かなみ さん プロフィール

  •  
かなみさん: 遺された妻の日記
ハンドル名かなみ さん
ブログタイトル遺された妻の日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kazu20160201/
サイト紹介文夫を突然死で亡くし、親子で乗り越えようと頑張っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 337日(平均2.7回/週) - 参加 2016/04/16 14:07

かなみ さんのブログ記事

  • 夢を見た
  • 久々に、主人が夢に出てきた。何ヶ月ぶりだろう。あまりに久しぶり過ぎて、何だか不思議な気持ちになった。目覚めて、夢だったんだと落ち込んだ日々。でも今は、夢に出てきてくれた嬉しさが勝つ。主人の死を受け入れてしまったのか?認めたくない。でも、... [続きを読む]
  • 向いてない
  • 駐車場で自分の車を探したり、来た道を戻ろうとして戻れなかったり、やっぱり私は運転に不向きだ。近道だと言われても、知らない道を開拓するのが怖くて、同じ道ばかり通る。車の一年点検のお知らせが届いた。罰則はないが、いちおう法定点検らしい。女性... [続きを読む]
  • 迷子
  • 用事があって、ショッピングセンターへ久々に行った。いつも、駐車場は躊躇なく、屋上へ。なぜなら、ガラ空きだから。でも今回は、天気が悪かったこともあり、駐車場が空いてたこともあり、何となく地下駐車場へ。これがいけなかった。・・・車がないっ!... [続きを読む]
  • 早いなぁ
  • もう三月。去年の今頃は、花粉症さえ気に留めないほど、混乱した毎日。今年は、やけに鼻水鼻詰まり。目も痒い。あ〜私、結構酷い花粉症だったんだ・・・忘れてた感じ。もうすぐ桜の季節。桜を見るの、寂しいなぁ。 [続きを読む]
  • 強情
  • 反抗期の息子。楽することを覚えて、嘘をつく。そんな嘘を見破り、今朝叱ったらスネて、夜になっても機嫌が悪い。夕飯は要らないと、黙ったまま。こうなったら我慢比べと、私もダンマリ。・・・しかし、強情だ。何時間経っただろう?ついに、空腹に耐えか... [続きを読む]
  • 致死性不整脈
  • アイドルの女の子が亡くなったニュース。あまりに若く、あまりに突然で、人生の儚さを改めて思い知らされた。致死性不整脈の疑い疑いとはいえ、公表されたということは、持病があったのか、身内に不整脈をもつ人がいたということだろう。主人の場合も、一... [続きを読む]
  • 一年が過ぎて
  • 「旦那さんがいないって知らなかった」最近知り合った人に、そう言われた。そうだろうね・・・あれからずっと、精一杯辛さを隠してるし、任された仕事も、責任を持ってやってるし、誰かに私の辛さや悲しみを訴えたって、きっと相手は困るだろうって分かって... [続きを読む]
  • 長かった二日間
  • 今朝は早く目覚めた。一年前の朝、主人は私の横で寝ていた。そう思うと、朝から涙が止まらなかった。月日でいくと、一周忌は何日か後だが、私はきっと、今日・明日が一番辛いだろう。朝、見送って、帰って来なかった日曜日。胸が張り裂けそうな思いで主人を待ち続け... [続きを読む]
  • 一周忌
  • 長かったのか、短かったのか、もうすぐあの日から一年がやって来る。未知の世界だから、どんな気持ちになるのか不安だか、既に何かがおかしい。集中力がない。やったことなのに、やったかどうか不安になり、再確認することが多々。仕事に支障をきたさないか... [続きを読む]
  • 1995.1.17
  • 今日は、阪神淡路大震災から22年。去年の今日も、主人と一緒に震災を思い出していた。まさか翌年、ひとりで思い出すことになるとは思わずに。震災の一ヶ月ほど前、偶然再会した私たちは、連絡先を交換し、たまに時間が合えば会う仲だった。そんな時期に・・・あの震災... [続きを読む]
  • この辺では珍しく、雪が降っている。気温も低い。道路も凍結して、車の運転は危なそうだ。あの日もこんな雪なら良かったのに。主人は少し風邪気味だったし、こんな雪なら、家でゆっくり休んでいたかも知れない。私も、危ないからと、もっと強く引き止めてい... [続きを読む]
  • 主人がいた証
  • 費用によっては、名義と引き落とし口座、カード名義が一致しないといけないものがある。そのため、主人が亡くなって、仕方なく名義変更したものもある。水道料金は、事情を話して支払い口座だけ私のものに変更してもらえたから、名義はまだ主人のままだ。電話... [続きを読む]
