スカーレット さん プロフィール

  •  
スカーレットさん: Life in Adelaide 〜スカーレットの人生ネタ帳〜
ハンドル名スカーレット さん
ブログタイトルLife in Adelaide 〜スカーレットの人生ネタ帳〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/scarlet0915/
サイト紹介文オーストラリア人夫とのアデレード生活を中心に、AUS看護師登録、永住権など書いています。
自由文住んだ国:日本、フィジー、シンガポール、オーストラリア。
2014年よりアデレードへ。
オーストラリア人夫のLと平々凡々と暮らしています。
2016年、豪正看護師登録、技術独立永住ビザ取得!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/04/24 20:24

スカーレット さんのブログ記事

  • 同窓生はハリウッド俳優?
  • フリンダース大学を卒業してから2年経ちますが、先日こんなものが届きました。 同窓生向けの会報誌? またこんなものに私たちの学費が使われてるのか、ぶつぶつと思いながら中をぱらぱら見ていると、日本人の方のインタビュー記事を見つけました。 Ken Yamamuraさんというフリンダースの同窓生は、日本では山村 憲之介というお名前で活動されているようで、なんとあのヒュー・ジャックマンとも映画共演経験のある日本人俳優さん [続きを読む]
  • オーストラリアでセルフカラーリング
  • 日本にいたころ、2〜3か月毎にサロンへ行って、カラーとカットをしてもらっていましたが、ある時、ふと、私はいつまで髪を染め続けるのか?と思ったことがあって、なんだかばかばかしくなってしまい、ぱたりとカラーリングを辞めました。なのですが、もう10年近く黒髪なので、なんだか飽きがきてしまい、でもカラーをすると、黒髪に戻す時に面倒なんだよなと思っていたところ、数年くらい前から日本で流行っているインナーカ [続きを読む]
  • オーストラリアで献血
  • 日本での献血経験は、高校の文化祭に来ていた献血カーで1回のみなのですが、LはO型マイナスなので、頻繁に献血に行くという話をしていました。 先日、ちょうど仕事も休みでシティに出る用事があったので、思いたって献血センターに行ってきました! Grenfellストリート側から入ってすぐ、リージェントアーケード内にあります。 献血センターは献血者でかなり混み合っていました。そして献血はなんと予約制でした。私が行った日は [続きを読む]
  • 15年ぶりの運転
  • 日本で普通自動車運転免許を取ってから、すでに15年が経っていました!驚愕の事実です。その間運転したのはたったの1度。筋金入りのペーパードライバーです。 でもオーストラリアで生活するうえで、車なしの生活はかなり厳しくなります。 公共交通機関で行ける場所はかなり限られているし、本数は少なく時間通りに来ない。早朝や夜間の移動はほぼ不可能に近い。 そんなある日、突然Lがそろそろ運転をし始めてはどうかと提案し [続きを読む]
  • 家電はやっぱり日本製
  • 我が家の家電はほぼ海外製。 Lと同棲するまえ、二人ともそれぞれ別の家でシェアハウス生活していたので、家具家電はおろか、食器も何も持っていませんでした。 一緒に生活を始めるのにあたって、非常に物入りだったので、セカンドハンドで購入したり、知り合いから譲ってもらったりで家電一式そろえました。 なので贅沢は言えないのはわかっているのですが、どうしても好きになれないのは、義弟が譲ってくれた、海外製の洗濯機で [続きを読む]
  • 一人だちの日は突然に
  • オーストラリアのナースとして働き始めて、ちょうど一ヶ月がたちました。最初は現場に慣れることや、覚える事ばかりなので、精神的な疲労はつきもの。四週目である今週は、その疲労も少しやわらいできたかなと感じていました。マネージャーからも、来週辺りから一人で働く時間を徐々に増やしていくという話はありました。そんな時に事件は起こります。[今日の午後シフト、急な病欠が出ちゃって、看護師はあなた一人になるんだけど [続きを読む]
  • TINナンバー 
  • 先日、定期預金口座を作ろうと、A〇Z銀行へ行ってきました。 オンラインセーバーという口座なら、維持費も無料、普通口座とのお金の移動も簡単にできる、利息がいい(最初の3か月は2.55%!)、普通口座にまとまったお金を置いておくより安全。 担当のおば様に、海外での就労経験の有無について聞かれ、正直に答えたところ、TINナンバーを聞かれました。 『何ですかそれ?』 Tax Identification Number: TIN 繰り返し聞かれ [続きを読む]
