星男 さん プロフィール

  •  
星男さん: あなたが好きだ。
ハンドル名星男 さん
ブログタイトルあなたが好きだ。
ブログURLhttp://ameblo.jp/maybe-thatiswhy/
サイト紹介文離れた先にあるものを見つけに・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 337日(平均0.7回/週) - 参加 2016/04/21 03:03

星男 さんのブログ記事

  • 赤い眼鏡
  • 廊下を通ったそのひとはきっとあのひと でもいつもと違った横顔で 赤い眼鏡が見えた・・でも間違いなくその色はあのひと 似合ってるなんて言えないほどにイマイチだったけど それでも姿勢良く歩くその姿はわたしの気になるあなたなんだ [続きを読む]
  • 気になるひと
  • 背が大きくなくて 気が強そうで 静かそうなひと 色が白くて 姿勢が良くて 笑わないひと 今月で退職しちゃうんだね 一度しか話したことないけど気になってたよ あと二週間でもう一度くらい話せるかな なんで辞めちゃうの? どこに住んでるの? 今度ご飯でも・・これは絶対ムリだな でもきっと話せない。 [続きを読む]
  • いつでも笑って
  • あれは何だったかな あれはいつのことだったかな この恋は苦しいとか この苦しみは恋だとか それは愛じゃないとか それは優しさじゃないとか 振り子のように弾き合ったあの頃が懐かしい これじゃないあれじゃないそれじゃないどれでもないと 見えない暗闇の中 見えない光の中で 必死に胸にある自分を探していたあの頃 もう二度と戻りたくない過去に 少し笑って [続きを読む]
  • 1つ決めたこと
  • 「幸せになること。」 誰のためでもなく 自分のために それを誰より望む 私の親のために さて生きるぞッ! [続きを読む]
  • 同性愛の苦悩
  • 何度も何度も立ち向かって 立ち向かわずとも流れるままに生きて 流されるまま辿り着いてもまた わたしはここに帰って来てしまう わたしの好きな自然のある暮らしを見つけても わたしの好きな人を呼び寄せるには この町は小さすぎて 小さすぎて 小さすぎて・・・ ここにある花よ ここにある風よ時間よ緑よ わたしの好きな人を呼んでも良いですか? 人がわ [続きを読む]
  • 白い朝
  • ダイヤモンドダストを眺めながら仕事に向かう朝 、ふと思う いつもこうやって綺麗なものを見るときに いつも私は一人で他には誰も居なくて 握りたい手も声もそこには無くて 見たいあなたとの感動を逃すたびに 何かを失ってしまったように感じてしまう もし自分が女じゃなかったなら あなたの手を引っ張れただろうか あなたを呼び寄せ誰かに怪しまれずに 自信を持って生きていけ [続きを読む]
  • 流氷と私
  • 流氷を見にこの土地に来たのが最初 遥々海を渡って流れてくるそれを 私はなぜか懐かしい気持ちをもって迎えていた 迎えてくれたのはどちらだったか・・ 何より 流氷にのってやって来る渡り鳥に魅せられて 私はここでしばらく暮らしたいと願い今に至る 今年もまた流氷が来たらしい 恋い焦がれるかのようにワクワクしちゃう 生きる糧となりつつあるそれらに 一刻でも早く 会 [続きを読む]
  • Let's do it!
