折々スケッチ さん プロフィール

  •  
折々スケッチさん: 折々スケッチ
ハンドル名折々スケッチ さん
ブログタイトル折々スケッチ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hirotosaiseikai
サイト紹介文水彩、墨、ペン等で風景や花などを主にハガキサイズで描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2016/04/17 09:01

折々スケッチ さんのブログ記事

  • 筍の季節
  • 「いただいた筍」 温室栽培などで年中お店に並ぶ野菜や果物が多い中、タケノコは今が旬。今でなければ皮付きのとれたては味わえない。夫が大好物だったタケノコ、出始めから終わるまでいつも食卓に。定年までお弁当を持って出かけたので筍の煮物は毎日飽きずに入れました。タケノコと油揚げを煮たものです。私は「油あげ」と夫は「うすあげ」と言い土地によって言い方が違うようです。孟宗竹のタケノコが終わると細めで柔らかい淡 [続きを読む]
  • 街路樹の下で タンポポ
  • 庭のタンポポ道路沿いの植え込みの足元にタンポポが咲いています。初夏の太陽を一杯に受けて黄色に輝く花。街中で見かけるのはほとんどが西洋タンポポ。西洋タンポポは花のがくが反り返っていて、日本の在来種のがくは上に向かって花に寄り添っている。そう言われてきましたがかなりの割合で西洋種と日本タンポポが混ざり合っているそうです。ただ中部地方の「トウカイタンポポ」は西洋タンポポと混ざることなく残っているとのこと [続きを読む]
  • 街路樹の下で  ノゲシ・カラスノエンドウ
  •   ノゲシ(ハルノノゲシ)新緑の街にツツジが咲き始め街の風景が明るくなりました。鮮やかなツツジの間から「ノゲシ」が頑張って顔をを出していました。ノゲシといってもケシの仲間ではありません。よく見かけるのにあまり描いたことが無い花です。先日NHKで放送された「足元の小宇宙」で絵本作家の甲斐信枝さんが描かれていたノゲシがあまりに素晴らしかったので描いてみる気になりました。甲斐さんは1930年生まれの現役絵本 [続きを読む]
  • 野菜の花 ネギと春菊
  • ストッキングを頭からかぶったようなネギのつぼみ実家の畑で葱坊主と春菊の花をもらいました。ネギの花は切り取らないと若い芽が育たないから切ってしまうのだとか。だから大きなネギボウズは無くて・・・。大きく育った春菊は可愛い花をつけていました。春菊の花 野菜の花は優しい色が多く、場所があればいっぱい植えるのにな・・・。今年は植木鉢でミニトマトとオクラとニガウリを植えようと思っています。植木鉢をどこに置こう [続きを読む]
  • 四月中ごろ 庭の花(つづき) 
  •   ハナミズキ玄関脇に植えたハナミズキは4月の白い花、夏の緑の木陰、秋の紅葉。冬の紅い実と四季折々楽しませてくれます。今年も数日前から咲き始めました。いつかのブログにも書いたのですが、日本からアメリカに贈られた桜のお返しに日本に贈られたのが「アメリカハナミズキ」だそうです。もうすっかり日本の木となって街路や公園にもたくさん植えられています。柔らかな新緑に白い花は初夏の爽やかさにあふれています。鉢植 [続きを読む]
  • 4月中ごろ 庭の花
  •  「ヒゴスミレ」随分前に友人からいただいて庭に植えた一株の種が散らばって毎年どこかの隅に咲いているヒゴスミレ。スミレとは思えない深い切れ込みのある葉が特徴です。香りもかすかに。春は小さな庭にも次々花が咲き、雑草も生え季節の移ろいを感じます。日当たりがあまり良くない庭ですが若葉の間に揺れる紫の花には心が安らぎます。小鳥もよその猫さんも眺めに来てくれます。白黒の模様の猫さんはたまに、黒猫さんは庭を通過 [続きを読む]
  • 名古屋駅前
  • モード学園スパイラルタワーズ友人と名古屋駅ナナちゃん前で待ち合せました。久しぶりの名古屋駅前は新しいビルが完成してすっかり様変わり。市バスの乗降場所も変わり、此処はどこかとあたりを見回してから動き出す。目印の大きな人形「ナナちゃん」の場所は変わっていなくてやれやれでした。これこらもリニア新幹線開業に向けてますます変わる街、時々は出かけてビルから街を眺めるのも楽しそうだなと思いました。友人と待ち合せ [続きを読む]
  • ナガミヒナゲシ
