葛城真実 さん プロフィール

  •  
葛城真実さん: 「姫騎士エリザベート」執筆中
ハンドル名葛城真実 さん
ブログタイトル「姫騎士エリザベート」執筆中
ブログURLhttp://novel.biyori.net/
サイト紹介文多段組縦書きサイト。ライトノベル大賞、一次通過、二次通過作品などを掲載中です。
自由文これからは明るい作品、キャラ立ちがいい作品、ゲーム世界的なファンタジーなどを書いていきたいと思います。つまり、現在あるのは、そうじゃないってことです……。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/04/18 01:26

葛城真実 さんのブログ記事

  • 姫騎士エリザベート
  • 01 純潔02 豚鼻03 敗残04 侵入05 駐留06 馬車07 乗客08 金貨09 関門10 疾風11 駿馬12 慚愧13 空腹14 昼餐15 武勇16 到着17 敵陣18 宣告19 貞節20 不穏21 拒絶22 暗転…続きを読む [続きを読む]
  • 彼女を開発する
  •  僕は全裸で横たわる彼女の身体をタオルで拭いたあと、動けないように脊髄に麻酔を注射をした。これから彼女を開発しなけりゃならない。  小規模な開発で彼女は回復した。 「あたし、またおかしくなってたの?」  彼女は言う。 「…続きを読む [続きを読む]
  • ヴィッキーと燃える巨人
  • 博覧会の椿事一八五一年の大英帝国は倫敦を舞台とした蒸気放埒小説スチームパンク・ノベルのはじまりはじまり。 博覧会の椿事  皺だらけの細い指がタロットカードをめくる。引いたケードは正位置の愚者ザ・フール。 「その示す意味は…続きを読む [続きを読む]
  • 太陽草ソーラープランツ
  •  昔むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいました。  おじいさんは柴を切り倒し、山を削って太陽光発電装置の設置に、おばあさんは河の護岸を削って太陽光発電装置の設置に出かけました。  おじいさんが山で太陽光…続きを読む [続きを読む]
  • 原子力発電船「アシュラ」
  •  津波に襲われた私たちの町に移動発電所がやってきました。説明会で広報の高島涼子さんは次のように言った。 「NPO法人『再起動せよ日本』の高島です。私たちはアメリカの電力会社から災害復旧用の移動発電所を借りてきました。まず…続きを読む [続きを読む]
  • 金魚鉢のなかの王国
  • 胸がつかえて出られない拉致しなければ家族になれないたった三億円っぽちしかないメイドさんは三〇分では来ないパチンカスは犬も喰わない胸がつかえて出られない  私、千倉涼子は悲しんだ。  今朝、両親が交通事故で死んだのだ。 「…続きを読む [続きを読む]
  • 僕の押しかけ嫁は狼少女
  •  昔、山の麓にひとりで暮らす貧しい少年がいた。少年は山でとった薪を売ってひっそりと暮らしていた。  ある日、いつものように少年が山で仕事をしていると、遠くで白い大きなものが動いていた。何だろうと思ってみると、それは一頭の…続きを読む [続きを読む]