NY4U さん プロフィール

  •  
NY4Uさん: 明日からのニューヨーク
ハンドル名NY4U さん
ブログタイトル明日からのニューヨーク
ブログURLhttp://nyenglish4u.blog.fc2.com/
サイト紹介文長くなった米国生活。ふと気づいた事、知りたくなった事、アメリカ、ニューヨーク、英語。発見日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/04/24 14:11

NY4U さんのブログ記事

  • アメリカの”Wonder Woman”は、世界を救えるのか
  • 観てきました!今、話題の映画、ワンダー・ウーマンです。兎に角、戦闘シーンのワンダー・ウーマンというか、この方、イスラエル出身のガル・ガドットさんがカッコいいです。実生活では、32歳の2人の子供の母親。イスラエルでは兵役義務があるため、18歳の時から2年間、国防軍で戦闘トレーナーをしていたそうです。ですから、銃を持つのには慣れていると言ったとか、、。2004年にはミス・イスラエルにもなっています。さて、ワンダ [続きを読む]
  • 押せ押せの企業、その名はアマゾン
  • ソフトバンクの孫氏とこの人が一緒のテーブルで食事をしたらどうなってしまうのか?その人とはアマゾンのジェフ・ベゾス氏。ブログで何度も書いているのは、本当に彼ほど、息つく暇なくいろいろなアイデアを試し、自分の会社を揺さぶり続ける人はいないように思うから。彼と孫氏が重なるのは、2人とも「会社を大きくすること」にかなりの比重を置いてストラテジーを組み、積極的に、先手先手で駒を進めるからでしょうか。ただ、ベ [続きを読む]
  • ホワイトハウス劇場のチープな”ゴッドファーザー”劇
  • サスペンス劇の最終幕に近づいているのかと思いきや、終わってみると第2幕が始まったばかりという感じだったコミ―FBI前長官の公聴会での証言。でも、驚かされたのは、まずトランプ大統領とコミ―FBI前長官の”主義””信念”が北極と南極ぐらい異なり、大統領がそんな前長官を完全に読み違えていたこと。そして、更に驚いたのは大統領とのやり取りのメモがあることをニューヨークタイムズにリークさせたのが前長官自身で、その理 [続きを読む]
  • アメリカ人の関節痛、筋肉痛を和らげていたのはあの日本企業でした!
  • アメリカのテレビを見ているとと、コマーシャルの70%は車か、薬か、化粧品かのカテゴリーに入るのではないかと思います。その中でも薬のCMは規則で何と”死亡リスク”まで含む副作用についてありとあらゆるものを公表する必要があるようで、兎に角一本一本の長いこと。其のうち、何を治す薬なのか分からなくなってしまうほど。で、先日また薬のCMかと聞き流していると、最後に”−−−−”と何だか英語には聞こえなかったけれど [続きを読む]
  • ニューヨークの地下鉄マナー(2)
  • 前のブログが、地下鉄でマナーの良いニューヨーカー達のポスター(ニューヨーク地下鉄のマナー(1))についてだけで終わってしまったので、今日はマナーの悪いニューヨーカー達版。緑は良い人で、彼らは赤い色です。最初のマナーがこれ。私も荷物が多いときなど、うっかり持たれるつもりでしてしまいます。Don't be a pole hog (ポールを独り占めする人にならないこと). Leave room for others to hold on(他の人が掴まれるス [続きを読む]
  • ”Sketchy Dog ‐何となくぞっとする犬”の挑戦
  • 3月に突如Wall Streetの"Charging Bull"の前に現れて、ニューヨークで一番話題になっている女の子になってしまった"Fearless Girl(恐れを知らない少女)”International Women's Dayの象徴として、世界第3位の投資資産マネージメント会社が1週間の予定で市から許可を得て設置したところ、予想外の支持を得て期間を1か月に延長。ニューヨーカー達が永久設置の嘆願書まで市に提出したのですが、それは叶わず、でも、こうして市長が [続きを読む]
  • ニューヨークの地下鉄マナー(1)
