j さん プロフィール

  •  
jさん: J-BassLife
ハンドル名j さん
ブログタイトルJ-BassLife
ブログURLhttp://jbasslife.exblog.jp/
サイト紹介文単身赴任生活しながら50歳過ぎてベースへチャレンジする事にしました。さあ楽しむとしましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/04/26 14:28

j さんのブログ記事

  • 押弦 【YAMAHA SLB-200】
  • 左右の手のフォームや楽器の構え方等にも注意しながら日々練習は継続中。左手はフォーム=ピッチを気にしながらポジションを移動したり、課題曲を練習したりしているのですが押弦が上手く出来ていない。エレベであればフレットがあり弦のテンション等もサイレントと比較するまでもなく押さえやすい。エレベで普通に弾けていた事をサイレントに置き換えるとやはり弦のテンションの強さや弦高、そしてピッチの広さ等から... [続きを読む]
  • 長男 PRS ゲット。
  • 息子が高校生の頃から大学に進学したらPRSを購入したいと随分憧れていていました。進路も決まり現在は学生生活と共に軽音楽部で楽しんでいます。既に複数回のライブにも参加させて貰い夢中で楽しんでいる様子。並行してドラムの練習も続けているので、スネアやDW9000のツインペダルもそろそろ考えたいんだよね〜などと妄想を膨らませていた様ですが、大本命はぶれる事なく希望のPRSを遂に手にしました。で、... [続きを読む]
  • 延長フレーム付けてみた。【YAMAHA SLB-200】
  • SLB-200にオプションの延長フレームを付けてみましたよ。ヤマハの解説では「側板ユニットの幅を広くして、楽器をより支えやすくするためのオプション部品です。」との事。こんな感じに約5cm程、側板ユニットの幅が広くなるのですが、見た目は気にせず少しでもコントラバスのボディのイメージに近く、尚且つ構えやすくなればとの思いから。パーツを見るとこれでこの価格?って躊躇しそうですが装着したけ... [続きを読む]
  • 単身赴任独房での練習環境【YAMAHA SLB-200】
  • 何事もシンプルに!単身赴任先の独房も出来ればなるべくシンプルに不必要な物はどんどん捨ててしまいたい。でも、ついつい物が増えてしまい買っては捨てての繰り返し。ベースを練習する環境に関しても部屋にベースアンプやエフェクターは存在せず極めてシンプル。で、現在の環境なのですが常に使用している物はこれだけ!〇 楽器本体 Spector NS-2 / YAMAHA SLB-200の2本... [続きを読む]
  • サイレントでのミュート【YAMAHA SLB-200】
  • 右手右指を気にする中に大切な課題のミュートがあります。エレベでもきっちりミュートが出来ていないと、音も見た目もカッコ悪い。親指の位置をピックアップカバーに乗せる事もあれば、常に4弦や3弦に移動し親指の腹等でミュートする事を心掛けている内に少しづつ無意識な習慣にするしかないと思っています。私は4弦ベースのみなのですが多弦では更に薬指や小指を使ってもミュートもされる様ですが考えてみると神業。... [続きを読む]
  • 右手のピッキングどうしよう【YAMAHA SLB-200】
  • 左手のポジション練習と共に右手のピッキングもゼロからのスタート。エレベでは指弾きのみだったのですが、やはり右指のピッキングは大きな課題で以前にも記述しています。出来る方の右手右指って一目見て聴いて あ、この人上手いって説得力がありジャンルに関係なく魅せられます。弦を爪弾く指先のタッチ、そしてレイキングやミュートも絶妙にグルーブ感を作り出し、そして音。ベースって右手が主導だなって上手い... [続きを読む]
  • ハーフポジション【YAMAHA SLB-200】
  • コントラバスを始めると誰もが先ず直面するのが左手のポジショニングですよね。御存知の通り、コントラバスにはフレットもなく、指板上や指板サイドにポジションを明示するドットのポジションマークもありませんので正確なピッチで音を奏でるのは簡単ではありません。私は過去記事にもありますが、ネックサイドにポジションのマークを貼り付け左手の位置確認を行い練習を開始していますが、マークが無ければネックを目... [続きを読む]
  • 2週間経過しましたよ。【YAMAHA SLB-200】
  • 6月27日に手元に届き、約2週間程楽しんでみた感想等を綴ってみます。到着した時に想像していたより重く大きいと言った事はその瞬間だけの感想ですが実際に少しでも楽器に向き合ってみると少しづつ気が付いたり感じたり。でもね、一番感じている事はどんなに難易度が高くてもそんな事は気にならず、触っているとチャレンジする事を決心して良かったと練習しながら笑みがこぼれているんですよね。Spector... [続きを読む]
  • 9th jazzBass Lesson 2017.7.8 【SLB-200初レッスン】
