ズボラ母 さん プロフィール

  •  
ズボラ母さん: 悩める子育て
ハンドル名ズボラ母 さん
ブログタイトル悩める子育て
ブログURLhttp://vt-maguna.hatenablog.com/
サイト紹介文子育て開始してから十数年。過ぎてみたらたいしたことなかったいろいろについて。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2016/04/26 17:28

ズボラ母 さんのブログ記事

  • 大事なものはなにか。抜くところはどこか。
  • 西原理恵子さんの新聞連載漫画「毎日かあさん」が終了するそうだ。一時期新聞で読んでいたのを思い出した。子育ての最中は無我夢中で、忙しさや悩みに振り回されて気が遠くなるかもしれないが、終わりは意外とあっという間。毎日かあさん13 かしまし婆母娘(ばばははむすめ)編posted with ヨメレバ西原 理恵子 毎日新聞出版 2016-10-22Amazonで購入Kindleで購入楽天ブックスで購入7netで購入この連載終了を報じるテレビ番組で、 [続きを読む]
  • 有明〜お台場散歩 施設もご紹介!子連れで楽しめる街
  • 東京の湾岸エリアは、観光スポットとして特に最近では外国人観光客にも人気のようです。ショッピングエリアもあれば、アトラクションを楽しめたり、映画を見たり、科学に触れたり、できることは様々です。少し前ですが、散歩をしてきました。散歩ルートのついでに周辺施設をご紹介。まだ訪れたことのない方には、どこか楽しい場所の参考になればと思います。ルートはこちら↓drive.google.comスタートは、りんかい線国際展示場駅 [続きを読む]
  • 悩みながらたたかう
  • ここ半年くらい、中高一貫校に通う中だるみの息子にはいろいろ話すことにしてきた。その前、このブログを始めた昨年の春くらいからは、反抗期の息子に耳をふさがれて、しばらく任せてみた。結果は悪かった。よく中学受験に向いていない子に子どもっぽい子というのがある。目標をたててそのために自分を律して頑張ることができないと難しい。そういう意味では息子は向いていない方だったと思う。たまたま暗記が人より得意だったの [続きを読む]
  • 例文が気になる〜うんこ漢字ドリルの強引さ
  • president.jp巷で大人気の「うんこ漢字ドリル」。最近ではテレビでも取り上げられていた。これの是非についてあれこれ言われていた。まず、表紙かわいい! うんこ先生キュート! デザイン最高。 発想も面白い。率直な感想でした。これで興味を持つ子が増えればいいんじゃない?がファーストインプレッション。そういえば息子の小学生時代のドリルもアトムだとかいちいちキャラが書いてあって、なんだろうこれはと思ったのを [続きを読む]
  • ゆるダラの息子に未来はあるか
  • president.jpほとんど我が家では重力に逆らえずに床に這っている息子を持つ我が家に朗報。少し前の記事ですが、家庭でダラダラする子は優秀なんだそう。優秀かどうかはさておき、健全そうではある。この記事の冒頭部分はほんとうにまさにこれ!「何度言っても、(自ら)変わらないものは変わらない」(中略)キーポイントは子どもは「思い通りにならなくて当たり前」という気持ちで接することだ。president.jpより引用これ [続きを読む]
  • 家族ぐるみのバーベキュー考
  • 梅雨に入りつつありますが、この季節雨が降らなければいい季節ですね。テラス席での食事も気持ちいい。新丸ビルのテラスは東京駅舎が眺められて素敵です。休日の昼下がりは穴場です。バーベキューには暑すぎずいい日和です。学生なども盛り上がりますが、子どものいる家族などもバーベキューをすることが多いのじゃないかしら。息子が小学生の頃は毎年のようにバーベキューしていました。バーベキュー、アウトドアに詳しくない [続きを読む]
  • 子育て終了した友達のつぶやき
  • 近所に住む中学の時の友達A。子どもは2人とも成人して、とりあえずは子育て卒業。まだまだ結婚するのかとか気をもむところはありつつ、一人は地方住まいだし、シングルの彼女はもう一人の娘と二人で暮らしている。その娘も交際相手はいないが、今仲良く親子で出かけることもあまりないそう。子育てが終わって、無趣味の友達は、毎日正社員で働くのがしんどいというが、一方でやることもなくて暇という。まだ子育て中の私に、あまり [続きを読む]
