ギン さん プロフィール

  •  
ギンさん: 日々はあけぼの
ハンドル名ギン さん
ブログタイトル日々はあけぼの
ブログURLhttp://gin1103.hatenablog.com/
サイト紹介文病院の疑問、医療の現状、日々の出来事・事件を徒然なるままに書いていくスタイル
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2016/04/20 22:27

ギン さんのブログ記事

  • これが最後のブログだ。
  • 今日でブログを始めてから400個目の記事になった。と言っても実は五月に入ってから投稿しているのは過去に書いたものである。それをちょいちょい編集してあげていた。気付いた人はいるだろうか?いないだろう。自分の記事を1から読んで記憶していない限りは分からないはずだ。何故そんなことをしたかと言うと、読書が10人もいない時に書いた記事だったので誰にも読まれないのはかわいそうだと思ったからだ笑昔はPV10にもならなかっ [続きを読む]
  • 道端で1人で泣いている子に男性は声をかけにくい何とも世知辛い世の中
  • この前、入院している患児(小学生)と色々話した。「今学校では何流行ってんの?」を皮切りに他愛もないトークに花を咲かせていた。職場に子供がいる、という状況は実際問題中々稀有なシチュエーションだ。彼らは可愛いく愛らしいだけでなく、驚異の生命力を持って医療者を驚かせる。申し訳ないが、やはり高齢者と比べたら自力の回復力が段違いだ。大人であればもう回復しない、という段階から復活を見せるパターンもあり、医学では [続きを読む]
  • 運転の際の運がない
  • 唐突なのだが、みなさん車は持っているだろうか?都市部に住んでいると車を運転することはほとんどない。たまに友人と遠出する際にレンタカーを借りるくらいだ。対して田舎は車がないと生活できない。免許保有者分の車が自宅にあるのも珍しいことではなく、それに加えて農作業用のトラックがあったり。生活の上で非常に大切であるというか、そもそも電車が発達していないから、車に頼るしかないのだ。個人的に田舎の電車は高校生の [続きを読む]
  • 結局、人間を動かす力があるのは"お金"なのだから。
  • 皆さんの職場には「何でこの仕事しなきゃいけないんだ?」という作業がないだろうか。本来の仕事には直結しないような所謂無駄作業。病院では、患者の安全を守るため、質向上のため、労働環境を良くするため、という大義名分のもと前述した無駄な作業を強いられる。さらにこれを毎期で評価までさせられる。いや、一応自主的にやっている体になっている。これを勤務時間外にやる訳だ。残業代?そんなものはなーい!お偉いさん「勤務 [続きを読む]
  • 医療職が他の職種比べて給与が高いのはやはり「人の命に関わるから」
  • 早く給料日にならないかな。。。そんな感じでソワソワし始める時期がきた。いくつになっても給料日は嬉しいものだ。大学病院には基本給がそこまで高くなくてもボーナスを高くすることでスタッフを納得させているところもある。「うちの病院、他のところより給料安いんだよね」とか言っている新人看護師を見ると、お前らの同年代の平均年収知ってるのか?といいたくなる。新人達が安い、と言っている給料でもサラリーマン、OLは大喜 [続きを読む]
  • レッドブル飲まないと仕事やっていけない!
  • 疲労が溜まって仕事をしたくない…そんな時、エナジードリンクを飲むという人は多いのではなかろうか。エナジードリンクといえば…レッドブル、モンスターエナジー、ロックスター、バーン、ライジンなどなど。。その他にも数多くのエナジードリンクが存在している。そもそもエナジードリンクとはカフェインやアミノ酸、ビタミン類など滋養強壮に効果のある飲み物とされている。wikiさん参照。エナジードリンクといえば、着目される [続きを読む]
  • 世の中にはストレスを溜める要素が満ち溢れている
  • ゴールデンウィーク後の五月病もそろそろ終わりを迎えている。と思っているのは自分だけだろうか。仕事中のイライラがみなさん溜まってはいないだろうか。悩んでいる時間がもったいないから基本的にストレスは溜め込まない人間なのだが、それでもイライラすることはある。仕事だったり友人関係だったり恋愛についてだったり世の中にはストレスを溜める要素が満ち溢れている。つまり、溜め込まないのは難しい。ならばどうするか。溜 [続きを読む]
