uchidafirm さん プロフィール

  •  
uchidafirmさん: うちだファームの農作業日記 時々Run
ハンドル名uchidafirm さん
ブログタイトルうちだファームの農作業日記 時々Run
ブログURLhttp://ameblo.jp/uchidafirm/
サイト紹介文千葉県佐倉市で家業の農業を継ぐことになりました。日々の農作業について紹介していきます。
自由文2016年3月末に某銀行を退職し、千葉県佐倉市で家業の農業を継ぐことになりました。
主な生産品目は、メロン、トマトなどです。
日々の農作業を紹介していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供203回 / 341日(平均4.2回/週) - 参加 2016/04/19 00:02

uchidafirm さんのブログ記事

  • メロン生育順調(今のところ)
  • 一番早く植えた分のメロンは順調に生育しています(今のところですが)。 完全に活着し、気温も上がって来たことから、苗の上に掛けていた保温対策の不織布を外しました。メロンのツルもかなり伸びて来て、もう少し成長したら脇芽を整理する作業が始まります。 なお、今日から第2陣のメロンの定植作業を開始しました。今年は全体で約6000本の作付けを予定しており、第1陣で約3000本、第2陣で約2000本、第3陣で約10 [続きを読む]
  • トウモロコシの発芽
  • 3月16日に蒔いたトウモロコシの種の芽が出て来ました。発芽までに要する期間は丁度1週間ですね。ビニールハウスの中なので、霜でやられることは多分大丈夫。 まだ多少ムラがあり、欠株が所々ありますが、これから出てくるかな? 大きく育ってくれたら良いなー。 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • トウモロコシの種まき
  • 1週間くらい前から少しずつトウモロコシの種まきを開始しています。露地栽培の場合、まだ霜が降りるので、直播は厳しいかと思いますが、ビニールハウスの中なので、直播です。種の袋に書かれているトウモロコシの発芽適温は30℃〜35℃らしく、他の作物に比べかなり高いです。トウモロコシでは欠株を防ぐため、通常同じ場所に種を2〜3粒ずつ播きます。今回はビニールハウスでの栽培なので、比較的地温を高くキープ出来ます。そのた [続きを読む]
  • 里芋の出荷準備
  • 最近めっきり暖かくなりました。ビニールハウスの中は、特に激暑デス。三連休は天気も良くお出かけ日和ですが、休みなく働いています。 メロンの定植準備の合間に、里芋の出荷準備をしています。里芋は秋に収穫後、冬の間穴の中に貯蔵しています。里芋を貯蔵中の穴から掘りだします。貯蔵中の里芋。穴から掘りだしたら親芋から子芋、孫芋を外します。なお、親芋も食べられますが、我が家の周辺では里芋の親芋を食べる習慣がな [続きを読む]
  • メロンの活着
  • 3日間曇りと雨が続きましたが、ようやく晴れて暖かくなりました。 悪天候のため、メロンを定植したビニールハウスの地温もかなり下がって、今朝の段階で14℃まで低下しました。まだ植えて間もない苗なので、これ以上地温が低下すると生育への影響も懸念されるところでしたが、今日は晴れて気温も上昇し、一安心です。 暖房設備のないビニールハウスなので、この時期の温度管理には非常に気を使います。天候に合わせ、1日 [続きを読む]
  • メロンの定植開始
  • メロンの定植を開始しました。 ここ数日晴天が続いたため、定植準備していたビニールハウスの地温も大分上がってきました。苗が良く活着するためには地温の上昇が重要です。 左の苗がマリアージュ、右がアムスですが、外見ではほとんど見分けが付きません。もう少し大きくなったら、葉の形に明確な違いが出てくると思われます。我が家では、苗の接ぎ木はしておらず、全て自根です。今のところ接ぎ木をしなければならない [続きを読む]
  • トウモロコシの種まき準備
  • 今日は天気が良くて暖かかったですね。 トウモロコシの種まき準備を始めました。ビニールハウスでトウモロコシを作る理由は、毎年メロン、トマトの連作のため病気の発生が激しいビニールハウスを休ませるために、全く別の品種で、連作障害の心配がないイネ科のトウモロコシを作ることにしました。 肥料を散布し、トラクターで耕していきます。耕したらマルチを張っていきます。今回ビニールハウス1棟につき、3列の畝を作 [続きを読む]
  • メロンの定植準備③