  • 塾・予備校をどう選ぶか〜受験勉強のいろいろ
  • 知り合いの大学受験生の親御さんに話を聞きました。東大に進学実績がすごいという名門塾に行かせたけれども失敗したという話。やはり、本人のやる気と能力と塾の相性を誤ると、いいと言われている塾もうまく活用できない。個人的には、失敗だと気付いて早々にやめさせられればいいと思います。気付かぬまま漫然と通わせて、お金を捨てるだけになりませんよう。diamond.jp勉強がなかなかできない息子に塾についての向き合い方 [続きを読む]
  • 教育についての課題
  • 先月は仕事に追われていてあまり考えをまとめられず、書きたいと思うことも頭の中に散乱していた。NHKスペシャルで「子どもたちの未来」についてやっていた。www.nhk.or.jp日本の子どもたちの中で自分の将来に希望を持っていないと答えた子が38%を超えダントツに高いことに衝撃を受けたが、実際現在言われている未来を考えれば、私たち自身も将来に希望より不安がつきまとうのではないか。しかし自分たちが子どもの頃は、日 [続きを読む]
  • データでみる本当に大事なこと
  • 少し前に売れまくっていた『学力の経済学』。ずっと前から少しずつ読んでいて、少し前に読み終えていたがまとめるのが難しい。教育も経済も素人のただの親の感想と割り切ってみる。「学力」の経済学posted with ヨメレバ中室 牧子 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015-06-18Amazonで購入Kindleで購入楽天ブックスで購入7netで購入経済学で学力や教育について切り込んでいく。第1章のタイトルは、「他人の“成功体験”は我が子 [続きを読む]
  • 同じ受験をくぐり抜けてもいろいろなタイプが…
  • 中学受験をした息子。同じ入試を乗りこえた学友ですが、本当にいろいろなタイプがいて面白い。主に勉強面についてご紹介。ただただ努力の人。優等生Aくん。学校の活動に大変熱心。進学塾にも入学当初から通って宿題に追われている。部活はゆるいが、自主活動参加率がすごい。でも、友達宅に泊まったそう。夕飯前、「これから勉強していいですか」。食後「これから勉強していいですか」。それぞれ1時間ほど勉強をしたらしい。彼は [続きを読む]
  • 苦手を知ることの大切さ
  • 先日NHKスペシャルで発達障害について生放送でやっているのをみました。昨日の朝はNHKのあさイチで再び発達障害について、スペシャルからも引用しつつ取り上げていました。息子は発達障害と診断されたわけではありませんが、私が我が子の行動がわからずに初めて発達障害の本などを読んだ時には、いろいろと自分の無知や世界の狭さを思い知ったのですが、今回も知らなかったと思ったことが。感覚過敏についてです。過敏、特に音 [続きを読む]
  • 生きれば生きるほど知らないことだらけだと知る
  • たかだか四十数年ですが、生きるにつれ、知らない世界が多いことを知ると実感します。息子と話していて、それを実感することが多い連休でした。もともとの性格のタイプもあるでしょう。私と夫はわりと似ているようで、こういったすれ違いがほとんどなくきてしまいました。そのことも私を無知にしていたなぁと思うのですが、子どもを育てて感じる自分の知らない世界はあまりにも多かったし、これからもそうなんだろうと思います。 [続きを読む]
  • 部活の負担〜そこまでさせたいわけじゃない
  • 知人と話していて、その方はお子さんの部活動に大変不信感を持っていると聞きました。部活の練習が思っているよりハードで、けが人が続出している。顧問の先生がそれでもあまり気にせず練習を辞めない。実際度重なる怪我で部活を辞めた別の人の話を聞きました。怪我が続いてかなりお子さんも凹んだそう。今では幽霊部員に。今回お話しした方は、顧問に不満を訴えますが、なかなか受け入れてもらえないそう。そもそもその部活動で [続きを読む]
  • 復興城主になろう! 〜熊本城復元〜
