折々スケッチ さん プロフィール

  •  
折々スケッチさん: 折々スケッチ
ハンドル名折々スケッチ さん
ブログタイトル折々スケッチ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hirotosaiseikai
サイト紹介文水彩、墨、ペン等で風景や花などを主にハガキサイズで描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2016/04/17 09:01

折々スケッチ さんのブログ記事

  • 梅雨らしい日
  •  「タチアオイ・ツユアオイ」名古屋は雨、今日からしばらくは梅雨らしい日が続きそうです。立葵が昨年咲いた残りの株から1本だけ芽吹き優しい色の花を毎日咲かせています。この花が咲き始めると梅雨に入り、咲き終わる頃梅雨が明けると言われ「梅雨葵」とも。「ネジバナ・モジズリソウ」 庭の草取りをしていたら見慣れない葉が生えていて「なんだろう・・・」と。邪魔にならない場所の1本だけ残しておきました。先日から花をつけ [続きを読む]
  • 記念日に・・・
  • 「ミニ花束とメッセージカード」6月24日は私の75歳の誕生日、これからは目指せ「高輝高齢者!」です。昨夜は一日早く娘とお祝いの外食。出かけたお店は3年前、私と夫の金婚式のお祝いをしたお店。夫は金婚式には自分が皆を招待したいと言って、子供たちや孫が飲んだり食べたりするのを嬉しそうに見ていました。この日は夫もよく飲んで上機嫌。あれから3年、来月は夫の3回忌・・・。すっかり大きくなった孫と娘と思い出話をしなが [続きを読む]
  • 柏原・夏(3)街道で
  •  「柏原宿への途中」和紙・F2  昔は家の2階からも見えた伊吹山、どっしり丸い形や伊吹下ろしの冷たさと共になじみのある山でした。この頃は自由な時間ができた時には東海道線に乗ってのんびり伊吹山スケッチお出かけも。ただし元気でなくては・・・です!今はまだ少し自信が無いので今回の柏原も無理しないで、休み休み・・・。 「何でもない家、錆びたトタンが魅力的で」柏原宿の散策も途中でアイスコーヒーで一休み。いつ [続きを読む]
  • 柏原・夏(2)艾・もぐさ
  • F3日影が無いので伊吹山のスケッチは あきらめて柏原宿へ向かいました。江戸日本橋から京三条大橋まで中山道六十九次 60番目の柏原宿名産は昔から続く「艾・もぐさ」。堂々とした構えの伊吹堂亀谷左京商店が今も続いています。子供の頃、母の丸々した背中2箇所にコメ粒ほどのもぐさをのせて線香で火をつけるのが私の役目でした。母は「のういっけつにならんように・・・」と言って熱さをこらえていたようですが私は見ているだ [続きを読む]
  • 柏原 夏(1)
  •  「伊吹山」6月20日 久しぶりに東海道線で柏原へ行きました。展覧会の準備やその後の何だかぐずぐずしていてスケッチに出かけないままどんどん季節が過ぎてしまい、水の入った田の様子など見たいのに・・・と。もうすっかり青田になっていると思っていたらブログ友さんが「伊吹山の東の方はまだ」という記事をアップされていて柏原駅周辺を歩くことにしました。東海道線の岐阜から大垣、垂井あたりは車窓から田植えが終わったば [続きを読む]
  • ヤングコーン
  • 昨年初めて買った生のヤングコーン、皮ごと焼いても茹でてサラダにしても美味しくて今年もそろそろ出てるかなぁと産直ショップをのぞくと、ありました!10本150円、今年はサラダにしようと全部皮をむいてさっと茹でて夕食と明日用にも。トウモロコシの摘果されたものがヤングコーン。小さくてもフサフサのひげはしっかり付いていて皮ごと焼けばヒゲも薄い皮も食べられます。まだ知られていないらしく店頭掲示の説明を読んでいる方 [続きを読む]
  • 堀川・納屋橋から
  •   「納屋橋から」この所の快晴つづきは一休み、日曜日は朝から曇り空。少し元気がないこの頃は6月の太陽の光にメマイがしそうで外出をためらっていました。曇り空はチャンスです。日曜日までで終わってしまう展覧会がいくつかあり自転車でぐるっと一回り。日曜日の早い時間は都心の自転車専用レーンを独り占めしてルンルン サイクリング。土曜の夜にNHK「ぶらタモリ」で放送された堀川。堀川にかかる納屋橋のたもとにあるギ [続きを読む]
