ブルーグリーンブックス さん プロフィール

  •  
ブルーグリーンブックスさん: BLUEGREENBOOKSのビンテージブックレビュー
ハンドル名ブルーグリーンブックス さん
ブログタイトルBLUEGREENBOOKSのビンテージブックレビュー
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/bluegreenbooks/
サイト紹介文食べ物・デザイン・アート・広告など、いつの時代にも色褪せることのない本をレビューしていくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/04/18 22:43

ブルーグリーンブックス さんのブログ記事

  • お箸で食べる洋食(土井善晴)
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は以前にも取り上げた土井善晴先生のお気に入りレシピ本をご紹介します。お箸で食べる洋食講談社2007年初版レシピ本で、あ、これよかったな。と思うのは、やっぱり、書かれている方の食の趣味と自分たちの趣味が合うからなんだと思いますが・・当たり前ですが、土井先生とは相性バッチリです。笑この本で紹介されている洋食は、ハンバーグにコロッケ、オムライス・・と、どれもごく [続きを読む]
  • 60年代のファッション雑誌から その3
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は60年代の雑誌グッドハウスキーピングから、レトロモードをご紹介。この時代の広告にはとにかく目を奪われるものがあるガス台やガスオーブンだって誰もが夢みるドリームマシーンだったことがよくわかる豊かになっていく途上にはかけがえのない時代があったのかもしれない1963年9月グッドハウスキーピング50セントの奇跡 [続きを読む]
  • ぼくの好きな映画(「ブレードランナー」1982)
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は大好きな映画ブレードランナーの思い出を熱くダラダラ語ります。映画ネタ久しぶりです。2015年7月号ポパイブレードランナーが公開されたのは1982年。わたしは高校二年生でした。当時は世界的なSFブームでして、ちなみに同年のクリスマス映画はあの爆発的にヒットした「ET」でした。ブレードランナーのあらすじは・・ 21世紀初めタイレル社はロボット開発をネクサス段階へと進めた [続きを読む]
  • 次郎さんのお刺身
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は大好きだった魚屋さんの思い出をくだらなくダラダラ語ります。街を歩いていると、最近、街の魚屋さんが減ったなぁ・・とつくづく思います。和菓子屋さんや豆腐屋さんも少なくなったけど、魚屋さんも相当減ったな、と。あ、新刊本屋さんもね 笑うちは魚はスーパーで買うのが半分、魚屋さんで買うのが半分くらいでしょうか。最近ではオシャレなボサノバがかかるカフェみたいな新しい [続きを読む]
  • 1963年のガールズトーク
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日はグッド・ハウスキーピング1963年2月号からお気に入りのコスメ広告をご紹介します。 (by マックスファクター)で、どうだったのよ?旦那さん、黒だったわけ?黒よ黒よ、真っ黒けよ〜!新婚なのに!実家帰ってシメちゃいなよ・・・50年前もいまも変わらないものがある。ブルーグリーンブックスへぜひどうぞ [続きを読む]
  • タウン誌 銀座百点(銀座の思い出)
  • 今日は大好きな食べ物の本を、いつものように、くだらなくだらだらとご紹介しましょうか銀座百点(銀座百店会)2017年5月号6月号1955年に創刊された銀座のタウン誌です。調べてないけどタウン誌としては日本最古なんじゃないでしょうか。銀座の百店会に加盟する銀座百店会が発行している小冊子。なんで食べ物の本として取り上げているかというと、百店会に加盟しているお店の歴史とか、銀座と、銀座の飲食店にまつわるお話がたく [続きを読む]
  • いちじくコンポート
  • いつも訪問いただきありがとうございます。そして読者登録いただいた方ありがとうございます。励みになります。さてさて、今日も食べ物ネタにしましょうか。家内が作りました・・・いちじくコンポートwithスーパーカップバニラいちじくってすごいですね。食物繊維だけでなく、カリウムも豊富で塩分を排出させたり、更年期対策にもなる。なによりコンポートにすると旨味が増します。ちょっと冷凍庫の具合が悪くて、アイスが溶けて [続きを読む]
