taiwanbanana さん プロフィール

  •  
taiwanbananaさん: 俺たち台湾転勤族 〜共働き海外転勤〜
ハンドル名taiwanbanana さん
ブログタイトル俺たち台湾転勤族 〜共働き海外転勤〜
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/tomoe416/
サイト紹介文台湾転勤でつまも転勤。海外共働きの生活発信。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供258回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2016/04/22 14:00

taiwanbanana さんのブログ記事

  • 台湾の気になってたスイーツを土産に
  • 月子も終盤。近所のデパートで夫がお土産にシャトレーゼの豆大福を買って来たときがあった。私は人生で最も好きな食べ物はなんだと父に聞かれたとき、豆大福だと即答した。豆大福は、甘さ、豆の硬さ、塩気、もちもち、食感と味が絶妙すぎて餡子贔屓な私には最高傑作なのだ。台湾のシャトレーゼも美味しかった。夜の食後で半分しか食べられなかったが幸せの味だった。ちなみに表参道瑞穂の豆大福が好きだ。さて、先週末、またお土 [続きを読む]
  • 台湾月子最終週と秋の空
  • あっという間に月子の1ヶ月は終わろうとしている。この1ヶ月、私の産後の肥立ちが悪かったのが出産や(無痛だけど)陣痛より100倍くらい痛くて辛かった。緊急外来に運ばれたり、点滴をしまくったり、座っても寝ても痛かったり。でも、赤ん坊とすごしているとそれがどんな痛みだったのか、記憶は無くなってしまった。母乳が出ない母乳を吸ってくれないミルクをうまく飲ませられない起きてくれない予想外のこの小さな生き物の様子に [続きを読む]
  • 台湾で出産した時のイメージと違ったもの
  • 台湾で出産し、早1ヶ月。1ヶ月検診と台湾出産用品と悪露について。というかなり限定的ネタだ。子供の1ヶ月検診は、月子中心に入っていたのでそこのスタッフさんと一緒に子供をベットに寝かしたまま連れて行った。まぁーらくだ。しかも日本での医師歴が10年くらいあるおじさん先生をあてがってくれており、日本語で診察可能だった。この病院、日本でいう聖路加みたいな感じなのかな。やけにVIP対応をする選択肢がある。ほぼミルク [続きを読む]
  • 月子中心のスタッフさんたちと台風
  • 月子には24時間看護婦さんが複数滞在し、赤ちゃんのケア、母のケアをしている。みなさん非常に気が利き、明るく優しく、本当に一流ホテル並みだねと夫と感心していた。入院初日で全ての人が夫婦と子供の顔と名前を覚えてくれる。赤ちゃんの陣地エリアに近づくとすぐに陣から出て来て対応してくれる。栄養士との相談、沐浴レッスン予約、ミルクの作り方から何やら何まで順々に無理なく教えてくれる。よく、ミルクを飲ませている時 [続きを読む]
  • 月子、あと二週間 お父ちゃんとお母ちゃん
  • 月子中心の生活もあと二週間となった。短い!ミルク、授乳、おむつなどコツを掴みつつあるが、同じクッションがあるわけではないのでうまく授乳できるかなど心配ばかり募る。そして腱鞘炎気味になり、サポーターを買ってもらった。幾分か楽だが、子供を抱き上げるときと搾乳の時はかなりきつい。はやくマッサージ行けるようになりたい〜〜。まだまだたどたどしい中、夫もミルクやおむつをやってみたいとのことだが、まだまだ私も [続きを読む]
  • 台湾出産 再診と赤ちゃんショップ
  • 病院併設の月子中心にいると、必要な再診などすぐに行けるのでとても便利だ。もちろん子供も預かってもらってあるし。特に私のように産後感染症になったりで再診が数回あるケースの場合は、ここの月子にしてよかった〜と救われた思いだ。内診を毎週うけているのだが、何を内診しているかよくからないが、パチンと切る音が。抜糸してるのかなぁと。処置後、まだ続く処方箋をもらい、リハビリも込めてシャバの空気を味わいに、、向 [続きを読む]
  • 生後三週間 台湾月子生活
  • 今日で生まれて三週間目。台湾月子中心の生活も残りあと半分となった。月子中心に1ヶ月もいたら飽きるからと言われてきたけど飽きるどころか焦っている。外の世界に出たらやってけるのかー、、、。毎日5食たべて、寝て、(ミルクが多いせいか)四時間ごとのミルク、これだけの生活でテレビを見たいとも思わないし、暇だと感じる余裕などない。不思議だ。ガリガリだった私も、産前よりプラス3キロ増えた状態で着地している。この [続きを読む]
  • 台湾生まれの日本人ベビーの居留証申請
