映画むすめ さん プロフィール

  •  
映画むすめさん: 映画むすめの感想日記
ハンドル名映画むすめ さん
ブログタイトル映画むすめの感想日記
ブログURLhttp://eigamusume.com/
サイト紹介文映画マニアの映画むすめです。映画大好きでよく観ています。思ったことを言いたい放題書いちゃいます。
自由文映画マニアの映画むすめです。映画大好きでよく観ています。思ったことを言いたい放題書いちゃいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/21 16:59

映画むすめ さんのブログ記事

  • モアナと伝説の海
  • モアナと伝説の海 感想5歳と3歳と1歳の子供と一緒に観に行きました。飽きて騒ぎ出したら帰ればいいかな、くらいの気持ちだったのですが、5歳と3歳の子供達は一言も喋らず、スクリーンに魅入っていました。そしてなんと1歳の息子も音楽が流れる度にリズムをとって楽しそうに最後まで観れたのです。ディズニー映画といえば、音楽なしでは語れませんよね。白雪姫の「いつか王子様が」然り、リトルマーメイドの「パート・オブ・ [続きを読む]
  • さらばあぶない刑事
  • さらばあぶない刑事 感想1980年代、大人気だったあぶない刑事、最後の映画。タカ&ユージ、とうとう定年退職を迎える直前のお話です。当時、中学校でとっても流行りました。学校の売店に置いてあった、あぶ刑事のノートは入荷とともに品切れ。クラスの女子は、タカ派、ユージ派に分かれて、キャーキャー言ってました。あれから、30年。タカ(舘ひろしさん)のバイクに乗りながら、銃を撃つかっことよさ、健在です。いくつになって [続きを読む]
  • シングストリート
  • シングストリート 感想1950年代のアイルランドを舞台に大好きな彼女を振り向かせる為、バンドをつくり彼女を主演にしたPVを製作することに。果たしてバンドは出来るのか?彼女は主人公と結ばれるのか?オシャレでおませな15歳が恋に奮闘したり、家族の問題と対峙したり。少年時代に好きな彼女を振り向かせる為に絵を描いていた僕にはたいへん思い入れがあります。ステキな作品だと思いますので是非鑑賞していただきたいです。主演 [続きを読む]
  • ダブルミンツ
  • ダブルミンツ 感想中村明日美子の同名BL漫画を原作とした、映画「ダブルミンツ」。原作のダークでバイオレンスな雰囲気が見事に再現されている傑作でした。特に二人の主人公、ミツオとみつおは原作から飛び出てきたのかと思うほど見た目や身にまとう空気の再現度が高かったです。絶対的な主従関係からだんだんとお互いを愛するようになり、危ない関係へと転がり落ちていくミツオとみつおですが、二人の関係性は単なる色恋という言 [続きを読む]
  • マグニフィント・セブン
  • マグニフィント・セブン 感想予告動画を観て「ちょっとB級映画の匂いがするなぁ……」と思いつつも、名作『七人の侍』を基にしているとのことで観に行きましたが大正解でした。『マグニフィント・セブン』は原案通り“七人の男の生き様”を描いている作品なのですが、みんな一風変わった個性がありかっこいいんです。私が特に気に入っているのはギャンブラーのファラデーとナイフ使いのビリー。命を懸けた戦いにも関わらずファラデ [続きを読む]
  • 100歳の華麗なる冒険
  • 100歳の華麗なる冒険 感想スウェーデンのコメディー映画です。主人公は100歳の誕生日を迎えた老人の「アラン」で、誕生日の日に老人ホームを自分の部屋の窓から抜け出します。もう、それだけで、パワフルなおじいさん!という感じですが、それから、あてもなく旅をしながら、彼の波乱万丈な人生を振り返っていくというのがあらすじです。彼の人生を振り返るシーンには、まさかの歴史やまさかの歴史上人物が登場し、「え?」と思わ [続きを読む]
  • パトリオット・デイ
  • パトリオット・デイ 感想2013年に起きたボストンマラソンテロの一部始終を再現したものですが、とてもリアルに再現された映画です。主人公のマーク ウォールバーグはボストン出身の俳優なので、この映画にかけた気持ちが届くような仕上がりになっています。テロリストに悩まされ続けたアメリカがどうやって犯人をつきとめたのか、犯人の逮捕まで早かったと世界から評価された理由が素人でもわかる、分かりやすい映画です。本当にこ [続きを読む]
  • 海賊とよばれた男
