しんのすけ さん プロフィール

  •  
しんのすけさん: 新潟近県お気軽温泉紀行
ハンドル名しんのすけ さん
ブログタイトル新潟近県お気軽温泉紀行
ブログURLhttp://spaniigata.seesaa.net/
サイト紹介文新潟県と近県の日帰り温泉(立ち寄り湯)を中心に情報をお届けしたいと思います。
自由文コンセプトは
・お気軽!
・お手軽!
・近い!
・安い!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2016/04/22 07:31

しんのすけ さんのブログ記事

  • 金の湯(銭湯)
  • 金の湯(かねのゆ)は新潟県新潟市東区にある銭湯です。温泉施設では無いですが紹介させて下さい。場所は、新潟市東区の山木戸小学校のある交差点を北上して行きます。やがて左手に第四銀行木戸支店が左手に見えてきます。その先にある十字路の右側が金の湯です。夜ですと、赤い色の「ゆ」と書かれたネオンが光っているので、見逃す事は無いかと思われます。ひとつ注意しなければいけないのは、上記の通りは一方通行であり、車でいく [続きを読む]
  • 太平館(横浜市温泉銭湯)
  • 太平館は横浜市港北区にある温泉銭湯。ちなみに、西区にも同名の銭湯があるため、お間違えの無いように。所用で横浜市のビジネスホテルに滞在した際、広いお風呂に入りたくて近くに銭湯や日帰り温泉が無いか探してみたところ発見した温泉銭湯なのです。少し歩かなければ行けませんが、運動不足解消も兼ねて行ってみた次第であります。場所は東急東横線沿いで、大曽根商店街の一角にあります。大倉山駅から北側に10分程歩いて行くと [続きを読む]
  • 今市温泉 スーパーホテル宇都宮 益子の湯
  • スーパーホテル宇都宮は栃木県宇都宮市にあるビジネスホテル。日帰り温泉では無いですが紹介させてください。場所はJR宇都宮駅の東側で県道64号線沿い。駅からも徒歩で10分ほどの所にあります。スーパーホテルはビジネスホテルチェーンで全国あちこちにあります。今回ご紹介する宇都宮店は敷地内に森友の湯(今市温泉)という源泉を持っていて、大浴場(益子の湯)に引かれているそうです。当然ながら日帰り入浴は出来ません。宿泊 [続きを読む]
  • 悠々の杜温泉 アイアイひらた
  • 悠々の杜温泉のアイアイひらたは山形県酒田市にある日帰り温泉施設。場所は酒田市街地から東側の内陸部に行った先で、施設は山の上に建っています。国道345号線で最上川の少し北側を走っていると控えめな看板がありますので、それを目印にすると良いでしょう。山を登りきると突然施設が現れ、緑豊かな環境の中に広々とした駐車場があります。施設はネーミングなどから、第三セクターのセンター系であるとは思われますが、温泉棟の [続きを読む]
  • 諸事情により
  • 私の諸事情により、しばらくの間、更新が鈍くなると思われます。このところ時間がとれなくて、近くにある馴染みの温泉しか行ってないです。温泉活動やブログを辞める訳ではないので、たまには覗いてみてください。落ち着いたら活動を再開します。 [続きを読む]
  • 新鶴温泉 新鶴温泉健康センター
  • 「新鶴温泉 健康センター」は福島県大沼郡会津美里町にある温泉施設。隣には棟続きで宿泊施設の「ほっとぴあ新鶴」があります。場所は会津美里町の新鶴地区で、会津坂下町の国道49号線から県道22号線で南下していくと看板があるので分かりやすいのではないかと思います。駐車場が狭いこともあるのですが、訪問時は平日の午前中であるにもかかわらず沢山の利用客で賑わっていて、車のとめ場に困ってしまう程でありました。今回はあ [続きを読む]
  • 洲走の湯
  • 洲走の湯は福島県河沼郡会津坂下町にある鉱泉宿。場所は分かり難いのですが、新潟からですと国道49号線で西会津を通り過ぎ暫らく行くと、やがて只見川を渡るのですが、そこまで行くと行き過ぎでして、橋の少し手前で県道151号線に左折します。磐越道の下を通ってそのまま真っ直ぐに行き、突きあたりを右折します。やがて集落も無くなりますが、そのまま進みます。少し行くと十字路があるので左折します。あとは左側を気にしながら [続きを読む]
  • 高田温泉 あやめの湯
  • 「高田温泉 あやめの湯」は福島県大沼郡会津美里町にあるセンター系の日帰り温泉施設。場所は高田地区市街地の外れで、会津美里町役場や会津総鎮守の伊佐須美神社からですと阿賀川支流の宮川を渡ってすぐです。隣には温泉施設と棟続きで社会福祉関係の施設もあります。玄関を入ると左に下駄箱があり、正面にはお土産物が所狭しと並べられています。受付はその目の前で、料金は直接支払います。その他に一階の奥には食堂を兼ねた休 [続きを読む]
