容子 さん プロフィール

  •  
容子さん: 群れない猫
ハンドル名容子 さん
ブログタイトル群れない猫
ブログURLhttp://rei-tsuchiya.hatenablog.com/
サイト紹介文おひとりさま歴18年の詩書き猫好き酒好き主婦の生活。人生、楽しく、面白く生きなきゃソン!
自由文3人目の子供を生んでから、元来の放浪癖が開花し、ふらふらとひとり旅やらをちまちまと繰り返しています。やっと、時代は「おひとりさま」に追い付いてきた予感。
5月3日。詩集「群れない猫」を出版!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/04/26 12:03

容子 さんのブログ記事

  • 山の中で感じたこと。
  • 【↑払沢の滝への道にあった可愛い*森のささやき、ひのはらゆうびん館】都内唯一(本土)の村に泊まり、つくづく私は、緑にあふれた場所が好きなのだと実感した。虫に刺されやすいので、虫よけのスプレーを持参することも考えたが、あえて虫刺されようの塗り薬のみにした。が、それも使うことはなかった。聞こえてくるのは、自然の音だけ。沢の流れ、鳥の声、雨の音、セミの音。午後5時半に聞こえる、お寺の鐘の音。夜になる [続きを読む]
  • キター‼世界の終わり?SEKAI NO OWARI?
  • かつて、俳優の豊川悦司の追っかけまがいの事をしていた。HNでファンサイトに書き込みしたり。その後は、映画「トワイライト」シリーズにはまり、メンバーを募って、映画のロケ地を巡り、シアトルへ行ったり。その、ミーハーなアンテナにここ数日で、SEKAI NO OWARI 、キターー‼いきなり!数年前に聴いた覚えのある「RPG」をyoutube で何回も再生。更に、情熱大陸出演の動画も視聴。ボーカル、Fukaseの歌詞が胸に痛くて、清らか [続きを読む]
  • 森林浴の旅
  • 今日から、東京の村のゲストハウスへ。いつもながら、旅の予定や準備をしている時が一番楽しい。空梅雨が明けて、しばらく晴天が続く予定だったのに、何だか家を出たらポツポツと降ってきた。宿付近は、山の中なので少し心配。宿の人からは、朝晩は冷え込むので温かくして来て下さいとあったが、どんなものだろう?今回は、家から離れてぼーっとするのが最大の目的なので、ひとつ二つのスポットしかチェックしていない。荷物も少な [続きを読む]
  • 浮く、快感!
  • 予約していたヨガの時間に起きられなくて、キャンセルした。このところ、寝つきが悪い。家事もそこそこやっているのだが、家での動きには、限度がある。梅雨明けしたかのような暑さと湿度なので、エアコンをつけっぱなしに近い状態にしていると、冷えてだるくなる。そこで、市営のプールに行ってみた!10年ほど前、スポーツクラブでヨガの後泳いでいたが、あの頃は、今よりも体が固くて、肩もよく回らなかった。昨年あたりから [続きを読む]
  • どうも、SNSには向いてないようだ
  • 格安スマホ切り替え前、突然に前のスマホの充電が切れてしまう事態が頻発し、その対策として、常にログイン状態にしていたFace bookをその都度ログインにした。5月から6月初旬までは、参加したイベントの関係で気になってチェックしていたFace book も、スマホ切り替えと同時期くらいから、あまり見なくなった。結果、平らかな精神状態を保っている。7年ほど前、必死にしがみついていた詩の投稿サイトもSNS 機能満載だった。少し慣 [続きを読む]
  • 前橋ポエトリー・フェスティバル2017
  • 広瀬川遊歩道↑この広瀬川沿いに、萩原朔太郎像があり、5/28ポエトリーリーディングが開催された、前橋文学館がある。館長は、パワフルな萩原朔美氏。水テーマの詩と写真*写真・高橋加代子↑詩と写真は、このようなポスターになり、前橋中央商店街のそれぞれの店舗に数点ずつ展示されている。焙煎館の店内↑土屋の詩のポスターを展示していただいている、焙煎館さんの店内。コーヒーとシナモントーストを食べた。お土産に、アイ [続きを読む]
  • 変化の時期、誕生日の考察
  • 5月の連休前後から、体調を崩し家に引きこもっていた。5月末の前橋行きは、調整してなんとかこなしたが、帰宅後倒れていた。処方された漢方の用量の1/3しか服用していなかったせいだった。(勘違いで)昨日は、4か月ぶりに痛くない整体に行った。腰痛持ちなので、色んなところで、整体・接骨院・針灸などなど施術経験があるが、このAさんの整体は合っているようだ。だいたいは、その時だけ楽になるのだがすぐ戻ってしまう。だが、 [続きを読む]