  • 褒美
  • 先日、オーストラリア看護師としての初任給をもらいました。 10数年前に日本でもらった初任給よりも、なんだか感慨深いものがありました。 今に至るまで、とにかく必死だったので、自分を客観視する余裕がなかったのですが、 最近、ふと思ったことは、 よくやった、ワタシ!! 自分の望んでいた環境に100%なったわけではないけれど、ここに来るまでの苦労と忍耐は、自分が誰よりもわかっている。 だから、初任給で、自分へ小 [続きを読む]
  • ベビーシャワー
  • 先日夫Lの親友夫婦JとAのベビーシャワーに行ってきました。 通常は女性限定で招待らしいのですが、彼らの意向により男性も含めて近しい人が集まりました。パブの一角を貸し切っての立食パーティーとゲーム。 それはそれで楽しい時間を過ごしたのですが、招待された人は、ベビー用品などのプレゼントを持参するのがマナー。 自分で好きなものを贈るのもありですが、J&A夫婦はベビー用品店に自分たちの欲しいものを予め登録してお [続きを読む]
  • 年度末セール
  • オーストラリアでショッピング!と、日本の感覚でお店へ行っても、物価の高さに物欲が吹き飛んでしまいます。そして必ずしもクオリティーが値段とマッチしない。 何でも「お値段以上」の国、日本。そして関西人の性なのか、お得にお買い物がしたい。値段と質が見合わないものは買いたくない。 なので私にとってオーストラリアでのお買い物はあまりエキサイティングではありません。 それでもちょっとウキウキする時があります。そ [続きを読む]
  • 初ナースジョブ in Australia
  • 新しい職場で働き始めて一週間が経ちました。今までで最も長い1週間だった気がします。 久しぶりの看護師ジョブは妙に新鮮です。予防接種と採血、患者教育が主な仕事ですが、患者さんの肩や腕に針をぶっさしていると、ようやくオーストラリアで看護師になれた実感が持て、今まで抱えていた心の靄がだんだん晴れていく気がします。 クリニックを訪れる人は全員、休暇や仕事などで発展途上国に行く人たち。現地特有の疾患、予防法、 [続きを読む]
  • プライベート保険選び
  • オーストラリアの民間入院保険の保険料は、30歳を越えると1年ごとに2%づつ高くなります。(Lifetime Health Cover (LHC) loading と呼ばれます。)40歳で加入すると、30歳で加入するよりも20%も高い保険料を払うことに。これは政府が決めた制度で、国の医療費を抑えるために国民に民間保険への加入を促進するのがねらい。 国民健康保険(メディケア)しかない場合、公立の病院での治療は無料ですが、待機期間が恐ろしく長 [続きを読む]
  • サクラ、サク
  • 内定しました!!!やったーーーー! 私が小躍りして喜んだのは想像に難しくないと思います。 看護師登録してから1年余り、永住権取得後9か月。。。本当に長かった(涙)南オーストラリアの就職難の風の冷たさに、何度も何度もなーーーーんども、くじけそうになりましたが、やけっぱちになって履歴書を連打して良かったです。 とりあえずオーストラリア国内での経験と呼べる足がかりができました。正直ほっとしてい [続きを読む]
  • ロンドンで起きた痛ましい事件
  • つい2週間前にも起こったばかり。こういう痛ましい事件が起こるたびに、私は彼女のことを思い出します。 Gill Hicksアデレード出身の彼女は、2005年のロンドンの地下鉄テロ事件の生存者です。爆弾が置かれた車両に乗り合わせ、両足の膝下を失いました。 フリンダースでの病院実習中に、スタッフのためだけに開かれた彼女の講演会に参加しました。 あの事件が起きて、どのように救出され、病院に運ばれ、ICUで [続きを読む]
  • リファレンスチェック
  • 先日面接を受けてから、一向に連絡が来ないので、こちらから人事部にお伺いのメールを送ってみたところ、今リファレンス(推薦者)チェックの段階だと返事がきました。最終選考まで残ったようです。 オーストラリア就職活動で、面接の後に残されたこの最終ステップ。 私の看護師としての働きぶりを知っている人を2−3人推薦者として挙げて、その人達の名前、勤務先と肩書き、電話番号、メールアドレスを提供し、採用 [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • 早いもので結婚してから1年が経ちました。 仕事の事、ビザの事、日本での結婚式の計画などで、精神的にかなりアップダウンしたこの1年。時には大喧嘩をすることもありましたが、まぁまぁ仲良くやってこれたかなと思います。 結婚記念日には、Lがサプライズでワインツアーを計画してくれました。 行先は車で1時間ほどのマクラーレンベール。1件目、Maxwell。 ピザで有名なレストラン。PIZZATECA 2件目 [続きを読む]