  • 新潮文庫と宮沢りえ 1992年
  • いつも訪問いただきありがとうございます。そして読者登録いただいた方々ありがとうございます。励みになります。今日は1992年ADC年鑑(美術出版社刊)から、新潮文庫の広告をご紹介します。この頃の新潮文庫の広告は宮沢りえさんがやってました。当時19歳。おれ26歳。笑こうしてブログ書いてて思うのは、80年代だけでなく90年代がもはやそーとーな昔になってきてる。ということ。 まいっちゃうなあ、もう。笑コピーは糸井重里さ [続きを読む]
  • ケネディとトランプ(1960年代 雑誌「LIFE」)
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は9月11日なんですが・・1960年代の雑誌ライフとともにケネディ大統領とトランプ大統領の話でも。ちなみに、ケネディの在任中の平均支持率をこの前調べたんですが、70パーセントを超えていました。あらためて、凄い数字だと思います。1963年11月29日 ケネディ追悼号ミサイルが日本上空を飛び交う物騒な世の中になりました。こんな最近の情勢を見ていて思い出すのは55年前に起きたキ [続きを読む]
  • 日本のビンテージ絵本 その9
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は昔の日本の絵本をご紹介します。 ナマリの兵隊原作 アンデルセン絵 マーシャ・ブラウン岩波書店 昭和29年初版「岩波のこどもの本シリーズ」の中の一冊。とにもかくにも、有名な絵本作家マーシャ・ブラウンの絵が素晴らしいのです。超有名なこの童話も、おとなになったいまとなっては、どんなあらすじだったか忘れた方も多いことでしょう。誕生日プレゼントに男の子に贈られたナマ [続きを読む]
  • ブルーベリースムージー
  • 今日も食べ物ネタでいきますかブルーベリースムージースムージーやミックスジュースが大好きです。こどもの頃、デパートで母親の買い物につきあわされて、いたくなった足を・・ミックスジュースコーナーで休めて、飲むのが好きでした。冷たい出来立てのジュースの味わい。あれ、美味しかったな〜。最近は緑黄系のヨーグルト無しのスムージーが結構多いけど自分が好きなのはヨーグルトベースのスムージー自分の記憶では「スムージ [続きを読む]
  • 60年代のファッション雑誌から その2
  • 今日も懲りずに60年代アメリカ雑誌「グッドハウスキーピング」から、レトロ写真をご紹介。「グッドハウスキーピング」は花森安治時代の「暮しの手帖」が提携していた雑誌でもありファッション雑誌というよりは、家庭婦人誌なんだけど ・・ヴォーグやハーパースバザーみたいなセレブ感やタカビー感はまったくない。出てるモデルさんも、いまでいうスーパーモデルは皆無。でも、そこがまたいい感じで。なかなか味わい深いものがある [続きを読む]
  • となりの晩ごはん(さんまの唄)
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は久しぶりに「となりの晩ご飯シリーズ」でも。秋、といったらさんまですね・・昔、会社の社員食堂で、わたしのさんまの塩焼きの食べ方があまりに美しく食堂のおじさんに褒められたことがあります。「◯◯さんって、猫ですか?」笑それぐらい大好きです。三日ぐらい続けても飽きないな。たぶんで、さんまの塩焼きの食べ方で私流の大好きな食べ方があります。ちなみに今日はさんまを [続きを読む]
  • 外国ビンテージ絵本 その49
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は昔の記事で紹介したウィニー・フィッチの60年代イラストをご紹介します。リブログ記事もよろしければどうぞ こんな絵が教科書に描かれていたらたぶん、いや間違いなく、自分は授業に身が入らなかっただろうと思う 学校の教科書の挿し絵にはイタズラ書きを良くしたけどこんな溜め息が出るようなイラストだったら、どうしたろう。いや、それでもしたのかな? 笑これらの扉絵に [続きを読む]
  • VOGUEのモデルたち(ジーン・シュリンプトン)
  • いつも訪問いただきありがとうございます。なにやら9月に入ってから、「本レビュー」に自動的にシフトされたのですが・・わたしのブログは、きちんとした本の書評を書く頻度は高くないんですよね・・なんかこんなブログが「本レビュー」でいいのかなぁ、と思いつつ・・まぁ、いままで通りやらせていただきます。今日は以前にもご紹介したジーン・シュリンプトン60年代にヴォーグやハーパースバザーなどのファッション誌で大活躍し [続きを読む]