  • 水辺にて
  • 花の頃も過ぎた桜しべの濃い紅の色も愛らしく風にゆれる番(つがい)の鴨が毛繕いをすませ並んで水に輪をなして泳いでゆく平安の昔からなる満々たる池疲れ萎えた心、安らぎがひろがる水の辺(ほとり)★前橋ポエトリーフェステバル参加詩テーマ「水」★関連サイトはこちら↓poefes2017 of ポエフェス2017 [続きを読む]
  • 安倍公房と読書会
  • 4/28(Fri)、町田市民文学館(ことばらんど)の流動的読書会に参加した。こちらの読書会は、「ピッピのくつした」というグループが主催している。4月の西荻窪の朗読会でこちらの代表をしている、武田さんのことを知り、とても興味を覚えてしまい検索したら、同じHatena Blog ということにも縁を感じて、思いきって参加することにした。(本音は、武田さんが「ユリイカの新人」であり、小説も書き、文芸誌の最優秀賞を取っている多 [続きを読む]
  • 連休は嫌いだ
  • 連休(GW)に入って、ずっと家にいる。人混みが苦手で、普段からふらりと1泊の旅も平日にでかける。いや、投稿しようとしている詩の期限が連休明けなので、新作を書こうと試みるもイライラしていることも否めないのだが...まだ、キリン(夫)は定年前なので、会社通いだが、かつて連休と言えば、遥か富山まで子供たちを連ねてマイカーで帰省していたが、子供たちも成人し、それもない。結果、家にいる。夫婦同室である。さして、リビ [続きを読む]
  • いとなむ
  • 毎日、毎日、繰り返される日常何でもないようなことが積み重なり、人の歴史を作る鳥や虫のようにただ、生きることの素晴らしさを生命のちからを感じて暮らしてゆきたい2015.03 [続きを読む]
  • ゲストハウス*亀時間
  • ふらりと、鎌倉のゲストハウス。「亀時間」へ行った。2003年の春から、訪れるようになった。鎌倉には友人Sがいるので、結構ひんぱんに出向く。恵比須から湘南新宿ラインで50分。気が向いて、お天気が良さそうな時に行くのだが。今回は、土日とも雨の確率が高かったにも関わらず決行した。というのも、かねてからもくろんでいた、詩集「群れない猫」を亀時間のフリースペースの本棚に置いてもらいたと思っていたから。そして [続きを読む]
  • 桜の近くに
  • ご近所の桜。都営の団地内にどっしりとある。かなり古いものらしい。この地域にも住み始めて、12年となった。以前住んでいた、蓮田にも元荒川沿いに古い桜並木があった。ここでは最寄駅の南口、グリーンロードの桜がみごとだ。わたしは、花見は、近くで済ませるのが好きだ。ふらりと出かけた散歩先に、桜があるのがいい。桜は、年に1度しか咲かない。あと、何回、見られるのか数えてしまうあたり、年を重ねてしまったのだと、 [続きを読む]
  • 「詩とファンタジー」35号入選!
  • kamashun.shop-pro.jp「詩とファンタジー」No.35に、入選いたしました!2年ぶり2回目の入選。土屋容子としては、初めてになります。今回のイラストは、杉本千明さんというイラストレーターの方が描いてくださいました。(62ページ掲載)「女になっても」15年4月の30号に初入選後、ショートファンタジーや、詩の投稿を断続的ながら続けていました。昨年の4月からは、年2回の発刊になったので、より狭き門となり、自分 [続きを読む]
  • 猫の詩、いくつか
  • 「夏も冬も」リアルな毛皮はなんてキモチいいんだろう中はあったかのはずなのにシーツの上で脚にふれるヒヤッ としたなめらかさ気まぐれにアタシのそばに寄ってくるキミをムリヤリぎゅっとしたくなるねぇ キミ冬になったらたっぷり体温をお貸しくださいいい夢みようね夏でも冬でも…「猫になる」立春が過ぎて少しは強くなった陽だまりの中で仲良く丸くなる二匹の猫さっきまでケンカしていたのにポリポリと猫カリでおなかいっぱい [続きを読む]
  • スタイル
  • このブログ「群れない猫」を始める以前に、ホームページで短い日記を書いていた。それが、「詩だ」と指摘されたのがきっかけで、詩として意識して書くようになった。2003年4月だった。昨年5月に、第1詩集「群れない猫」を上梓し、詩作20年に向かってどのように活動していったらよいか、思索を重ねている。が、まだ、行動までいかない、。やっと、詩集制作の疲れも癒えて、少しずつ動き出そうとしている。今、詩誌に投稿を [続きを読む]
