くまこ さん プロフィール

  •  
くまこさん: はぴくまッ!(自分らしく、小さな暮らしを楽しむ)
ハンドル名くまこ さん
ブログタイトルはぴくまッ!(自分らしく、小さな暮らしを楽しむ)
ブログURLhttp://hapikuma.com/
サイト紹介文夫と娘と息子の4人家族、賃貸暮らしです。40代主婦が断捨離したり生活を見直してシンプルライフです。
自由文40代になって断捨離をして。自分を見直したり、生活を見直したりしています。子供たちのこと、日々思うことなども多いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供423回 / 278日(平均10.7回/週) - 参加 2016/04/22 13:27

くまこ さんのブログ記事

  • 息子に邪険にしてしまうとき。
  • 小2の息子はインフルエンザで出席停止中です。週末、土曜日から高熱を出した息子。いまは熱もなく、せきとのどの痛みが気になるくらいです。まー、ほぼ、通常どおりなんですよね。すると、つい、親の対応も変わってしまいます。スポンサーリンク夫のふり見て、わがふり反省息子がインフルエンザが判明した夜。残業を終えて帰ってきた夫は、ひとり夕御飯を食べていました。夫のそばをうろうろする息子が、せきこみました。「ちょっ [続きを読む]
  • 愛と幻想のすてきな奥さん。
  • レンジ機能しか使っていないオーブンレンジ。ホットケーキしか焼かないホットプレート。そうした使いこなせない調理器具を、キッチンに並べていた時期がありました。キッチンから処分したものの多くは、けっきょく、わたしには使いこなせないモノだったのです。そういう自分を、がっくりしつつも受け入れて、多くの調理器具を処分しました。スポンサーリンクキッチンにはあこがれとコンプレックスがあふれていたいまにして思えば、 [続きを読む]
  • 子供は健康がいちばんですよね。
  • 今年、小学2年生の息子には自分のルーツを求める授業があります。名前の由来とか、出産前に家族がどんなことを願っていたか、とか。これからの息子へ贈る言葉、とか。息子以外の3人の家族が、ノルマとして書きあげました。まー、なにがどうって、子供が健康であることがいちばんですよね。スポンサーリンク息子がインフルエンザA型だってよ!先週金曜日の朝、息子が喉が痛いといいました。「どうする?」「学校に行ってー」そして [続きを読む]
  • 布のストックは補修用だけを保管したらすっきりしました。
  • これまでの人生で、布のストックって必要だったか?そんなことを自分に問いただしてみた40代主婦です。手芸で生計を立てているわけでもありません。裁縫道具と布の関係は、いわば調理道具と食材みたいなもの。だから布も、必要なときに必要なだけ買えばいい。スポンサーリンク裁縫道具と補修用の布娘は中1、息子は小2。とつぜん布が必要になったときといえば。そう、小学生だった娘が「音楽バッグを持っていくんだってー」と前日に [続きを読む]
  • 年末にナベが増えた話。
  • わが家は4人家族です。フライパンは3つ、ナベは2つでした。 たしかに、この冬、土鍋の購入になやみました。手持ちのナベだと、大きく深さがあって、テーブルに乗せたときに食べにくいのです。しかし、土鍋はどうしても必要、どうしても欲しいわけではありません。するとどうしたことでしょう、年末に夫の実家から送られてきたダンボール箱のなかに、小ぶりのナベが入っていたのです。スポンサーリンクダンボール箱のすきまに [続きを読む]
  • 血流が悪ければ薬も効きにくい、という話。
  • 最近おどろいた話ですが。ある病気のあたらしい薬は、患者自身の免疫力を高めて病気を治すのだそうです。いままで、その病気の薬といえば、病気の元を攻撃するタイプの薬でした。免疫力を高めるといったら、基礎体温をあげること、つまり血流をよくすること。スポンサーリンク薬が身体に行きわたるしくみあるとき、わたしは整体院に通いはじめました。それからいろいろなことがあって、自分が整体を習うようになりました。そこで、 [続きを読む]
  • その人のその部分だけ、好き。
  • んー。ツイッターも、フェイスブックも使いこなせていない40代主婦です。スマホ超初心者が、スマホを持ったらしてみたいこととして、インスタグラムってあったのですが、なんか、ちょっと、ちがったです。 そんな40代主婦がはまっているのが、pinterest(ピンタレスト)です。←リンクはWikiこれはね、好き。スポンサーリンクピンする主婦ピンタレストでは、自分の興味のある画像をひたすら保存します。保存する場所は、ボー [続きを読む]