  • 2017年
  • 「去年の今頃は・・・」今年になって、ますます回想が増えた。主人の命日が近づいてるのもあるのだろう。一年前は、主人は生きていた。思い返せば、私の人生がこの一年ですっかり変わってしまった。一年先、十年先、二十年先・・・いろんな希望や人生設計は... [続きを読む]
  • 帰省が終わる
  • 明日、家へ戻る。今回の帰省は、何かと予定を詰め込んだ。友人と会った。いつも会うメンバーだ。まだそれ以外のメンバーと会う勇気がない。今回も、街でたまたま知り合いを見掛けたが、とっさに顔を伏せてしまった。今回のことをまた一から説明するのも嫌だし... [続きを読む]
  • 2017年を迎えるということ
  • あと何時間かで、2017年を迎える。まさかまさか、こんな年末を迎えるとは夢にも思わなかった一年前。叶うなら、一年前に戻りたい。戻って、あの日をなかったことにしたい。それなら、今もこんな気持ちで過ごすことはなかったのにと、何度思ったことか。それ... [続きを読む]
  • 涙脆い
  • 私は最近、涙脆い。車窓から見えるイルミネーションを見て泣き、母が録っていた「べっぴんさん」総集編を観て泣き、産まれたばかりの赤ちゃんを紹介するTV番組のコーナーを観て、また泣いていた。人の生死や、儚いものがダメなようだ。主人が居ない寂しさ、それ... [続きを読む]
  • 我が家のクリスマス
  • 結局、私の頭を悩ませる問題は、三連休が明けないと解決出来ないことで、一昨日、昨日と忙しく動き回ったのは、単なる無駄足に終わった。主人がカッコつけて何でも引き受けるから、そのツケが全部こっちに回ってきた。この三連休、「主人がもう居ない」ことを... [続きを読む]
  • 連休なのに
  • 昨日の夕方から今日の午前中にかけて、面倒な問題が続けて発生した。ただでさえ、この三連休は出来るだけ穏便に過ごしたかったのに、既に胃が痛い。目から、耳から、入ってくるクリスマス色を、どうやって受け流すか・・・それだけを課題としていたのに、余計な... [続きを読む]
  • 誕生日
  • 主人が居ない、初めての誕生日。いつもは、朝起きて顔を合わせたらすぐ、「おめでとう」と言ってくれた。数字を覚えるのが苦手だから、誰かの誕生日を覚えてるなんて奇跡だって、いつも言ってた。「ありがたく思え!」なんて言ってたけど、照れ隠しなのは分か... [続きを読む]
  • 日にち薬
  • 周りがよく言う「日にち薬」関西より西で使われる表現らしい。「時薬」が一般的な表現だと、最近知った。私は、この言葉で慰められるのが嫌だった。でもあれから一年近く経ち、認めざるを得ない場面が少しずつ増えてきたのは事実。悲しいけど、悔しいけど。... [続きを読む]
  • 初の姉さん女房
  • もうすぐ私の誕生日。同い年だった主人、それも誕生日も早いため、私はいつも、主人から何ヶ月か遅れて歳をとる。それが当たり前のことだった。今年から、私だけ歳をとることになる。初の姉さん女房になるわけで。悲しいのと、寂しいのと、違和感と・・・毎... [続きを読む]
  • お義母さん5
  • 私が忙しい反面、義母は暇な日が続いた。いろいろあるものの、掃除や洗濯をしてくれているのは、やはり助かっている。そんな中、年末だからか、義母にも仕事が入り、少し忙しくなってきたようだ。休みの時なら、私も多少は時間もあるし、洗濯も掃除もしますか... [続きを読む]
  • 日常は当たり前に続く
  • 誰かが亡くなっても、日常は当たり前に続く。最近、それを実感した。あぁやっぱり、そういうものなんだよな・・・主人の元会社も、当たり前に皆が仕事をし、毎日が普通に過ぎているんだろうな。哀しみから抜け出せないのは身内だけ・・・私もそうだ。知人... [続きを読む]
  • 気持ちの整理 一袋
  • 今日は病院へ行こうと思っていたが、午前中、うとうとしているうちにお昼になってしまった・・・診察終了。実家の母にひどく叱られた。肺が悪い父のこともあり、母は咳には敏感だ。とはいえ、体調不良のピークは過ぎた。ふと、衣替えをしようと思った。並行... [続きを読む]
  • 手の形
  • 今日は一日、寝て過ごした。明らかに風邪の症状。早く治さねば・・・。これ以上、気持ちまで落ちたくない。「自分の食事は自分で作れ!」と言いたいが、さすがに無理か・・・。何とか子供たちの食事だけは作ろうと、手抜きでごめんと謝りつつ、準備していた。... [続きを読む]