  • 今日は天気が良かったですね。晴れるとビニールハウス内は激暑です。 今日はビニールハウス内のトンネルにビニールを掛けまで完了しました。これで、5棟分、約2000本分のメロンの定植準備は完了です。このまま数日間置いて地温を上昇させてから定植します。今年メロンはビニールハウス20棟での作付けを予定しており、まだ15棟分の準備をこれから順次行います。まだまだ先は長いです。 並行して、トウモロコシの種まき準 [続きを読む]
  • メロンの定植準備②
  • 引き続きメロンの定植に備え、畑の準備をしています。 肥料を撒いて、トラクターで耕したビニールハウス内を小型耕運機で畝を作っていきます。 畝を作ったら、メロンを植え付けるベッドの形をクワなどを使い整えて行きます。形を整える作業は、土が重いので何気に重労働です。冬でもハウス内は暑いので、汗だくです。形を整えたら、緑色のマルチを敷いていきます。グリーンマルチは、メーカーのHPの説明によると、透明マ [続きを読む]
  • メロンの定植準備①
  • メロンの苗が大きくなって来たことから、定植に向け畑の準備を開始しました。 メロン苗もあと1週間位で植え付け出来る様になります。 ビニールハウスは、3週間ほど土壌消毒をしておりましたが、消毒が完了したため畑作りの開始です。 土壌消毒剤のガス抜きのため1度トラクターで耕したのち、肥料を散布します。散布する肥料は、メロンに必要な化成肥料や有機質肥料、魚粉等をバランスよく蒔いていきます。 メ [続きを読む]
  • メロン苗の移植
  • 今日は暖かかったですね。少しずつ春の気配が感じられるようになりました。 一番初めに蒔いたメロンの苗が大きくなって来たので、少し大きめのポットに移植を行いました。 今日は天気が良く、気温が高かったため、絶好の移植日和でした。メロンのタネは1粒40円〜50円位するので、1本も無駄に出来ません。 うまく発芽しなかった分もあるので、今日移植した分は約3000本です。順調に成長すれば、10日後位には定植です [続きを読む]
  • メロンの種まき 2回目
  • 今日はメロンの種まきの第2陣を行いました。 1回目は2月17日だったので、11日間開けて2回目の種まきです。前回、約3200粒でしたが、今回は2200粒位です。 1回目に蒔いた苗は大きくなってきました。もう少ししたら、大きめのポットに移植します。一部発芽不良の部分がありましたが、その後遅れて発芽して来たため、発芽していない箇所はかなり減りました。 1回目と2回目の種まきは11日間開けていますが、遅く蒔いた [続きを読む]
  • 休耕田の再生 その2
  • 休耕田の再生を行っています。 前回、草刈まで行いましたが、強風で危険なので枯草を燃やすことが出来ず、風をない日を待って作業しました。たまたま同じ日に隣の耕作放棄地の草を、地元の人が共同で燃やしに来ていました。雑草を燃やしたので、綺麗になりました。これで、トラクターが入れる様になりました。 トラクターのロータリーに雑草が絡まり大変でしたが、何とか最後まで耕すことが出来ました。 【Before】 [続きを読む]
  • 休耕田の再生 その1
  • 今日は北風が強く、寒かったです。 今年、ご近所の方の休耕田をお借りして、米の作付けを増やすことにしました。私の持論は、稲作は中途半端な生産量では儲からないと言うより、確実に赤字が見込まれるので、米作りからは早期撤退です。米作りは、稲作にしか使えない農業機械に高額な出費を要します。現在の米価では、それなりの規模でやらないと設備投資を全然回収できません。我が家は畑作が中心の農家なので、稲作は規模が [続きを読む]
  • メロンの発芽不良
  • 今日も南風が強かったですね。最近雨が降るようになったため、土埃が飛ばなくなって来ました。 先日撒いたメロンのタネがようやく出揃って来ました。下の写真はマリアージュ・グランの苗。発芽率96%位かな。比較的良く出ています。 アムスメロンも大分出揃って来ましたが、一部ムラがあります。 アムスメロンはところどころ発芽にムラがあり、出が悪いところは連続して出ていません。発芽不良の原因は良く分かりま [続きを読む]
  • メロンの発芽
  • 連日の強風で砂埃が舞い、農作業がしにくい日が続いています。今日はサツマイモを植える予定の畑をトラクターで2か所耕しました。北風で激寒でしたが、寒いのは分かっていたので完全武装で行ったので、何とか終えることが出来ました。まだまだ強風が続くようなので、早く収まって欲しいものです。 先日撒いたメロンのタネが発芽しました。下は、マリアージュ・グランの芽。結構芽揃いが良く出ています 下はアムスメロン [続きを読む]
  • メロンの種まきを開始