  • 海賊とよばれた男 感想まず、圧倒的な迫力。撮影の規模には驚かされました。満州鉄道の頑丈な扉、実際に雪道を走る機関車。戦時中の爆撃場面、中東での船上の緊迫感。臨場感あふれる画面からは激動の時代を駆け抜けてきた人々の熱量が、ガンガン伝わってきます。国岡鐵造の名前に「鐵」が入っているのは伊達ではない!苦労して自分の会社を興し、店主と自分のことを呼んでくれる店員は家族同然と、店を守ることが店員を守ることだ [続きを読む]
  • 信長協奏曲
  • 信長協奏曲 感想信長協奏曲はドラマで観ていて続きが気になって劇場に観に行きました。高校生が戦国時代にタイムスリップしてきて、あの歴史上の大人物、織田信長にたまたまそっくりという出来事が重なって…という物語です。日本もののタイムスリップ作品はまだまだ少ないです。なのでタイムスリップものが好きな人にはもちろんオススメできます。そして、主人公は織田信長にそっくりで織田信長の代わりとして戦国時代で生きてい [続きを読む]
  • バイオハザード: ザ・ファイナル
  • バイオハザード: ザ・ファイナル 感想ホラー好きなら誰もが一度は聞いたことがあるであろう「バイオハザード」。本作はバイオハザードシリーズの集大成とも言える作品です。最恐の恐怖があなたを襲うこと間違いなし!バイオハザードの代名詞はなんと言っても迫りくる多くのゾンビを主人公が倒すところにあります。本作でも迫りくるゾンビを主人公が蹴散らすことができるのか、ぜひとも自分の目で見て確かめてみてください。バイオ [続きを読む]
  • ドクター・ストレンジ
  • ドクター・ストレンジ 感想ドクター・ストレンジは、今や飛ぶ鳥を落とす勢いのMARVELが放つ超大作です。この映画を一言で表すなら「美しい」でしょうか。まずはこの映画の大きな売り文句でもあった映像美。この映画で一番頑張ったのはグラフィックさんといっても過言ではないほどの圧倒的な迫力から目が離せません。 また、出演している俳優陣の美しさも外せません。勿論主演であるベネディクト・カンバーバッチもチャームポインで [続きを読む]
  • 僕だけがいない街
  • 僕だけがいない街 感想漫画原作の作品の映画にはいつも期待はしていないのですが、元々この原作が大好きだったので我慢しきれず、観に行ってしまいました。主人公の悟役が藤原竜也さんということで、ビジュアルは少し大人っぽ過ぎるような気がしましたが、実際見てみるとミステリアスなこの作品の世界観には大変マッチしたキャスティングだったと思いました。過去と未来が交差する作品でしたが、混乱せずにすっきりとみることが出 [続きを読む]
  • メッセージ
  • メッセージ 感想ひとことで言うと未知との遭遇や2001年宇宙の旅のような、いわゆる人類と異星人の「コンタクト」ものの映画なのですが、公開前からツイッターなどのSNSで異星人の乗ってくる宇宙船の形が「ばかうけ」そっくりだと話題になっていました。私もそれで興味を持ったクチですが、内容的には非常に真面目なSF映画です。また、アカデミー賞を取っただけあって、音響が非常に素晴らしいと思います。主人公の言語学者が7本足 [続きを読む]
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする 感想この映画は京都を舞台にした切ないラブストーリーとなっています。福士蒼汰さんと小松菜奈さん演じる役が何とも難しい役柄でしたが、ラブストーリーということもあって観ていてほっこりすると同時に、胸が苦しくなるような悲しさも上手く表現されていてとても感動しました。また、お互いの擦れ違っていく気持ちや内情などがあらゆる角度から描写されており、観ていてハラハラするような場 [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • ラ・ラ・ランド 感想この映画の良さはとても見やすくて、見ていると心踊る場面がたくさんあることだと思います。冒頭や作品中盤のタップダンスシーンは、クオリティも高く大人数で踊る場面など見ていて踊りだしたくなります。映画を観終わった後、サントラを買ってしまうほど、踊っていた光景と音楽が印象に残りました。見ていて清々しく、表情もよい。ストーリーは、恋愛の要素が強くありきたりな内容かなっとはじめは観ていて思 [続きを読む]
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ
  • TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ 感想TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬはすごくノリノリな楽しい映画でした。宮藤官九郎さんの作品という事で相変わらず個性的なストーリーです。ある日、主人公は突然不慮の事故で亡くなってしまいます。それでなぜか地獄に落ちてしまいます。しかし、主人公には片想いの女の子がいてその子に想いを伝えるべく生き返るために努力するんですが、その過程でなぜか鬼と突然メタルバンドを組みます。冒 [続きを読む]
  • ズートピア
  • ズートピア 感想ディズニーアニメの絵がとても可愛らしく、動物のキャラクター達のストーリーなので、子どもにちょうど良いと思い、映画館へ親子で観に行きました。動物たちのそれぞれの個性が光っていて、生き生きとした動きが魅力的でした。日本語吹き替え版で見たのですが、主人公のウサギを担当した上戸彩のキュートな声も、すごく合っていて可愛いです。キツネのニックもカッコいいし、ナマケモノも面白いです。主題歌Dre [続きを読む]
  • ちょっと今から仕事辞めてくる
  • ちょっと今から仕事辞めてくる 感想長時間労働、パワハラ、自殺などを扱った、現代に焦点を当てた映画です。工藤阿須加演じる、サラリーマン青山隆は上司からの圧力や、ブラック企業の環境により精神的に追いこまれていきます。その様子を描いたシーンはとても観ていて重く感じ、見ていられませんでした。そこに登場する福士蒼汰演じる、小学生の同級生「山本」が現れ青山隆は昔のことなどで話に花を咲かせる。居酒屋に行ったり、 [続きを読む]
  • LOGAN/ローガン
  • LOGAN/ローガン 感想X-MENリシーズで最も人気のあるヒュー・ジャックマンが演じるウルヴァリン(ローガン)の最後を物語った映画です。これまでのX-MENリシーズとは趣向がうってかわってストーリーの内容は派手なアクションではなく、しんみりとした少し寂しくちょっと涙が出そうになるストーリー構成でした。映画をみて一番思ったのはどれだけ強い者でもいつかは老いて死別する時が訪れ、そして親子の愛と家族で過ごす団欒の時間と [続きを読む]
  • 22年目の告白−私が殺人犯です−
  • 22年目の告白−私が殺人犯です− 感想時効となってしまった連続殺人事件。その事件から22年後に犯人自らが名乗り出た・・・。 犯人曽根崎を演じたのは藤原竜也さんです。藤原達也さんは日本を代表する俳優で私も大ファンです。見た目がイケメンなのは言わずもがな、演技力がとてもすごく、今回の犯人の役も見事に演じきっていました!そして、刑事演じるのは伊藤英明さんですね!大人世代から人気があるイケメン、ダンディ俳優です [続きを読む]
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
  • ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 感想スターウォーズ初のナンバリングタイトルでは無いスピンオフで新三部作と旧三部作の間を埋める橋渡し的な作品であります。展開は主人公が成行きで騒動に巻き込まれてしまうがやがて自分の使命を果たす為に仲間と共に敵に立ち向かって行くと言うストーリーになっています。 前半は説明が多くやや間延びした印象を受けましたが後半からの怒涛の展開には驚かされました。特に艦隊戦は [続きを読む]
  • 美女と野獣
  • 美女と野獣 感想正直、期待していませんでした。見事、やられました。良いほうに!何度、涙がこぼれたことでしょう。まわりに人がいなかったら、声をあげて泣いていたかもしれません。本当に人を愛することとは、自分を犠牲にしても愛する人の決断を尊重すること。こうして書いているだけでも、野獣の孤独、せつなさ、ベルを愛する気持ち、苦渋の決断が思い起こされ、胸がつかえてきます。 まず、映画が始まり驚いたのは、色彩のあ [続きを読む]
  • ただいま♪…なんていい曲なんだ…(涙)
  • アリーナツアー、いよいよ始まりますね。大好きな嵐さんに、もうすぐ会える方々…ものすごーく羨ましいです。私は、残念ながら、お留守番組ですが…アリーナツアーのテーマ曲『ただいま』聴きました。嵐に会えないヤサグレた気持ちでいる私にとっては、そんな曲はとても酷で、絶対聴かないぞーって思ってました。でもね、凄く良かった。歌いだしから、涙が溢れてきた…大野くんの声が身に染みるよぉ。5人の想いがこもった歌詞が、 [続きを読む]