hideさん さん プロフィール

  •  
hideさんさん: 街道歩きと歴史散歩
ハンドル名hideさん さん
ブログタイトル街道歩きと歴史散歩
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/simada7126
サイト紹介文東海道や甲州街道を歩いています。吉村昭さんの小説が好きで、戦国時代や江戸時代の史跡を訪ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/04/25 10:07

hideさん さんのブログ記事

  • 伊豆半島のおすすめ観光スポット ①
  • 小さなお子さんがいる方にオススメしたいのが、「伊豆アニマルキングダム」です。伊豆高原駅から車で30分ほどで行くことができます。しかも、東伊豆の海岸沿いのロケーションを見ながらの爽やかなドライブです。稲取港の手前が入口なので分かりやすいですよ。ただし、そこからの上り坂はなかなかです。その代わりに景観は最高です。入場料は、大人 2,200円 小人(4才以上)1,100円と少しお高い感じがしますが、割引クーポンを事 [続きを読む]
  • まるごと伊豆高原駅を楽しむ
  • お盆休みを利用して、家族で久しぶりに伊豆高原に行ってきました。伊豆高原の最寄駅といえば、この伊豆急行線「伊豆高原駅」ですね。この駅、意外にも見所満載の楽しい駅なんです。改札口を出ると、開放感のある駅構内が広がっています。駅の「さくら並木口」側には駅前広場と広い駐車場があります。まず目の前に現れるのは、江戸城の石垣を運搬する実物展示です。徳川家康は、慶長9年(1604年)に天下普請の江戸城大修築を西国大名 [続きを読む]
  • 川越街道を歩く2-⑤ 小江戸「川越」の蔵造りのまちを散策 
  • 最終回は、お馴染みの小江戸「川越」の蔵造りのまちを散策します。場所はこちらです。https://drive.google.com/open?id=1EVUaVYhG-SIP3XkiXYRCceR1Iv8&usp=sharingここは、太田道灌の銅像が立つ川越城大手門跡から一つ目の交差点「札の辻」です。ここから、小江戸「川越」を代表する蔵造りの街並みが続きます。平日の午後、車の往来は思ったより多いですね。右側にある一つ目の路地を入っていくと、店先に縁台のある土産屋や鰻屋 [続きを読む]
  • 川越街道を歩く2-④ 縁結びの神様「 川越氷川神社」 
  • 喜多院を後にして、「川越氷川神社」にお参りしました。今回のコースはこちらです。https://drive.google.com/open?id=17KJcaCPJewZYAKDMSvrEqXqVMHg&usp=sharing川越氷川神社の鳥居をくぐると境内に「風鈴回廊」がつくられていて、願い事が書かれた短冊を結び付けた色とりどりの風鈴が多数飾られています。川越氷川神社は、縁結びのご利益が有名なので若い女性の参拝者の姿が目立ちます。境内に入ると記載台が設けられています。 [続きを読む]
  • 川越街道を歩く2-③ 江戸城の建物が移築された「 喜多院」
  • 縁結びと健脚祈願の川越神社を後にして、川越大師 喜多院に向かいます。喜多院はの場所はこちらです。https://drive.google.com/open?id=10m89G4FJuRZ3syc4Wt6_0ZsYUEM&usp=sharing途中歩いていると、まるでフランス人が経営しているかのような自動車整備工場の看板があったので撮ってみました。突き当たりを右に曲がると、川越名物の鰻の人気店の一つ「いちのや」さんがあります。しばらく進むと、川越大師「星野山(せいやさん) [続きを読む]
  • 川越街道を歩く2-① 新座駅発車メロディーは「鉄腕アトム」
  • 「川越街道を歩く」の2日目は、新座駅からのスタートです。今回歩いたコースはこちらです。https://drive.google.com/open?id=12R9-spcykFYbIh6DIJu6z837dm8&usp=sharing川越城大手門跡まで、あと20キロほどなので、少し、新座駅周辺を散策してから出発することにします。新座駅の改札を出ると目にするのがあの懐かしい「鉄腕アトム」です。新座市には「手塚プロ新座スタジオ」があるのです。それがご縁で市はアトムに特別住民票を [続きを読む]
  • 川越街道を歩く1-③ 新田宿・白子宿・膝折宿
  • 今回は下練馬宿から出発して、新田宿、白子宿、膝折宿を巡ります。コースはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1Vegt0bwyvTQX4ZJ7E40eYZFQsy0&usp=sharing下練馬宿を抜けると、旧川越街道は再び国道と合流します。地下鉄赤塚駅出入口脇に騎馬武者像があります。台座には、「鎌倉古道 至かまくら 至はやせ」と記されています。国道と交差している細い道は鎌倉古道だったようです。「小治兵衛窪」の名前の起こりには、 [続きを読む]
  • 川越街道を歩く1-② 史跡が賑わう下練馬宿
