔡老師:「じゃあ、あ [続きを読む]
  • 食事に向かうのだが
  • 蔡老師からの長い伝授が終わった。いつもとは勝手も違うしかなり時間がかかった。遅くなったが夕食の時間です。事務所のビルを出てお店に向かう。老師の事務所は台北でもとてもお洒落な場所にある。東京でいうと青山とか表参道とかそういった雰囲気です。お洒落で美味しい「丼」の店があるという。店の名前を聞くと占い師にはぴったりだ。まさしく開運しそうだ〜(笑)。こういうネーミング大好き。しかもこのボリュームは私に向いて [続きを読む]
  • 新しい世界へ②
  • 蔡上機老師の最奥秘伝の伝授が始まった。占いとは別の新しい扉が今開かれたのです。す、すごいぞ!こういうことがあるんだ。。。驚きの連続。これは徹底的に身につけねば。いつもより長めの伝授時間となります。わからないところもいっぱい出てきます。何しろ今までの感覚と違うんだから。老師のパソコンの中の資料まで見せて頂く。何とか今回の分は終了。次回はさらに高い段階に入ります。それまでに、これらを覚えねばならないの [続きを読む]
  • 新しい世界へ①
  • 蔡上機老師の事務所に到着しました!とはいっても2か月前にも来てますが。老師は毎回お菓子やお茶を用意してくれます。ちなみにこの本は蔡老師の新刊です。プレゼントして頂きました。今回出して頂いたフルーツは、グァバです。リンゴと掛け合わせて品種改良したものですって。うん、うまい。そういえばほのかにリンゴのような味が。??このパイナップルケーキも美味しいぞ。買って帰りたいなぁ。今日も夜までマンツーマン授業で [続きを読む]
  • 台湾に着いたなら
  • ホテルに着きました。お姉さんが荷物を運んでくれます。今回は天成大飯店(コスモスホテル)です。常宿は前回の台北凱撒大飯店とここのどちらかですね。チエックインまでにまだ時間があります。ならば荷物を預けてお参りです。ここ!ご存じ龍山寺。いつもながらこの雰囲気はザ・台湾です。異様な熱気です。お参りの後は専門書店に行ったり、グッズを買いに行ったり、マックに行ってみたりです。その後のホテルに行きますが、ホテルの [続きを読む]
  • 台湾大好き☆彡
  • 3/15、台湾へ勉強しに行きました。今回は2名の老師です。事前資料が山のように届いてます。空港までの電車の中で頭に叩き込みます。今回も羽田からなので便利です。とはいっても鑑定室から1時間はかかりますが。最近は航空会社はANAがお気に入りなのです。マイルよ貯まれ〜。飛行機の中では機内ビデオを見ますが今回はビックリ。(゚д゚)!去年の夏にフジで放映された月9のドラマありますよね。「好きな人がいること」私はこのド [続きを読む]
  • メラメラと燃えてます。
  • 台湾から帰ってきました〜。まだドタバタで時間がありません。その辺は明日からじっくりと書こうと思う。毎度ながらあっという間の台湾でした。過ぎてしまうと本当に瞬間という感じ。こうやって年を取っていくんだろうな。何度も書いてることではありますが私の占いは、一般の占い師さんとはアドバイスの方法が違います。どうなりますか?いつ○○になりますか?といった類の質問に答えるものではありません。あたり前の事ですが、 [続きを読む]
  • 再びセブンイレブンで
  • 今回の宿泊ホテルは天成大飯店だ。このホテルもかなり泊っている。台北駅前のこの立地は最高なのです。7,8年前までは台湾に来た時でも、朝には必ずジョギングをしていた。公園で太極拳や八段錦などもしていたな。(台湾の公園でやるのがいいんだよ)今はサボってしなくなってしまったんだけどね。せいぜい部屋での導引とヨガ、スワイソウぐらいだ。しかし食べる方はいつも通りだ。このホテルの朝食も飽きるほど食べている。この [続きを読む]
  • 甘さに気をつけろ!
  • 台北のホテルにチェックインしたら、すぐに蔡老師の事務所に向います。そのまま授業に突入!!授業中は必死で気が付かなかったけど、頂いた資料が1cmにもなってしまった。^これ、消化できるのだろうか。夜までまでマンツーマンの授業が続いた。それが終わって老師と食事。また事務所に戻って少ししてから帰ってきた。この辺のことは帰国してから改めて書きます。一つだけうっかりしてたことがある。すっごく疲れてホテルに戻って [続きを読む]
  • 未知なる世界に突入!