  • クオリティの高い看護師が多くいる病院
  • 友人からよく聞かれること。「良い病院ってどこ?」職業柄自分に聞きたくなる気持ちもわかる。良い病院の定義が実に曖昧ではあるが、医療職である自分が思う良い病院とはどんなところか。それは。。「クオリティの高い看護師が多くいる病院」あくまで個人的な意見であることを前置きしておく。しかし、この意見に賛同してくれる人は多い。クオリティとはもちろん容姿のことではない。(容姿が良いに越したことはない←)知識・技術・ [続きを読む]
  • サッカーボールとは友達どころか絶交状態で生きてきた
  • 唐突だが、みなさん運動しているだろうか?自分は基本的にスポーツは好きであり、最早身体を動かさない日はないと思われる。頭脳に行くべきだった能力値を運動神経に全振りしてしまったような脳筋人間だった分、体育の授業は好きだった。何せ輝けるのがそこしかない。おかげさまで体育の評価はいつもトップクラスだった。他の科目については語る意味もないだろう。バスケもバレーも水泳も野球もテニスもバドミントンもその他もろも [続きを読む]
  • 「お客様の中に医師か看護師の方はいらっしゃいませんか?」
  • ゴールデンウィークにさよならを告げたはずなのにまだ現実を受け入れられていない人も多いことだろう。大型連休の様な行楽シーズンだと電車の遅延とかは結構大きな問題になったりもする。ああいうシステムの不具合が起こると昔は係員の奴らは何やってんだよ。。とぶつくさ文句をいっていたが、最近はいろんな人が裏で奔走しているんだろうなぁ。。お疲れ様です。。とか考える。JR関係の方々お疲れ様です。たまにドラマとかマンガで [続きを読む]
  • 必要とされてるのは人間ではなく資格なのだ。
  • 休日出勤という素晴らしい言葉と共に活動を始めている。一般職の休日出勤と病院の休日出勤はニュアンスが少し違ってくる。医師は患者の状態悪化や緊急オペ、看護師の場合は人員配置の施設基準というものが原因で出勤しないといけない場合もある。人員配置というのは「患者○人に対して看護師は◯人いなければいけない」というルールだ。聞いたところによると大体患者7人に対して看護師1人が基本らしい。夜勤になると10人以上を1人 [続きを読む]
  • 「私、平熱低いから36℃後半でも熱ある方なんだよね」
  • 気温はそこまで高くないのだが、暑い日が続く。アメリカに行ったことがあるが、あの暑さの感じなら全然いい。カラッとしている。「カラッとした暑さ」という表現をよく聞くがカラッとって何だよ、分かりにくいよといつも思っていた。が、実際に行ったらわかった。カラッとしていた。気温が高いが湿度が低いをこんなに的確に表現する日本語はない。ただ歩いてるだけでも汗が滲んでくる。嫌な話だ。汗っかきの自分には厳しい季節。発 [続きを読む]
  • あの時の無駄にクオリティの高い味噌汁の味は忘れないだろう。
  • 4月の花見and新歓シーズンも終わり、新社会人は慣れない上司との酒の席を無事にやり過ごしただろうか。やり過ごせなかった人がいたら一言伝えよう。どんまい。お酒。誰でも一度くらいはこれにまうわる失敗エピソードはあるのではないだろうか。かくいう自分も一度だけある。朝起きたら入ったこともない先輩(女)の家でパン1で寝ていた。ワインを飲みすぎた記憶しかない。昨日のことは何も言わず、朝ごはんを作っている先輩。ドラマ [続きを読む]
  • ボクシングのエンターテイメント性を再認識させられる試合であった。
  • ちょいちょいボクシングネタを挟むこのブログ。今日は海外のボクシングネタだ。もう読む気が失せた、という人も是非我慢して下にスクロールさせてほしい。五分で終わるから←日本人の感覚ではあまり分からないかもだが、世界的にみてボクシングはメジャースポーツなのである。個人競技の競技者数で言えばかなり上位に君臨する。個人年収300億とか叩き出せる競技はボクシングだけだ。そんなボクシング通が4ヶ月前から楽しみにしてい [続きを読む]