  • 板橋城の風格漂う「長命寺」前回ご紹介した石神井川を下頭橋(げとうばし)で渡り、旧川越街道の「下頭橋通り」から、「下練馬宿」周辺を巡ります。今回のコースはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1ldON6Kb2tNoLdL6wDfd9kEu24pU&usp=sharing曲がりくねった下頭橋通りを進むと、国道254号線と環七通りが交差する場所に出ます。その交差点の斜向かいにあるのが「長命寺」です。石垣があり、石段を上った先の高台に本堂が [続きを読む]
  • 川越街道を歩く1-① 川越街道の史跡が残る上板橋宿
  • 今日から川越街道を歩きます。今回は上板橋宿がメインとなります。ルートはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1jQ6k3DCvyH71J0M4R0eHi2TQyU0&usp=sharing川越街道は、板橋宿と川越を結ぶ街道で、太田道灌が江戸城と川越城を結ぶために整備したと言われています。中山道が江戸時代になって整備されるまでは、川越街道が江戸北西のメインの街道でした。朝のラッシュに巻き込まれないように、6時4分の鶴見線に乗り、田町 [続きを読む]
  • 銀座の盛岡冷麺「ぴょんぴょん舎」に行ってきました
  • 今から、ちょうど7年前に、盛岡に仕事で行くことがありました。仕事を終え、レンタカーを借りて、盛岡から、遠野に行き、三陸の海岸線を通り、宮古から早池峰山を抜けて戻ってくるという旅でした。盛岡から見た岩手山がとても綺麗でした。ちょうど、東日本大震災の半年前のことでした。新幹線を降りて、盛岡駅近くの「ぴょんぴょん舎」で頂いた冷麺の味が忘れられずに、今でも時々、銀座3丁目にあるギンザ・グラッセ11階の「ぴょん [続きを読む]
  • 中原街道を歩く 3-③ (田村の渡し〜平塚御殿)
  • 「中原街道を歩く」の最終回です。今回のコースはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1V06P0rdOoWY-HV8reJSufCksHvw&usp=sharing相模川は神川橋を歩いて渡ります。江戸時代には橋が架けられていなかったため、「田村の渡し」で相模川を渡っていました。欄干に何本も建てられている柱は、渡し舟の「櫂」をイメージしたものです。遠景には、雲を被った大山が見えていますが、天候によっては、富士山、箱根まで眺望できる [続きを読む]
  • 中原街道を歩く 3-② (藤沢用田〜寒川一ノ宮)
  • 3日目の第二幕です。今回のルートはこちら。https://drive.google.com/open?id=1deSMP7QpK4Z1JkWdP1gYiE2yvsQ&usp=sharing用田の辻を過ぎるとなだらかで真っ直ぐな道が続きます。お昼の時間に差し掛かったところで、中原街道沿いにある「山田うどん」で昼食です。辛子の効いた冷やし中華(560円)を食べ、元気を取り戻しました。「山田うどん」の前には立派な長屋門のお宅がありました。金網に囲まれている塚は、十三塚(おこり塚)と [続きを読む]
  • 中原街道を歩く3-①「二ツ橋〜用田」
  • 先週の金曜日(7月14日)に「中原街道」の3日目(最終日)を歩きました。三ツ境駅からゴールの平塚御殿までです。折しも、この日も連日の猛暑日で、東京・神奈川には熱中症厳重警戒が発令されておりました。3日目第1幕のマップです。https://drive.google.com/open?id=1h-BACwQK2YiTPvcNImqBmqiNPDE&usp=sharing三ツ境駅からのスタートです。駅前の厚木街道を歩き、中原街道と交差する辻には、「二ツ橋地名由来の碑」や「石橋供養塔」 [続きを読む]
  • 横浜スパーリングトワイライト&スーパースター・ヴァーゴ
  • 昨日、横浜スパーリングトワイライト2017の花火大会が横浜山下公園でありました。ちょうど、同日(7月16日)15:00に、クルーズ客船「スーパースター・ヴァーゴ」が横浜港(大桟橋)に入港するというので、大桟橋に行ってみました。堅苦しくないアジアのファミリー客船とは言うものの、総トン数7万5338t、全長268m、全幅32m、乗客定員1870名というアジア最大の大型船は、まるで大きなマンションのようです。日が落ちてきて、花火の打 [続きを読む]
  • 中原街道を歩く 2-③ (野川〜三ツ境駅)
  • 「中原街道を歩く」の2日目の3幕です。この日も暑かった!マップはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1JZ5v1iwz7Y7sexFZjsvSRgdzpms&usp=sharing野川を越え、横浜の港北ニュータウンがある都筑区に入ると、小高い丘に鎮守する「山田神社」があります。その鳥居の前には、地蔵尊や供養塔などの石造物が並んでいます。年号を見ると、文化9年(1813年)と刻まれています。江戸後期ですね。見晴らしも良さそうなので、お参り [続きを読む]