  • まだ子どもが小学生の頃に熊本を訪れました。熊本地震では、実況映像で熊本城から土煙が上がっている様子に不安に思った通り、いまあの美しい武者返しの石垣も一部崩れてしまい、復元には大変な手間がかかるようです。訪れた時の熊本城。この頃はビデオ撮影ばかりしていたので、こんな小さな写真しかありません。楽しかったこの頃…。なぜ水戸黄門かはわかりません。いろいろ着れました。お城の入り口にもお兄さんが甲冑を着て [続きを読む]
  • 上野でバベルの塔を仰ぐ〜「ブリューゲル バベルの塔展」
  • 連休お楽しみでしょうか! 学生には今日は平日ですね。私も早起きして弁当を作り、息子を送り出しましたよ。ブリューゲルの「バベルの塔」展は、上野の東京都美術館で7月2日まで開催中。babel2017.jpふと、プレゼントに応募していたことを土曜日の午後に思い出し、(残念ながらはずれた模様?)ウェブサイトで混雑なしとツイッターを見たので、思い立って出かけました。3時半ころ入場しましたが、そう混雑して絵を見るのに時 [続きを読む]
  • 今やるべきことを明確に〜塾選び
  • このブログの検索で多いものは塾関係の記事です。塾に悩む方は多いのでしょうね。新しく塾カテゴリを作りました。少しずつ過去記事にカテゴリ追加をしようと思います。こちらでは、あくまで自分や周りの話、私が塾講師をしたり中高生の勉強を教えてきた過程で得た実感から塾について語ります。ずれた選択先日知人と話していました。英語が赤点続きで問題だと。でも、とりたててその対策のカリキュラムを与えておらず、子どもは自己 [続きを読む]
  • 好きを極める〜盆栽にはまる中学生
  • 盆栽いまちょっとしたブームですよね。時々海外から盆栽目当てで日本にやってくる旅行者がいるなどと聞くこともあります。私自身は、盆栽には疎く、祖父が庭で育てていたなぁという程度。さいたまで世界盆栽大会が開催されたことをもあり、先ほどNHKニュースで中学生男子が盆栽にはまっているという紹介をしていました。world-bonsai-saitama.jp中学生くらいにもなると、自分の好きなことに大人並みになれるのだと改めて [続きを読む]
  • ママ友の一番の効用〜しょーもない中高生だらけの実態を知る
  • 「ママ友」…という言葉があまり好きではない。「友」とついていながら人間関係に条件を付けているような曖昧さが。ただ、便宜上子ども関係でしりあった保護者のうち親しい人というのを簡潔に語る上で便利な言葉だと思う。「ママ友」については、どちらかというとマイナスイメージが多い気がする。その言葉通り、子どもが関わるから仕方なく付き合う的な、その時だけというのを強調するような。実際すぎてしまえば多くの「ママ [続きを読む]
  • 社会に出てからの方が学ぶ力がないと苦労する?
  • 夫の会社の新人君。もとい、元新人君。OJT(on-the-job training:実務をしながらの教育訓練)からはずされて、再教育?となったそうです。初心者で仕事をしながら勉強をするのは、彼にとって大変だったようです。そう難しくない資格試験にも落ちていて二度目もおそらく不合格。厳しい受験戦争を勝ち抜いていないエスカレーター上がりの子だからか、そもそもの能力が低いのか。理系だと言っていたが、分野が違えば理解するセンスも [続きを読む]
  • 景観、体験、知識、水遊び、遊具、電車…いろいろ楽しめる飛鳥山公園
  • 東京都北区の王子駅のすぐ傍にある飛鳥山公園。花見の名所ですが、この季節に初めて訪れました。江戸の昔、将軍吉宗が桜を植えて花見をしたそうで、300年ちかくを経た今も、変わらず飛鳥山での花見で賑わっているのは感慨深いですね。この公園は、花見など景観を楽しむ人だけでなく、子どもにも喜ばれる楽しい公園です。王子駅には都電が通っています。都電で飛鳥山公園の外周の急勾配の坂を登って行くのも趣深いです。ここは [続きを読む]
  • 共働きの家事と育児の分担〜家族に大事なのはなにか
  • 共働き家庭が増えてきましたね。保育園のことも、日々の家事育児も本当に大変だろうとつくづく思います。某掲示板で、そんな共働きで二歳の子がいるご家庭で、夫側の家事負担が多いという不満がありました。22時くらいの帰宅後に二時間家事をしてから寝る夫が、妻のことを家事をしないと書き込んでいます。妻は時短で帰るのに、子どもの世話と買い物・料理をして寝かしつけとともに寝てしまう。夫は帰ってから散らかった部屋を片 [続きを読む]