たろう さん プロフィール

  •  
たろうさん: ゲイのおじさんの話
ハンドル名たろう さん
ブログタイトルゲイのおじさんの話
ブログURLhttp://temedtradingcompany.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代ゲイのおじさんが旅行、セックス、EDなどについて細々と綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/04/23 10:34

たろう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「アジア男湯日記」エジプトうるるん発展記 その4
  • ID:l1fmdnシャルムエルシェイクからカイロは1時間のフライトです。6年ぶりのカイロは、相変わらず交通渋滞がひどく、クラクションが鳴り響き、混沌とした姿で私を迎えてくれました。カイロに来たのはズバリ発展目的です。ハンハリーリ市場店員、ナイル川のファルーカの船頭、エジプト考古博物館の警備員、ピラミッドのラクダ乗り、ホテルの従業員やタクシーの運転手まで、ノンケとできるといわれています。 しかし女性みたいな男 [続きを読む]
  • 「アジア男湯日記」エジプトうるるん発展記 その3
  • 最近のエジプト事情を現地人に聞くにはこれとない機会で、意気揚々と彼らのホテルに向かいました。 ホテルの入り口で待ち合わせをして、なんのセキュリティーチェックもなく宿泊客ではない僕も入れてしまいました。 外国人だからでしょうか?  プールサイドに友達の二人がいて、温かく私を迎えてくれました。26歳2人と20歳1人の3人で今回カイロから旅行しているようで、家もご近所同士とのことでした。 26歳の二人は [続きを読む]
  • 「アジア男湯日記」エジプトうるるん発展記 その2
  • 今回ダイビングをしに私が訪れたのはシャルムエルシェイクというエジプトにあるリゾート地で、東京からイスタンブールを経由し丸一日がかりの移動です。シャルムエルシェイクに面している紅海は、大きな河川の流入もなく海水の透明度が世界トップ級に高く、世界中のダイバーからの憧れの海となっています。 2016年11月にエジプトの通貨が切り下げになり、1ポンド15円程度だったのが、現在は6円程度まで急落し、外国人の [続きを読む]
  • 「アジア男湯日記」エジプトうるるん発展記 その1
  • 「アジア男湯日記」という海外の発展事情を紹介しているサイトをご存じでしょうか?韓国、台湾、タイなどのアジアの発展場の情報を主に紹介したサイトですが、サイト主のJACKさんだけでなく、読者の投稿にて、全世界の発展情報を知りえることができました。アジア男湯日記http://asiaotokoyu.com/私もこのサイトを参考にして、アジアはもとより、トルコ、エジプト、日本の裏側のブラジルまで旅行をしたことは今となればよい思い出 [続きを読む]
  • 島人(しまんちゅ)石垣島編
  • ここ最近は、とても仕事がとても忙しく、私生活がない状態でした。 こんな状態を周囲の同僚たちは、家族のために頑張らなければならないなどという最もらしい理由を背景に猛進していけるようだった。 一方、単身の身の僕は、時々何のためにこんなに頑張っているのかと、夜遅く仕事から帰ってきて、一人部屋で考えてしまうこともたびたびありました。これは少し病んできたなと自分でも感じていたので、自分のへのご褒美に夏休みを [続きを読む]
  • おでこの生え際が…
  • 僕はどちらかというと、髪が硬く多いほうで、30代の時は薄毛なんて気にしたことがありませんでした。しかし40代を少し超えたあたりから、M字ラインの生え際が少しずつ薄くなってきて、さらに最近ほかの人にも指摘されるようになり、余計に気になるようになってしまいました。もういい齢だから、そういった変化を少しずつ認めていったほうがいいとも思いましたが、なにか対策がないか調べてみました。加齢に伴う薄毛の原因のほ [続きを読む]