  • 今日は暖かかったですが、台風並みの強風でした。畑が多い地域のため、土埃が舞い、空が茶色に染まりました。 今日はメロンの種まきを開始しました。まずは、主力品種のアムスメロン。今回6400本位の植え付けを予定しているうちの半分の3100本分を種まきしました。次に、今年初めて試作する「マリアージュ・グラン」という品種。赤肉のマリアージュの中で、比較的大きくなるタイプのメロンです。これまで、アムス1本だったの [続きを読む]
  • 土壌消毒
  • ビニールハウスの土壌消毒を開始しました。前日水撒きした畑を再度トラクターで耕します。深耕ロータリーの付いたトラクターで、少し深めに耕します。 今回使用する土壌消毒剤は2種類。一つは主に線虫の防除効果のある「D-D剤」です。もう1種類は「クロルピクリン剤」で、殺菌、殺虫作用がある薬剤です。 両方とも機械を使って、土の中に注入して行きます。「クロルピクリン剤」は強い刺激臭と催涙性が強く、散布する際 [続きを読む]
  • ビニールハウスの土壌消毒準備
  • 今日は比較的暖かかったですね。 今年のメロンの作付けに備えて、ビニールハウスの土壌消毒の準備を開始しました。まずは、土壌消毒剤を注入するには、土壌が適度な水分状態になっている必要があります。ビニールハウス内は何か月も水撒きをしていないため、カラカラに乾燥しており、今日はビニールハウス内を潅水しました。ビニールハウスでは、毎年同じ作物を連作します。同一の作物を連作をすると、その作物を好む土壌病原 [続きを読む]
  • 畑の準備
  • 毎日寒いです。なかなか暖かくなって来ませんね。 畑の準備を開始しました。畑に鶏糞堆肥を散布し、トラクターでうない込みをします。肥料散布も機械で行えるので、便利です。 それにしても、鶏糞は安いですね。肥料の中で一番安いかもしれません。近くのホームセンターで、15キロ入りの袋が税込みで118円で買えます。袋詰めや物流経費を考えると、出荷段階でほぼ無料という感じですね。産業廃棄物なので、無料でも良い [続きを読む]
  • 冬の雨の日の仕事
  • 今日は朝方雪でしたが、その後は雨に変わり、雪が積もることはありませんでした。雪が積もると、ビニールハウスの雪下ろしなど、色々と面倒なので、積もらなくて良かったです。 冬の雨の日は外での仕事が出来ないため、家の中に引きこもりがちですが、雨なら雨でやることがあります。落花生は、昨年の収穫分を一部残しておき、今年の作付けの種子にします。そこで、種としてすぐに使えるように、冬の間に落花生の殻を剥いてお [続きを読む]
  • 堆肥の中にカブトムシの幼虫
  • こんにちは。また寒くなって来ました。 堆肥の移動をやっていたら、カブトムシの幼虫がたくさん出てきました。表に出てきただけでも30匹位いました!寒いのにいきなり起こされて、カブトムシの幼虫も迷惑しているかな?カブトムシの幼虫も堆肥の分解に役立っているので、再び堆肥の中に戻してあげました。 かつてはどこの農家でも堆肥をたくさん作っていたので、カブトムシも沢山いましたが、最近は以前より堆肥を作る人 [続きを読む]
  • ビニールハウス内のトラクターでの耕し方
  • 今日は強風で寒かったですね。昨日ビニールハウスに堆肥の散布が終わったので、今日はトラクターを使って堆肥のすき込みを行いました。ビニールハウス内を耕す際には、特殊な方法で行うことから、今日はその方法をご紹介します。 1.初めに、入り口からビニールハウスの両サイドを中間地点まで耕していきます。①の地点まで耕したら、バックで入り口まで戻り、再び反対サイドを耕します。②まで耕したら、トラクターをUター [続きを読む]
  • ビニールハウスへの堆肥散布
  • メロンの作付けに係る準備を開始しました。今日は、ビニールハウスに堆肥を散布してます。 今回撒く堆肥は、昨年作ったもので、完熟しており匂いは完全になくなっています。堆肥を撒くのは、堆肥散布機を用いて行います。堆肥散布機を使うと、畑に均一に堆肥を撒くことが出来ます。堆肥散布は以前は手作業でしたが、機械を使うことで作業が楽になりました。この堆肥散布機は非常に高価な機械です。ここ数年使っていなかったの [続きを読む]
  • 田起し作業
  • 今日も北風が強く、寒かったですね。日曜日に雨が降る予報のため、田んぼがぬかるむ前に田起しを行いました。 我が家の田んぼは水捌けがいまいちの所があり、雨が降ってぬかるむと機械が入れなくなってしまいます。最近雨が降っていなかったため、田んぼもよく乾いており作業も順調に進みました。が、しかし、油断していたら泥濘に思いっきりハマって、自力で脱出出来なくなってしまいました。仕方なく、もう1台のトラクター [続きを読む]