G-Labo さん プロフィール

  •  
G-Laboさん: 東京散策 - G-Laboブログ
ハンドル名G-Labo さん
ブログタイトル東京散策 - G-Laboブログ
ブログURLhttp://tokyoglabo.blog.fc2.com/
サイト紹介文東京の公園、庭園を中心に気ままな散策をしています。特に歴史的な建造物と水辺の野鳥が好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供115回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/04/26 22:51

G-Labo さんのブログ記事

  • 行船公園
  • Canonのミラーレス一眼、EOS M10を購入してから2週間、まだ数回しか使っていないが、早くも交換レンズを買うことにした。せっかくのレンズ交換式カメラなのだし、レンズを使い分けてこそナンボである。そして、どうせ買うなら早く買ってたくさん使った方が得に決まっている。 Canonのミラーレス一眼は、EF-Mという専用マウント形式になっている。この形式のレンズはどれも軽量コンパクトで、ミラーレス用に専用設計されている [続きを読む]
  • 富岡八幡宮
  • 江東区は旧、深川区。深川は門前町であり、中心となるのがこの富岡八幡宮。江戸三大祭りの深川祭が行われる。江戸の歴史上でも重要な位置を占める神社だ。 今日は23時ぐらいに通りかかったので寄ったのだが、夜でも明かりがついていて、ポツポツと参拝者も訪れていた。 [続きを読む]
  • 木場公園(1/2)
  • 実は最近、カメラを買い替えた。今日は新しいカメラの試し撮りも兼ねて、近くの木場公園へ。 買ったのは、ミラーレス一眼の「CANON EOS M10 ダブルズームキット」。レンズ交換式のカメラは初めて。1年半ほどコンパクトデジカメを使いこんできて、そろそろステップアップしてもいいかなと思い買い替えた。 今まで使っていたのは、1型センサーの高級コンデジ「CANON PowerShot G9 X」と、40倍ズームの「CANON PowerShot SX72 [続きを読む]
  • 扇橋閘門
  • 扇橋閘門は、小名木川の中間少し西側にある閘門(こうもん)だ。閘門というのは水位差のある場所を船が通れるように設けられた、言わば船のエレベータのような施設だ。 墨田区・江東区は、西の隅田川、東の荒川(荒川放水路)に挟まれた、江東三角地帯という低地になっている(南側の埋立地は除く)。小名木川をはじめとする、縦横に流れる内部河川は、江戸時代以降に掘削された人工河川だ。 そして、海抜はというと、おおよ [続きを読む]
  • 暁ふ頭公園
  • 暁ふ頭公園は、青海ふ頭の先端にある小さな公園。青海ふ頭には、以前行った日本科学未来館などがあるが、先端の方は流通センターなどがあるだけの辺境の地。散歩で行くとなるとかなりの物好きだろう。 しかし、ここには無料のバーベキュー場があり、駐車場もあるので、そちらの客層もまた一定量存在する。 東側の入り口。公園は東側、西側、南側とわかれている。南側は海に面しておりバーベキュー場がある。 [続きを読む]
  • 高尾山
  • 2日遅れの山の日ということで、高尾山に登ってきた。高尾山は昨年9月に登って以来2回目になる。 今日も1号路から登っていく。アスファルトで舗装されているが、ここは結構な急坂できついところ。 [続きを読む]
  • 江東区の海抜2
  • 今日周ってみるのは、主に江東区南側の埋め立て地。江東区の北側は地盤沈下によって海抜が下がっているが、南側の埋め立て地は北側と比較すると海抜が高いという特徴がある。 西大島駅A4(大島4−5) 海抜−0.8m前回見逃していた。大島周辺で見つけたのはここと大島駅の2か所だけ。 [続きを読む]
  • 江東区の海抜1
  • 墨田区、江東区は武蔵野台地(東京、山の手以西)、下総台地(千葉北部)に挟まれた低地で、だいたい江東区の北半分は昭和時代には工業地帯だった場所だ。また、南側の夢の島はかつては東京都のゴミの埋立地だった場所で、現在は中央防波堤がその役割を担っている。 江東区の北側は昭和時代に工業用水、飲料水として地下水を汲み上げ続けた結果、深刻な地盤沈下が起きている場所でもある。特に海抜が0mを下回っている、いわゆる [続きを読む]
  • 小名木川のウミネコ
  • 小名木川、仙台堀川、大横川あたりの周辺地域では、最近ウミネコの姿をよく見かける。僕は自転車通勤でこの辺りを毎日通るのだが、ほぼ確実に毎日上空を飛んでいるのを見る。 僕は水辺の野鳥は大好きなので、ちょっとした楽しみにしているのだが、江東区では「ウミネコの被害を防止するために!」という情報を発信していて、これによると、どうも近年この辺りの緑化された屋上で産卵して繁殖するようになったようだ。 ちょう [続きを読む]
  • 豊洲ぐるり公園
  • つい昨日、一部が公開された豊洲ぐるり公園に行ってきた。完成すると、ふ頭全体を取り囲むように一つながりの歩道ができる。僕はジョギングはしないのだが、全長4.8kmの新たなジョギングコースにもなる。また、レインボーブリッジが見渡せるスポットとしても絶好の場所にある。 起点/終点になる、豊洲六丁目第二公園前。ここには写真手前のスロープと、奥の乗船場がある。 [続きを読む]