ズボラ母 さん プロフィール

  •  
ズボラ母さん: 悩める子育て
ハンドル名ズボラ母 さん
ブログタイトル悩める子育て
ブログURLhttp://vt-maguna.hatenablog.com/
サイト紹介文子育て開始してから十数年。過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供213回 / 328日(平均4.5回/週) - 参加 2016/04/26 17:28

ズボラ母 さんのブログ記事

  • 習慣化、ルール化
  • 先日地下鉄で息子が帽子を紛失して、東京メトロお忘れ物に取りに行きました。時々交通機関や警視庁のお忘れ物取り扱いにお世話になってしまっています。それでも今回はニット帽でしたが、こういうものをきちんと届けてくださる方、保管して手元に戻してくださる方に感謝です。衣類の小物程度だと、まいっかと思いがちですが、取りに行ってよかったです。ちなみに携帯電話などはいちいち契約者に関わってくるので、子どもが自分で問 [続きを読む]
  • 子どもと競う〜ボードゲームで頭脳対決〜
  • みなさんは家族でゲームをするとしたらどんなものでしょうか?うちで子どもも一緒に楽しんだゲームをご紹介します。マスターマインドニュー マスターマインドposted with カエレバカワダ実家にあって私も子どもの頃かなり遊びました。その時のゲームの箱には渋い外国人の紳士とセクシー美女の写真があってそこはかとなく大人な雰囲気でしたが、小学生でも楽しめます。一人が問題を出し、もう一人が解きます。発問者は6色あ [続きを読む]
  • 息子と話が通じないわけが少しわかりました
  • 息子のことは結構たくさん書いているのですが、思春期真っ只中の息子の子育てには多くの親御さん同様苦労しています。vt-maguna.hatenablog.comvt-maguna.hatenablog.comこの辺の記事でも窺えるかと思うのですが、とにかく一筋縄ではいかないのです。なぜそう答えるのかを理解できない)もいないというくらい、わけがわからないのですが、今日話していて少し分かってきました。しかもしつけとは全く関係ない会話を糸口と [続きを読む]
  • 優等生をおとす風潮で本当に損する人
  • gendai.ismedia.jpテレビで主に優等生をバカにすることへの記事。勉強ができる子はなぜ色眼鏡で見られるのか、という記事内容について、そもそもテレビはバカが見るものだから視聴者に合わせている、などと記事へのコメントが書かれています。記事もコメントもなるほどと思って読んでいました。記事には概ね共感なのですが、多少の違和感も。自分の環境ではそこまで露骨ではなかったこと、それも環境によるのでしょうね。私が思 [続きを読む]
  • 塾に行っても成績があがらない? 中学生の塾選び
  • 新学年が近づいてきて、塾を考えているご家庭も多いかと思います。主に公立中学生の高校受験へ向けての塾選びについて。先日も某掲示板で、勉強が苦手な我が子が週一回個別塾に通っているが、成績があがらないので、塾を変えた方がいいかといった相談を見かけました。こういう相談はわりとよくありがちかと思うのですが、もう少しよく考えてみましょう。週一回というのがかなり突っ込みどころなのですが、週一回90分として [続きを読む]
  • それでも子は育つ
  • もうずいぶん前、夫の後輩の家族に息子のおもちゃなどを届けた時のこと。まだその夫婦には2歳にならない子がいたのですが、その奥さんのお子さんへの対応がちょっと興味深かったのです。家で焼き菓子をあげるとき、袋から出してまるまるそのまま渡していました。自分で手でつまめないこの時期なら私なら一口サイズに割ってあげていた。食事をしに行ったときも、その子用の離乳食などはなく親のうどんをとりわけてあげていたの [続きを読む]
  • いろんな人に育ててもらう
  • 学校の先生が書かれているブログを見て、いろいろ考えが広がりました。taka-ichi-sensei.hatenablog.com父性(厳しさ)と母性(優しさ)と子ども性(楽しさ)があるということ。それぞれのバランをとる必要があるということ。そういえば、少し前の記事で、夫と私の対応の違いについて書きました。vt-maguna.hatenablog.com私は手の薬指の方が人差し指よりだいぶ長い、いわゆる男性脳が強いタイプのようですが、それでも [続きを読む]
