肺がんの症状がよくわかる さん プロフィール

  •  
肺がんの症状がよくわかるさん: 肺がんの症状がよくわかる
ハンドル名肺がんの症状がよくわかる さん
ブログタイトル肺がんの症状がよくわかる
ブログURLhttp://haigan110.com/
サイト紹介文肺がんの症状をはじめとする、原因・治療・検査方法などについて詳しく解説していきます。
自由文肺がんは早期治療することで治癒率が高くなる一方で発見が遅れると生存率が他のがんに比べて低くなります。国内における肺がんの患者数は毎年増加傾向になり、日本人のがん死亡原因では第1位となります。

当サイトでは肺がんの症状をはじめとする、原因・治療・検査方法などについて詳しく解説していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 145日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/24 11:08

肺がんの症状がよくわかる さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 喫煙による肺がんへの影響
  • 喫煙者の肺がんリスクについて肺がんは喫煙習慣と密接な関係を持っています。喫煙者の肺がんリスクは、タバコを吸わない人に比べて男性では4.5倍、女性では4.2倍以上になります。また統計では、全肺がん患者において全体の68%以上が、タバコを吸わなければ肺がんになっていなかったという調査があります。国内での肺がん患者数は1996年をピークに減少に転じていて、それと比例して喫煙率も減ってきています。このような統計データ [続きを読む]
  • 肺がんによる血痰
  • 肺がんによる血痰の特徴肺がんの自覚症状として昔からよく言われているのが、痰に血が混ざる血痰です。肺がんを発病している患者さんの約6割程度に見られる症状となります。しかし、血痰は肺がんだけが原因とは限らず、鼻血がのどに流れてきた場合や、肺炎、気管支炎、肺結核、肺血栓、肺梗塞でも血痰が出ることがあります。このようなことから過去に血痰を経験している人は、なかなか肺がんを疑うまでにはいかないことが問題とな [続きを読む]
  • 肺がんによる転移と治療
  • 肺がんから転移がしやすい部位は脳・骨・肝臓となり、他のがんと比べても転移する確率が比較的高いのも特徴です。その理由として、肺には呼吸で得た酸素を体から排出する二酸化炭素と交換するため、絶えず大量の血液が循環しているため、がん細胞が血流に乗って他の臓器へ飛んで行きやすいからです。さらに肺の近くには脇の下の腋窩リンパ節があり、リンパも全身を巡っているために転移する可能性が高くなります。ここでは骨・脳・ [続きを読む]
  • 肺がんの手術について
  • 肺がんの手術適応について肺がん手術は、患者の年齢やステージ、腫瘍の広がり範囲などから手術方法が決められます。肺がんの手術が適応されるのはステージ2B期までとステージ3A期で様々な条件が満たされている場合に限ります。高齢者やステージ3期以降の場合、体力的な問題や手術後、身体へ負担がかかるだけで効果が少ないと判断で手術が適応外と判断されるケースもあります。肺がんの手術では肺の一部を摘出することになるのです [続きを読む]
  • 肺がんの末期症状
  • 肺がんの末期はステージ4期肺がんは、リンパ節や他臓器への遠隔転移が比較的に早いがんと言われており、発見が遅れると診断時で末期状態だったということも少なくありません。末期の肺がんはステージ4期となり、現在の医学では治療が困難なために5年生存率が約5%と極めて予後が悪くなっています。末期がんと宣告された場合、極限型では抗がん剤や放射線治療が功を奏しても約20ヶ月ほど、進展型の場合には10ヶ月以下という厳しい [続きを読む]
  • 進行の早い小細胞肺がん
  • 発症率の低い小細胞肺がん肺がんの中でも進行が速く、悪性度が高い小細胞肺がん。全体でも小細胞がんの発症率は約1割と非常に低いのですが治療が遅れると完治が難しい肺がんとなります。小細胞肺がんは、小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分類され、さらに限局型と進展型に分かれています。小細胞肺がんは、他の種類のがんよりも細胞の大きさが小さいためこの名前で呼ばれています。発生場所は、胸の中心に近い部分つまり太い気管支 [続きを読む]
  • 肺がんの咳
  • 乾いた咳が特徴肺がんの症状として代表的なのは咳です。肺の入り口付近にがんが発生する肺門型では、比較的に初期の段階から咳が発生します。さらに倦怠感や胸の痛みなど違和感を感じたり、痰に血が混ざっていたり、痰の絡まない乾いた空咳が長期(1ヵ月以上)に続くなどの症状が考えられます。また、初期の段階では咳や熱といった風邪の症状とよく似ているため、見過ごされてしまうことも少なくありません。国内における男女肺が [続きを読む]
  • 肺がんの治療方法
  • 肺がんの治療は、早期であればあるほど完治を目指した治療が可能となり、ステージ1期では5年生存率が90%近いのに対し、末期に分類されるステージ4期になると僅か5%まで低下してしまいます。肺がんは自覚症状がない場合が多いため、初期ステージでの発見は非常に難しく、肺がんと診断された場合には既に末期であることも珍しくありません。肺がん治療では、ガイドラインに沿って診療や治療方針が決められ、日本癌学会が2015年 [続きを読む]
  • 肺がんを発症する原因とは?
  • 肺がんと喫煙肺がんを発症する原因とは一体何なのでしょうか。肺は呼吸をする臓器となり、外からの空気(酸素)を取り込むため、吸い込んだ空気の影響を大きく受けます。肺がんを誘因するものとして一般的に知られるのがタバコによる喫煙習慣です。実際、タバコのパッケージにも喫煙は有害物質による健康害の可能性が記載されています。肺がんには分類があり、喫煙の影響を受けやすいがんと受けにくいがんがあります。タバコの影響 [続きを読む]
  • 肺がんの初期症状・自覚症状
  • 肺がんの症状で一番気付きやすい咳肺がんの代表的な症状として、痰の絡まない乾いた空咳が長期に続くことで広く知られ、初期の段階では一般的な風邪との区別が付かないことが多く、見過ごされることも少なくありません。市販の咳止め薬等を服用しても1月以上も症状が治まらない場合には、適齢年齢と合わせて肺がんを疑い詳細な検査を受けることがすすめられます。また、喫煙の習慣がある人は、気管支炎等で咳が続いているのかと勘 [続きを読む]
  • 過去の記事 …