  • オーストラリアのブドウ
  • 友人から「おいしい」と聞いてオーストラリア産のブドウを買いました。形が日本のものとは少し違うのですが皮ごと食べられ種もなく美味しかった。まだ行ったことのないオーストラリア、ワインも沢山輸出されるし広大なブドウ畑で摘んだのはどんな方かな…カンガルーも跳ねてるだろうか…などと思いながらいただきました。 [続きを読む]
  • ブログ再開しました
  • 「枇杷」 急にブログをお休みしてご心配おかけしましたが、ほぼ元気になりました。昨年も6月、7月とフラツキやメマイで困っていましたので、季節も関係あるあるのかもしれません。整形外科では首が原因かもしれないと言われて週2回ほど接骨院へ通院、これが良かった気がします。ここは私の兄の孫が開業している接骨院なのでバスで40分以上かかっても安心して出かけています。2週間近くメールなどのチェック以外はパソコンを開かず [続きを読む]
  • ガクアジサイが咲きました
  •  「ガクアジサイ」庭の隅にガクアジサイが色づき始めました。昨年秋の枝打ちの時「このままだと大きくなり過ぎますよ」という庭師さんの忠告を聞かないでそのままににしたアジサイたち。ほんとに大きく育って花が沢山付きました。裏鬼門に植えた小さめの柊が隠れそう。塀の隅っこが2種類のアジサイで山の陰のように苔も青々、小さな箱庭も夕方水を撒くと清々しい風が気持ちいい。塀の向こう側はピッタリとマンション、朝夕には何 [続きを読む]
  • 桑の実・マルベリー
  • 他の方のブログで桑の実の写真を見ました。いつかいただいた枝を描いたことを思い出して出てきたのが今日の絵です。ずっと昔 畔道にはえていた桑の実を食べたことがありました。赤いのが美味しいだろうと食べたら酸っぱくて、熟れ過ぎたような黒い実が甘くておいしかった。その頃は洗ってなどとは思わなくてそのまま口へ。スケッチに出かけた田舎道を歩くと藪の野イチゴも食べました。趣味で自然を大切にした農業をしている友人は [続きを読む]
  • 庭の隅で
  •  「アルストロメリアとメドーセージ」我が家は狭い庭や小さな花壇になんでも植え込むのしばらくすると弱い花は消えてしまい翌年に芽を出すのは強いものだけ。その中でも「アルストロメリア」と鮮やかな青紫の「メドーセージ」は毎年忘れずに花をつけてくれます。花屋さんでは華やかで色とりどりのアルストロメリアの切り花を見かけますが、花壇などで見かけるのは絵に描いたようなくすんだピンクばかり。確かにこの種類はほってお [続きを読む]
  • 散歩の途中で
  •  「拾ったサクランボ」ウオーキングの道を変えながらあちこち見て歩くのが好きです。いつか行こうと思っていたレストランがすっかり違った店になっていたり突然魚屋さんが開店していていつから?と驚いたり、古い家が壊されて整地されいつの間にかマンションが建ち人が住んでいる。変わってゆく街歩きも楽しいのです。この頃はあちこちのお宅の庭の緑の中にヤマボウシの白い花が見られます。桜の季節に大島桜のような花を咲かせて [続きを読む]
  • 山桜桃梅・ユスラウメ
  • ブログ友のくーばあちゃんさんのコメントで「ユスラウメ」が近くの広場にあると聞いて雨が上がった土曜日の朝、大体この辺りかなと自転車で行ってみました。脇道へ曲がって少し行くと花いっぱいの広場がみえました。きれいに整地されて周囲はそれこそ花いっぱい。広場に入ると隅に赤い実がたくさんついた木がありました。サクランボのようなのにじくはあるか無しかで直接枝に実がついている感じが面白い。明るい黄緑の葉に赤い実が [続きを読む]
  • 魚介類の絵・蟹
  •   和紙 F6 墨彩画を習い始めた20年ほど前のこと、その教室は毎回自分の描きたいモデルを持って行くことになっていてました。しかし描きたいものがわからず悩んだ末に小さな海老を5匹ほど買って行き机から飛び跳ねるのに苦労しながら描いてみると初めて先生に褒めていただけました。それからは度々蟹や魚を持って行き「また生臭だ…」と言われたりして…事実臭ったと思います。花や果物は皆さん巧みに描かれているので他の人 [続きを読む]
  • ワイルドストロベリー