  • アルファ米の安心米(賞味期限切れ)を主婦ランチにしてみました。
  • いまを去ること6年前、生協で非常食を買いました。去年の夏あたりから、非常食がつぎつぎと賞味期限を迎えていたんですよね。夏に、非常時に食べる機会がなかったことを感謝しつつ、きなこモチを食べたりしました。→非常食のきな粉もちを食べてみました。 もちろん、賞味期限が切れるまえに、アルファ米(安心米)も食べています。でも、写真は撮っていませんでした。←夏休みでね、子供がね。 生まれてはじめて、アル [続きを読む]
  • SWEET特別編集、占いBOOK2017を買いました。
  • というか、2冊同時買いしたんですよね。石井ゆかりさんのムック本と、コレ。本を2冊同時に買うなんて、ひっさしぶりー。 最近、週刊少年ジャンプか日経ウーマンくらいしか買ってなくてな。我ながら、ちょっとどうかと思っておりましたが、占いムック本です。ジャンプとか雑誌とかムック本て、捨てやすいじゃないですか。たぶん、そんな理由で、買いハードルが低いんだと思うんです。 スポンサーリンクいろんな人のいろん [続きを読む]
  • お下がりにできるけど処分した学用品。
  • 娘が中1、息子が小2。娘が小6のときに、息子が小1です。 息子の分の引き出しも買ったし、鍵盤ハーモニカも買いました。ランチョンマットも作ったし。お下がりにした学用品で思いつくのは、体操服と30センチの定規。 30センチの定規といえば、娘のときはまだ竹製でした。5年後、息子の世代ではとうとうアクリル製の定規になりました。アクリル製だけど、デザインは竹尺。透ける部分があって、使いやすいみたいです。息子 [続きを読む]
  • 女子中学生とバケツ。
  • 娘、中1女子。思春期です。こういうのを思春期というんだな、と。 うーん。えんえんと、グチを聞かされ続けている40代母です。友達とはなんなのか!?娘がある意味、女の子にとっての永遠のテーマにたどりついたみたいです。(※週末に40分以上、娘のグチを聞かされました。以下、そのまとめ)スポンサーリンク娘とバケツ問題→女子中学生のグチを聞かされる母親役をしています。当事者ではないので、いまいち事態が把握できて [続きを読む]
  • 小2息子、ファッションへのこだわり。
  • 息子がめんどくさい。息子の食がめんどくっさい。息子の服がめんどくっさーい。 そんなふうに、思うことがあります。娘は、10年以上前のお下がりだろうが、祖母センスだろうが、気にせず着ていました。スマンむしろ、もっとかわいい服を着せておけばよかった、安くてかわいいドレスがネットで買えたのにッ、と後悔したくらいに。 しかし息子はちがいます。スポンサーリンクユニクロTシャツ、人間はヤダ←それ、バズだから人 [続きを読む]
  • 学用品を処分する予定でしたがあわててゴミ袋の中から取り出しました。
  • 学校のものが捨てられない。使うか使わないかわからないから、捨てられない。そんなこといってたら、いつまでたっても捨てられないじゃないかー。 そう思って、ゴミ袋に入れたものの、来週の持ちものとして、息子の連絡帳に記入してあったので、あわててゴミ袋から取り出しました。なんなのこのタイミング。紙ものをまとめていたゴミ袋だったから、においも汚れもなく、無事に救出できました。あー、たしかにこれだから、学用 [続きを読む]
  • 息子がランドセルを定位置に置くようになった理由。
  • 4人家族です。息子は、さいごに登場した4人目の家族です。小学2年生、おとなしめ。 そんな息子ですが、ランドセルは適当な場所に置いていました。ぽーん、と床置きです。基本、床置きとなってしまったランドセル。6年間ずっと床置きなのかなと思っていたら、変わりました。スポンサーリンクランドセルを置きやすい場所をつくった息子はいま現在、自分の部屋がありません。息子のスペースはあっても、部屋はない状態です。ラン [続きを読む]
  • 娘にはいえない、持久走に関する思い出。
  • 冬休みが終えました。そして、中学校の授業では持久走が始まりました。ヤダナヤダナ持久走。そんな30数年前の母の思いを、いま娘が口にしています。 で、生まれてはじめての持久走を経験した娘は、みごとビリだったのだそうです。ビリ、ドべ、ドンケツ。まー、それもムリはない某文化部所属の女子中学生であります。スポンサーリンク遺伝……かもしれんね、と40代両親 いやー、わたしも中学生のときはともかく、高校生の [続きを読む]
  • 子供の名前の由来とか理由とか。