  • 帰京している間、ずっと体調を崩して残念だったけど家族や友人やあなたに会えて良かった。 何もかもどーでも良いんだけど 楽しいことを楽しめるような心は失っちゃいけないよね 大切なものを大切だと気付く心は失っちゃいけないよね 認めたくない社会でも 納得のいかない自分でも それはそれで良いと潔く割り切る強さは学ばないといけないよね あなたが私を見守るように 私は私なりに見守 [続きを読む]
  • 梅酒ロック
  • 謝りたいことだらけで 謝れずただ乾いた夢を見る どうして男の人と暮らすという事が こんなにも苦しく想像し難い事なのか あの人もあの人もあの人も・・みんな 良い人なのに 勿体ないくらいなのに 私はちっとも潤わなくて どうしてこんなにも夢のような話が 酷く冷たく運命に降りかかるのか そしてずっとこのまま 私はきっと一人で生きていくだろう 私はきっとそう生 [続きを読む]
  • 上を見て
  • あなたが辛いとき あなたが苦しいとき あなたが迷うとき あなたが思い悩むとき 誰も頼れなくなったとき わたしはいつもあなたを見ている わたしはいつも遠くからあなたを想い あなたをいつだって応援している だから 上を見て だから 横を見ずに 下を見ずに 真っすぐに 上を見るんだ ただあなたの未来だけを 信じて &nbs [続きを読む]
  • 期待するのはだれ
  • 一度話しただけで来てくれるなんて まさかね 遥々ここまで来るなんて まさかね だけどあなたは来る きっと恥ずかしそうに照れながら 一度会っただけのわたしに あなたは何を期待しているの? まさかね 期待しているのは だれかな [続きを読む]
  • 目の中を飛ぶ鳥
  • あなたとの言葉のやりとりは 数か月一緒にいる誰との会話より勝る あなたとの言葉のやりとりは 幻よりも夢よりもただ儚さを滲ませて それでも聡明に 空を描いてみせる あなたと重なる色と時と嘆きに似た希望を わたしは分かり得ない時代の違いを感じながら 傾く地球のさいごの光の中 ただ真っ直ぐにただただ あなたの目の中を飛ぶ鳥を追いかけていた &n [続きを読む]
  • 願っても叶わないこと
  • 例えばこの背中に羽が生えて あなたを連れ去ってしまいたいとか 例えばこの世界をひっくり返して あなたと二人自由になりたいとか願っても もう叶わないって知ってるだろ そんなこと願うより 願っても叶わないことを悔やむより 巡り逢えた大切な人を 抱きしめに行こう 一時でも多く 笑わせに行こう 明日でなくまた今度 ではなく 羽が生えなくても 世界が変 [続きを読む]
  • 道なき道を歩いて仕事に向かう 真っ新な台地はただ ここに生きる自分を実感させる 眩しい朝日は拒むことなく見えない先まで 照らしてくれる 一歩一歩進めば 思いがけず軽く拓ける夢に 流されるくらいに浄化された過去に ただここに いない欲しいあなたの眼差しを 肩に感じながら 早く あなたを迎えに行きたい [続きを読む]
  • me
  • 明日のことは分からない 明後日のことも分からない あなたがどこかのお店で どこかの誰かとどこかについて どんな話をしていても構わない だけどやだよ いつだって私を見ていてほしい いつだって私を想っていてほしい 距離をとったのは私だけど それでもそんなことどーでもよくて だから早く・・・ そんなことは口が裂けても言わないけど だから早く・・ [続きを読む]
  • 色んなことがあるけれど
  • あなたに出会えて良かった 楽しいことも悲しいことも 上手くいかないこともあるけれど あなたと出会わなかった人生は どんなに詰まらなかったことだろう この先の見えない何かより あなたと生きれる今を大切にしたい 悩むもの苦しむのも全部あなたと一緒がいい きっと必ず 道は拓けるから [続きを読む]
  • 温まろう
  • 久々に会えたね ごちゃごちゃした池袋の中 待たされ怒ったあなたが立っていた そうやって怒れるまでになったんだって 私は少し安心した さて来月は3週間帰京する どこ行こうか〜 スパとディズニーランドと イルミネーション巡りでもしたいな〜 そういや私は誕生日だったな 楽しみ楽しみ 寒がりなあなたを温めて たくさん買い物して たくさん食べて 思いっ [続きを読む]