  • 外国ビンテージ絵本 その48
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日はこのまえご紹介したレッツ・ファインド・アウトシリーズの一冊をご紹介します。WHAT'S LIGHT AND WHAT'S HEAVY1961年いい感じの表紙こどもたちがかわいい軽いものと重いもの少女と小鳥いい佇まい最近人気が再燃してるレコードプレーヤーうんとこどっこいしょふう・・??女子には聞けない質問・・60年代はコックリしてます。 [続きを読む]
  • おいしいコーヒーってどんなやつ その5
  • 今日は久しぶりにコーヒーネタを。これまで何回か、偉そうにおいしいコーヒーについて語ってきましたが 笑結局おいしいコーヒーって、なんなんでしょうね?おじさんも良くわからなくなってきました。笑こんなんで開業できるのかな?100グラム3千円のコーヒー100グラム2千円のコーヒー100グラム1500円のコーヒー100グラム500円のコーヒー100グラム300円のコーヒー100グラム200円のコーヒー自分が勉強で飲んでるコーヒー豆の種類は [続きを読む]
  • 癒される本(「旅をする木」星野道夫)
  • 今日は大好きな星野道夫さんの書いた「旅をする木」をご紹介します。自分がブログで紹介している本は、もちろん多くの人に読んでもらいたい本なんですが、この本はそんな中でもかなりオススメの癒やされる一冊です。「旅をする木」文春文庫星野さんは私より一回り歳上の写真家。いま生きていらっしゃれば65歳ですか。幼いころから北海道に強い憧れを持っていたそうです。それがいつしかもっと遠くのアラスカへ憧れるようになり、 [続きを読む]
  • 60年代のファッション雑誌から
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日もこりずに50年前のアメリカ雑誌からレトロ写真をご紹介します。経年変化した誌面から漂う・・メイクにカラーにファッションにレトロモードがお気に入りこんなかわいらしい写真が・・生理用品の広告なんですから・・あまりにも直接的な現代広告は、ちょっと考えたほうがいいかもピシッと髪を固めたリーライダーズの男の子も・・なんかイカした感じだしあぁ、郷愁の60年代俺はリアル [続きを読む]
  • 挽き肉カレーライスの想い出
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日はカレーライスの想い出をくだらなくダラダラと語ります。笑 以前、母が作ってくれたカレーライスの想い出を書きましたが、今日はこどもの頃、よそのうちで食べたカレーライスの想い出を・・みなさんも友達のうちや修学旅行や部活の合宿なんかで、よそんちのご飯を食べたことがあると思うんですが・・いろんな食べ物の中でも、カレーライスほど記憶に残りやすい食べ物ってないと思 [続きを読む]
  • 60年代ファッション雑誌広告
  • いつも訪問いただきありがとうございます。この前、大好きな星野道夫さんの本のことをテレビでやってたのでその本のレビューを書こうと思ったんだけど、しばらく読み返していないのでまた今度。笑でもすごく良い本なのです。あったかくて癒やされます。で、今日は昨日の続きで、60年代の雑誌広告をご紹介この広告は60年代なんだけど自分が子ども時代を過ごした70年代から80年代って、ミシンが割りと流行ってた気がするんだよね父 [続きを読む]
  • 60年代アメリカ雑誌のカバー写真
  • いつも訪問いただきありがとうございます。今日は大好きな60年代のアメリカ雑誌グッド・ハウス・キーピングの表紙をご紹介いままでもたくさん投稿してきましたが、自分は60年代の雑誌が大好きです。時代っていうのはほんとにすごいもので、古い雑誌や年鑑を1940年代くらいからざっと60年くらいにわたって見ていくと1960年、70年、80年という年って、みごとなほどにその年からデザインや写真やファッションが劇的に変わっていって [続きを読む]
  • ハリー・ペチノッティのファッション写真
  • 夏が戻ってきたような暑さですね。今日は大好きなハリー・ペチノッティの写真をご紹介します。(「ザ コンプリート ピレリ カレンダーブック」1975 ロンドン パンブックスより)すべてイタリアのピレリ社のカレンダー用に撮影したものやわらかな目の表情がいい50年前だけど古くさくない車の感じがいい乾いた空気感も伝わってくる切り取り方がすごいなセクシー路線 笑カッコいいいまじゃ普通な感じだけど50年前だから。凄い。こっ [続きを読む]