  • 黒鴨温泉 滝の湯旅館
  • 黒鴨温泉の滝の湯旅館は山形県西置賜郡白鷹町にある一軒宿。場所は白鷹町中心部から最上川を渡り北西方向に行った山間の黒鴨という地域。かなり山奥で時間も掛かるのかなと思っていたら、意外と近くて、市街地から車で15分程でした。このお寺が目印。なんでも、このお寺、即身仏が安置されているんだとか。私はパスしましたが、興味のある方は見学されてみてはと思います。お寺の手前に川があるのですが、橋を渡って直ぐ右手にある [続きを読む]
  • 坂下温泉 糸桜里の湯 ばんげ
  • 「糸桜里の湯 ばんげ」は福島県河沼郡坂下町にある日帰り温泉施設。「糸桜里」は「しおり」と読みます。施設名の「糸桜」は会津五桜の一つ「杉の糸桜」にちなんで名付けたそう。ちなみに、旧名は「湯ートピアばんげ」であったそうです。場所はというと、新潟県から国道49号線で会津若松方面に行き、坂下町の七折峠トンネルを抜けると、わりとすぐに「塔寺駅入口」という交差点があります。その交差点を左折して県道43号線に入り、 [続きを読む]
  • ひまわり温泉 ゆ・ら・ら
  • 「ひまわり温泉 ゆ・ら・ら」は山形県東村山郡中山町にある公共の温泉施設。宿泊施設ではありますが、日帰り施設としても利用できます。場所は中山町市街地の外れで、JR左沢線と最上川が交わる付近。てっぺんが逆ピラミッド形になっている巨大な看板!?、タワー!?、モニュメント!? 何と言って良いか分からないのですが、こいつ(上写真)が目立ってました。それと、隣には中山町総合体育館があります。また、施設の目の前には大きな住 [続きを読む]
  • 山辺温泉 保養センター
  • 山辺温泉保養センターは山形県東村山郡山辺町にある日帰り温泉施設。場所は山辺町を通る国道458号線を走行していると控えめな看板が出ていますので、そこから国道を外れてまっすぐに。しばらく行くと左手に山辺温泉保養センターが突然現れます。ちなみに、道路を挟んで右側は老人ホームでした。こちらは左隣に建っている山辺町保険福祉センターという施設でして、山辺温泉の看板がこちら側にある事から、到着時はこっちが山辺温泉 [続きを読む]
  • 温泉博士2017年3月号
  • 掲載元:月刊温泉博士ブログさて、温泉博士2017年3月号が発売されました。出版社:マガジン倶楽部発売日:2016年2月10日価格:620円毎月恒例、全国の温泉手形(無料入浴クーポン券)が付いててお得です。今月の山形県はというと、休暇村羽黒は温泉じゃないのですが、それ以外は泉質抜群の施設がそろっています。新潟県は3施設だけと少し寂しいですが、どの施設も近くにスキー場があるので、スキーの帰りにでも利用するのがおすすめで [続きを読む]
  • 勝見鉱泉
  • 勝見鉱泉は新潟県三島郡出雲崎町にある一軒宿。すぐ目の前は海です。場所は出雲崎町の国道352号線沿い。出雲崎港と柏崎市石地のちょうど中間辺りです。外観もそうなのですが、ほぼ一般家庭の様な佇まい。唯一目印となるのが、玄関の窓にミラーが貼られていて、そこに大きく「勝見鉱泉」と表示されているところ。もう少し表の看板が大きければ分かりやすいのですが、さりげなすぎますよ〜。正直、数年前までは存在すら知りませんで [続きを読む]
  • 寺泊温泉 北新館
  • 寺泊温泉の北新館は新潟県長岡市の寺泊地区にある一軒宿。場所は寺泊にある県道169号線沿いなのですが、アクセス方法は海側の国道402号線からと内陸側の国道116号線側からの二通りあります。まずは海側から。海沿いの国道402号線を寺泊港から出雲崎方向に少し行った辺りで県道169号線に直接左折します。左折箇所には天領の里の看板が目立ってあるのですが、その下に小さいながらも北新館の看板も出ています。あとはそのまま暫らく [続きを読む]
  • かたくり温泉 ぼんぼ
  • 「かたくり温泉 ぼんぼ」は山形県鶴岡市にあるセンター系の日帰り温泉施設。こちらの施設は2017年の3月いっぱいで廃止してしまうとの情報を聞きつけ、慌てて訪問した次第であります。余談ですが、「ぼんぼ」とは庄内地方の方言で赤ん坊の事を言うそうです。看板のキャラクターはそういう事なのですね。場所は旧朝日村地区で、鶴岡市街地からですと山形市方向へと向かう主要国道112号線を南下して行き、途中、特に目印となるものが [続きを読む]
  • (再訪)瀬波温泉 老人福祉センターあかまつ荘