  • 先週末はレッスンに行って来ました。YAMAHA SLB-200SILENT での初レッスンなのでちょっとドキドキワクワク!先生のスタジオでは普段、レッスン用の椅子が準備され、私と先生が向き合う体勢でレッスン頂くのですが、今回は椅子も片付けられ、そこには先生のコントラバスが準備されていました。ケースを開け準備を開始すると、早速ネックに貼りつけたポジションマークの話となったのですが、... [続きを読む]
  • エンドピンに知恵を絞ってみた【YAMAHA SLB-200】
  • 重要な事だと思って考えてみました。コントラバス、サイレントやEUBには楽器の架台となるエンドピンなる棒の足があります。このエンドピンの長さを調整して各々の身長やフォームにポジションを調整する事となりますね。この調整が毎回一貫していないとコントラバスやチェロなどと言った楽器を演奏するのは困難だと思われます。コントラバスの様にフレットも無くポジションマークも無い楽器でピッチを保つには身... [続きを読む]
  • ポジションマーク付けたくないけどね〜【YAMAHA SLB-200】
  • SLB-200にはネックサイドにはドット等のポジションマークがありません。コントラバスにはドット等のマークが無いのでサレントでも同様にマークが無い仕様が自然で嬉しいなと考えていました。でも、楽器を目の前にしてもポジションマークが無いと私にはただ丸太。大半の初心者の方はポジションマークのある楽器や自身で3フレットや5フレットの位置にシール等を貼り付けガイドにしながら練習されている事と想像し... [続きを読む]
  • 問題解決、枕(ナットメンテ)〜弦高確認【YAMAHA SLB-200】
  • 開梱した時に軽く指板クリーニングし状態確認。レモンオイルを微かに使用して指板を拭きあげてみましたが、汚れもなくムラのある吸い込みもなく何もする必要はなさそう。で、次なる工程なのですが、エレベやエレキギターでもネックの反り加減や弦高等は常に気になっています。上手く弾ける弾けないは別にして常に自身にとって弾き易い状態に自分で保つ事も大切な事。となると今回も弦高確認から始めてみましょう。... [続きを読む]
  • 開梱の儀【YAMAHA SLB-200】
  • 大袈裟に開梱を楽しみ写真を撮っておきました。とりあえず届いた梱包だけを見ると軽自動車や小型車じゃ乗らないかもねって考る大きさで、女性が担ぐにもちょっと重すぎる印象。(実際に開梱してソフトケースをストラップで担ぐとそこまで重さは感じませんでした)まあ、そんな事はとりあえず気にせずワクワクしながら開梱開始。やっぱり新品って気持ち良いし開梱するのが嬉しい!大きなビニールに包... [続きを読む]
  • 【YAMAHA SLB-200 SILENT BASS】到着2017.06.27
  • 本体とスタンド到着ホヤホヤ!本体の箱想像してたよりデカく重い。遂に縦のベースへの取り組みを始める事にしました。ハードロックやプログレも大好きなのですが、JAZZベーシストへの憧れも強く8カ月前よりエレベにてレッスンを開始していましたが遂に縦のベースで取り組みます。コントラバスの事も検討したのですが現在の単身赴任先の環境下での練習等には条件が合わず気兼ねなく練習出来るサイレントを選... [続きを読む]
  • 何〜んだ
  • 出掛けた100均セリアで見つけて買ってみました。さて何でしょう?おいおいこんなの買ってどうするんだいって自分でも思うのですがついつい。無意味な更新失礼しました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 帰宅〜楽器メンテナンス
  • 月に一度福岡に帰宅しレッスンに通う事も楽しみな出来事。ただ、月一の帰宅となると細々とでもやらなければいけない家事もあります。ウッドデッキの防腐剤塗布や庭の芝刈り等々・・・・・毎回何かしらの家事が発生するのですが、男でないと無理な事は私担当。買い出しに出かける事も日課となりますが天神に出向いたり近くのスーパーやショッピングモールで衣類や食材、猫ちゃんのトイレ砂やフード等も。福岡はとにかく... [続きを読む]
  • 8th jazzBass Lesson 2017.6.10
  • 先週末、土日曜日は自宅へ帰宅。10日はベースレッスンに行って来ましたよ。今回も90分間録画をさせてもらいながらのレッスンなのですが帰宅して早速復習も済ませました。ただ一度の復習では到底理解しきれないので、先ずは時間を作ってでもビデオを見直し反復します。以前より「枯葉」を課題としていたのですがラインを他の曲に転用し、更に手を加えるレッスンを前回より頂いています。前回は「AreYouRe... [続きを読む]
  • さあ、帰宅(どうでも良い話)
  • 我が家の二人の息子過去記事でも少し触れていますが。http://jbasslife.exblog.jp/26366171/長男は現在バンドに夢中の為、空手は受験前から現在も休会中。次男も高校受験前から休会していたのですが、密かに家内情報では道場に復活したらしい。次男もベースを手にしてはいたのですが長男程夢中にならず、どちらかと言うと自身の目標とする大学へ焦点を定めています。二人... [続きを読む]
  • 日々なかだるみしながら〜来週末はレッスン!