  • 中原街道を歩く 2-② (大戸神社・橘樹官衙遺跡群)
  • 今回は、武蔵中原駅近くの「大戸神社」から高津区千年にある「橘樹官衙遺跡群」を中心にご案内します。マップはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1ntIt0ZRlCPvzMuSBPOHzXBIdHKs&usp=sharing大戸神社は、縁起によると世田谷吉良氏の家臣内藤豊前の舎弟内藤内匠之助が永正年間(1504-1521)に戸隠明神として当地に創建されています。大戸神社の社殿は、寛永16年に再造営、天和元年に再造営、明治13年に改築。大正12年関 [続きを読む]
  • 中原街道を歩く2-① (多摩川駅〜武蔵中原駅)
  • 「中原街道を歩く」の2日目は、東急東横線の多摩川駅から相模鉄道本線の三ツ境駅まで歩きました。今回は、その第1弾です。マップはこちらです。https://drive.google.com/open?id=13XLxS6OJUtMLRvDxv0ycLlaizm4&usp=sharing東急東横線の多摩川駅から丸子橋に向かう途中に、「多摩川浅間神社」があります。多摩川岸の丘の上にあるこの神社は、今から800年前の創建と伝えられています。鎌倉時代の文治年間(1185〜1190年)に源頼朝が豊 [続きを読む]
  • 中原街道を歩く1-③ (五反田〜丸子の渡し)
  • 五反田駅を過ぎたところで、国道1号線から離れ、細い旧中原街道に入ります。今回のルートはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1nXiVnyjsxUXtgByRJmh9gqG1xr0&usp=sharing二つ目の右角に古びた地蔵像があります。1727年(享保12年)に建てられた「子別れ地蔵」です。近くに江戸時代から火葬場だった桐ヶ谷斎場がありますが、子どもに先立たれた親が見送った場所と言われています。その先に供養塔が立ち並んでいます。大き [続きを読む]
  • 中原街道を歩く1-② (赤羽橋〜五反田)
  • 今回の中原街道の旅は、赤羽橋から五反田です。今回のルートはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1DuE1TSDmbUyQJeQTeRYqH3NANAM&usp=sharing東京タワーを背にして、慶應大学の三田キャンパスの方向に歩いていきます。大学の東門の手前にこの「春日神社」があります。学問、平和の守護神として知られ、地元では「春日さま」と親しまれています。三田キャンパスを通り過ぎ、三田三丁目の交差点を斜め右に入ります。緩や [続きを読む]
  • 中原街道を歩く (虎ノ門〜丸子橋)①
  • 今回は、東海道が整備される以前から、相模国と江戸を結んでいた道で、古代の官道が元になっている「中原街道」を歩きます。中原街道は、徳川家康が最初に江戸に入国した時に通ったと道とされています。1日目は、中原街道の起点の虎ノ門からスタートして、多摩川の「丸子の渡し」まで歩きました。第1回目は、「虎ノ門」から「赤羽橋」までをご紹介いたします。①文部科学省今回のスタートは、ただいま「加計学園」問題で騒がれて [続きを読む]
  • 深川の江戸・東京を歩く
  • 土曜日のお昼過ぎ、久しぶりに深川を散策してみました。深川には親戚がいたので、小さい頃から馴染みのあるところです。夜店があると、小遣いをもらい、従兄弟と一緒に都電に乗って、深川のお不動さんに遊びに行ったものです。半世紀も前の話ですが。さて、今回、歩いたコースはこちらです。https://drive.google.com/open?id=1nedgl2SctJpC3MxvPLeUfnUqeCQ&usp=sharingお不動さんの門前の通りには、老舗の間に洒落たお店も並んで [続きを読む]
  • いにしえの東海道 池上道を歩く⑥「六郷用水と丸子の渡し」
  • 当初、目的地と決めていた池上本門寺を出た後、さらに続く池上道(平間街道)を進むことにしました。門前通りで目についたのは「萬屋酒店」。アド街ック天国でも「池上本門寺 ベスト30」で9位に選ばれていたお店です。明示8年(1875年)に建てられた古い木造平屋建築で国の有形登録文化財となっています。池上通りに出ると、東急池上線「池上駅」が見えます。駅前の整備された道路はかつて「六郷用水」でした。国道一号線を渡る辺りか [続きを読む]
  • いにしえの東海道 池上道を歩く⑤「池上本門寺」
  • 大井町駅から、いにしえの東海道と言われる「池上道」を歩き、目的地の池上本門寺に到着しました。池上本門寺の玄関口の総門は、元禄年間(17世紀末〜18世紀初め)の建立と伝えられています。空襲からもまぬがれました。この石段は、加藤清正の寄進によるものと伝えられています。大堂正面に建つ旧国宝の山門は、1945年(昭和20年)空襲で焼失してしまいました。この仁王門は、1977年(昭和52年)に再建されたものです。池上本門寺 [続きを読む]