Madras Check さん プロフィール

  •  
Madras Checkさん: 騰落レシオ予測と私の相場感
ハンドル名Madras Check さん
ブログタイトル騰落レシオ予測と私の相場感
ブログURLhttp://toursakuresioyosoku.blogspot.jp/
サイト紹介文2週間後までの騰落レシオを試算。また、日々の相場雑感と相場観をコンパクトにお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2016/04/26 16:23

Madras Check さんのブログ記事

  • NYに続いてNKも5日線を上抜くか
  • 5/23の日経平均株価は-65円安、19,613.28円。 昨夜のNYダウは89ドル高と堅調に推移しましたが、ドル円の上昇力が欠け、東京タイムに入った朝7時過ぎに一気に30銭ほど円高が進み、本日の日経平均の方向性を決めたように思います。 日経平均は前日比プラス圏内に上昇する場面もありましたが、下降する5日線に頭を押さえられ小安く引けました。 関門となった5日線は、足元の日経平均が維持されるならば明後日には反転してきます [続きを読む]
  • NYダウの25日線乗せがカギ
  • 5/22の日経平均株価は+87.52円高、16,678.28円。 値上がり幅や値上がり銘柄数はまずまずですが、売買代金は2兆円に届かない迫力に欠ける一日でした。 メガバンク株は上げたものの25日線回復はなりませんでしたが、この薄商いでは無理というもの。 NYダウ先物は東京タイムでは30ドル〜40ドル程度上昇し、25日線20,835ドルを一時超えていましたが、欧州タイムに入り前日比変わらずまで下げています。 素直に考えるならば、日米 [続きを読む]
  • 【今週の予想】売り込む流れにはなりにくく、再度2万円を狙う?
  • 週末の時間外先物は19,750円高値があって19,690円。1時間足ではいったん利益確定が来そうですが、週末の225引け値19,590円付近では下げ渋りから再度上を目指すか? メガバンクや野村・大和証券といった金融大手が週末リバウンドの動きを見せていることから、金融株に立ち直りの動きが見られれば先週の下落帯を埋め戻し、再度2万円手前まで到達することも可能だと思います。 日経平均PERの14倍を背景として下押しの動きは少ないよ [続きを読む]
  • NYダウは13週線を支えに反発姿勢を強めるか
  • 昨夜のNYダウは終盤ダレたものの+141.82ドル高の20,804.84ドルと25日線20,836ドルまであと30ドル足らずに迫りました。 ザラバでは25日線を一時超えましたが、週末金曜とあって買いは続かなかった模様。 株価は 25日線と75日線に挟まれていることから方向感なく上下動する可能性はありますが、25・75両線とも上向きを維持しており、日足MACD・ストキャともに反転をうかがえる位置にあります。 週足では13週線20,651ドルを一時割 [続きを読む]
  • 一番底達成の期待感
  • 5/19の日経平均株価は+36.90円安の19,590.73円。昨夜の時間外市場では、日経平均先物が安値19,280円の安値をつけたものの、その後反騰に転じたため、絶好の買い場となる「三空叩き込み」は示現しませんでした。しかし、先物日足は240円もの長い下ヒゲとなり、昨日の現物市場同様に一番底達成を予感させる「たくり線」となりました。 本日の日経平均を見る限り、未だ自律反発の域を出ませんが複数の好転サインが見られます。・25日 [続きを読む]
  • 明日は、三空叩き込みに買い向かえか?
  • 5/18の日経平均株価は-261.02円安の19,553.86円。2日間で約2.5円の円高進展によって日経平均-261円安はよく持ちこたえていると思います。 トランプ弾劾懸念は売るための大義名分であって、実質は目先上昇に対するテクニカル調整だと思います。ただ、下落幅についてはNYダウが75日線20,700ドルを割り込んできたため、20,400ドルの砦は守られると思いますが、実際にどこで止まるのかの確認が必要。 なお、本日18:50現在の日経平均先 [続きを読む]
  • ここからは上のように思いますが、微妙な空気感も
  • 5/17の日経平均株価は -104.94円安の19,814.88円 米10年債利回りの低下から円高が進み、久しぶりの三桁下落となりました。ドル円は昨日の場中から1円近く円高に振れていましたが、その割には下げ幅は100円少々と影響は限定的だったと思います。 日経平均は下落しましたが、依然として75日線が25日線を上回るゴールデンクロスが金曜日にも示現しそうです。また、25日線乖離率もだいぶ和らいできました。(下表)本日もメガバンク株 [続きを読む]
  • もたついても金曜日にはゴールデンクロス?