  • 私の体に起こった異変を書く予定でいたが、“異変”はまたこの次の機会にします。うっかりしてたのですが、今日から台湾の老師の所に行きます。台湾に行くことはもちろん覚えてましたよ。準備もしてたし、それを忘れるほどボケちゃいない。ただ、ブログではそういうことではなく、「なるべく面白い話題を!」とそっちばかりに気を取られてた。面白い話題ばかりに意識をフォーカスしてたんですね〜。それは又今度に。今回も2泊3日 [続きを読む]
  • そこんとこヨロシク!
  • こんなお気楽ブログでもコメントを頂きます。ある方からこんなコメントを頂きました。最近私のブログを知ったようです。日帰りスキーの記事から読み始めました。その後もカラオケの話や今回のハクビシン。よくそんな面白い話に遭遇しますね。濃い毎日を送ってるからだと思います。ズッシリと詰まったスニッカーズのような日々は、人の3倍ぐらいに相当してると思います。仕事柄面白い話にも遭遇しやすいというのもある。前に書いた [続きを読む]
  • ハクちゃん騒動(後記)
  • ハクビシンのハクちゃんの話は前回で終わりました。でもそれにまつわる周囲の話をします。東京でハクビシンを捕まえたというと驚かれます。通り過ぎるのを目撃したという話は時々あるけれど、目の前でまじまじと見たという話はあまり聞かない。それどころか、若い人はハクビシンのことを知らない人が多いようだ。ハクビシン捕まえました。こんな感じの文章と写真を数人にラインで送付したら、若い人にはチンプンカンプンみたいだっ [続きを読む]
  • 屋根裏の散歩者(その6)
  • 捕らえられたハクビシンの話も大詰め。今日が最終話になります。最終回FINALだから少し長いです。ハクちゃんの未来はいかに!最終的には害虫駆除の業者さんに電話することになった。私は紹介された2社のうち、(株)〇○○消毒に電話を掛けた。もしもし、ハクビシンを捕獲しちゃいました。多摩環境事務所に聞いたらこちらを教えてもらったのでので今電話しました。この先どうすればいいのでしょう?この業者さんに色々と伺いました [続きを読む]
  • 屋根裏の散歩者(その5)
  • 数回続いたハクビシンのハクちゃんの話、ハクちゃんはどうなるのでしょうか。。保健所に電話したら、今はこういう話は管轄が保健所ではないらしい。多摩環境事務所というところになっているそうだ。私はそちらに電話してみる。保健所からこちらにと言われて電話しました。実はですね、、(再度いきさつを説明する) それでしたら自然環境課になります。繋ぎますのでそのままお待ちください。 (数コール) はい自然環境課です。 [続きを読む]
  • 屋根裏の散歩者(その4)
  • ハクビシンを捕まえちゃった。凶暴だけど君のうつろな瞳は可愛いんだよ。しかしハクビシンは「鳥獣保護法」で保護されている。どうすればいいかわからないので保健所に電話する。(b・ω・)モシモーシ保健所:はい、多摩小平保健所です。村野:罠を仕掛けたら、、(詳しく説明する)    で、引き取ってもらえないでしょうか。保健所:今そういうことしてないんです。    保健所では扱ってないんです。村野:え!じゃあどうすればい [続きを読む]
  • 番組の途中ですが、
  • 「屋根裏の散歩者」の続きを書く予定だった。・・・のだが、、、今回は急遽お知らせを挟ませてください。私への連絡方法についてなのですが、こちらからのメールが届かないことがあります。送信ボタンを押してもリターンで帰ってきます。その場合大体のアドレスはdocomoです。どうしてなのかは私には分かりません。返事が来ない方は確認してみてください。でもその前に、ブログでもHPでも書いてますが、連絡はメールでなく携帯にお [続きを読む]
  • 屋根裏の散歩者(その3)
  • 夜になると実家の屋根裏でドタバタは知る音が。「捕獲機ジャンボ」をセッティングしてみた。その続きの話です。屋根裏の散歩者は誰なんだ!そんなことを考えながら翌朝を迎える。すると、、、、中に何か居る!!?????????????これは、、、、、ハクビシンではないか!かなり大きい体でゲージに体当たりしてくる。ガゥッ!と鳴き声も鋭く、すぐにかみつこうとしてくるのだ。凄い暴れてるぞ。雨が降りそうなのでとりあえ [続きを読む]