  • パーティーで昔のセックスフレンドと思わぬ再会
  • 寝室から一度シャワーを浴びようと出ていくときに、なんと昔のセックスフレンドを偶然見かけたのであった。 昔のセックスフレンドhttp://temedtradingcompany.blog.fc2.com/blog-entry-1.html向こうも気づいたようだったが、驚いたのと少し気まずかったので、僕は見て見ぬふりをして、浴室へ急いだ。僕はひどく狼狽していた。 あの辛かったEDのことをまた思い出したり、こんな柄にもないパーティーで出くわしたこと、そして今夜 [続きを読む]
  • アンダーウェアパーティー その3
  • 僕も簡単にシャワーを浴びて、さあパーティーの始まりです。マンションの部屋は2つ寝室があって、そのうちの一つを開放していた。 部屋にはマットレスが一面に敷かれ、まるで発展場の一室のようだった。パーティーに誘ってくれた彼が、僕の手を引きその部屋へ早速誘い込こんだ。まだその部屋には誰もいなく二人だけだった。 もちろんほかのメンバーも後から来るわけであろうし、このパーティー自体どんなものか把握したいという [続きを読む]
  • アンダーウェアパーティー その2
  • 部屋に着くと、僕と同年代か少し上くらいのプロレスラーみたいなガタイの大きいガチムチさんが出迎えてくれた。部屋は高層階で、玄関をぬけると、広いリビングになっていて、部屋の窓からは新宿の夜景が一望できるようになっていた。 クラブミュージックが流れる中、30代前後の若いマッチョ君たち5,6人がお洒落なアンダーウェア一丁で、肉体美を思う存分さらしている。 僕以外は顔なじみのようで、普通に近況の報告とかをし [続きを読む]
  • アンダーウェアパーティー
  • 前回24会館のお風呂で声をかけてくれた30歳くらいの彼からメールがあった。24会館http://temedtradingcompany.blog.fc2.com/blog-entry-10.htmlその週の土曜日に、アンダーウェアパーティーをするらしく、それに僕を誘ってくれたのであった。 アンダーウェアパーティーと題するものであったが、こちらも大人なので文字通りのパーティーではないことは察しはついている。僕は発展場によく行っていたことはあったが、2人でし [続きを読む]
  • 40代の憂鬱
  • 飛騨高山から帰ってきてから、実はなんとなく気分がすぐれなかった。結婚した昔の男との再会http://temedtradingcompany.blog.fc2.com/blog-entry-19.html飛騨の結婚した彼は、自分の会社を経営し、結婚もし、絵にかいたような幸せを手に入れているように思えた。自分はとういと、仕事はそこそこ頑張っているものの、40超えた今でも独り身で、年々歳を重ね、ゲイとしての市場価値がどんどんさがりつつある現実に直面している。他 [続きを読む]
  • 陸マイラーならぬオカ(丘?)マイラー始めました。
  • 私は飛行機好きが高じて、数年前に国内、海外へと沢山のフライトを修行僧のようにこなし、念願のANAスーパーフライヤーズ(永久上級会員)を手に入れました。 その修行後は、すっかり目的を失ってしまい、寂しい飛行機好き生活を送っていました。 そんなある日、他の人たちのANAスーパーフライヤーズの修行のブログを懐かしく眺めていると、偶然陸マイラーのサイトを見つけました。 陸マイラーとは、飛行機に乗らないで、クレジ [続きを読む]
  • 結婚した昔の男との再会。(飛騨高山編) 完結編
  • 「この度は当旅館をご利用いただきありがとうございます。」と彼が堅苦しい挨拶をするので、「よっ、社長!。」と茶化してやった。 「いやいや、やめてくださいよ先輩!」といつもの調子の彼。 数年前に彼の父親が亡くなって旅館の社長になり、沢山の従業員の生活を抱える重要な立場になったことや、嫁さんと結婚して一家の主となったり等、近況を話してくれた。 彼はガタイが大きくなっただけではなく、本当の意味で一回りも二 [続きを読む]