  • これは、いまどきの小学校ではみんなやっていることなのか。小学2年生で、自分の名前の由来とか、自分が生まれたときのエピソードを家族にたずねる、という授業がありまして。いま、まさしく、それです。 冬休み中にすすめておいてね、というやさしい学校の思いやり。しかしいよいよ、来週までの〆切が近づいてまいりました。スポンサーリンク子供の名前の由来を文章化するいうまでもなく、子供の名前もまた、休日の片手間に [続きを読む]
  • 古い年賀状を断捨離してからは、保管するのは1年分だけです。
  • 子供のときからの習慣で。ずーっと、古い年賀状を保管していました。はじめて自分に宛てて届いた年賀状は、幼稚園の先生からでした。黄ばんで、染みだらけになった古い年賀状を、ずーっと持っていました。 結婚してからは、わたしの年賀状と夫の年賀状と。もちろん、夫も古い年賀状をずーっと持っていました!毎年増えていく年賀状。いま思い出すと恥ずかしいのですが、年賀状を収納する専用ファイルケースを買ったこともあり [続きを読む]
  • 年賀状の断捨離は自然まかせで減らしています。
  • 新年があけまして、10日あまり。わが家にも、ぽつぽつ年賀状が届いています。 いまどきは、ぜったいに元旦到着、と気合い入れている人は少なくて、来たら出す派が多い気がします。まー、わが家に届く年賀状は、だいたいそんな感じでして。7日を過ぎてからも、ゆっくりと年賀状が届いています。スポンサードリンク年賀状は自然にまかせて、断捨離しないわが家では毎年、年賀状を出しています。このところ、郵便局勤めの方とご [続きを読む]
  • 私服の制服化は40代だからこそ、かんたん。
  • だんしゃりーだんしゃりー、とたくさんモノを捨てていきまして。それで、いちばんかんたんに捨てていったのが服でした。もともと着道楽ではありませんでしたし。この数年の自分のスタイルは決まっていたからです。 とはいえ。民族調の、フォークロアな、手仕事のような。そういう衣類が好きでした。好きでしたし、いまも好きです。でも、自分が着るのはもうちがうなー、と。そんなふうに、自分のことがわかったので、捨てまし [続きを読む]
  • モチに包丁で十字に切り込みを入れてみました。
  • 実家のモチが好きな40代主婦です。モチは、年老いた父の担当であるからして、あと何年食べられるかわからぬ。ほんとうは、うまいもち米を実家に送って「これで作ってくれ」とたのめば、もっとうまいモチができるにちがいない、などと思っている。→帰省しない冬だから、モチがくるくるモチがくる。 まー、そんな前提がありまして。実のところ、正月以外にモチを食べるのは邪道、と思っとります。しかし、どういうわけか、息子 [続きを読む]
  • 小学校のトイレがいかに汚いかを息子から学びました。
  • かつて、息子はおもらしの常習者であった。おしっこ、うんち、うんち、おしっこ、うんち、と入学したての頃は1週間ほぼ毎日もらしつづけていました。しかも、本人は「ばれてないッ」といっていましたけど、ぜったいばれていたと思うのッ。→入学したての小学1年生はわりとおしっこもらす、という話。 そんな息子も小学2年生になり、さいごのおねしょは4月の連休中でした。←不意打ちおねしょ小学校でさいごにもらしたのはいつ [続きを読む]
  • 双眼鏡で月を見ています。
  • 月を見るなら、望遠鏡だと思っていました。しかし、双眼鏡でも月ってはっきり見えるんですよ。ビックリこれには、息子よりも夫が興奮していました。 双眼鏡で月を見始めたのは、新月を過ぎてからです。しかも今の時期は、昼間に月が見えて、夜には月が沈んでしまうので、見ようとしたときに見つからなかったのです。新聞に載っている、月の出、月の入りを見て、月の出ている時間がこんなに変わるんだー、とおどろいた40代夫婦で [続きを読む]
  • 小学生以来の福袋購入しました。
  • かれこれ30年以上、福袋なんて買っていなかった40代主婦です。小学生の頃に、近所の百貨店でファンシーショップの福袋を買った記憶があります。その後は、福袋を買いたいと思うこともなく過ごしてまいりました。 ただ、ここ数年、確実にお得ですよね、という食べ物系の福袋が気になっていました。食べものの福袋は、ふつうにセットで買うよりも得だけれども、あれこれ欲しいわけではありません。それでも、買いたいなと思って [続きを読む]
  • 中学生の娘から、お年玉にたいする考えを拝聴しました。
  • 年末年始に帰省しない、と決めて、子供たちはがっかりしたみたいです。帰省する、おでかけする、って子供にとっては特別なこと。うれしいことですから。中1の娘には、お年玉って重要ですし。 でも、大人2人は帰省の準備もなく、交通渋滞に巻き込まれることもない、このすばらしい年末年始をよろこんでおりました。帰省の移動時間って、トータルで24時間くらい使ってませんかー。今年は他人事の交通渋滞。それだけでありがたい [続きを読む]