  • 「ナガミヒナゲシ」 道路沿いや草むらでこんな花見たことありませんか?色も姿も優し気で春風に揺れる様子は爽やかそのもの。ところが帰化植物の中でも「危険外来種」他の植物を駆逐して自分だけが増え続ける性質なのだとか。適応力が高い小さな種がどこにでも飛んで増え続ける、確かに家の小さな庭にもいつの間にか生えてきて、時々抜き取っています。とにかく花が咲く前に抜き取ることが大切だそうです。花はほんとに可愛いので [続きを読む]
  • 名城公園 しだれ桜
  • 寒い日が多かったせいで今年の桜はいつもより長く咲いているようです。今日やっと少し時間ができたので名古屋城を一回り。青空の桜に会うことができました。お堀の石垣から身を乗り出して咲く桜は花びらを散らしながらまだ美しい。黒川から堀川に至る岸の桜は花吹雪となって水に浮かんだ花びらは墨流しのような模様を作って流れていました。まだまだ、桜は残っていますし名城公園ではしだれ桜が見頃でした。「しだれ桜」 4月14日 [続きを読む]
  • ジャーマンアイリス
  •  この絵は以前に描いたジャーマンアイリス市内のバスの窓から歩道に紫の「ジャーマンアイリス」が咲いてるのが見えました。もうそんな季節なんだ〜・・・と。子供の頃、畑のすみに春一番に「イチハツ」が咲きました。よく似ているジャーマンアイリスとイチハツの違いは・・・?厚くて幅広の葉にアヤメに似た白くて大きな花。そーっとさわってもすぐに破ける花。父がイチハツを床の間にいけると花が堂々として一日で枯れるのがおし [続きを読む]
  • 赤・白 椿
  •   名古屋城周辺の桜を見にサイクリングしていると椿も満開。地面を紅く染めるほどの落ち椿。あまりにきれいなので拾って帰りちょっとスケッチ。薄い紅、濃い赤、小さめにすぼんだ花などどれも魅力的。持っていたポリ袋に拾い集めているとアジア系の外国人が袋をのぞいて「〇△×◇・・・?」と。「食べるのか?」とでも聞いたのかしら・・・。「家で絵を描こうと思ってね拾ってるの」と名古屋弁の私。お互い分からないまま、なん [続きを読む]
  • 桜・さくら(2)
  •  「名古屋城正門前」名古屋城周辺の桜の続きです。能楽殿から名古屋城正門へ出ると外国の方が観光バスから続々降りてきます。あまりに賑やかなのは苦手、前を通り過ぎてお堀沿いにサイクリング。外堀に出ると土手では土筆を摘んでいる人を見かけちょっと参加したしたい気もしましたが「立ち入り禁止」の立て看板ににらまれて断念。「外堀土手の桜と花桃」雨に打たれて落ちた椿の花を拾って帰りました。 外堀にかかる「本町橋」 [続きを読む]
  • 桜 とウグイスと
  • 「能楽殿前の桜」樹高が低く花が地面につきそう。5日は晴天、満開近しという名城公園へ孫ちゃんとお花見へ。花よりお弁当と遊具の方が魅力の孫を追いかけて過ごし、お花見は・・・?7日夜に孫は帰って8日は静かな朝。空模様を見ようと窓を開けると裏のお宅の庭から「ケキョ ケキョケキョ ホー」っと聞こえます。待っていると「ケキョケキョ ホー ホケキョ」今年のウグイスはケキョケキョが長いけれどちゃんとウグイスらしく最 [続きを読む]
  • 菜の花と・・・
  • 「菜の花」菜っ葉の花は皆「菜の花」、いただいたこの菜の花は軸が少し赤味を帯びてなんの菜っ葉かしら・・・下さった方もご存知ないようでした。今週は週末まで5才の孫を預かっていて マゴマゴしています。ちょっとお休みして日曜日には再開できるかなと。  [続きを読む]
  • 伸びる
  •  「花屋さんのゼンマイ」春が来るとつぎつぎに花が咲いて楽しみが増えます。そして小さな庭にも雑草は一緒にどんどんと。チョットほっておけばハコベも花が実になって種がこぼれそう。ツツジ、モミジ、アジサイの芽は日ごとに伸びて日陰のシダの芽も拳を突き上げています。春で〜す! [続きを読む]
  • 彦根城の桜
  • 「急坂を登りやっと天守閣」2年前の4月半ばの彦根城です。花冷えの日が続き私たちが出かけた時はちょうど満開、見頃でした。大河ドラマ「おんな城主直虎」の井伊家がのちに城主となった彦根城です。石垣に囲まれた急な坂道を上ると国宝の天守閣があり琵琶湖を望むことができました。 石垣の上からうっすらと琵琶湖が 天秤櫓 [続きを読む]
  • 桜は・・・昨年の想い出
  • 名古屋は3月28日に桜開花宣言、その後の冷え込みでゆっくり咲いてこれからようやくといったところ。待ちきれないので昨年出かけた新郷瀬川あたりの桜の写真から絵にしてみました。愛知県犬山市の入鹿池から流れ出た五条川が羽黒辺りで別れて新郷瀬川となり北上して郷瀬川に合流します。この川はその先の犬山で木曽川にまた合流。自然が残された川沿いの桜の古木が見事です。昨年は桜が満開の下を絵具と無人販売で買ったタケノコ、 [続きを読む]