  • 結婚した昔の男との再会。(飛騨高山編) その3
  • たまたま訪れた週末は高山のお祭りで、街には人があふれかえっていた。彼はそのお祭りに参加するとのことだったので、僕は高山に着くやいなやそれを見に行った。お祭りはすでに始まっていて、祭屋台を男たちが運びながら街を練り歩いていた。 その中でも一際目立つガタイのよい彼を見つけることは難しくなかった。 久しぶりに見た彼は、ふんどし姿に法被をきていたが、その上からでも柔道で鍛えたバルキー体系がわかった。 彼も [続きを読む]
  • 結婚した昔の男との再会。(飛騨高山編) その2
  • 二人で果てた後は、普段通りありがとうと言って部屋を去ろうとしたところ、東京の人は冷たいなぁと彼が一蹴。 僕もそもそも田舎から上京した一人で、東京の人冷たいなといわれると、自分はそうではないと振舞いたくなるのが人情である。  引き留められた後、彼のおしゃべりはとどまることを知りません。 いつもここに来るのかとか、どんな奴と普段やってるのか、彼氏はいるのかなど、取り調べ状態だった。 いたって悪気がない [続きを読む]
  • 結婚した昔の男との再会。(飛騨高山編)
  • 今回の富山出張後に、足を延ばして飛騨高山を訪れる予定だった。白川郷などともに古い街並みを一度見に行きたいと思っていたのだが、東京からだと交通の便があまりよくないことからなかなか行く機会がなかった。  実は飛騨高山を訪れたいもう一つ理由があった。もうかれこれ10年近く前になるが、今はなきガタイ系発展場WARPで出会った飛騨高山出身の男と再会するためだった。その頃の僕はというと、発展場に行ってセックスして [続きを読む]
  • 北陸出張発展記(富山編)その3
  • 新湊の道の駅に着くと、それほど車はとまっていなく、僕の車種と色を伝えるとすぐわかったようで、助手席に彼が乗ってきた。「こんばんは。」と僕が笑顔であいさつすると、「はじめまして。」と彼はとても緊張した様子で返してくれた。 彼は20歳とのことだったが、まだあどけさが残る色白の童顔で、本当に成人しているかこっちが不安に感じるくらいだった。 それとは対照に僕のほうは40を優にまわったおっさんなので、僕で大 [続きを読む]
  • 北陸出張発展記(富山編)その2
  • ホテルでいきなり会うのには抵抗があるというので、一度彼の指定する温泉で会ってほしいというのです。 待ち合わせ場所は、海王。 北陸温泉でNo1をとっている有名どころらしい。http://onsen-kaiou.jp/約束の時間に温泉へ着いて、一応戦闘にそなえてバイアグラを半錠いただいておく。 携帯を確認するとすでに入浴しているというメールが来ていた。 彼は僕の写真で僕が誰かわかるが、僕は彼がどんな人かわからないので、一方的 [続きを読む]
  • 北陸出張発展記(富山編)その1
  • 北陸の富山市に出張に行った時のお話です。昨年開業したばかりの北陸新幹線での移動も考えましたが、僕は大の飛行機好きなので、いつも通り羽田から出発です。地方出張の楽しみの一つは、地の美味しいものを食べつくすことです。 富山では、白エビ、ホタルイカなど美味しい海産物があるようです。 仕事はさっさと終わらせて、温泉、美味しい飯を楽しむことで頭がいっぱいです。そしてもう一つの楽しみは、地元の男との交流です。 [続きを読む]
  • 最近のゲイはパートナーができにくくなってきている!?
  • 毎回数千人(2011年には1万人超)ものゲイ・バイセクシュアル男性から回答を得ている「REACH Online」というアンケート調査がありますが、これによると、1999年には「彼氏がいる」と答えた人が43.5%だったのが、2005年には41.2%に、そして2011年には37.4%と、次第に少なくなっています。その一因に、SNSやスマホのアプリが人気となったことがあるようです。 本来であれば、出会いの効率、情報量はこれらのツールで格段に多くな [続きを読む]
  • 過去の記事 …