  • 終戦記念日の午後、我が家のムスコは生まれた。以前にもかるく紹介したが、夫の会社の方で居留証の手配などをしたプロセスの実績を紹介したい。どうやら、居留証を生後一ヶ月以内に申請しないと、お前のところの赤ん坊は不法滞在になるぞという警告をもらってしまうそうだ。甘めの警告らしいのだが、きちんとそれまでに申請をしたいので、一ヶ月以内にパスポートを作れと夫の会社でお世話になっているこれらの手配専門会社さんか [続きを読む]
  • 月子中心 台湾産後ケアセンター
  • 台湾ブログで始めていたが、なんだが赤ちゃんブログになりつつ、、、あくまで台湾ブログで更新をしていこーと思う。台湾以外にも香港や大陸にもあるそうな、この月子中心。産後ケアセンターという神がかった施設に入所してはや1週間。産後すぐの約一ヶ月をホテルライフするという感じの施設だ。夫も泊まれるダブルベット赤ちゃんはナースコールすると連れてきてくれる。東洋医学をベースにした漢方チックな柔道部の夏合宿並みのボ [続きを読む]
  • 出産入院 台湾の病院であってよかったもの
  • 月子中心の様子はまた別途として、、台湾の病院入院時にあってよかったものをまとめてみた!スタバタンブラー水を飲みまくれと指示があり、ひたすら飲むため。ストロータンブラーに刺して寝ながら飲む。流さないシャンプーこちら今回一番大活躍。産後10日の時点で未だに頭を洗えていなかった私。産褥熱にかかればこのような状態になるのだが、こいつのおかげでいつでも頭が綺麗になる。普段の熱の時なんかでも使えそう。搾乳機 [続きを読む]
  • 産後の回復が、、
  • 今週水曜、ようやく再入院から退院し、産後ケアセンターへ戻って来た私。しかし、実は産褥熱が続いている。昨日緊急で再診し、原因など明らかにしてもらい薬をもらった。再入院中とは違う経路からの感染症だった。。解熱剤がないとすぐ体温が上がる。赤ちゃんが生まれて10日以上経つが、これほど産後の回復が悪い妊婦はいるのだろうか。薬と傷口のケアで何とか血中の細菌を無くしたい。赤ちゃんへの授乳はストップ(疲れるので) [続きを読む]
  • 母感染症入院は続く
  • 母子隔離生活は続く。かわいい時期に子供なんて親がいなくても勝手にすくすく育つもんで、、人間らしくなっていた。(夫撮影)夜な夜な夫から送られてくる写真を見ながら、1人虚しく点滴につながれて悲しんでいるのだが、きっと半年もしたら子供置いて1人の時間も欲しいー、とか嘆いてそうだよね笑と思う。私の赤ちゃん可愛いから抱っこしたいとか、1人で入院もうやだとか、、だいたい湧き上がる感情は未来も見据えていない私の個 [続きを読む]
  • 月子に入るも、母再入院、、、、。
  • 8/18やっとこさ退院ということでまだ傷口が痛くて歩けないが、月子中心への引越しを実施。子供と母さんの費用は合計で3万元代でした。12万円くらい。安い、、、。ちなみに母より子供の方が高買った。中文の先生もいてくれたので車椅子で運んでもらって、月子中心の部屋へ到着。詳細は後日として、一言で言うと4.5星ホテルくらいの一室をあてがわれる。入院その日からスタッフさんはすぐに顔を覚えてくださり、一流といった施設だ [続きを読む]
  • 産後の入院3日間
  • 産後は三泊の入院となる。以下トピックごとに。・お部屋部屋の種類は保険適用内の4、5人の部屋とほかにプラス幾らか払うと二人もしくは個別部屋が選べる。さらに1人部屋の中でもVIPやらファミリー部屋などいろいろある。私の部屋は一泊2200元プラスのところだった。ふたり部屋。隣が赤ちゃんと夜中まであかりをつけてギャン泣き対応をしていた。耳栓は買っておいて正解だ。この3日で合計9時間も眠れてないと思うのだが、終日横た [続きを読む]
  • 分娩直後の団欒タイムで大停電
  • 出産後、いわゆるカンガルーケアはない。あれ、ちょっと生まれたてすぎて怖いなと思っていたのでなくて安心した。赤ちゃんを綺麗にしたあと、夫が抱っこする。それを側からニコニコ見ているだけで十分だった。私のケアも終わり一同退散。待機部屋に戻り、夫と私と赤ん坊でしばしお休みタイムを15分ほど。先生も来て、写真撮ってくれたり。横たわる私の上にポンと子供を置かれた。3020g。とっても重みを感じた。責任も感じるね〜。 [続きを読む]
  • 無痛分娩も痛いが、こんなに楽しくお産ができるのか
  • 8/15 14時この時間帯の担当ナースさんが、内診すると、子宮口も開いており、もう頭髪もさわれるよとのことだ。このナースさんが、また今回のMVP的存在だった。さて、用力(いきみ)の練習だ!ってことでNSTの数値を見ながら夫に10カウントさせて、私がググッと力を入れて踏ん張る。夫のカウントが遅すぎたりすると指導も入る。私のいきみがよくできると褒めてくれ、ダメだとも一回!ハイッ!夫、私、ナースかなり楽しくいきみトレ [続きを読む]