  • 見てから、読む派?!「校閲ガール」
  • 昨年の、秋期(10月)のドラマ「地味にすごい!」の原作「校閲ガール」(宮木あや子)を読んだ。面白かった!ドラマ原作のものは、キャラクターが特に立っていて、まわりの登場人物もひと癖、ふた癖あるものが多いが、ドラマ脚本と比べてどう変えているのか、又、主人公・校閲部の河野悦子と、通称(タコ!)こと文芸編集部の貝塚とのからみが本当は、どう描かれているのか気になって読んでみた。★主な登場人物河野悦子(おしゃ [続きを読む]
  • 桜、散りゆく
  • 部活、ボール拾い足元にひゅーる春風とともに桜の花びらが届く心 ふわりなる夜、人影もない古い川沿い桜並木はらはらと落ちる 花びらいくつかの外灯が照らす妖艶な桜心 解き放つ昼下がり、西の人造湖へと続く道人を見下ろすほどの桜があふれる満開もそろそろが見納めか桜散らしの雨の後通りの茶店から見送る…心 静かなる ★蘭の会・2月テーマ「はる」  [続きを読む]
  • 真冬の夜10時に。(記録として)
  • 1月末の夜10時過ぎ。海外ドラマをみながらくつろいでいた。突然、家電が鳴る。夫からかと、出る。救急隊からだった。帰宅途中、夫が事故に合った模様。場所はかなり近く、徒歩10分もかからずに行ける。ちゃんと聞いたはずの、内容を頭の中で繰り返すも、身体は何をしてよいのか、おろおろとパニック状態。部屋着の上だけを着替えて、お金と携帯をとりあえず持ち現場に向かう。息が切れる。防寒にしたマスクが息苦しい。小走り [続きを読む]
  • 鋤のポーズできた!かも?
  • ヨガスタジオに通い始めて、4年目に突入!!昨年より、都内の女性専門のヨガスタジオは、アトランダムに通える会員になり、行ける時は月1〜2回ほどだ。夏から体調を崩したので、2か月通えない時もあった。そんなわけなので、通算4年目といえ、ずっと「鋤のポーズ」はできないできていた。昨年12月、3ヶ月ぶりに参加した「ヨガニードラ」という「癒しの瞑想」と言われている、ヨガクラスに参加。太陽礼拝やハタヨガの基本的なポー [続きを読む]
  • IKEAデビュー。そのシステムに戸惑う
  • 気分の変わりやすい私は、またまた、自宅の模様替え中である。3LDKで、夫婦と娘2人と暮らす4人暮らしの我が家には、私の個室はない。数年後の夫の退職をめどに個室が欲しいのが本音である。32年も一緒に暮らしていると、広い夫婦の寝室ならいざしらず、色んな不具合で安眠や日中の一人になりたい欲求を満たすためにはどうしたらいいか、模索していた。リビングのスペースが一番広い。和室でのびのびと眠りたい。個室が欲しい [続きを読む]
  • しもやんの部屋*オープンマイク
  • 18日(金)、神保町の視聴室へ服部剛さんがゲストの「しもやんの部屋」のオープンマイクへふらっと出かけた。7月の江戸博から後4か月ぶりのイベント参加。案の定、とてもわかりやすい立地条件なのにかかわらず、地下鉄から出ると方向感覚が鈍るので、あやうく反対方向へ行きそうになる。オープン時間の19:00のほんの少し前に到着。入口の普通のお家の様な作りとは裏腹な、とても天井が高く、グランドピアノがで〜んと [続きを読む]
  • お兄ちゃんのクッション
  • お兄ちゃんに小さめのクッションをふたつ作った初めて作った手作りのクッションはママが今でも大事に使ってくれているこの前、お兄ちゃんと会ったら身体と車イスのすきまをうめるのにウレタンをそのままちぎったようなのを使っていたのだお兄ちゃんはあたしが受験をする前の年の秋家を出て、ヘルパーさんを雇ってひとりで住んでいるあたしよりひとまわり上で、あたしが生まれた年に車イス生活になったあたしは、お兄ちゃんの車イス [続きを読む]
  • 深まる秋、今年もあと2か月と少し
  • あと1週間で11月に入る。毎年毎年、この季節になると思うが、1年があっという間だ。特に、50代になってからか、。仮に、88才まで生きられたとしても、30年と少し。1年の季節としたら、30回の秋と30回の冬と、30回の春と夏。こうして、回数で示すと。1回1回がものすごく大切に思える。ぼーっと、過ごしている場合ではないのだ。facebookで、自分の情報からあなたは、こうなるでしょう、こうですよ、というページが表示 [続きを読む]