  • 入学祝い〜中高生へのプレゼント
  • 合格祝い、入学祝いの季節が近づいてきましたね。私も高校合格したときに、少しだけ勉強を見てもらった叔父に花束をもらってうれしかったのを覚えています。女の子だとそれこそ洋服やアクセサリー、バッグでも喜ぶだろうし、あまりプレゼントに困らないのですが、男の子となるとなかなか難しい。うちは普段のクリスマスなどの軽いお祝いには本や辞書などをリクエストされたりもしますが、もうちょっとスペシャルなときのお祝いに実 [続きを読む]
  • LINEの影響? 単語で返す会話
  • 昨日携帯やスマホに触れたので、少し気になったことを。このくらいの子特有なのか、息子の癖なのか、最近息子の会話がとても短いことが気になります。単語で返したり、目的語のない述語だけで返したり。まだ、こちらが察することができるような内容なら話は通じるのですが、時には学校のことでよく知らないことにも説明をせずに突然話したり。ですから、こちらが「誰が?」 「なにを?」と聞き返すことでようやく話が成り立つ感 [続きを読む]
  • 中高生の携帯・スマホ事情〜予想外になった我が家
  • 子どもが幼児の頃は将来自分の子が中学生で携帯を持つのが当たり前と思うことはないと思っていました。契約すればそれなりに料金もかかるし、小学生の頃にはLINEでコミュニケーションをとることが多いらしいというのを知っても、自分の子には持たせなければいいと思っていました。でも、中学受験塾に通うようになって、まず携帯電話を持たせることになりました。学校も塾も交通機関を使わなくてはいけないところにありました。 [続きを読む]
  • 記事を削除しました
  • 昨日アップした記事を削除しました。コメントにていじめに苦しまれている方から、不快である旨をいただきました。特に苦しまれている方に、こちらが意図せずとも不愉快な思いをさせることをこちらの趣旨としていませんので。コメント主の方にも、どのあたりがダメだったかをお聞きして教えていただきました。貴重なご意見をいただきありがとうございました。 [続きを読む]
  • 我が子をいじめっこにしない
  • いじめ問題はいつでも解決すべき問題として取り上げられているが、何十年たってもそう事態は変わっていないようで、難しいのだと実感する。いじめられた側の話を聞くことが多く、それに対して、学校やいじめた子に憤るといった目線が多いような気がする。私は自分や息子がいじめの問題に直面したことがないので、学校側の態度やいじめた子の家庭側の態度を知りません。知らない上での考えであることをご了承ください。知ってほ [続きを読む]
  • 生物学的視点で楽に生きるために〜『考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子』
  • 生物の研究をしている教授の書いた『考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子』を楽しく拝読しました。考えすぎる脳、楽をしたい遺伝子posted with ヨメレバ長沼 毅 クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 2015-04-23Amazonで購入Kindleで購入楽天ブックスで購入7netで購入生物とはこういうもの、という視点から、人間について悩みや楽に生きる方法について語っていて興味深いです。脳のバグで苦労する人間自ら自分を辛い状 [続きを読む]
  • 子育て…なかなかどうにもならないことも多いですね
  • ここ10日程度の記事内容について、コメントなどもいただきありがとうございました。自分自身もいろいろと思うこともありました。前回記事などは恥ずかしいので早く更新してしまいたいというのが本音でした。なぜなら多くの方は、「やりすぎじゃない?」と思われるのかな、と考えるから。私自身が自分が構われるのはあまり好まず、だからこそ、「言われたくないからやる」というスタンスがありました。でも、息子にはその手の論 [続きを読む]
  • 放置できずに巻き込まれ…予想外のことが