  • 5/16の日経平均株価は+49.97円高の19,919.82円。 朝方はNYダウの上昇から2万円に王手をかけましたが、当然のようにトランプ疑惑が浮上し利益確定売りに押されました。 下表のとおり、日経平均は足元でもみ合いとなったとしても75日線が25日線を上回るゴールデンクロスが金曜日にも示現しそうです。仮に下落したとしても概ね-150円安程度ならGCが試算できます。決算発表を通過したメガバンク株が下押しし。ここが反転しないと気持 [続きを読む]
  • 弱くても日経平均2万円手前までは既定路線か
  • 5/15の日経平均株価は-14.05円安の19,869.85円 。予想どおり下げ渋りから前日比ほぼ同値まで戻してきました。 売買代金も2.65兆円と押し目買いの強さを感じさせ、空売り比率からも過度な買い偏重も感じません。 日経平均は弱くても2万円手前。相応なら20,200円程度までは買い進まれると予想しています。仮に今週弱含みとなっても19,700円を大きく割れなければ、来週再度2万円に挑戦する流れだと思います・・・。過熱が懸念される25 [続きを読む]
  • 【今週の予想】強弱感の対立・楽観よりも警戒色が強いため・・・
  • 今週は強弱感が入り混ざった難しい相場になりそうです。 GWを挟んだ急ピッチの上昇や金曜の「幻のSQ」に対する懸念から今週の弱含みを予想する声もあると思いますが、投資主体別売買動向に見るとおり「個人投資家」の売り越し、「海外投資家」の買い越しの構図が顕著であり、大勢が予想する2万円手前での一服感が出るかは予断を許さない。むしろ、市場の空気は「楽観」よりも「警戒色」が強いように感じることから上値を試す可能 [続きを読む]
  • 25日線の今後の動向をさぐる
  • 直近、日経平均の急伸から25日線乖離率は5/8の18,895円で5.52%を示現し、買われすぎの5%を超えて推移していました。 週末金曜日は小幅下落したため、4.61%と4日ぶりに5%を割り込みました。 直近の上昇幅が大きいため乖離率の上昇カーブも急激になるため、僅かな下落や保ち合いが続けば乖離率は急激に縮小します。 下表のとおり、仮に日経平均が1円高で推移した場合、再来週の火曜日には乖離率が2%以下に縮小します。実際の値動 [続きを読む]
  • 調整含みを予想も意外に粘り強いことも
  • 5/12の日経平均株価は-77.65円安 19,883.90円。 本日の幻のSQ値19,991円27銭によって、目先調整含みの公算が高まったように思います。来週、いったん2万円に接近することはあるかもしれませんが、引き続きメインシナリオは2万円を前にテクニカル調整。 一方、昨夜のNYダウの25日線までの強烈な下ヒゲや、本日の東証一部売買代金2.9兆円(SQの前場を除いた後場だけでも1.39兆円)と活況が続いていることから、調整といっても [続きを読む]
  • 明日のSQが目先の転機となるか?
  • 5/11の日経平均株価は71.46円高、19,961,55円。 GW前後からの上昇が、いかにも先物主導であったことから明日のSQ通過で上昇はいったん止まると考えています。 また、日経平均2万円にはリンク債も多く設定されているとの観測報道もあり、上げたくない筋の抵抗もあって、メインシナリオはザラバ2万円達成でいったん小休止・日柄調整が濃厚と考えています。 ただ、本日の後場からメガバンクに資金が集まるなど新たな動きが見ら [続きを読む]
  • いったんは2万円、その後は・・・。
  • 5/10の日経平均株価は+57.09円高の19,900.09円。昨夜の先物時間外では2万円を超ましたが、本日の日経平均はNYダウが終盤反落した流れを受けて小幅の上昇に留まりました。本日も売買代金は2.77兆円と盛り上がっていますので大きく崩れる懸念は少なく、週末までに一度は2万円の大台を見ると思います。ただ、依然として大型株への資金移動が行われていないと思われるため、早ければ週末SQを境に調整局面の可能性があるように感じま [続きを読む]
  • ドル円は軽く225は重い一日
  • 5/9の日経平均株価は-52.70円安。ドル円一目均衡表の雲上に浮上し113.35円まで円安が進みましたが、日経平均は値重く推移しました。直近急騰の警戒感が漂った当然の一服と思います。ただ売買代金は2.6兆円と活況となっており、売りをこなしていると思います。 何日か現水準でもみ合った後に2万円超えが理想です。 ドル円は今週、再度雲入りせず113円台維持できれば115円を目指すと思います。 NYダウは依然として21,100ドルを上限 [続きを読む]
  • 通常なら日経平均2万円を前に足踏みですが・・・
  • 5/8の日経平均株価は+450.00円高。 日経平均は昨年来のレンジ上限19,650円処を大きく超えてきましたが、ドル円は一目均衡表の雲上限でピタリと停止しており、ドル円の弱さの割に日経平均の上値追いの強さが際立っていた一日でした。+450円の大幅高や日経平均2万円目前、本日の空売り比率低下から通常なら足踏みまたは反落を想定しますが、本日は米国の経済指標に特段の材料がないため、トレンド追随に週末SQの思惑が重なって続 [続きを読む]
  • 【今週の相場予想】ドル円の一目均衡表の雲上限突破は?