  • 同性愛者でも異性愛者でも
  • 朝を通り過ぎて雪が降る 昨日とは何か違うものだろうか・・ 自分を不幸だと思うことはいくらでもできる 自分を幸せだと思うこともいくらでもできる 自分が惹かれるのが女性だっただけで わたしは同性愛者と位置づけられるのだろうけど わたしは自分を女性だと納得できずにここまで生きてきた つまりわたしは自分を同性愛者とは自覚していない でもそれが それをクリアすることが何よ [続きを読む]
  • あなたへ、自分へ
  • 降りやまぬ粉雪は あたり一面真っ白な世界を作りあげている あなたがいつか選んでくれたブーツを整えて あなたがいつか選んでくれたセーターを畳む あなたはここにいないけど わたしはあなたをいつもきっと大切に思っている あなたから離れたわたしは 少しずつやっとあなたに近づいている 今無いものを求めて今あるものを大切にできないならば この先に何が生まれても大切にはできな [続きを読む]
  • 気付き。
  • 私は私を思い出した。私が私で悩む時それは私でない私になろうとする時で私はいつも私でない私を社会が望んでいるような感覚に陥って苦しんで傷ついて大切なあなたに当たりあなたに付けた涙(傷)をみて我に返る。私はまだ結婚を考えている。私はまだ子どもや親の喜ぶ姿を見たがっている。でもそれを考えいくと意外とほんとに受け入れ難くて驚くほどに心身ともにボロボロになってしまう・・だけど数少ないセクシャルマイノリティの友 [続きを読む]
  • まあいいか。
  • 面白いブログを見つけたから少し元気になった。私はこの先に何があるのかを知るために行くんだ。私は今ここに無い何かを求めて行くんだ。私はこの先にある結果がどうであれ今の状況を変えるために行くんだ。決して逃げてる訳じゃない。まあもう何も知らないふりをして行けば良い。どうなったって私は私にしかならない。何を望んだって私が望むことだからきっと私らしいだろう。たとえそれを喜ぶ人もいれば喜ばない人もいるだろうけ [続きを読む]
  • 何が正しい?
  • 何が正しい道なのか私はどんな結果を望んでいるのか望む結果が曖昧だからきっと今の道も曖昧なんだ。誰にもその人の正しい道は分からない。ましてや他人の望む結果など尚更分からない。ただ単に今、そばに居てほしい人は誰なのかそれだけはちゃんと分かってるんだけど・・ [続きを読む]
  • 思い上がり。
  • 一人で出来ることにも限界ってもんがある。最近のアニメでぐっときた言葉。それすべて私の生き方そのものだ。笑ってほしい。I do not hurt you any more.側にいて安心させたい。All my love for you every where.めちゃくちゃにしたい。ごちゃごちゃに、もう戻れないほどに。だけど息が詰まって、胸が苦しくなって、すべては自分に返ってくるんだ。こんなことしてる場合じゃないのにこんな不幸になったって、不安定になったって人 [続きを読む]
  • うそつき。
  • こんな暑い街で眩しすぎて目もくらむような昼に私は私の優しさについて考える。あなたにしてきた優しさはウソなんだろうかとあなたに伝えようとしてきたものはウソなんだろうかと東京に戻ってきたのに感じるあなたとの距離は縮まらない・・それはまた離れるからだろうかそれはまだ答えが見えないからだろうかもういい歳なのにな・・ [続きを読む]
  • わたしが好きなあなた
  • わたしが居なくなった部屋の模様替えをしたあなたわたしが使わなくなった食器を綺麗に仕舞ってわたしが大切にしていた緑を小瓶に分けて新しい窓辺に置いたあなた白い壁にこれからの光がまぶしく映る部屋無駄のない整えられたあなたの部屋の匂いが写真からも伝わってきた思い出すわたしが好きだったあなたの部屋を近すぎて忘れかけていたあなたのまとう空気感好きすぎて強がって優しくできなくて悲しませてばかりいたあなたはもっと [続きを読む]