星男 さん プロフィール

  •  
星男さん: Do U Remember
ハンドル名星男 さん
ブログタイトルDo U Remember
ブログURLhttp://ameblo.jp/maybe-thatiswhy/
サイト紹介文離れた先にあるものを見つけに・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/04/21 03:03

星男 さんのブログ記事

  • where am I
  • どんなに上手く話しても どんなに上手く笑っても どんなに上手く歩いていても 次の日に気付く そこにいるのは自分じゃないと どんなに仲の良い男友達に好かれても どんなに仲の良い女友達を好いても 次の日に気付く そこにいるのは自分じゃないと [続きを読む]
  • やっと休日
  • 二週間ぶりの休日 毎日朝から夜までの勤務体制で 昨日は18時間も寝た 朝目が覚めて 久々の家での食事を作った 決まってそんな日はチーズ入りのスクランブルエッグ ズッキーニと小ネギも加えてパンと食べる 静かな雨の音と 人の声もしない昼下がり 幸せだ [続きを読む]
  • came over
  • 待ってるのは誰なのか 何を望んで何がシたいのか 何の視線も感じない 何の気持ちも届かない 暗い闇の中と言うより 爽快な空の中で わたしは見失ってしまった そして悲しい苦しいと言うより 口ずさむ音楽と共にもう 戻れない気がする それがあまりにも自然過ぎて・・ [続きを読む]
  • 暑いっ!
  • 週末も仕事の日が続いている そんな合間を縫って友達が遊びに来てくれた 久しぶりの再会にテンションが上がるはずが お互い日々の疲れが影響して始終静かw BGMをかけながら車を走らせて 森林浴からの温泉からのドライブ〜 忙しいけど暑い夏に押されながら きっとあっと言う間に今年の夏も過ぎていく [続きを読む]
  • readiness
  • 常識を知って常識を破って 日常を知って日常を変える 夢を知って夢に向かって 自分を知って自分を越える そうやってとにかく尽くすまで そうやってとにかく生き抜くまで どうかわたしの隣に居て欲しい 大嫌いな夏に大好きな冬まで 毎年まるごと一緒に居て欲しい そんな大切な誰かに この先きっと出会えることを願ってる [続きを読む]
  • 強さと儚さと
  • この町にもFTMの方が数名いるみたいだ みんなが噂して たまに仕事でやってくる彼を冷やかした どうだろうか 割とわたし自身ゲイダーも鋭く 向こうからも視線を浴びせられることは多々あるのだが 背が低い声が高い女性っぽい 物腰が柔らかい・・ わたしはそこまで考えてやめた たとえ何がどうだったとしても 彼の働きぶりは素晴らしく まわりのどの人よりも活き活きしていて 顔が綺麗だ目が綺麗だ 声が綺麗だ それだけで十分で ま [続きを読む]
  • 夜明けの梟
  • 同僚に誘われて20年振りにキャンプに行った 女性だらけのキャンプはそれなりに楽しかった はず・・ いつも通り男性の話題に華が咲き いつも通り男性への愚痴で終わり いつも通り女性への愚痴が始まる・・エンドレス 懲りないね〜 みんなが寝静まったキャンプ場で 一人明け方に目を覚ました 森の奥深く 月と闇と湿気の中で 梟が鳴いていた こんな時間から 唯一会話ができそうな気がして わたしはそれからしばらく起きていた [続きを読む]
  • 特別なことじゃない
  • わたしが生きることも あなたが生きることも わたしが女性を愛することも あなたが男性を愛することも わたしが不可能な夢をもつことも あなたが可能な夢をもつことも だけど もしあなたが誰かに出会ったなら もし誰かと愛し合えたなら もし誰かと一緒に生きていけたなら それはとっても 特別なことなんだ [続きを読む]
  • 女性の魅力