  • 「第17回 彩青展」のご案内
  • ☆まだ1ヶ月以上も先のことですが どうぞよろしく。   「墨と水彩・はがき絵 第17回彩青展」      名古屋市民ギャラリー栄 8階 第8展示室      2017年5月16日(火)〜21日(日)      9:30〜18:00 最終日は17:00迄      〇印は私が会場にいる予定です。  ハガキサイズを中心に6号程度までの水彩、墨彩、ペン等で描いている「彩青会」の作品展です。今年も風景、花、ペット、お孫さんの成長な [続きを読む]
  • 庭の花いろいろ
  • 「庭の花色々」名古屋は3月28日桜開花でした。我が家の小さな花壇や庭の隅にも春が来ました。何年も前から植えたままのヒアシンス、ミニの黄水仙は花数は少なめでもちゃんと咲いています。昨年咲いた後のこぼれ種から育ったムラサキハナナも柔らかそうな葉に薄紫の花が優しそう。花壇のパンジーは急に勢いを増して花盛り。植木鉢のブルーベリーも沢山花をつけてこれが全部実になるといいのにと期待・・・昨年は少しだけでしたから [続きを読む]
  • 春の田んぼ
  • 春の田起こしが終わってすっかりきれいになった田んぼは広々。畔の隅っこにレンゲ草が咲いていました。摘んで帰って花瓶にさしてスケッチしようとすると花は下向きに、元気がないのかと思ったら昼間活動するミツバチがいない夜は眠るのだそうです。花瓶にさして窓際に置くと蕾も開いて、咲いたり閉じたり一週間を過ぎても元気です。少し白っぽくなりましたが。「レンゲソウ」 [続きを読む]
  • 「障害は不便ではあるけれど 不幸ではない」
  • 「モデル用に借りたウクレレ」学区発行の「福祉ニュース」に リオ・パラ五輪 柔道銀メダリスト廣瀬誠さんの講演の一部が載っていました。「障害は不便ではあるけれど不幸ではない」この頃、かなり聴こえが悪くなった私はこの先が不安です。おしゃべりに入れない、案内が聞き取れずに失敗、お店で金額が聞き取れず小銭があるのにお札でお釣りをもらう・・・ささいな事だけれど色々続くと・・・。「障害は不便ではあるけれど不幸で [続きを読む]
  • 神戸 南京町
  • 「南京広場のあずまや」灘で展覧会を見たあと南京町へ。昨年秋に出かけた横浜の中華街を思い出す香りと赤、黄色の中国らしい色どり、雑踏でした。案内してくれたお仲間が「ここの豚まん 有名よ」と言われたのに整理の人が出るほどの長い行列に諦めて香りだけ楽しんで見て回りました。ビルの地下のお店で中華ランチをいただいて、帰りには三宮駅で「明石焼き」の早めの夕食。名古屋と比べると坂道の街に人が多く、路地が多い…街の [続きを読む]
  • 「木澤平通 水彩画展」へ
  • 「風見鶏の館」24日神戸で開催されている「木澤平通水彩画展」を見に友人と出かけました。1年ほど前にFBで素敵な水彩画に出会い絵と文章に魅了されてしまいました。木澤平通(きざわとしみち)さんという関西の方です。毎朝アップされる作品を楽しみにしていたところFBで個展を開かれることを知リ是非行かねばと絵のお仲間を誘って出かけたのです。目的がある今回は新幹線で行きました。会場は 神戸BBプラザ美術館 2017年3 [続きを読む]
  • 青春18切符・安曇野へ(3)
  • 山間に雪山の裾が少し見える私は風景を見ながら列車に揺られているのが好きです。そして好きな場所で降りて歩いてスケッチできれば しあわせ〜。今度の安曇野行きも、もし好きな場所に出会えたらそこで降りてもいいと思ったし一応決めた「安曇追分」で降りなくても、山が良く見えたら「白馬」まで行ったかも。名古屋から白馬往復すると13時間くらいかかるので、そこまではちょっと無理かしら。「遠くに麦畑が」大糸線は二両編成の [続きを読む]
  • 青春18切符・安曇野へ(2)
  •  「有明山」安曇追分の駅から有明山の方角に歩くと穂高川。透き通った雪解け水が音たてていました。その水を引いて小さなワサビ田があちこちあり、有名な大王のワサビ園だけではないんだ等と当たり前のことを思いながら テクテク テクテク。「有明山と麦畑」安野光雅さんが描かれた画集「安曇野」の風景に出会いたくて テクテクするのですが堤でスケッチしていても山がはっきり見えないし、なんだかイメージが違うので電車で一 [続きを読む]