  • ワイルドストロベリー、別名エゾヘビイチゴヘビイチゴときくとちょっと嫌ですが食べられるイチゴです。花屋さんで2株買ってプランターに植えて2か月、毎日4,5個の小さなイチゴを収穫。香りは普通のイチゴより強くて食べると種がプチプチしてさっぱりとした甘さ。白い花も葉も美しく見ているだけでも幸せになれそうです。夏の間少し元気がなくなるけれど春から秋までずっと花をつけ実をつけてくれるのです。実が赤くなりかけると [続きを読む]
  • 会場でお会いした素敵な方達
  • 「安曇野」日曜日まで開催していた展覧会場では沢山の方とお話しできました。一年一度お会いする方とは「変わりなくてよかったね・・・」と。はじめてお会いした着物をゆったりと着こなされた年配の女性は「88歳です」と言われました。半襟と帯にご自分で刺繍されたというガラスのビーズがとてもおしゃれでした。鼈甲の帯どめと髪飾りはお揃い。キラリとしたイヤリングにちょっとびっくりでしたがとてもお似合いで着物を楽しみな [続きを読む]
  • アジサイが咲き始めて
  •  「家のアジサイ」展覧会の間、ほっておいた庭にアジサイがいくつも咲き始めました。薄い青色の小さな花が集まったアジサイは何年か前に鉢植えを買って庭に植えたものです。鉢植えでも大きくきれいな花を咲かせておられる方もあるのですが、私はどうも駄目なようで地面に植えて何とか咲いてくれています。これから色々な種類のアジサイが咲き始めるとまた楽しみ。時間ができたら公園のアジサイを見に行かなくては、と思っています [続きを読む]
  • 展覧会無事終了
  •   「会場風景」最終日の終了間際まで賑やかでした。「会場の花」  「会場の花」持ち寄ったお花を皆さんがかわるがわる活けて会場で楽しんでいただいたお花です。5月21日 彩青展が終了しました。6日間の入場者1,322名 このところの暑さの中を来ていただいた方に本当に感謝です。終了時間の午後5時、バタバタと15分で片付け完了。あっけなくがらんとなった会場を後にしました。「また来年5月にね」と言い交わして過ごした6日間 [続きを読む]
  • 第17回 彩青展
  •   「横浜レンガ倉庫」和紙「夜明け・横浜港」和紙   「横浜」ハガキサイズ4枚今回の私の絵は昨年秋に訪れた横浜がテーマです。60年ぶりの横浜、大桟橋で見た夕日と朝焼けの素晴らしかったことが思い出されます。「会場風景」  5月16日から始まった彩青展も明日で閉会します。今年はお天気に恵まれて沢山の方に来ていただけました。なかでもブログでお知合いになった方にお会いできたことがビックリ!感激でした!スーさん、 [続きを読む]
  • 菖蒲 アヤメ
  •   「アヤメ」アヤメは我が家にはないし、花屋さんに切り花として見かけることもあまりない。先日の同好会でいただいてきたアヤメは翌日つぼみがスッキリ咲きました。花菖蒲ほどの華やかさも杜若のきりりとした気品も少ないけれど親しみやすい気がします。まだ10代の頃、学校近くのお宅の塀際にアヤメが沢山咲いていました。あまりきれいなので私は断りもなく道端に座り込んでスケッチしていました。しばらくしてその家の方が出て [続きを読む]
  • ヒトツバタゴの並木
  •   「ヒトツバタゴの並木」名古屋の中心を名古屋駅から東に走る桜通り、駅近くは銀杏の並木。そこからしばらく東へ行くとヒトツバタゴの並木が続き、今真っ盛り。雪が積もったように真っ白な花をモコモコつけて遠くから見ると何の木だろうと思います。だから別名「なんじゃもんじゃ」なのでしょうか。並木のある歩道を行くと風に舞いながら白い花がそれこそ雪のように散りかかりとても爽やかな風景です。木曽川流域と長崎県対馬だ [続きを読む]
  • おかあさんとおばあちゃん
  • 「飾るけーき」 母の日を前に娘一家が来て早めのプレゼントをもらいました。孫のKちゃんが取り合わせて作ったほんとのスポンジに造花や本物そっくりに絞り出した生クリームなどで飾ったケーキです。「食べちゃダメ。差したシナモンの棒だけは本物だから時々匂いかいでね」食べたくなるほどよくできていて、色々な新しいものがあるものと感心します。他にはガラスのネックレスも。「ネックレス」Kちゃんは少し前まで私と娘の関係 [続きを読む]