  • 屋根裏の散歩者(その2)
  • 昨日の続きです。「屋根裏の散歩者」とはいっても江戸川乱歩、・・・の話ではないのです。実家の屋根裏の話なんです。屋根裏を何かが走る音がするようなのだ。夜になると屋根裏を自由自在に散歩している。うるさいし、すごく気になる。奴らは一体何者だ?いくら私が忍者が好きであってもまさか忍者が偵察に来てる訳ではないだろう。相変わらず夜になるとドタバタドタバタと騒がしい。こんなに走り回るのは一体どんな動物なのだろう [続きを読む]
  • 屋根裏の散歩者(その1)
  • 私は昭和40年代生まれです。この世代は小学生の頃、江戸川乱歩が大ブーム。子供の頃は少年探偵団に憧れたものです。その後も探偵という言葉に憧れて、20年後には探偵学校にも入るのだが、それは又いずれのネタにしておこう。去年で江戸川乱歩死後50年が経ちました。ついに江戸川乱歩が著作権フリーとなったのです。電子書籍ではさっそく出てきました。小学生の時に読んでいたのだが、今になってよく考えると江戸川乱歩って、こんな [続きを読む]
  • 四谷怪談
  • 日本三大怪談というのがあり、それが、、四谷怪談、番町皿屋敷、牡丹灯篭の3つらしいです。一番有名なのは四谷怪談じゃないでしょうか。【四谷怪談】元禄時代に起きたとされる事件を基に創作された日本の怪談。基本的なストーリーは「貞女・岩が夫・伊右衛門に惨殺され、幽霊となって復讐を果たす」というもの。(wikiより)その舞台となるのはもちろん四谷です。私の鑑定室から歩いて行けるところにあります。いつも通る道から奥の [続きを読む]
  • 3月27日は、、、
  • お笑いではサンドウィッチマンとナイツが好きです。中川家も好きだしパンクブーブーもいいね。練りこまれたネタには感心させられます。ある時ふと思い立ち、ナイツのことをヤホーで検索してみた。そしたら凄いことがわかっちゃったんですね。なんとナイツの塙さん、誕生日が3月27日なんです!これは絶対に凄いでしょ!スッスゴィ...(゚Д゚ノ)ノいや別に凄くはないけど。私と誕生日が一緒なだけです。(生まれ年は違いますが)こうなると [続きを読む]
  • 久しぶりのカラオケなのだが(その3)
  • S君夫妻とのカラオケなのだが、待ち合わせに現れたS君はマスクをしていた。病気とは縁のないようなS君なのに。この続きからです。S君:まいっちゃいました。   昨日から吐き気と下痢がひどくて。   ノロかもしれないです。村野:そりゃまずいだろ!    カラオケどころじゃないよ。S君:でも俺、大丈夫っすから。君がよくてもこっちが困るんだよ!密室でカラオケなんかできないよ。熱唱されたら飛沫感染するじゃないか! [続きを読む]
  • 久しぶりのカラオケなのだが(その2)
  • S君夫妻にカラオケに誘われた話の続き。当日ルンルン気分で歌舞伎町に向かう。当日の歌舞伎町の風景。お店は私が選ぶことになっている。歌舞伎町にはものすごい数のカラオケ店があるのだ。意識して街を歩けばカラオケ店だらけなのがわかるだろう。密集地帯としては日本一だ思う。S君は気合を入れてたようだし私も歌うのは久しぶりだ。奥さんもカラオケが大好きだと聞いている。こうなると、5,6時間は必要だろう。フリータイムの [続きを読む]
  • 久しぶりのカラオケなのだが(その1)
  • カラオケに誘われた。カラオケなんて実に久しぶりだ。だが私が歌うとひどいことになりそう。誘ってくれたのはS夫妻だ。私はS君と世代的にはほぼ一緒の歳だ。S君の奥さんは写真しか見たことないけど美人である。しかも30代前半という年の差だ。3人でのカラオケも楽しいをそうなのだが、前日からずーっと考えていたことがある。私は何を歌おうか?ある程度2人の趣味にも合わせないといけない。S君とは付き合いそこそこ長いけど、ど [続きを読む]