  • そう言えば昨年の暮れ(2016/12/22)に瀬波温泉のあかまつ荘に行ってきたのを記録しておきたいと思います。たまたまとの事なのですが、初めて訪問した際、湯の状態が良く、且つ特徴的あった為、再訪したいと思っていました。その後、何度か訪問はしたものの、受付終了時間が早く15:00までですので、間に合わずに入れなかったりと、再訪できずにいました。その為、今回は余裕をもって午前中に訪問。こちら、基本的には高齢者の為の福 [続きを読む]
  • 咲花温泉 柳水園
  • 柳水園は新潟県五泉市の咲花温泉にある温泉旅館。場所は旅館が建ち並ぶ通りの山側。駐車は玄関の前にスペースがあるので、そちらにとめます。玄関を入ると左側に帳場があったのですが、右の部屋からおばあちゃんが出てきて対応して下さいました。浴場は玄関から真っ直ぐ一番奥に行った所にあります。男女の入れ替えがあるのかは不明ですが、訪問時は奥が女湯で手前が男湯でした。脱衣場はそれほど広くはなく、脱衣棚、ソファー、洗 [続きを読む]
  • 天童最上川温泉 ゆぴあ
  • 「天童最上川温泉 ゆぴあ」は山形県天童市にある日帰り温泉施設。今回はあるイベントの帰りに訪問しました。場所は有名な天童温泉からは離れたところにあり、最上川沿いにあります。こちらはいわゆるセンター系で、立派なドでかい鉄筋コンクリート造り。訪問時は日曜日の夕方。料金が入浴料のみなら300円ということもあるせいか、非常に沢山の方々で賑わっていました。まず、玄関には天童らしく大きな将棋の駒があります。入ってす [続きを読む]
  • 温泉博士2017年2月号
  • 掲載元:月刊温泉博士ブログさて、温泉博士2017年2月号が発売されました。出版社:マガジン倶楽部発売日:2016年1月10日価格:620円毎月恒例、全国の温泉手形(無料入浴クーポン券)が付いててお得です。今月も秋田県、山形県、福島県、新潟県は最近の常連施設ばかり。しかも、新潟以外は少ないです。ちょっと残念です。長野県と群馬県はやっぱりバラエティ豊富です。群馬県は伊香保、老神、四万温泉と名だたる温泉地の宿が掲載され [続きを読む]
  • 峠駅(山形県米沢市)
  • 今回から温泉活動の際に立ち寄った場所なども記録していくことにします。でも、そんなに書くことは無いと思いますが(汗)峠駅は山形県米沢市にある奥羽本線ではもっとも標高の高い所にある秘境駅。場所は姥湯温泉や滑川温泉に向かう山道の途中にあります。その名の通り、峠にある駅なのです。当然ではありますが、姥湯温泉や滑川温泉に訪問したついでに立ち寄った次第であります。鉄道ファンとかでは無いのですが、以前から気になっ [続きを読む]
  • 滑川温泉 福島屋
  • 滑川温泉福島屋は山形県米沢市にある温泉旅館で一軒宿。米沢八湯の一つでもあります。名前の由来は川を渡るときに滑って転び、その際に発見されたことからだそう。場所は姥湯温泉に行く道の途中にあります。姥湯温泉よりも標高が低いとはいえ山深い場所で豪雪地でもある為、冬季は休業します。駐車場は宿の目の前。建物の直ぐ脇には滝があります。これが日本の滝100選に選ばれた滑川大滝なのか!?と思いましたが、本当の滑川大滝は [続きを読む]
  • このところ気になる温泉!???
  • 最近、ちょっと気になる所がありまして… 温泉うんぬん抜きで日頃から私の行動範囲にある場所なのですが・・・この近辺は写真のようなものがあちこちにあるのですが、湯気が出てるところはごく僅かなものでして。ここも以前は湯気が出てなかったのですが、こないだ前を通ったら湯気がモクモクと出てるではないですか〜(この写真では湯気が見えないかな!?)その少し先の草むらからも湯気が漏れてます。湯気の匂いを嗅ぐと、この近辺 [続きを読む]
  • 2017年 初湯
  • 昨日(2017/12/3)は初湯に行ってきました。2017年の温泉始めは毎度お馴染み塩の湯温泉です。夕方に到着したんですけど、駐車場はとめ場が無いほど激混み!やっぱり休みの日はどこも混んでますね。すぐには入館せずに近所をランニングしてから入りました。ランニングも今年初です。今年は昨年に引き続き、体力アップを心掛けて行きたいと思います(無理せずにね!)。あとは、当ブログの邪魔な広告を減らすために、有料プランに切り換 [続きを読む]
  • 謹賀新年 2017
  • 明けましておめでとうございます。気付けばブログを始めて今年の4月には3年目へと突入します。早いものですね。でも、まだまだ初心者ではありますがm(._.)m巡った温泉の備忘録として始めた個人的な趣味の当ブログ。めんどくさいと思ったことも多々ありましたが、続けてきて良かったと、このごろ実感しています。さて、昨年は山形県に多く足を運んだ年になりました。それと、長野県へも二軒だけですが行くことが出来ました。 それ [続きを読む]