  • 週末の日経平均CFDは18,500円近辺でのもみ合いと予想していましたが、18,700円処まで上伸し、テンション低めのGWとなりました。 雇用統計はそこそこ良い数字でしたが、ドル円が112.66円とパッとしない動きの割に日経平均の強さが際立っていました。 週初は売り方の買い戻しを誘ってGU高値をつけるでしょうが、ドル円一目均衡表の雲上限突破は初回のため跳ね返されると予想され、週を通しては楽観ムードにはなりきれないように思い [続きを読む]
  • GW相場はいったん終了か?
  • 昨夜のNYダウは一時-100ドル下落したものの終値は-6.43ドル安と前日比ほぼ同値。21,000ドルを前に高値保ち合い。20,700ドル〜21,100ドルがレンジ?日経平均CFDは、昨夜の19,680円高値から本日昼には19,460円と約220円下落しています。5/2の日経平均終値が19,445円でしたので約230円上昇したGW相場も終了したように思われます。また、日経平均CFDの昨夜の高値19,680円は直近安値から約1.500円上昇した位置にあり、本日昼の下落で日 [続きを読む]
  • 押し目待ちにはガッカリのGW?
  • 本日の日経平均CFDは、米国の6月利上げの予想確率が高まり一段の円安が進行したことで19,600円台に乗せる大幅高。夕刻には再度19,600円台に乗せています。 昨夜のNYダウは予想どおり様子見姿勢で推移していますが、ここでの円安 (株高) は予想外で押し目待ちにはガッカリのGWとなっています。 ドル円の日足チャートは本日19:00現在、一目均衡表の雲上限を抜けつつあります。 このまま上抜けるかどうかはわかりませんが、仮に跳ね [続きを読む]
  • 模様眺めも、ドル円週足にかなり強力な陽転の兆し・・・
  • 本日の日経平均CFDは19,410円〜19,475円の値動き。 昨夜のNYダウは小幅ながら4営業日続落の警戒感から+36ドル高と5営業日ぶりのプラス引けとなりました。 ※初稿では経済指標の発表日を取り違えていたため訂正しました。今夜の米経済指標は、ADP全国雇用者数やISM非製造業景況指数などの指標発表がありますが、ここで動かなければ引き続き模様眺めが続くと思われます。 ドル円相場も112.00円を下値に底堅い動き。 このまま金曜の [続きを読む]
  • NYダウの停滞があればGWでも買い?
  • 5/2の日経平均株価は+135.18円高。 昨日朝からの急動意による連騰でGWの3連続休場を迎えました。 ただ、NYダウは昨夜まで小幅ながら4営業日続落となっていることから、仮に今晩、弱い動きになるようだと、明日・明後日の2日にかけて、ある程度の値幅を伴った下落となる可能性もあると思います。 下値目処は、NYダウは19,700ドル〜21,100ドルのボックス下限の19,700ドル。 GWでもCFD( 株365)で取引可能。ノイズがないぶ [続きを読む]
  • GW前の押し目は考えづらい展開に
  • 5/1の日経平均株価は113.78円高。朝の仕掛けたような円安で日経平均は強含み、その後もジリ高から売り方の買い戻しを誘って上昇しており、こうなると行き着くところまで行く可能性も。焦点はNYダウ。23時の米ISM製造業景況指数の結果によっては上値試しも? いずれにせよ、本日、日経平均が三桁の上昇を果たしたことから、メインシナリオとして想定していたGW前の押し目は考えづらい展開になりました。  [続きを読む]
  • 目先は弱気もGW前に押したら買い?
  • 4/28の日経平均株価は-55.13円安。 19,200円で底堅さを示していた日経平均ですが、あくまで今日のところは・・・ということだと思います。 "大手6金融、東芝巡り損失2000億円超"、"3月鉱工業生産の低下"、"急騰後の利益確定"・・・と下げ材料の多い中、小幅下落で週をしめくくったことは昨夜のNYダウが下げなかったからとは言え、健闘していると思います。 ただ、メガバンクや証券などの主力大型株の日足が明らかに悪化してきました。 [続きを読む]
  • 急反騰の余韻醒めやらぬ日米市場も調整必至?
  • 4/27の日経平均株価は-37.56円安。 日経平均は昨夜の先物時間外が終盤売られたものの、現物市場は朝安の後立ち直り底堅く推移しました。 ・・・と言っても昨夜のNYダウが-21ドル安と前日比ほぼ同値、為替水準も前日同様の中にあっては日本市場の独自性というよりNYダウのコピーに過ぎないですね。 引き続き、直近安値から1,000円幅の急反騰の調整は必至と思います。個人的には25日線18,800円手前までのスピード調整が来るのではないか [続きを読む]