  • コーヒーメーカーが作動しなかった朝のこと 普段は居ない人がいて 後ろから声を掛けてきた 言われても上手く調整出来ないわたしに 一人じゃ何もできないのねって微笑んで 最後まで付き合ってくれた 一回りも上だけど わたしが女性じゃなかったら もう少しは近づけたかも知れないね [続きを読む]
  • 新しい出会いを求めて
  • 昔よりは難しいことだと思うけど 出会いを求めたいと思う 一緒にこの先を考えられる人と 希望のない未来でも それを一緒に考えて笑える人と 毎朝一緒に朝日を浴びて 毎晩一緒に眠れる人と オフ会にでも足を運んでみるかな [続きを読む]
  • 印象的な人
  • 何だか知らないうちに 誰かの印象的な人になっていた 何だか知らないうちに 誰かの気になる人になっていた 思いも寄らない時にきっと 何かが生まれるんだろうな [続きを読む]
  • childish
  • 本当はもっと構って欲しくて 本当はもっと求めて欲しくて 本当はもっと焦って欲しくて ラインだけの繋がりで何も出来やしないのに 心が乱れて素直になれない なったところでどうする事も出来ない それを知ってるからわたしは どんどんあなたと距離をとる [続きを読む]
  • 日常に作品を
  • 下の人の不在を確認しながら 作業をずっとしていた 音楽を流してラジオを聴いて時には踊って 久しぶりに集中できた デザインが出来るまでに時間がかかって それを作品に変えるまでさらに時間がかかる そして最後はそれを組み立てる 気が遠くなりそうで 最後にはこんな作品だったんだーって自分で関心するのだ 朝起きて 彼女がコーヒーでも淹れてくれて 窓から鳥のさえずりが聞こえて 柔らかい時間の中で作品を作りたい永遠に なん [続きを読む]
  • わたしの秘密
  • 今度帰京したら思いっきり遊ぶ 普段は隠してるセクシュアリティを解放して 口にはピアス 腕にはタゥー 男性なんてそっちのけで遊ぶんだ お茶も汲まないお酒も注がない ドアマンはわたし エスカレーターを譲るのもわたし 席の奥を譲るのもわたし わたしはやっぱりそういうのが合ってる ナイトパスで充分な年頃だけどTDLも行きたいな ♪ [続きを読む]
  • 明日やる!
  • とにかく一日ずっと 何処かに出掛けたいって思っていた 場所はどこでもいいんだ ただ一緒に遊んでくれるひと(女性限定)と めちゃくちゃにドライブしてはしゃぎまくる そんな下らないことがシたくてたまらなかった でもシャワー浴びて髪乾かしてる時気付いた わたしにはヤるべきことがあった 趣味でやっているアルこと それをいつか広めることが一つの夢 忘れっぽいわたしはよく忘れる 明日一日雨だから 明日こもってやらねばっ [続きを読む]
  • 自然の摂理が羨ましい
  • 野菜を育てていると嫌でも生命の摂理みたいなものを感じてしまう。 雌しべと雄しべで実る果実 雌しべと雄しべで一対となる ん〜〜〜 まったく正直で羨ましい わたしが中性とか女性じゃないとか思っていても 自然界では通用しないと言うこと 優しく言えば 女性の身体で生まれた以上それは自然の摂理 でいくら身体を変えてもそれは二度と元には戻せず それはどこまでいっても男性にはなれないのだ 女性の身体で生まれてもあなたはあ [続きを読む]
  • 北の大地に根は張れる?
  • 冬好き冬生まれのわたしは夏が大の苦手だ 今日は時計が壊れてるんじゃないかと思うくらいに 時間が経つのが遅かった みんなで何度時計の文句を言ったことか・・ 色々考えることがあって 何1つ解決できやしないんだけど こうやってみんなでふざけて仕事して まだ雪の残る山を見て帰宅する これで良いんじゃないかって思うんだけど・・ でもここに居たら一生独り身だろうな・・とか やっぱり答えはまだ見つからない はやくボードし [続きを読む]
  • 結婚とは?