  • 日々中弛みで集中力が欠落していても来週末はレッスン。中途半端な練習で臨む事は先生に失礼ですし出来る範囲でも課題にきっちり取組み臨みたい。日々の練習は時間の制約もあるので限られた休日等に集中して午前にみっちり復習、午後からは自身で予習ライン等を模索しレッスンに持ち込める様にしなくては。よくよく考えても平日の練習はやはり限界があるので現状維持と自身に即答。サラリーマンで仕事をしていたら平... [続きを読む]
  • 日々のなかだるみ
  • 日々のベース練習なのですが、ちょっと中弛みになる事がしばしば。月に一度のレッスンなので次回のレッスンまで気持ちを維持出来ず中弛んでしまいます。その一つに単身赴任生活なので帰宅時にスーパーに立ち寄ったり、些細な量でも食器洗いや風呂の準備、洗濯等面倒なだけでなく時間もそれなりに割かれるんですよね。風呂から出てさあ練習しようと気持ちを切り替えてもそれなりの時間帯。更に気が散る私は直ぐに課題に取り... [続きを読む]
  • 今時の軽音部と息子
  • 息子の話を聞いたり、加入している部活動のネット情報を閲覧していると恵まれた環境だなと羨ましくなります。私の時代には高校生の軽音学部では部室だけが与えられ持ち込んだギター以外、アンプやドラム等必要な楽器の設備も無かったんですよね。大学に進学し軽音学部に期待していたのですが、そこには部室すらなく練習は各々のスタジオに通う事を疑いませんでした。学内での部活動はもっぱら構内の喫茶店か噴水広場の前で... [続きを読む]
  • Branford Marsalis 「Trio Jeepy」
  •  今日もMilt Hinton なのですがBranford Marsalis (Tenor Saxophone)のリーダーアルバム。Milt Hinton を検索していて出会ったアルバムなのですが、Branford Marsalis共にかなりカッコ良い!Branford Marsalis (Tenor Saxophone) 、Milt Hinton (Double Bass)、Je... [続きを読む]
  • 弾くのもだけど聴くのも楽しく大切だよね。
  • ここ数年、CDショップに出向きアルバムを購入する事が激減していました。理由はじっくり腰を据えて聴き入る時間がなく、とりあえず聴いてみたかったり調べたい曲があればユーチューブなる便利グッズで事足りていました。でも、最近少しづつですがCDを購入する機会が増えている気がします。私が単身赴任している地方ではまともなCDショップ等もなく店頭で購入するとなれば福岡に帰宅した際に大手ショップに出向く事... [続きを読む]
  • 譜面、拍、指板が身体も頭もリンクしないのよね。
  •  独りで練習している時にはとりあえず違和感のない事がレッスンでは上手く行かない。前回のレッスンで課題曲を弾きながら譜面を追い、先の進行を追いながら音源のハイハット等の音も少しは冷静に聴けているつもり。でもね、緊張等はしていないつもりなのですが、結果は自宅練習と比べてダメダメの撃沈状態(予定通り)。先生からは「しっかり弾けているし音もしっかりしている・・・・と」言って頂け直に安心出来る反面... [続きを読む]
  • 7th jazzBass Lesson 2017.5.6
  • GW6.7.8日は仕事を休むことが出来ました。月に一度ですが家族の居る自宅に帰宅出来る時間がとにかく楽しみ。社内の転勤族には月に一度どころか年に1〜2度程しか帰宅出来ない遠距離転勤族や海外族も居るので未だ私は恵まれていると自身に暗示を掛けましょう。単身が自由で気が楽だと言う声を耳にする事もありますが、私的には正直うんざり・・・・・帰宅して家族と食事をし呑みながら息子達と学校の事、クラブ... [続きを読む]