  • お久しぶりです。なんだか最近我が家の悩みネタが続いて、本当に私の悩めるブログとなりつつありますね。この数日、下記記事に書いた息子の活動での全く無茶な仕事引き受けに対応すべく寝る間もなくなっていました。vt-maguna.hatenablog.com予想以上に事態は深刻で、一度このときに中途のものを提出したのだけれど、結局まだまだ不備が多すぎてとてもじゃないけど正式に入稿できなかった。もう、前記事のレポートのように [続きを読む]
  • 放置して失敗か、やることを教えるのか
  • 過去記事の件で忙しく、レポート課題が進んでいなかった息子。↓これのせいで勉強がおろそかにvt-maguna.hatenablog.com学校の入試休みに1日かけて仕上げる、次の休みは遊びに行くと言っていました。だいたいこの手のまとめるものは要領よく短時間でまとめるのが難しい息子。本当にできるのかと思いましたが任せました。その次の日提出ですから、仕上がっていないなら遊びに行くなと言いました。それでも図書館に資料を見 [続きを読む]
  • どこまで関わるかのさじ加減は難しい
  • 医学生になる息子を持つ人が、息子が「人に頭を下げたくないから、医者になる」と話していたのを聞いて、そんな志ではよくないと母親なりに悩んでいる話をネットで読みました。私はお母さんえらいと密かに思ったのですが…。それに対して、「もう大人なんだから親がとやかく言うことじゃない」「本人が経験して学べばいい」という意見が、私の想像より多くありました。子どもの自立と、どこまで口を出すかということと、似たよ [続きを読む]
  • 失敗を重ねて得るかけがえのない体験と勉強の板挟み
  • 学校の自治活動などに熱心な息子。様々なものに首を突っ込み、今はそう忙しくない部活の代わりと人脈も増やして頑張っている。私学の校長がある本に書いたように、自学というのはかけがえのない体験だから、そこはあまりあれこれ言いたくない。しかし、要求されるレベルがかなり高いことに驚いた。自分たちでほとんどやって、教わるのは主に先輩から。と言ったってその先輩も部活が同じわけでもないので、引き継ぎの時に尋ねる機 [続きを読む]
  • 不合格で得るもの
  • 中学の受験はほぼ終わりつつあります。テレビなどで受験のニュースを見ると、息子の時を思い出します。息子は、2校不合格でした。結果としては行きたかったところに行けたので、失敗というわけではありません。以前の記事に受験校詳細は載せていますが、ひとつははじめに受けたいと言った志望校。ここを目指していたからこそ今の学校に通えたと思っています。そこは受からないかもしれないと思っていましたが、それはそれで [続きを読む]
  • 友達親子の闇
  • NHKのドラマが地味に怖い。www.nhk.or.jpいわゆる友達親子でやってきた25歳の主人公とその母親。仕事の悩みもすべて母親にLINEする。途中からデートを尾行する母に気づいて、自分が母親の支配の下にいることを薄々感じてきているところ。娘に気付かれても尾行をやめない母に恐怖しかない。このドラマのここかしこで、娘が母親の顔色を見て自分が母親の望む答えを選んでいる。ドラマの最初の方では娘自身がそれを自覚していな [続きを読む]
  • 月と金星と火星の共演
  • 今日は、築地あたりを夕方ぶらついて、築地本願寺のライトアップに誘われたあと、月と金星がとってもきれいだったので、写真を撮りました。↑一応火星も写っているんですよ! 見えますか? 金星から10時の方向あたりでしょうか。帰ってニュースを見たら、今日は月と金星と火星が近づく日なのですね。www.nao.ac.jp急いで写真を見直したら、火星も写っていました! よかった!時間も18:00前でちょうどいい感じ!都会 [続きを読む]
  • 楽しい飲み会、疲れる飲み会
  • とりとめのない人間関係話です。先日息子の学校関係のお母さん方と飲み会をした。こういう交流は時々あるのだが、先日は少しきつかった。なんでだろう。と、ちょっと冷めながら参加していて気づいたこと。結局自分が話したいだけの人が多い人の話を奪い取る人数が増えると奪い取る率があがるわけで、私のように「聞かれたら答えるけど」的な人間は話をする機会がない(まさに奪い合いで、前の人の話の途中にかぶせる感じだった [続きを読む]