  • まったくこの先30年は聞かれそうな話題だ 結婚て幸せなのかな? 結婚てどんなものなんだろう・・ もちろんわたしでも興味はあるし機会はあるだろう でもわたしが結婚したいのは好きな人とだけ わたしが好きな人はわたしが女の身体だから同性だけってこと つまり自国では不可能ということ つまり結婚とはわたしにとってそう言うものってこと それだけのこと もちろん異性と結婚して家庭をもつ安堵感ってやつは歳を重ねれば重ね [続きを読む]
  • ゲイであること
  • LGBTの言葉が未だに受け入れ難いわたしだけど ゲイとかレズとかどうにも差別的に聞こえてしまって わたしは●●だと言えたことがない それでも日本や海外のカップル情報を見ていると どうしてこうも胸が熱くなるのだろうか だからやっぱり根っからのゲイなんだろうと思うんだけど 性自認が女性でないわたしは 男性にもなりきれなかったので中性ということにして ただ恋愛対象は完璧に女性なので やっぱりゲイである。 世間にお [続きを読む]
  • 純粋であること
  • ああ、思い出したそんな風に心がつぶやくことがある 言葉にならないそんな瞬間をきっと純粋と呼んで純粋とは後になってやっと気づくものだろう アイデアを生み出すために必要なことそれが純粋であること あなたの横で起きるその瞬間にこれまでの時間が一瞬で訪れることがある 景色は変われど変わらぬあなたとの続きに感謝してわたしは今日も工房へ向かう さて、この遠距離そろそろどうにかならないだろうか [続きを読む]
  • 見上げた空に
  • 日曜日も仕事でさ 6月なのに北風が冷たいこの町は ほんとに綺麗な空気と ありのままの自然を見せてくれる 山道で誘導していたわたしは一人 一筋の日差しを眺めてふと思ったんだ あなたをココに呼ぼうかなって 休日にはさ 鳥を探しに森へ行って キャンプして 満点の星空の下 あなたが好きだって伝えたい たぶん言葉に出来ないんだけど あなたは来てくれるかな 喜んでくれるかな ずっと一緒にいようよ ね 嫌がらないで [続きを読む]
  • もっと強く健やかに
  • あなたの苦しそうな声が聞こえた気がして あなたの俯いた顔が見えた気がして あなたの名前を呼んでみた 「寂しくてしんどくなってる、」 「離れたくない 」 「一緒に居たい気持ちだけで充分かな?」 そんな事を言わせないようにわたしが努力するよ 恋でも愛でも無くても もうあなたを離したりしない もうあなたを独りにしない どんな困難な道でもどんなつらい目に合っても あなたの隣にわたしが居て わたしの隣にあなたが居る事が [続きを読む]
  • お疲れさま
  • 今日は仕事だったんだろうか 今日はいつお昼休憩だったんだろうか 今日は一日どうだったんだろうか これだけ連絡を取らない時間も久々じゃないだろうか あなたは少し寂しいだろうか あなたは少し会いたいだろうか あなたは少し諦めてしまっただろうか あなたは・・・ わたしの好きだったあなたのブログを全て保存したよあなたはあんなに何年もわたしを待っていてくれたのにわたしは一日待つのも必死で今すぐにでも会って好きだっ [続きを読む]
  • 近づく気配
  • あなたの選ぶ曲が好きだったあなたの世界が好きだったあなたの纏う空気が好きだったそんなあなたがまた笑える日が来るのならあなたがまだもつ可能性を叶える誰かがいるのなら あなたが使う言葉が好きだったあなたが整理する全てが好きだったあなたは本当に素敵な人だったあなたがいつも私を見ていてあなたがいつも私を大切にしていてあなたがいつも安らぎをくれたそんなあなたがわたしにくれたモノをあなたがこの先どこかで手に出 [続きを読む]