  • 5月29日に、ニューヨークの地下鉄内での”違法行為”について書きましたが、今日は”マナー違反”について。ニューヨークの地下鉄は毎日こんな感じですが、安全に乗りこなすのに一番大切なことは”周りを見ていないようで見ている事”と”人と目を合わせないこと”なのだと思います。ということで、スマートフォン等を使っていない時には座席の上の方を意味もなく見たりするわけですが、、、、そこで気づくのが2015年の1月に [続きを読む]
  • ニューヨークの地下鉄に乗る際に気を付けること
  • 5月14日は母の日でしたが、この日、ニューヨークのメトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティー(MTA)が”Courtesy Counts (親切が有難い)キャンペーン”の一環として、2つのバッジを配りだしました。1つ目は、これ。”赤ちゃん、乗ってます”バッジです。そして、2つ目は、障害者、お年寄りのための”席をどうぞ譲って下さい”バッジ。妊婦さんや他に席が必要な人がすぐに分からないこともあるので、こんなバッ [続きを読む]
  • 今までの人生で、一番長かったFive Minutes
  • 木曜のマンハッタンは、90度(75℃)を超す真夏のような日だったのですが、気持ち良い風が吹いていて道を歩いている人達も、ちょっとウキウキ気分。そんな美しい初夏のような日のお昼時、突然目にしたのがこのニュース。タイムズスクエアで車が歩道に突っ込んで怪我人が多く出ているというニュースです。(Per USA Today)我が家の娘は大学が夏休みになって家に戻ってきているのですが、今日は日本に帰る友達を囲んでランチをする [続きを読む]
  • トランプ大統領への静かな挑戦状?
  • さて、今週の大事件はもちろんトランプ大統領による連邦捜査局(FBI)のジム・コミー長官の解任。私は、このニュースをまずネットで知り、すぐにテレビをつけてみると目に入ってきたのがこの護衛車に囲まれてロサンゼルスの高速を走るコミ―長官が乗っているらしい車。こうして空から中継で車を追っている映像は、一昔前に元プロフットボール選手、O・J・シンプソンが白いブロンコでロサンゼルスの高速を逃走していた時の映像を彷彿 [続きを読む]
  • おも〜い意味をもつオバマケア”予防サービス”保険条項
  • 日本ではあたり前の国民皆保険。アメリカにあって当然のように思うところですが、知っての通り制度は全く違うにしても皆が入る医療保険制度、いわゆるオバマケアが成立したのは2010年、適用は2014年からです。でも成立以来オバマケアの撤廃は共和党の目標、そしてトランプ政権にとては撤廃、トランプケアへの変更が最重要公約の1つになっています。その1歩となるべき連邦議会下院でのトランプケア案可決。一般に今後の上院での検 [続きを読む]
  • 4月18日は、税金の日。アインシュタイン博士も頭をかかえた?
  • 4月18日は、連邦、そして殆どの州の個人所得税申告日でした。例年であれば申告日は4月15日ですが、今年は15日が土曜だったので17日に繰り越され、その17日がIRS(アメリカ合衆国歳入庁)のオフィスがあるワシントンDCの祭日であったため更に延ばされて18日なったというわけです。アメリカには、日本の年末調整のようなものはありません。それでサラリーマンも、自営業者も皆自分でタックスリターン(Tax Return)と呼ばれる確定申 [続きを読む]
  • Head-Spinning, Whiplash, 目が回るようなトランプ外交
  • トランプ政権の動きを毎日おっているとローラーコースターに乗っているようで疲れます。上がったり、下がったり。でも6日のトランプ大統領による突然のシリア攻撃は、ローラーコースターの車両が大きく外にカーブした後、思いっきり内側に振り戻されるような感じでした。彼は”アメリカ第一””自分はアメリカの大統領であり、世界の大統領ではない”と今まで明確に主張してきたわけですから、、。大方、成功したと受け取られてい [続きを読む]
  • トランプ政権、これからどこに、シリアにミサイル発射
  • オバマケア廃止案の挫折、ロシアの大統領選挙介入問題及びトランプ政権と関係疑惑、トランプ大統領が指名した最高裁判事候補の上院の承認手続き問題、そして今日6日はフロリダの別荘に習近平国家主席を招いての初めての米中首脳会談と、兎に角、1日ではこなせない重大問題が次から次へと出てくる中、突如始まったのが、トランプ大統領によるシリアへのミサイル攻撃。午後9時過ぎ、明日決まるはずの最高裁判事の承認手続きや米中首 [続きを読む]