  • 陣痛と無痛麻酔を入れてみる
  • 8/15 朝まだ開始初期。この時点で、もういててて、なかんじ。ソフロロジーの、本で読んだ呼吸を、してじっと耐える。トイレなど行くたびにNSTを取ったりつけたりしてもらうのだが、突然そぞろに看護師さんと、4人のそわそわした若手が入ってきた。今回、出産までを研修として参加しますというではないか!面白そう‼?ワクワク感が夫とともに上がる。是非どうぞということで、トイレの付き添いというドウデモイイ手伝いをまず1人 [続きを読む]
  • 陣痛開始まで
  • 8/15 日付変わる入院手続きをNSTをしながら済ませる。たくさんの書類への署名を夫が代わりに確認しながら私が横たわる足元で進めてくれる。いくつかはアンケートみたいな形。流産なんて言葉も、使い慣れていないと耳にしただけでは分からず、アンケートなどは私も書類を見せてもらいながらすすめた。しかし、夫の中国語力、いつの間にかほぼ看護婦さんとの会話が理解できてすすめているレベルになってた。毎日何時間も勉強してる [続きを読む]
  • 予定日の夏、生まれる兆候
  • 予定日前日夜、産気づかないために自分で再度再診を予約して病院へ。NSTや内診をやるも変わらず。入院は予定日となる日付を回らないとできないとのことで、明日午前中から入院にしてやっか、と医師。ありがたくホッとし帰路へ。いよいよかぁと思いながら就寝すると、23時ごろにおしるしを発見する。ところがどっこい、おしるしとともに微量の破水が確実にある。でも眠い。とりあえずねるも、やはり漏れてる、、。というわけで15日 [続きを読む]
  • 40週
  • 明日で40週明日、終戦記念日にムスコは予定日となる。医師の早く生まれるとのアドバイス。先々週金曜に、先週水曜日〜金曜に生まれると予言。先週金曜に、今晩生まれると予言。ことごとく外れ、今日は予定日前日。胎動も元気モリモリで、私の腰痛もかなり解消され、スタコラ灼熱の台北を散歩。なんつー!何度最後の晩餐食事をしたことか笑。(すでに紹介した)リージェントの牛肉麺に行ったら、知り合いにあい、なんと前祝いかご [続きを読む]
  • 39週 いざ 最終検診
  • 水曜の検診にて、促進剤を使うか三日待つかと聞かれた私。予定日前から促進剤はちょっと、、ということで出直しとなり、本日再度伺う。今日もNSTと痛い内診だ。今日から入院になるかもと言われていたので、夫にも休みを取ってもらい、入院グッズも持参。今日行って促進剤かなぁ〜、なんで予定日前から促進剤なんだろうという疑問と、よくわかっていないNSTの見方や目的などを確認するため中文老師にも来てもらった。まずはNSTへ。 [続きを読む]
  • 39週 医者の予想も外れ
  • 昨日の検診39週1日NSTと、再度の内診(やっぱり痛い)で、まだ子宮が開いてないとのことだった。そこで医師、今日陣痛誘発剤使う?それとも3日待つ?え!えらべるの笑?計算上の予定日は15日なのに急がせるなぁ、、。今日は通訳の先生がいなかったので、なんでそんなに急ぐの?みたいな込み入った話はやめて、3日待つということで帰った。催生というのが、陣痛誘発剤を使うという意味だ。今日一つ単語を覚えた。また金曜日に入院 [続きを読む]
  • 39週 腰痛改善
  • この記事、以前も紹介したお店の再訪問記事でございます。美味いため、記事を再度書きます笑。先々週ごろから痛かった左尻の痛み。赤ん坊が下がって来たことによるあの痛みは、やれストレッチだのヨガだのしていたら改善された。足を引きずらなくても歩けるようになった。そのぶんお腹の張りや付け根の痛みは出て来たものの。明日から3日以内くらいに生まれるだろうという医師の予想もあるのだが、私と私のお腹の中の赤ん坊として [続きを読む]
  • 陣痛待ちモード
  • 土日は夫も巻き込みほぼ家でこもる。洗濯、簡単な料理(パスタ茹でるとかその程度)、お昼寝、イラストロジック、ネットでプロ野球経過見る、ご飯をちょろっと買いに行く、そのくらいしかしてない。夫にゃ、布団を干してもらったり、お風呂掃除などなど週末なのに働いてもらって感謝感謝だ。もうヨガもお休みモードなので、もう少し家ヨガをやってみるかな、と平日の予定を立ててみる。直前、ググればググるほど不安も募るで、も [続きを読む]
  • 38週検診
  • 10回まで、150元で受けられる産科検診も終わってしまい、今回からは普通の保険適用での支払いとなった。今日も中文老師をつけての参戦。詳しい出産周りの質問を保健師さんにするために来てもらった。保健師ルームで軽く持ち物や当日の動きを確認する。やはり、陣痛が来たら自力でおいで、ということだ。あまり、お産が進んでなかったら一時帰宅してもらうこともあるよ〜とのことだ。階段を上り下りしたりとか、その辺も日本と同じ [続きを読む]