  • オーストラリアで風邪をひいたら
  • 風邪をひきました。 朝の気温は6度くらいまで冷え込むのに、日中は20度まで上がり、日が落ちると10度近く一気に気温が下がる、アデレードの晩秋にやられました。 のどの痛みと腫れがひどく、市販の風邪薬、のど飴、のどスプレーを使っていましたが、全身の関節痛、ひどい倦怠感と寒気に発展。仕事を休み、GPにかかりました。オーストラリアで医者にかかると、薬局で買える様な薬は処方してくれません。解熱鎮痛剤は薬局 [続きを読む]
  • 電話面接の翌日
  • 先日の電話面接の翌日。人事部から再度電話があり、今度はクリニカルマネージャーとの直接面接の運びとなりました。 場所は市内にある某クリニック。面接予定時間は約1時間。(長!) 日本の面接とは勝手が違うので、事前練習なしには絶対に成功しない!と経験者からのアドバイスもあり、予め聞かれるであろう質問の答えを沢山準備して、直前まで復唱していました。 緊張のためランチもほぼ味わえず。 持参す [続きを読む]
  • 人事部からの電話
  • 日本から帰国後、就職活動を本格化させていました。20件くらい応募したかな?出せども出せども箸にも棒にも掛からない状態だったのですが、この度初めて、ポジティブなリアクションがありました!といっても人事部から電話がかかってきただけなのですが、アデレードではこれだけでも大きな一歩。 『応募したポジションについて話し合いたいので至急電話をください。』と、本社のHR部(ヒューマンリソース、人事部)の担当 [続きを読む]
  • 意外にウケた日本のお土産物たち
  • 日本滞在記です。 L家族御一行がオーストラリアに持ち帰った日本のお土産をご紹介。 定番なのは観光地には大抵ある和柄の小物。お義母さんはそこで和柄のリュックを、友人Aは袱紗?の様な財布をお買い上げ。 高価なもので言えば日本のウィスキー。サントリー山崎蒸留所の工場見学に行きましたが、そこで買える1本3500円ほどのウィスキーだけでは足りず、免税店で1本5万円もする21年物の響を買っていました。 [続きを読む]
  • お・も・て・な・しの実態
  • 日本滞在記です。 東京オリンピック招致の際に、やたらと日本のおもてなし精神が強調されていました。 今回日本に帰ってみて、やっぱり日本のホスピタリティって素晴らしいと思う一方で、おや?と思うことが多々ありました。 まず、日本でお店に入ると、どんなお店でもほぼ定員さんが話しかけてきますよね。いらっしゃいませ、何かお探しですか?と。それがLが同伴だと全く話しかけてこない。L家族御一行様たち [続きを読む]
  • 日本で基礎化粧品を爆買い
  • 日本滞在記です。 オーストラリアで化粧品を買うとなると、大抵ChemistWarehouseかPricelineというドラッグストアに行くのですが、パッケージを見ても効果がわかりにくいのと、あまり安くないので気軽に試せない。そして何より肌に合わない。日本ほど商品のバラエティーがありませんし、どこに行っても同じものしか置いていないので、お買い物の楽しみがありません。 これまで幾つか試してみましたがイマイチでした。* [続きを読む]
  • 人違いされる夫
  • 日本滞在記です。神戸に一週間滞在した後、東京に移動しました。 夫のLはスポーツ観戦が好きなのですが、日本では西武ライオンズを応援していました。理由はライオンズのLが自分の名前と同じなため。。。 今回埼玉の球場まで試合観戦に行き、ライオンズの帽子を買うのだと意気込んでいました。 そして買った帽子がこちら。 Lの文字にご満悦。東京滞在中はこの帽子をいつもかぶっていました。 そんなあ [続きを読む]
  • 日本での神前式
  • オーストラリアはイースターホリデーが始まりましたね。 私たちは先日まで2週間ほど日本に帰っていました。目的は日本とオーストラリアの家族の顔合わせと結婚式と、L家族にとっては初めての海外でのファミリーホリデー。 まずは結婚式の写真をちらっとご紹介。 神戸の北野にある神社で神前式のあと、迎賓館で小さなパーティーをしました。 桜の時期を狙っていたのですが、残念ながら今年の神戸は例年より寒 [続きを読む]
  • 予防接種コース修了
  • 昨年末から始めた予防接種コースをやっとやっと修了しました。クリスマスに結婚式準備に仕事に、同時進行していたのでほとんど進まず、結局修了するのに4か月近くかかりました。 シンガポールと日本の予防接種スケジュールにはそれなりの理解があったのですが、アボリジニ―やハイリスクの子供に対する予防接種スケジュールに関してはさっぱりだったのと、参考書となるものがオンラインベースでの提供のみで、紙ベースでぱ [続きを読む]